TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 無線LANサイトサーベイで電波の見える化しませんか?
無線LANサイトサーベイで電波の見える化しませんか?

無線LANサイトサーベイで電波の見える化しませんか?

竹之下太地

「オフィスをフリーアドレスにしたい!!」

「煩わしいLANケーブルの配線をなくしたい」

「来客用のゲストネットワークを用意したい」

上記のような理由から、多くの企業様で無線LANが積極的に取り入れられています。

ご検討中の方も数多くいらっしゃると思いますが、導入するにあたり下記のようなお悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

【お悩み例】

●無線LANの電波がどこまで届くのか?

●無線LAN機器は何台設置すればよいのか?

●無線LAN機器を設置する位置をどのように決めればよいのか?

また、すでに導入済みの企業様も

「Web会議中に画像が止まる・・」「音声が途切れる~」なんて事ございませんか?

このようなお悩みを解消するには、「無線LANサイトサーベイ」がおススメです。

無線LANサイトサーベイを行うことで、設置フロアの形状やレイアウト、外来波、お客様の利用要件、無線LAN製品の特性を考慮して、最適なアクセスポイントの配置設計を実施します。

また、株式会社ハイパーでは無線LANサイトサーベイ 今だけキャンペーンとして、20社様限定でサイトサーベイサービスをキャンペーン価格で提供します。

<新規設置時サイトサーベイ費用 今だけキャンペーン>

– 期間:2020年7月1日~2020年8月31日​

– 調査面積:オフィスフロア200m²まで

– 実施回数:1回

– 通常料金:120,000円~(税別)

– キャンペーン料金:50,000円~(税別)

※キャンペーン対象拠点は東京23区となります。​

※200m²を超える場合は別途追加料金が発生します。追加料金もキャンペーン価格にてご提示致します。​

※イベントホールや複合施設、製造工場等の場合はキャンペーン対象外となります。​

– サイトサーベイ対応エリア:東京23区内。その他の地域についてはご相談ください。

製品ページ    :https://www.hyper-ss.jp/pickup/pickup28.html

お申込み・ご相談 :https://www.hyper-ss.jp/ss-contact/

竹之下太地株式会社ハイパー

2000年入社から20年IT機器販売の営業部に在籍し、本社から大阪・福岡支店を経験して2020年より販売推進統括部へ異動。営業促進の視点で、新規取り扱い商品の情報収集と広告活動に力をいれています。基本的に出来ないことが「ほぼ」ない会社です、お困り事のご相談からお勧め商材までお気軽にお声をかけてください!!

株式会社ハイパー

販売推進統括部 副統括部長

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • CERNと協働研究をしませんか?

      CERNは「セルン」と読みます。世界有数の物理学研究所ともいえる「欧州原子核研究機構」の呼称です。実

      松田 俊宏

      4年前

    • オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか?

      新型コロナウイルスのの世界的流行による経済活動の停止のため、多くの企業はDXの導入を検討し、実装しています。企業はDX推進のために実行可能での費用対効果ソリューションとしてオフショア開発サービスを選択しています。しかし、オフショア開発はあらゆるビジネスに適するソリューションではありません。このモデルはコスト削減に優れたメリットの一方で、取り組むべき多くの課題ももたらします。これらの慢性的な問題は、大規模なタレントプールと健全な財政を維持できる企業であっても、企業のDX導入に悪影響を与える可能性があります。これらの困難に収拾しように、下記の オフショア開発課題 を一緒に深くを極めてしましょう!エンジニアの質オフショア開発を実施したい企業はより低コストで望みのような結果が得られることを非常に期待しています。 ただし、これは単に理想的な遠景です。実際に、多くのオフショア開発プロジェクトは求めるレベルを満たさないオフショアチームのエンジニアのため失敗してしまいました。オフショア開発企業 と協業する際に、技術的な面で双方間の非互換性はしばしば発生します。プロジェクトに適しないスキル・経験を有すエンジニアの参加は製品の品

      山下秋子

      18日前

    • オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか?

      新型コロナウイルスのの世界的流行による経済活動の停止のため、多くの企業はDXの導入を検討し、実装しています。企業はDX推進のために実行可能での費用対効果ソリューションとしてオフショア開発サービスを選択しています。しかし、オフショア開発はあらゆるビジネスに適するソリューションではありません。このモデルはコスト削減に優れたメリットの一方で、取り組むべき多くの課題ももたらします。これらの慢性的な問題は、大規模なタレントプールと健全な財政を維持できる企業であっても、企業のDX導入に悪影響を与える可能性があります。これらの困難に収拾しように、下記の オフショア開発の課題 を一緒に深くを極めてしましょう! 1. エンジニアの質オフショア開発を実施したい企業はより低コストで望みのような結果が得られることを非常に期待しています。 ただし、これは単に理想的な遠景です。実際に、多くのオフショア開発プロジェクトは求めるレベルを満たさないオフショアチームのエンジニアのため失敗してしまいました。オフショア開発企業と協業する際に、技術的な面で双方間の非互換性はしばしば発生します。プロジェクトに適しないスキル・経験を有すエンジニアの参加は

      山下秋子

      18日前