TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. ベトナムITアウトソーシング:どんなメリットを享受できますか?
ベトナムITアウトソーシング:どんなメリットを享受できますか?

ベトナムITアウトソーシング:どんなメリットを享受できますか?

山下秋子

1986年に経済改革が開始された以降、ベトナムはグローバルな経済統合と開かれたビジネス環境に向けて大きな一歩を踏み出しました。Kearneyの2021年の調査によりますと、ベトナムはソフトウェアサービスとGlobalServicesLocationIndex(グローバルサービスロケーションインデックス)で世界6位にランクされており、ITアウトソーシングの最も魅力的な目的地の1つです。

それでは、どうしてソフトウェアをベトナムにITアウトソーシングする必要があるのでしょうか。ベトナムの技術力とベトナムへのITアウトソーシングの理由を学びましょう。

ベトナム:ITアウトソーシングの新たな世界的目的地

ベトナムは3,260マイルの海岸線を持ち、東南アジアの中心にまたがっています。東南アジアは新興のテクノロジーハブであり、テクノロジースタートアップにとって有名な市場です。戦略的な場所は、ベトナムをアジアの戦略的パートナーにすることに貢献しています。しかし、それだけではありません!ベトナムの企業はグローバルのITマップ上で継続的に拡大しており、オーストラリア、ヨーロッパ、北米にも及んでいます。

近年、COVID-19パンデミックの発生は世界経済のセンチメントにマイナスの影響をもたらしてしまいましたが、ベトナムはGDPとITセッターのプラス成長率を維持することができました。

具体的には、ITアウトソーシングに関して、ベトナムのITサービス市場は近年持続的な成長を遂げており、2021年には700万ドル以上の収益に達しています。Statistaの予測によりますと、2022年から2027年の間にCAGRの11.93%で成長すると予想されています。

関連記事:

ベトナムITアウトソーシングを行う理由

1. 強力で包括的なITインフラストラクチャ

人材インフラ

2021年の時点で、ベトナムには43万人のITエンジニアを含む108万人のIT人材がいます。Topcoderの統計によりますと、ベトナムの開発者は、83か国中で8位にランクされています。

同時に、IT教育を確保するために、148大学と412IT専門学校があり、年間62,000人のIT人材が市場に追加されています。トレーニングプログラムは、AI、データサイエンス、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、IoT、VR/AR、ブロックチェーン、3Dプリンティング等の分野で毎年調整・改善されています。

ITサービス企業およびITパーク

ITサービスを提供する企業の数は、2020年から2021年にかけても近年だんだん増加しており、グローバルなお客様に多くの選択肢とリソースを提供しています。

さらに、政府はベトナムのテクノロジー業界を促進するために、ハイテクパークに投資しています。2022年の時点で、ハノイ市、ダナン市、ホーチミン市等の国の主要な技術センターに6つのITパークがあり、社会経済の開発のための科学技術の内生的な能力の創出に取り組んでいる830のIT企業の本拠地となっています。

セキュリティインフラストラクチャ

国際電気通信連合(ITU)が公表した2020年のGlobalCybersecurityIndex(グローバル・サイバーセキュリティ・インデックス)によりますと、ベトナムは情報セキュリティで94.59/100のスコアを獲得し、世界の193か国中で25位、アジア太平洋地域で7位、ASEAN地域で4位にランクされています。

2. 最先端技術

ITアウトソーシングの主要国の1つになることを目指して、ベトナムはブロックチェーン、IoT、AIと機械学習、クラウドコンピューティング等の新興技術の能力を開発するために、教育やその他のリソースに投資しています。特に、ブロックチェーンとAIは、4.0デジタル革命の2つの重要なテクノロジーです。

人工知能(AI)

ベトナムは、クイニョン県にあるAIバレーを中心に、国家AI研究開発プログラムを開発することに意欲的です。また、2019年には、ハノイ科学技術大学がAIを公式の教育プログラムに取り入れました。

注目されているベトナムのAIスタートアップには、Elsa、Kambria、Kampa、Gotit等があります。それに加えて、VietAI、AI4Life、人工知能コミュニティ等のたくさんのAIコミュニティもあります。

ブロックチェーン

ベトナムは世界のブロックチェーン市場で高く評価されています。Chainalysisによりますと、ベトナムは2022年のGlobal Crypto Adoption Indexで1位にランクされています。また、AxieInfinity(SkyMavis)、KardiaChain、KyberNetwork、Coin98、TomoChain等多くのベトナムのブロックチェーンスタートアップが広く利用されています。

2022年4月、内務省は、ブロックチェーンの研究と適用をさらに促進するために、ベトナムブロックチェーン協会(VBA)の設立を正式に承認しました。また、最近8月には、VBAとホーチミン市の銀行大学が、大学でのブロックチェーン教育を促進するための戦略的提携を結びました。

3. 競争力のあるコスト

地理的な価格という利点は、オフショア開発の大きな理由です。幸いなことに、競争力のある全体的なコストを持つベトナムは、この利点をうまく活用して、ソフトウェア開発の第6位の目的地になって、2021年のGlobal Services Location Index(グローバルサービスロケーションインデックス)で世界6位にランクされいます。

さらに、USNewsの調査によりますと、ベトナムは製造コストの安さで100/100のスコアを獲得しています。シンガポールを拠点とするビジネス変革コンサルタント会社TMXのレポートによりますと、ベトナムの製造コストはアジアで2番目に低く、製造会社の月額は79,280ドルです。この数字はカンボジアだけよりも高い。

4. 開かれたビジネス環境

改革期間から約40年が経過したベトナムは、2022年8月時点で、4,300億米ドルが35539プロジェクトに投資されており、外国投資の理想的な目的地となっています。また、AFTA、WTO、APEC、ASEAN、FAO等の主要な貿易組織のメンバーであり、世界で、56のFTA貿易パートナーがいます。

2022年時点で、USNewsが発行するOpenForBusinessによりますと、ベトナムは78カ国中で21位にランクされています。この高いランキングは、社会の安定のみならず、以下で説明するグローバルな経済統合に向けた政府の多大な努力の結果でもあります。

5. 法的支援

ITを経済セッターの先頭に立たせるために、政府はソフトウェアプロジェクトとIT企業のみに税額控除と賃貸料の減免を提供しています。

IT企業は、設立から最初の4年間で0%の税金、次の9年間で50%の減税を受けることができます。FDI企業を奨励するために、ほとんどの県で土地賃貸料の減免が利用可能であり、さらに輸入税が免除されます。また、ソフトウェア製品には0%の税金が適用されますので、ベトナムにITのプロジェクトをアウトソーシングする際のコストが削減されます。

ベトナムITアウトソーシング企業のトップ

1. FPTソフトウェア

FPT Softwareは、長年にわたって、ベトナムでリードするITアウトソーシング企業です。デジタルトランスフォーメーションのパイオニアとして、FPTはスマートファクトリー、デジタルプラットフォーム、RPA、AI、IoT、エンタープライズモビリティ、クラウド、AR/VR、ビジネスアプリケーション、アプリケーションサービス、BPO等の世界クラスのサービスを提供しています。2022年の時点で、世界中で700以上のお客様にサービスを提供しています。

2. LTS Group

LTS Groupは、ベトナムに本社を置き、日本と米国に2つの支社を持つグローバルなITサービス・ソリューションの提供者です。6年間にわたって、日本、韓国、シンガポール、香港、オーストラリア、アメリカ等の9か国のお客様とパートナーにサービスを提供してきました。そのドメインは、一般的なドメインのみならず、教育、自動車、フィンテック、ヘルスケア等の専門知識が必要なドメインまで多岐にわたります。

以下はLTSが提供するITサービスです。

  • オフショア開発センター
  • カスタムソフトウェア開発
  • ブロックチェーン開発
  • ソフトウェアのテスティング
  • デジタルトランスフォーメーション

3. CMCグローバル

CMC Globalは、現在1,500人以上の従業員がおり、ベトナムのITアウトソーシング市場を開拓しているもう1つの企業です。世界中の150以上のお客様にサービスを提供しており、CMMiやISO27001:2013等の国際基準に厳密に従っており、納品物の品質を保証しています。

以下はCMC Globalが提供するITサービスです。

  • カスタムソフトウェア開発
  • クラウド移行
  • クラウドマネージドサービス
  • RPA導入

4. Rikkeisoft Corporation

2012年に設立されたRikkeisoftは、1,300人の従業員がおり、世界中の500以上のお客様にサービスを提供しているベトナムの信頼のあるITプロバイダーになりました。あらゆる規模のあらゆる業界のお客様がデジタル技術を適応させて実装するのを支援します。

以下はRikkeisoftが提供するITサービスです。

  • ソフトウェア開発
  • Web・モバイル開発
  • ビジネスプロセス管理
  • CAD
  • UI・UXデザイン
  • QAとテスティング

5. HBLAB

HBLABは、世界をリードする多くの企業、中小企業、スタートアップ企業の信頼できるベトナムのITパートナーです。e-コマース、e-ヘルス、e-ラーニング、フィンテック、メディアとエンターテイメント、スタートアップとイノベーション、ビジネスオートメーション等の多くの分野のお客様との経験があります。

HBLABは300人以上の専任のテック人材からなるチームで、次のようなビジネスを支援します。

  • カスタムソフトウェア開発
  • ブロックチェーン開発
  • Web・モバイル開発
  • 人工知能と機械学習
  • QA&テスト

まとめ!

上記の情報で、ベトナムITアウトソーシングの状況をさらに理解していただければ幸いです。

ベトナムへのITアウトソーシングをお考えですか。遠慮なく私たちに連絡して、私たちの専門家から専用の相談をお受けください!

山下秋子LTS Group

LTS Groupはベトナムを拠点とするグローバルなITアウトソーシング企業です。高品質なサービスを維持し、コストを最適化することに寄与するITサービスを提供しています。 

世界中のさまざまな業界の顧客と連携し、顧客満足度96%以上を維持し、国内外でさまざまな業界賞を受賞していることを誇りに思っています。

主なサービス内容は次のとおりです。
・ソフトウェア開発
・ソフトウェアテスト&品質保証サービス
・ビジネスプロセスアウトソーシングサービス(BPO)

次のような大きな利点をもたらすことを保証します。
・ベトナムの魅力的な労働コストによる競争力のある単価
・最高のサービスやソリューションをお届けしようとする意欲にあふれた幅広いIT人材のプール
・教育、医療、eコマース、建設、自動車、金融など様々な業界の深い知識を持つエンジニア
・エンジニアの言語能力と即戦力のITコミュニケーター&BrSEのによる効果的なプロジェクトコミュニケーション
・要件、予算と時間枠に基づく柔軟なソフトウェア開発手法:アジャイルモデル、ウォーターフォールモデル、Vモデル、イテレーションモデルなど

LTS Groupがどのように貴社の目標達成とROIの向上に役立つか、まずは日程調整を作成してください!

ご連絡ください。
Website: https://www.ltsgroup.tech/
Linkedin: https://www.linkedin.com/company/74334296/
Email: contact@ltsgroup.tech

LTS Group

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • オフショア開発のメリット3つ:どんなメリットですか?

      ITオフショア開発は、長年にわたってテクノロジー業界のトレンドとなっています。 ハイテク企業は、オンショア、ニアショア、オフショアのベンダー、アジャイルやウォーターフォールのモデルを選択できます。 それでも、オフショア開発モデルと作業方法にかかわらず、企業がオフショア開発のサービスを選択する理由は、主に次のような3つの主要なメリットということです。ビジネス競争力の向上コアビジネスにより良い集中ビジネススケーラビリティの改善この記事では、このようなオフショア開発のメリットの特定の要素を掘り下げて、ソフトウェア開発を受託することの真の目的を理解し、ビジネスにとってより良い決定を下せるようにします。1. オフショア開発のメリット:ビジネス競争力の向上ビジネスの競争力とは、収益性を確保しながら、高品質、低価格、市場投入までの時間を短縮した製品・サービスを生産する能力です。 ハイテク企業は、オフショア開発のサービスの次の利点を活躍して、ビジネスにさらに競争力を向上できます。コスト削減デロイトの2020年版 グローバル アウトソーシング サーベイによりますと、アウトソーシングを選択した企業の70%が、コスト削減のメリット

      山下秋子

      18日前

    • ベトナムオフショア開発を委託することにはどのようなメリットがあるのでしょうか

      オフショア開発は、ITリーダーや企業の間で注目が高まっている一般的なワークモデルです。これは、コスト削減と人材確保のための効果的な方法と考えられています。オフショア開発のサービスプロバイダーが進出している国の中でも、ベトナムは有能な技術者と競争力のあるコストを持つ国として際立っています。実際、ベトナムは成長中のITハブであり、初期段階を越えたばかりです。ベトナムでは、IT産業の発展と、この分野への外国人投資家にとって、非常に有利な規制が敷かれています。ベトナムには世界的に有名なテクノロジー企業があり、世界中の多くのビッグクライアントと仕事をしています。さらに、このような発展は、ドメインに特化した能力を持つニッチ市場向けの他の中規模または小規模のサービスプロバイダーの設立への道を開いています。1. ベトナムのIT人件費ベトナムがODC設立に適している理由として、まず第一に挙げられるのが価格の安さです。アメリカ、シンガポール、日本などの先進国のIT主要分野の人件費と比較すると、ベトナムの給与レンジは40~50%も低いのです。例えば、米国のソフトウェア開発者の基本給は約9,528ドルであるのに対し、ベトナム市場のそ

      山下秋子

      1ヶ月前

    • オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか?

      新型コロナウイルスのの世界的流行による経済活動の停止のため、多くの企業はDXの導入を検討し、実装しています。企業はDX推進のために実行可能での費用対効果ソリューションとしてオフショア開発サービスを選択しています。しかし、オフショア開発はあらゆるビジネスに適するソリューションではありません。このモデルはコスト削減に優れたメリットの一方で、取り組むべき多くの課題ももたらします。これらの慢性的な問題は、大規模なタレントプールと健全な財政を維持できる企業であっても、企業のDX導入に悪影響を与える可能性があります。これらの困難に収拾しように、下記の オフショア開発課題 を一緒に深くを極めてしましょう!エンジニアの質オフショア開発を実施したい企業はより低コストで望みのような結果が得られることを非常に期待しています。 ただし、これは単に理想的な遠景です。実際に、多くのオフショア開発プロジェクトは求めるレベルを満たさないオフショアチームのエンジニアのため失敗してしまいました。オフショア開発企業 と協業する際に、技術的な面で双方間の非互換性はしばしば発生します。プロジェクトに適しないスキル・経験を有すエンジニアの参加は製品の品

      山下秋子

      18日前