TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ニュース
  3. 近年の半導体業界の動向は?台湾ファウンドリが一極集中、米中貿易摩擦によるリスク、日本企業の巻き返しなどを解説
近年の半導体業界の動向は?台湾ファウンドリが一極集中、米中貿易摩擦によるリスク、日本企業の巻き返しなどを解説

近年の半導体業界の動向は?台湾ファウンドリが一極集中、米中貿易摩擦によるリスク、日本企業の巻き返しなどを解説

  • 12777
  • 12773
2人がチェック!

新規事業やオープンイノベーションのプレイヤーやそれらを実践・検討する企業の経営者はTOMORUBAの主な読者層ですが、こうした人々は常に最新トレンドをキャッチしておかなければなりません。そんなビジネスパーソンが知っておきたいトレンドキーワードをサクッと理解できる連載が「5分で知るビジネストレンド」です。キーワードを「雑学」としてではなく、今日から使える「知識」としてお届けしていきます。

今回のテーマは「近年の半導体業界」です。技術の革新と経済のグローバル化が進む中で、半導体市場はその中心にあります。本記事では、半導体産業の最新動向とそれがビジネスや日常生活にどのように影響を及ぼしているのかを深掘りしていきます。

近年の半導体市場の概要・起源・定義

半導体は現代の技術社会の基盤をなす重要な素材であり、その用途はスマートフォン、パソコン、自動車産業、さらには医療技術に至るまで多岐にわたります。

半導体とは、導体(電気を良く通す素材)と絶縁体(電気を通さない素材)の中間的な特性を持つ物質で、電気的な性質を外部からの刺激(温度変化、光の当たり方、電圧の加え方など)によって制御できるという特徴があります。この特性が、電子デバイスにおいて重要な役割を果たしています。

半導体の歴史は、1947年にアメリカのベル研究所でトランジスタが発明されたことに始まります。この発明が、後の情報化社会の発展を加速させることとなり、結果的に半導体市場の急速な拡大へと繋がりました。今日では、シリコンが主流の半導体素材として広く用いられており、世界各地でその生産が行われています。

近年の半導体市場は、データセンターの増加やAI技術の進化、自動運転車の開発など、新しい技術需要によって大きな変動が見られます。これに伴い、市場はさらに拡大し続けており、特に高性能コンピューティングや5G、IoTデバイス向けの半導体の需要が高まっています。

このように半導体市場は、技術的な進歩と共にその定義と範囲が拡張されつつあり、その動向を追うことは、テクノロジーを利用するすべての産業にとって重要な意味を持っています。

世界の半導体市場は2030年まで年平均成長率が約10%となる見込み

近年、世界の半導体市場は顕著な成長を遂げています。この市場拡大は、スマートフォン、コンピュータ、データセンターの需要増加に加え、自動車や医療機器、家庭用電化製品など、あらゆるデジタルデバイスの進化が推進力となっています。

総務省が公開しているレポートでは、世界の半導体市場(出荷額)は、2015年以降増加傾向にあり、2022年には12兆5,493億円(前年比32.1%増)となっています。また、日本の半導体市場は、2018年から減少していたものの2021年から増加に転じ、2022年には1兆145億円(前年比36.9%増)と増加に転じています。

出典:世界の半導体市場(出荷額)の推移

出典:日本の半導体市場(出荷額)の推移

今後も世界の半導体市場は成長を続ける見込みで、調査会社のSEMIジャパンのレポートによると、2023年から2030年までの年平均成長率は約10%で、特に2024、2025年には高い成長率となる予測になっています。

出典:SEMIジャパン

また、地域別に見ると、アジア太平洋地域が市場の大部分を占めており、特に中国、韓国、台湾の半導体製造業が世界市場において重要な役割を果たしています。これらの国々では、国家レベルでの支援策も手伝って、製造能力の拡大が進められています。

近年の半導体シェアはアジアが優勢。ファウンドリでは台湾一強が続く

半導体のシェアを国別に見ていくと、2023年の予測では日本を除くアジア・太平洋地域が54.5%を占めており、次いで米国が25.5%、欧州その他が11%、日本が9.1%と予測されています。

出典:WSTS

ここで重要なのは、多くの半導体メーカーは製造工場を持たない「ファブレス」という形態をとっていることです。ですので半導体の生産を専門で行っている製造委託企業である「ファウンドリ」が重要になってきます。

ファウンドリのシェアを見てみると、国別では台湾が68%となっており、企業別だと台湾企業のTSMCが61%と圧倒的なシェアを獲得しています。

出典:2023年第4四半期半導体ファウンドリグローバル市場における売上を発表 - Counterpoint Research HK Limitedのプレスリリース

近年の半導体に起こりうるリスク

急成長を遂げる半導体市場ですが、ファウンドリがTSMCに一極集中しているいびつな形もあり、様々なリスクが懸念されています。

ひとつは米中貿易摩擦です。米商務省は2022年10月に先端半導体やその製造に必要な装置、技術について、中国への輸出を事実上禁じています。日本でも2023年7月に同様の措置をとっています。この規制が継続するかぎりは中国は台湾のファウンドリへのアクセスが困難になるため、供給不足に陥る可能性があります。もちろん、規制はさらに強化されるケースもあるため、そうした場合に中国の中小の半導体メーカーが立ち行かなくなるリスクもあります。

もうひとつのリスクは中国による台湾軍事侵攻です。武力によって台湾のファウンドリが中国に差し押さえられた場合、米国をはじめとする半導体メーカーのグローバルサプライチェーンが破綻する恐れがあります。

こうしたリスクに加えて、世界的に原材料が高騰している影響もあり、世界の大手テック企業は半導体を内製化する動きが増えています。また、日本国内でも半導体産業の遅れを取り戻すべく、政府が700億円の開発費を拠出して新会社「Rapidus(ラピダス)」を設立しています。ラピダスはソニー、トヨタ自動車、デンソー、キオクシア、NTT、NEC、ソフトバンク、三菱UFJ銀行など、日本国内大手企業8社が出資している肝入りのプロジェクトであり、国内の先端半導体の持続可能な開発に貢献することが期待されています。

参照ページ:Rapidus株式会社

編集後記

半導体は私たちの日常生活に欠かせないだけでなく、AI、IoT、自動運転車など今後の最先端技術の行く末を担う重要な産業です。近年の半導体業界は市場の成長だけ見れば急成長を遂げているように見えますが、米中の貿易摩擦などのリスクも顕在化しています。また、国内の半導体産業は出遅れを取り戻すために、政府が巨額を投じたプロジェクトにも注目が集まります。

(TOMORUBA編集部 久野太一)

■連載一覧

第1回:なぜ価格が高騰し話題となったのか?5分でわかる「NFT」

第2回:話題の「ノーコード」はなぜ、スタートアップや新規事業担当者にとって有力な手段となるのか?

第3回:世界的なトレンドとなっている「ESG投資」が、スタートアップにとってチャンスである理由

第4回:課題山積のマイクロプラスチック。成功事例から読みとくスタートアップの勝ち筋は

第5回:電力自由化でいまだに新規参入が増えるのはなぜ?スタートアップにとってのチャンスとは

第6回:「46%削減」修正で話題の脱炭素。46%という目標が生まれた経緯と、潜むビジネスチャンスとは

第7回:小売大手がこぞって舵を切る店舗決済の省人化。「無人レジ」の社会実装はいつ来るか?

第8回:実は歴史の深い「地域通貨」が、挑戦と反省を経て花ひらこうとしているワケ

第9回:音声配信ビジネスが日本でもブレイクする予兆。世界の動向から見える耳の争奪戦

第10回:FIREブームはなぜ始まった?「利回り4%」「生活費の25倍の元本」など、出回るノウハウと実現可能性は

第11回:若年層は先進層と無関心層が二極化!エシカル消費・サステナブル消費のリアルとは

第12回:「ワーケーション」は全ての在宅勤務社員がターゲットに!5年で5倍に成長する急成長市場の実態

第13回:なぜいま「Z世代」が流行語に?Z世代の基礎知識とブレイクしたきっかけを分析

第14回:量子コンピュータの用途は?「スパコン超え報道」の読み解き方はなど基礎知識を解説

第15回:市場規模1兆ドルも射程の『メタバース』で何が起こる?すでに始まっている仮想空間での経済活動とは

第16回:『TikTok売れ』はなぜ起こった?ビジネスパーソンが知っておきたい国内のTikTok事情

第17回:パンデミックが追い風に。マルチハビテーションが新しいライフスタイルと地方の課題解決を実現できる理由

第18回:Web3(Web3.0)とは何なのか?Web1.0とWeb2.0の振り返り&話題が爆発したきっかけを解説

第19回:フェムテックで先行する欧米と追従する日本。市場が活気づいている背景とは?

第20回:withコロナに「リベンジ消費」は訪れるか?消費者の“意向”と実際の“動向”からわかること

第21回:子供が家族の介護をサポートする「ヤングケアラー」の実態と、その問題とは?

第22回:半導体不足はなぜ起きた?米中貿易摩擦、巣ごもり需要、台湾への依存などを解説

第23回:【ビジネストレンドまとめ】注目を集めた5つの事業ドメインとは?

第24回:長引くコロナ禍で顕著になる“K字経済”とは?格差が拡大する「ヒト」と「企業」

第25回:「パーパス」とはなぜ注目されるのか?誰のためのものか?5分でわかる基礎知識

第26回:NFT・メタバース・Web3はどう違う?注目を集める「新しいエコシステム」5選

第27回:サステナブルのさらに先いく「リジェネラティブ」とは?実践企業や背景を解説

第28回:16年で2倍に膨れ上がった『電子ゴミ』は何が問題なのか。唯一の解決策とは?

第29回:サウナビジネスはグローバルで健全な成長も、国内ではサウナユーザーは激減。サウナビジネスの最新事情

第30回:【ビジネストレンドまとめ】話題となった「社会課題」トレンド6選

第31回:Play to Earn(P2E)はなぜ注目を集めているのか?ビジネストレンドとしての基礎知識

第32回:脅威の市場ポテンシャルが期待されるクラウドゲーム。GAFAMやソニー、任天堂が参入するポイントを解説

第33回:FIRE、マルチハビテーションなど注目を集めるライフスタイルに関連するビジネストレンド4選

第34回:「ロボアドバイザー」はミレニアル・Z世代になぜ人気?コロナ禍で加速する新しい資産運用の形

第35回:加速する人への投資。岸田首相「5年で1兆円」の方針表明で注目集めるリスキリングとは?

第36回:画像生成AIはなぜ「世界を変える」のか?ビッグテックが拒む「一般公開」と「オープンソース」がもたらす影響力とは

第37回:クリエイターの6割が収益化!国内で広がる「クリエイターエコノミー」の実態と事例

第38回:ドローン分野でも特に熱い「空飛ぶクルマ」は加速度的な成長見込み!ユースケースやリードする国内企業とは

第39回:『ChatGPT』の何がすごい?Google一強時代をおびやかすポテンシャルとは

第40回:現実と同等の仮想空間を構築する『デジタルツイン』はなぜ製造業に効果的?東京都のデジタルツイン計画とは?

第41回:小売業に革命を起こす「ダークストア」、激化する大手とスタートアップの覇権争い

第42回:物流の2024年問題とは?人手不足とECの急成長で物流企業とトラックドライバーが受けるリスクとその対策

第43回:各社がこぞってトレンド予測する若者世代の「セルフケア」はなぜ今注目を集めているのか?

第44回:大手SNSが問題を抱えるなか台頭する「次世代SNS」の有望株とは

第45回:介護人材は間も無く32万人不足へ。台頭は必須の『介護ロボット』の現状と先行事例を紹介

第46回:存在感を強める「グローバルサウス」なぜ今注目を集めているのか?定義や背景、直面する課題などを解説

第47回:位置情報を活用する「ジオターゲティング」がマーケティングに新風を巻き起こしている理由とは?市場動向や活用事例を紹介

第48回:「GDPR」はEUだけでなく世界中に影響を与える。国内事業者への影響や改正された個人情報保護法との違いを解説

第49回:驚異的な成長が見込まれる『デジタルヒューマン』の有力なユースケースとは?チャットボットとどう違う?

第50回:Googleの研究で注目される「心理的安全性」とは?リーダー、マネジメント、人事担当者ができることを解説

第51回:ヴィーガン市場が拡大中!ヴィーガンの基礎知識から最新の市場動向、ビジネストレンドを解説

第52回:ビジネスにおける『レジリエンス』の重要性。VUCAの時代を生き抜く、組織と個人のレジリエンスのあるべき姿とは

第53回:『ナイトタイムエコノミー』が観光産業の起爆剤になる理由とは?夜間の観光を活性化させるナレッジと国内事例を紹介

第54回:『プライバシーテック』が注目される背景とは?高まる個人情報リスクと、GDPRなど各国の規制を解説

第55回:『モーダルシフト』が担う3つの重責。環境問題、人手不足、コスト削減をどうやって実現するのか?

第56回:性差をイノベーションに繋げる「ジェンダードイノベーション」に集まる期待と、科学・技術分野の構造が抱える問題

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント2件

  • 増山邦夫

    増山邦夫

    • エンジニア管理者
    0いいね
    チェックしました
  • 眞田 幸剛

    眞田 幸剛

    • eiicon company
    0いいね
    チェックしました