1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. ピンチ! と思ったその時は、
ピンチ! と思ったその時は、

ピンチ! と思ったその時は、

山本 教夫

緊急事態発生! その時に…

 人は、緊急事態に陥ると、知能指数 (IQ) が下がります。

 平たく言えば、愚かな行動を取ってしまいがちになるということ。
 まずは、IQを戻しましょう。

 今回のこのコロナ禍や九州地方の水害だけでなく、私たちは生きていると様々な『想定外』に遭遇します。

 いろいろな場面や状況により、対応策も様々ですが、IQを引き戻す対策として『前を向く』ことを心掛けましょう、とお伝えしています。

 今回は、どのくらい先を見れば良いか、というお話をしましょう。

例えば…

 アスリートやスポーツ選手の方々は、日々記録を出すため試合に勝つために鍛錬されているわけですが、それでもスランプに陥ることがあります。

 大会等に目標を置いて自己記録を上げるべく強くなるべく努力をしているにもかかわらず、成績が伸びないどころか下がることもありますので、それは慌てることでしょう。

 そこで犯してしまいがちな間違いが、「まずは、元に戻ろう」とする考えです。

 戻りたい『元の状態』とは、過去に経験のある状態です。

 その認識下では、生物全てが備えている生命維持装置が昨日と同じ状態を保とうと、つまり自身が変わることを拒否します。

 変われないのです。
 スランプから、抜け出せません。

 

 さて、間違った考えを持つ前に、遡ってみましょう。

そもそも、元に戻る必要があるでしょうか?

 次の記録会で、元の記録を大きく超えてしまうことの方が望ましいはずです。

 そうです。目標は、大会で記録を出すことや試合に勝つことでした。
 『元の状態』なんて、どうでもいいことです。

どんな情報を受け取りたいですか?

 ピンチの時にその事ばかり考えていると、ますますピンチになる情報ばかり拾ってしまいます。

 前を向き、先を見ることで、初めてそうなるための情報が入ってくるのです。

 アスリートやスポーツ選手で例えましたが、日常や仕事についても一緒。

 「元の生活を」とは、新型コロナウィルスに脅かされない日々という意味では、私も賛成です。

 ですが、『元』に戻ることはありません。
 今回の経験を踏まえた、新しい生活様式が取り入れられていくでしょう。

 新型コロナウィルスのみならず、似たようなピンチには今回の経験を活かせる、あなたにとって理想的な新しい生活様式とは仕事のスタイルとは、どんなものでしょうか。

 ぜひ、あなたにとって、楽しいライフスタイルをイメージしてください。

 ちなみに、アスリートやスポーツ選手にとって、大会で記録を出したり勝ったりすることは、目標としては不十分ですよ。

 ではまた。

 

【新型コロナウィルスなんかぶっ飛ばせ! 緊急キャンペーン】
 受け取りましたか?
 セミナーシナリオテキスト無料プレゼント

 半額以下! のキャンペーン価格でご提供
 『脳と心を加速する技術 個別設計実践』

 

 メールマガジンでは、読者向けキャンペーンも含めて全文お読みいただけます。
 ご登録は、こちらの登録フォームからお願いします。
『一生の知恵となる 認知 (脳) 科学コーチング メールマガジン』

 YouTube も少しずつアップしています。
 チャンネルはこちら

 当社セミナーは少人数制です。
 参加者の具体的な悩みや案件にお応えすることで、理解を深めていただいております。
 満足度平均 90%のセミナーはこちら

山本 教夫アーク合同会社

横浜生まれ横浜育ち

地元工業高校から短期大学を経て、ソニー株式会社に入社

数十の商品設計リーダーとして実績を残しつつ、人の心や脳機能について興味を持つ。

ルー・タイス氏と苫米地英人氏に師事し、最も歴史がありかつ最新のコーチング技術・スキルを修得。

ソニー株式会社を退社後、個人事業を経てアーク合同会社を設立。

個人セッションの他、平均満足度89%のセミナーを年間100回以上開催するマインドコーチとして活動中。

アーク合同会社

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 飲食業界の新時代:配膳ロボットがもたらす可能性とは?

      飲食業界における革新的な時代が始まりつつあります。その中心にあるのが、配膳ロボットという革新的な技術です。食事は私たちの生活における基本的な要素であり、その提供方法や環境は社会全体の変化を反映しています。配膳ロボットとは何でしょうか?これは飲食店やホテル、介護施設などで使用される自動配膳・運搬ロボットのことを指します。料理や食器の提供から下膳までをサポートし、業務効率化や人件費削減、さらにはエンターテインメントの役割も果たすことが可能です。この記事では、配膳ロボットがもたらす利点や可能性について詳しく探っていきます。効率的な食事提供や時間節約、正確な食事サービスと品質管理、そして人手不足への対応策としてどのように活用できるのか、また高齢者や身体障害者への支援、感染症対策と衛生面の向上についても考えていきます。食事の新時代を迎え、配膳ロボットが果たす役割について理解を深め、最新の技術動向について知識を得ることで、未来への視野を広げる一助となれば幸いです。1. 配膳ロボットの利点食事の提供は、人手による作業が主流でしたが、配膳ロボットが登場したことで大きく変わりました。この節では、配膳ロボットの具体的な利点につい

      趙徳鵬

      7ヶ月前

    • No.46/100【第3,660号】《 廃校は資源だ 〜 平常時と緊急時で使い分け 〜》

      小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*〜1年後の“きょう”を発想する〜[発行:2020_05_2

      小島章裕

      4年前

    • 【FUNDINNOアップデート】「投資したくなる」ベンチャー企業-その3つの特徴とは-

      こんにちは!株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」を運営しております、日本クラウドキャピタルの松本です。本日も弊社が運営しております、note(【公式】FUNDINNO)の記事をご紹介させていただきます!有益な情報が盛りだくさんとなっておりますので、ぜひご覧ください。今回の記事はこちらです。「投資したくなる」ベンチャー企業の特徴をご紹介します!「投資したくなるベンチャーは、必ずこの3つを抑えています」元日本IBMの社長であり、2019年5月まで国際基督教大学の理事長をお務になられていた、北城恪太郎(きたしろ・かくたろう)様へのインタビュー形式でお届けします。北城様の大変貴重な知見を、ぜひご堪能ください!https://note.com/fundinno/n/n29676e9c1a7b本記事の中身を少しだけ、ご紹介します!ーーーーーーーーーー現在、3社のベンチャー企業に投資し、社外取締役も務める北城氏。大手企業の経営者、ベンチャー企業の成長支援を行ってきた彼に、日本のベンチャー企業が成長するための秘策、成長するベンチャー企業の特徴、理想的なベンチャー支援のあり方について聞いた。(中略)◆こんな会社

      松本海

      3年前