TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. SNEC円満終了、ハイライトを振り返る
SNEC円満終了、ハイライトを振り返る

SNEC円満終了、ハイライトを振り返る

コウ

コロナで一度延期されたSNECが

8月8日より盛大に開幕!

見所満載、ハイライト動画で

展示会現場に戻りましょう

新製品登場、スマートトラッキング5.0時代を切り開く

8月8日に開催された新製品発表会により、「Helios」と「Clytie」が正式に公開されました。FIT終了に伴う太陽光発電のビジネス環境が厳しくなり、コストの削減にもこれまで以上に焦点を当ててきます。高安定性、工期短縮化、O&M効率化を統合したスマートトラッキングシステムは、より高い効率で発電コストが大幅に低減できており、PV 5.0新時代を拓きます。

太陽光架台の最先端技術を探る

製品発表以来、同業者、顧客、メディアから幅広く注目され、展示会現場では、中国の太陽光発電専門メディアSolarbeによる10分間の独占インタビューを受け、製品魅力、次世代技術と事業展望について紹介しました。

マルチシーンに適応できる固定式架台も大好評

今回も、平地、傾斜地、折半屋根などに適する太陽光架台全種類をラインナップ。施工性の高さと軽量化を同時に実現した折半屋根用架台は、多数の商工業用屋根発電所に採用されました。また、多様な基礎設置方法、角度調整機能プラス事前組立を複合した野立て架台も、多方面から注目されていました。

そこでMAC新型架台の強みを見つける

MAC新型架台システムの展示も目を引いていました。 「MAC架台」とは、いわゆる溶融Zn-Al-Mg合金めっき鋼板を使用した架台システムです。メッキ表面に覆われた被膜が緻密で、従来より少ないメッキ付着量でも、溶融メッキ鋼板の10倍といった、長期間を渡れる高い耐食性を保持します。さらに、自己修復機能、長寿命、優れた加工性などの特長も持っているので、メンテナンスのコストダウン可能に加え、発電所の安定運転が継続的に確保できます。

新しい旅が始まり、

マーケットに前向きに挑戦し続ける

またSNEC2021で

お会いしましょう

コウ安泰新エネルギー・ジャパン株式会社

安泰新エネルギー・ジャパン株式会社

マーケティング職員

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 『デジタルキャンプファイヤーを振り返る - 実装編 -』 : 社長ブログを更新しました

      こんにちは!ダフトクラフトのオオタです。今週は先週に引き続き、『デジタルキャンプファイヤーを振り返る』社長ブログ企画をお届けします。2本目の今回は、デジタルキャンプファイヤープロジェクトの発足後、新たに決まっていったコンセプトや実装内容についての振り返りです。デジタルキャンプファイヤーにとって大切なアイデンティである「リモートワーカーのためのプロダクト」がどのように決まったのか?が語られています。記事は以下のリンクからどうぞ!↓↓↓

      太田風美

      2年前

    • 世界のハイライトスティック市場調査レポート 2024-2030

      QYResearch(本社:東京都中央区、グローバル調査資料出版社)は「世界のハイライトスティック市場インサイト、2029年までの予測」の調査資料を発表しました。ハイライトスティックの市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2019年から2023年まで、予測データは2024年から2030年までです。レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト日本語タイトル:世界のハイライトスティック市場インサイト、2030年までの予測英語タイトル:Global High Gloss Stick Market Insights, Forecast to 2030発刊日:2024年2月レポ-ト形態:英語/日本語PDF(Eメ-ルによる納品)■本レポートで含まれている重要な内容:1. 地域レベルおよび国レベルでのハイライトスティック市場規模2. ハイライトスティック市場の主要なドライバー、阻害要因、機会、課題は何か、またそれらがどのように市場に影響を及ぼすと予想されるか3. ハイ

      QYResearch

      21日前

    • 『デジタルキャンプファイヤーを振り返る - 企画編 -』 : 社長ブログを更新しました

      こんにちは!ダフトクラフトの太田です。今週は社長ブログを更新しました。先月末に弊社がリリースしたVRコミュニケーションアプリ「Digital Campfire(デジタル・キャンプファイヤー)」。このアプリがリリースに至るまでにどんな背景があったのか、ダフトクラフトの経営者視点から見た会社の事情や社会の状況を交えて、3本立てで振り返ります。1本目の今回は、デジタルキャンプファイヤーが企画構想されるまでの物語。「コロナで案件が止まった!」「しかも商材ないやん!」という危機的状況から、どうやってデジタルキャンプファイヤーに繋がっていったのでしょうか……?つづきは以下のリンクからどうぞ!↓↓↓

      太田風美

      2年前