TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 地上太陽光発電所ブラケットの設計とタイプ
地上太陽光発電所ブラケットの設計とタイプ

地上太陽光発電所ブラケットの設計とタイプ

グレースソーラー

合理的な太陽光発電のサポートにより、風や雪の負荷に耐えるシステムの能力を向上させることができます。 太陽光発電サポートシステムの耐荷重特性を適切に使用することで、そのサイズパラメータをさらに最適化し、材料を節約し、太陽光発電システムのコストをさらに削減することができます。

太陽電池モジュールのサポートに作用する負荷には、主に、サポートと太陽電池モジュールの自重(一定負荷)、風荷重、雪荷重、温度荷重、地震荷重が含まれます。 風荷重は制御の役割を果たします。 したがって、基礎の設計では、風荷重下での基礎の安定性を確保する必要があります。 風荷重の作用により、基礎が引き上げられたり、破損したり、その他の損傷現象が発生する可能性があります。基礎の設計では、この力で基礎が損傷しないようにする必要があります。

太陽光発電所は一般にグリッド接続時間ノード要件と短い建設期間があるため、基本的なタイプの選択、経済指標、環境保護要件の際には、建設技術の迅速性と利便性も考慮する必要があります。

拡張基礎は、一般的に現場打ちコンクリートを採用しています。現場での注入や冬の建設が不便な場合は、工場でのプレハブを検討して、現場での濡れた作業やメンテナンスを減らすこともできます。拡張基礎は、底面積が大きく、基礎圧力が低く、剛性が高く、完全性が良好です。基礎の沈下や変形によく適応します。軟弱地盤、採炭地盤沈下域、崩壊性黄土域、新たに埋め戻した緩土などの特殊な地質条件に適しています。しかし、広大な基礎は大量の発掘と高コストを必要とします;表面の植生と形態への損傷は生態学的保護を助長しません;地下水位が高い地域での建設は困難です。

そのため、地上の太陽光発電所の支持体にはほとんど使用されていません。杭基礎には、現在最も広く使用されている支持体であるコンクリート打設杭基礎、コンクリートプレキャスト杭基礎、鋼杭基礎などがあります。太陽光発電サポートが杭基礎を採用する場合、通常、支持プラットフォームは設定されません。柱は、アンカーロッド、フランジなどを挿入、溶接、埋め込みすることによって基礎に接続されるか、杭と柱の統合された形式を直接採用します。 -インプレース杭基礎は機械化された穴の形成を採用します;便利な構造、低い労働消費、上層土への損傷と妨害が少なく、硬い土の層に浸透することができます。

プレハブの杭基礎は、沖合の干潟、「魚と光を補完する」およびその他の水生太陽光発電所にも適しています。プレキャストコンクリート杭の建設は、杭打ちまたは杭打ち機械に依存しています。これは、比較的平坦な場所に適しており、山岳地帯の太陽光発電所には適していません。遠隔地では、輸送費も考慮する必要があります。アンカーボルトの基礎は、岩盤ボルトとコンクリート耐力プラットフォームまたは断面鋼耐力スラブで構成されています。ロックファンデーションには2種類のボルトサポートがあります。それは埋め込みボルトサポートファンデーションです。岩に穴を開け、接着剤を注いでボルトを岩に固定します。もう1つは、削岩装置を使用して穴を開け、モルタルまたは細骨材コンクリートを流し込み、ボルトを固定するロックボルト基礎です。アンカーボルトの基礎は、浅い埋設または直接露出した岩盤に適しています。岩石の風化の程度は中程度の風化であり、程度は比較的完全でなければなりません。

頼りになる太陽光発電架台メーカー · グレースソーラー,お客様に最も信頼性が高く、効率的な太陽光発電システムソリューションを提供することを目指しております。公式サイトで詳しく見ましょう!https://jp.gracesolar.com

グレースソーラーグレースソーラー

グレースソーラーは顧客に頼りになる太陽光発電架台メーカーとして、2009年から太陽光市場に入り、高圧、特高圧また複雑案件向け、11年間ほど対応経験があります。日本向けは4GW以上の架台実績があります。北海道から沖縄まで日本全国で架台実績を投入しました。積雪荷重が高い北海道で40mwの実績があり、業界でも珍しいです。

日本以外、オーストラリア、東南アジアなど世界各地に架台輸出いたします。オーストラリアの市場約30%シェアを占めています。

グレースソーラー

社長

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 太陽光発電所の販売及び投資コンサル

      太陽光発電所を日本全国にて管理しております。セカンダリー案件、土地設備ID案件、新電力案件など様々な物件を所有しております。https://ichiharagumi.noco.sale/share/s/01GFV3YWACKE3682KCZHD50WP8↑弊社管理物件はこちらから回覧可能です。

      市原聖也

      2年前

    • 400MW!日本最大の太陽光発電所協力協定を締結しました

       日本はグレースソーラーの主要な海外市場の1つであり、長い間に日本の多くの「再生エネ巨人」と緊密な協力関係を維持し、多くのローカルプロジェクトの建設に参加し、豊富な経験を蓄積してきました。最近、グレースソーラーと10年間協力してきた日本の太陽光発電業界の大手企業が九州で400MWの太陽光発電所協力協定を締結しました。第1段階、70MWの出荷が完了しました。これは日本の最大規模の太陽光発電プロジェクトで、年間発電電力量約500GWとなる見込みです。。コアサプライヤーとして、グレースソーラーは長い間に、お客様とうまく協力することができ、20件以上の特高案件とほぼ100件の高圧案件を共同で完了しました。このプロジェクトの署名は、日本市場におけるクリーンエネルギーの重要なマイルストーンであり、その戦略的パートナーシップの証です。 今回のプロジェクトサイトの地形はより複雑で、気象条件はより厳しいため、サポートの強度に対してより高い要件が提唱されています。顧客がコストを削減し、効率を高めるのを助けるために、グレースソーラのプロジェクトチームは何千時間もの研究開発努力を投資し、数え切れないほどの修正を行いました。結局、私た

      グレースソーラー

      3年前

    • DG地上設置型太陽光発電 市場 - 2031 年の将来に成長の機会をもたらす

      "DG地上設置型太陽光発電市場の概要:2024-2031グローバルDG地上設置型太陽光発電市場2024-2031は、業界の専門家からの入力による詳細な市場分析に基づいて作成されています。 レポートは、今後数年間で市場の風景とその成長見通しをカバーしています。 レポートには、この市場で動作している主要ベンダーの議論が含まれています。 このレポートで提供される独占的なデータは、研究および業界の専門家チームによって収集されます。サンプルレポートのリクエスト @ https://www.marketreportsinsights.com/sample/115881さらに、このレポートは新たなトレンド、重要な推進力、課題、機会に焦点を当て、業界で繁栄するために必要なすべてのデータを提供します。このレポートの市場調査は、業界内の現在および将来のシナリオの詳細な分析を含む、包括的な視点を提供します。DG地上設置型太陽光発電市場のトップキープレーヤー:Jinko Solar (China), Trina Solar (China), Canadian Solar (Canada), JA Solar (China),

      4ヶ月前