TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 広告収入の最適化でパブリッシャーが注目すべき点とは?
 広告収入の最適化でパブリッシャーが注目すべき点とは?

広告収入の最適化でパブリッシャーが注目すべき点とは?

  • 12488
1人がチェック!
諸 俊赫

今回のブログでは広告業界で働いている人にとってマネタイズする為にはとても重要である、広告収入の最適化とeCPMの重要性について取り上げたいと思います。また収益化に頭を抱えるアプリパブリッシャーにおすすめなユニークな広告タイプ「BuzzAd Pop」についても紹介します。

本ブログは以下の構成でまとめておりますが指標について既にご存知の方は是非④へとお進み下さい。

① CPMとeCPMとは?

② eCPMの重要性とは? 

③ eCPMとCTRの密接な関係とは?  

④ パブリッシャーが行うべきおすすめ施策のご紹介

オンライン広告を運営・管理していると、いくつも目にする指標があります。CPA、CPE、CPI、CTR、CPC、CPMなど、状況や広告の目的に応じて無数に分けられる指標があります。オンライン広告の中でも分野にかかわらず一般的に目にする指標としてCPC(Cost Per Click)、CTR(Click Through Rate)、CPM(Cost Per Mille)の3つがあげられます。

またCPMとは別にeCPMというとても類似する指標がありますが意味がとても異なります。オンライン広告でマネタイズする際にはなぜこのeCPMを管理し高めるべきなのか、その重要性を見ていきましょう。

① CPM vs. eCPM

CPMは、広告表示回数1,000回当たりのコストを意味し、広告の表示回数に基づいて広告費用を支払う方式です。例えば、広告主が¥500 / CPMでモバイルアプリにバナー広告の枠

を購入した場合、広告10,000回の表示に対しキャンペーン費用として¥5,000を支払うことになります。(¥500 /表示数1,000回、10,000回の表示= ¥5,000) 

eCPMは有効広告表示数1,000回あたりのコストを意味し、パブリッシャーがどの課金方式(CPA、CPE、CPIなど)を使用するかに関係なく、どの程度大きな効果を得たかを計算する為に使用されます。このeCPMを扱う際に注意深く確認する点は「効果」であり、広告の成果を1,000インプレッションベースだけで計算するCPMと、実績を比較するのはやや困難で、大きく異なります。

パブリッシャーのeCPMが高い程、アプリに掲載された広告が効果的で、ユーザーの流入がスムーズに行われていることを意味します。また広告を見るユーザーが多い程、パブリッシャーが得る収益も増加します。

② eCPMとは?なぜ重要? 

前述のように、eCPMは広告インプレッション数1,000回当たりで、パブリッシャーが得る収益の推定であり、「総収益/インプレッション数 * 1,000」として計算します。

なぜパブリッシャーにとってこのeCPMが重要なのでしょうか?eCPMはアプリの収益化の効率を確認する為に使用され、パブリッシャーにとっては重要な指標です。広告ネットワークの種類、地域、OS、クリエーティブを考慮し、広告収益を比較することにより、キャンペーン効果と広告の最適化するのに役立ちます。

例えば、広告キャンペーンAとBを走らせていて、キャンペーンAは500回のインプレッションから$12の収益が生まれ、キャンペーンBでは900回のインプレッションから$10の収益が生まれたとします。2つのキャンペーンの広告効果は単純なキャンペーン数と収益の金額だけでは、効果的に比較することは困難です。

これをeCPMで計算する場合、キャンペーンAは$24、キャンペーンBは$11となり、AキャンペーンAがより効果的であることが分かります。

③ CTRを支配する広告プラットフォームは、収益を支配する!

広告のeCPMを優先した指標に設定した場合、他の何よりもCTRを優先順位に置いて考える必要があります。これはeCPMを計算する以下の公式からご理解頂けます。

CPCは「広告費用/クリック数」として計算されますが、「クリック数」は「インプレッション数*CTR」の代わりに使用し、最終的な計算は「広告費用/(インプレッション数*CTR)」で計算します。結果的に、CTRがeCPMを大きく左右する鍵であるといえます。

CPC

= 広告予算 / Click

= 広告予算 / (Imp * CTR)

eCPM 

= 広告収益 / Imp * 1,000

= Imp * CTR * CPC * 1,000 / Imp

= CTR * CPC * 1,000

CTRを高める方法として、「コンテンツ、広告文を工夫する」、「焦点を絞ったキーワードを作成する」、「広告との関連性が高いユーザーに配信する」などの施策を聞いたことがあると思います。しかし、広告のデザインやコンテンツは広告主側で作成される為、パブリッシャー側でCTRをより高めるのは容易ではありません。

現在Buzzvilは、CTRを高める為の方法としてアプリ事業者向けパブリッシャーへ以下のサービスを提供しています。

④ パブリッシャーが注目すべきBuzzAd Popとは?

広告収入の最適化とeCPM、CTRに関する関係がお分かりいただけましたでしょうか?本ブログに関するご質問、アプリの新たなマネタイズにご相談が必要な場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

諸 俊赫株式会社バズヴィル

まだ日本では新しい、Androidのホーム画面上にチャットヘッド型アイコンを表示してユーザーにアプローチするアプリマーケティングソリューション「BuzzAd Pop」を提供しております。

既に日本では「JR東日本」「ロイヤリティ・マーケティング(PONTA)」「LINEショッピング」と協力し「ロック画面ソリューション」としてそれぞれのアプリを提供しております。

株式会社バズヴィル

事業責任者

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント1件


おすすめブログ

  • 脳波計測が導き出す「ワーケーション」の最適化

    新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、この1年で私たちの生活は大きく変わりました。電通サイエンスジャムでも昨年からリモートワーク主体の業務体制へ移行し、日々新しい働き方にトライしていますが、同じように模索している方々も多いのではないでしょうか。きっかけこそネガティブではあるものの、変革せざるを得ない事態に陥ったことで働き方改革が急速に進み、今後より個人の自由が尊重される時代が到来するのではないか、という新たな希望も感じます。今回はそんな「New Normal」な働き方の中で注目を集めている「ワーケーション」にスポットを当ててお話をしたいと思います。<ワーケーションとは>「ワーク(Work)」と「バケーション(Vacation)」を組み合わせた造語で、観光地やリゾート地でテレワークを活用し、働きながら休暇をとる過ごし方。在宅勤務やレンタルオフィスでのテレワークとは区別され、働き方改革と新型コロナウイルス感染症の流行に伴う「新しい日常」の奨励の一環として位置づけられる (Wikipediaより引用)休暇+仕事は本当に成立するのか東京都では昨年から「いのちを守るSTAY HOME週間」の実施や「テレワーク助成金

    飯田剛史

    3年前

  • ビジネスマッチングの最適化への取り組み

     イベントグローブというメディア型サービスを提供しているインズ・ビーアイティーの古谷です。世の中には様々なビジネス課題がありますが、当社では企業のオフラインマーケティングに関係する課題解決に取り組んでいます。現在の注力分野は:1.オフラインマーケティング(=イベント、催事)における発注プロセスの可視化2.海外における情報収集や市場開拓に重要なB2Bイベントへの参加支援日本は世界第3位の名目GDPを誇る経済と言われていますが、実態は全く違うものになっています。国民一人当たりの名目GDPに直すと世界第26位となり、先進国の中では一人負けの状態なのです。さらにはこの順位下落がこの20年間に起きているという事実です。https://www.eventglobe.net/delusion-gdp/今日の日本の状態は完全な危険領域に入っており、早急に手を打たないと10年後には、日本は世界経済における存在感を失ってしまう可能性が高いと懸念しています。弊社の最初の取り組みは、日本人が海外で活動する場所を探すためのサービス開発でした。2018年より、イベントグローブを公開し、まだ日本人が探しきれていないグローバル市場へのタッチ

    古谷充弘

    4年前

  • メールの最適化 市場: 2024 年の競争状況: プレーヤーの分析 - 2030

    "メールの最適化 市場概要 2024-2030:近年、国内外の市場からの需要の急速な増加により、メールの最適化市場は大幅な成長と発展を遂げています。 この メールの最適化 の市場レポートは、市場の現状に関する詳細かつ包括的な概要を提供し、市場の傾向、推進力、統計、機会、課題を強調しています。 競争環境の詳細な分析も含まれています。 このレポートは、業界への投資や業界での存在感の拡大を検討している企業に洞察と理解を提供することを目的としています。メールの最適化レポートは、主要な成長ドライバーと課題を強調し、製品タイプ、最終用途産業、アプリケーション、主要プレーヤー分析などを含む主要市場セグメントの詳細な分析を提供します。 ビジネス戦略、市場でのポジショニング、長所と短所に関する洞察を提供します。サンプル レポートを取得する: https://www.marketresearchupdate.com/sample/399702メールの最適化市場調査レポートの主な調査結果には、:1. 市場規模: 消費者の総数、売上高、市場価値を含む メールの最適化 市場の合計規模。2. 成長率: 過去の成長率と予測される成

    ルトゥジャ・マンデ

    4ヶ月前