TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 太陽光架台の初期構造設計から異常気象リスクを軽減する方法とは
太陽光架台の初期構造設計から異常気象リスクを軽減する方法とは

太陽光架台の初期構造設計から異常気象リスクを軽減する方法とは

コウ

太陽光発電の導入は世界的に加速的に拡大を続け、日本では高コストなどの原因で十分に進んでいませんが、発電所において、1%のリスクがあっても重大な損失発生に高い可能性があります。強風など極端気象の多発地域で大型太陽光発電所の利用推進ためには、初期設計の前に、気象リスクの管理方法が非常に重要になります。

異常気象により、太陽光発電所に巨額の損失をもたらしたことがあり、それは、構造設計、製品品質、O&Mなどの要因の組み合わせ結果です。

太陽光架台専門メーカーとしての安泰ソーラーは、大型太陽光発電所の異常気象課題に対応する幅広い経験を持っています。つきまして、構造設計に関する洞察を共有し、なぜ太陽光発電所建設の際に気象リスクへの配慮が必要なのかを見ていきます。

強風による被害は、主に共振によって引き起こされたものです。マルチアクチュエータ駆動を利用した安泰ソーラー追尾式架台は、その問題を完全に対応できます。追尾式太陽光発電所の建設完了後、システム固有振動数f1が発生し、また発電所の臨界風速により、周波数f2が生じます。f2がf1に近いか等しい場合、共振が発生し、システム転げ落ちなどの不安定性を高めます。マルチアクチュエータ駆動を利用した場合、固有振動数のf1を最大限に上げることにより、f2との差も広げられ、共振問題を解決できます。主軸に締め付けたトルクが従来の3分の1になり、システムの安全・安定運転を維持できる同時に、全体的のコストも5%~20%削減することができ、特に強風地域では、これ以上コストダウンも可能となります。

薄くて柔らかい構造は建築基準法に適用されないため、風洞試験を通じて正確な風荷重を予測し、確実な耐風設計を行うことの重要性が大きくなっています。安泰ソーラーのHelios・Clytieシリーズ追尾式架台はすべてCPP資格に合格されたことで、システムの安全かつ効率運転を確保できます。

要するに、極端な悪天候下でも安定・安全運転を保つため、安泰ソーラーは追尾式架台の初期設計開発から工夫しました。安泰ソーラーは、今後も変わらぬ、「ハードコア・テクノロジー&カスタマイズ架台専門会社」として努めてまいり、市場動向を把握しながら、便利・高安定性・革新的な架台を開発し続け、全世界へ優質なカスタマイズサービスを提供し、お客様の未来を支え続けます。

コウ安泰新エネルギー・ジャパン株式会社

安泰新エネルギー・ジャパン株式会社

マーケティング職員

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 工場の屋根に太陽光発電を導入する条件と設置方法は?

      近年では電気をたくさん使うような工場や、物流倉庫の屋根に太陽光発電を導入する企業が増えています。一般的な住宅の屋根や建物の屋上に対して、工場・倉庫だと屋根材や屋根の形状が異なります。 そこで今回は、こういった工場や倉庫の屋根には、いったいどんな方法で太陽光発電設備を設置しているのかを解説します。 どんな屋根でも設置できるの?太陽光発電設備を設置する屋根の形状によって、取り付ける工法や部材は変わってきますが、構造計算に問題なければ、実はほとんどの屋根に取り付けることが可能です。 「金属ハゼ式折板屋根」1.太陽光パネルの寸法にあわせて金具を折板に取り付けます。折版の山部分をつかみ金具という金具で挟み込み、固定します。2.太陽光パネルを設置し、上から抑え金具を取り付け、動かないよう固定します。「陸屋根」陸屋根とは、 “傾斜のない垂直な屋根”のことを指します。そのため、太陽光パネルは「架台」という構造物で、角度をつけて設置を行います。これは石川県の案件実績です。お客様はグレースソーラーの陸屋根架台ソリューション採用して、自社物流倉庫の屋根に太陽光発電を導入する。最大出力は1,530.9kW(約1.5MW)で、年間最大

      グレースソーラー

      2年前

    • 家庭用太陽光発電屋根、屋根を豊かにする方法を教えてください

      次の5つの手順では、屋根が分散型太陽光発電システムの設置に適しているかどうかを簡単に予測できます。1.屋上に設置スペースがあり、3kwの家庭用太陽光発電システムには30平方メートル、5kwの家庭用太陽光発電システムには45平方メートルが必要です。2.設置屋根には所有権があり、別荘や自作住宅には屋根所有権があるか、家庭用太陽光発電システムの設置に適したタウンシップレベル以上の屋根所有権を提供する必要があります。他の屋根は具体的で不明確ではありません。 係争中の屋根は設置に適していません。3.屋根構造には一定の支持力があり、屋根の追加重量は15 kg / m2以内です。4.屋根に水漏れはありません。5.屋根の選択には、東と南に面した陸屋根が好ましい。環境保護、無公害、安定した収入、美しい外観、保温など。太陽光発電所の利点はこれをはるかに超えており、特に太陽光発電所が遊休屋根に設置されている農村地域ではそうです。晴れた日であれば、発電所はお金を稼ぐためにお金を稼いでいます。家に出なくても、安定したポケットマネーを稼ぐことができ、非常に費用対効果が高いと言えます。「デュアルカーボン」の目標の導入により、開発の勢いを示

      グレースソーラー

      2年前

    • 積雪に怖くない!多雪地域での太陽光発電用架台

      寒波の影響が続き、ところが多雪地域で雪災害が多い、発電所に影響も及ぼしました。今回は太陽光発電所の雪対策についてご紹介します。 まず、太陽光発電所への雪の影響は、大きくは以下sの2 つでしょう。●発電量の低下●架台や太陽電池モジュール(パネル)の損壊 多雪地域での積雪防止のため、設計する時、積雪の負荷も計算をしなければならない。通常よりも高い設置角度で斜めに設置できる「高度設置プラットフォーム」を用意しました。 耐久性に優れたベースは、最大180cmの雪に耐えることができます。グレースソーラーは多雪地域で多くの成功事例があり、製品はTUV、UL、AS / NZ1170.2の認定に合格しており、最大風速<46M/S、最大積雪量<200cmm(JIS)です。同時に、発電所の安定稼働を確保するため、事業現場の環境に応じた合理的なレイアウトを設計します。頼りになる太陽光発電架台メーカー · グレースソーラー,お客様に最も信頼性が高く、効率的な太陽光発電システムソリューションを提供することを目指しております。公式サイトで詳しく見ましょう!https://jp.gracesolar.com

      グレースソーラー

      2年前