TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. ベトナムIT企業おすすめ7選を比較【2023年度版】
ベトナムIT企業おすすめ7選を比較【2023年度版】

ベトナムIT企業おすすめ7選を比較【2023年度版】

山下秋子

20年にわたりグローバル化を進めてきたベトナムIT企業は、国際的な信頼と認知を築いて、世界のテクノロジー地図の中でその地位を確立してきました。高品質な若手IT人材、競争力のある人件費、成長を推進する経済、やベトナム政府の積極的な支援の等により、ベトナムはアウトソーシング先ランキングのトップ5に入っています。ベトナムも2014年以来、日本市場で2番目に好きなパートナーとなり、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、香港、やオーストラリアなどの主要市場でも認知されています。

もし良いベトナムのITサービス企業を探しているのであれば、このリストは役立つと考えられます。本記事では、ベトナムで高品質なITサービス・ソリューションを提供する一流の会社を紹介するだけでなく、ベトナムのIT会社に外注すべき理由、そして最適なパートナーを選択するポイントを説明していくので、是非ご一読ください!

一流なベトナムIT企業一覧

  • FPTソフトウェア
  • Lotus Quality Assurance(LQA・Lotus QA)
  • Shift Asia
  • CMC japan
  • VTIジャパン
  • リッケイソフト(Rikkeisoft)
  • 株式会社NTQジャパン
  • 株式会社SotaTek Japan

設立年、従業員数、業績や資格、提供サービスなど、入念に調査した項目に基づき、各社を比較しています。貴社のニーズに最適なサプライヤーを見つけるお手伝いをさせてください。

Lotus Quality Assurance(LQA)

企業概要

  • 設立年:2016
  • 従業員数:500名
  • 主なサービス:

ソフトウェアテスト (Webアプリテスト、モバイルアプリテスト、自動化テスト、組み込みテスト、統合テスト)

車載ソフトウェアテスト

ソフトウェア開発(Webアプリ開発、モバイルアプリ開発)

ブロックチェーン開発

ソフトウェアの保守とアップグレード

ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)(データアノテーション、データ収集、データ変換)

Lotus Quality Assurance(LQA)は、2016年にベトナムにおける初の独立した品質保証会社として設立されました。アジアの新興シリコンバレーに位置し、LQAはLTSグループの子会社で、本社はハノイにあり、日本とアメリカにも事業を展開しています。

60以上のグローバルクライアントに対する豊富な経験を持ち、ソフトウェアテストに特化し、特に自動テストと組み込みソフトウェアテストに強みを持っています。教育、自動車、フィンテック、ヘルスケアなど、さまざまな分野での専門知識を持つことで、お客様が直面する独自の課題を深く理解し、効果的な解決策を効率的なコストで提供できます。自動車、ヘルスケア、教育、フィンテックといったさまざまな業界への特化と、英語と日本語など多様な言語に高い習熟度を持つことで、多様な要件を持つお客様に対応できる能力を備えています。

持続的な努力の結果、LQAは多くの目立った成果と認定を誇りにしています。2022年にはソフトウェアテストサービス部門でSao Khue賞を受賞しています。(Sao Khue賞はベトナムのソフトウェアとITサービスにおける権威ある評価プログラムです)。また、ISTQBのシルバーパートナーとして認定され、ClutchによってベトナムのNo.1ソフトウェアテスト会社と認識されています。さらに、ISO27001の認証も取得しており、情報セキュリティへの取り組みを示しています。

LQAはAIデータトレーニングサービスでも強力で優れたサービスを提供しています。これまでに312以上のプロジェクトを実行し、1400万件以上のデータを処理し、100人以上のメンバーを持つプロジェクトの運営経験があります。最大6245人月の増加を必要とする大規模プロジェクトを実行する経験を持ち、さまざまなタイプの注釈プロジェクトを管理するためのノウハウを持っています。これにより、98%の精度を達成した実績があります。また、Web/モバイルアプリの開発、ブロックチェーン開発、ソフトウェアのメンテナンスとアップグレードなどの高品質な開発サービスも提供しています。LQAとLTSグループのサービスに関する詳細はこちら

FPTソフトウェア

企業概要

  • 設立年:1999
  • 従業員数:27,000名
  • 主なサービス:

システム開発・運用・マイグレーション

AI(人工知能)、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、最新テクノロジーサービス

カスタムソフトウェア開発 

ITマネージドサービス 

非音声BPO /ブラックオフィスサービス

FPTソフトウェアはFPT Corporationの子会社であり、ベトナムの情報技術分野を牽引する大手企業であり、1999年に設立された歴史の長い企業です。FPT Softwareは世界中の1,000以上の顧客と信頼できるパートナーであり、パナソニック、富士フイルム、シスメックス株式会社、KDDI、カシオ、新日鉄などの大手顧客を含みます。FPTの顧客は自動車、製造業、銀行、金融・保険、ヘルスケア、物流・運輸など、さまざまな分野にわたります。

FPTソフトウェアはDX(デジタルトランスフォーメーション)、アプリケーション開発と近代化、SAPサービス、デジタルアシュアランス&品質エンジニアリングサービスなど、国際基準を満たす包括的なソリューションを提供しています。さらに、AI、ブロックチェーン、IoTなどの最新技術分野でもベトナムをリードしています。

ベトナムの情報技術産業に大きな貢献をし、ソフトウェアおよびテクノロジーサービス分野で世界的なシェアを確保しています。その優れた実績により、次のような注目すべき成果を挙げています。

  • 2012年に世界のトップ100ソフトウェア企業
  • Sao Khue賞を多数受賞(Sao Khue Awardはベトナムの情報技術およびソフトウェア分野で最も権威ある評価プログラムです)
  • ISO 27001認証を取得
  • Vietnam Reportによる2022年の信頼性のあるトップ1のテクノロジー企業
  • Forrester Waveのアジア太平洋地域でのトップ8のIoTコンサルタンシー
  • 複数回、IAOP Global Outsourcingによるグローバルなアウトソーシングサービスプロバイダートップ100
  • CMMI Level 5認証を取得(これはCMMI Instituteの最高レベルのソフトウェアプロセス評価基準です)
  • Fortune Global 500ランキングで全体で85位

これらの優れた実績により、FPTソフトウェアは信頼性と評判のある情報技術分野のリーダーであり、世界中の顧客に高品質なサービスと体験を提供しています。

Shift Asia

企業概要

  • 設立年:2016
  • 従業員数:約200名
  • 主なサービス:

アプリケーションテスト 

ERPコンサルティングとSI

サイバーセキュリティ 

モバイルアプリ開発 

ユニファイドコミュニケーションコンサルティングとSI

Web開発

カスタムソフトウェア開発

Shift Asiaは、2016年に設立され、株式会社SHIFTの海外拠点として活動し、ベトナムのホーチミン市に本社を置いて、約250人の従業員がいます。従業員は、ベトナムと日本のトップ大学を卒業し、大手企業での豊富な経験を持っています。これらの利点により、Shift Asiaは日本の企業の文化やビジネススタイルを理解し、高品質で満足度の高いサービスを提供することができます。

初期には、Shift Asiaはソフトウェアテストに特化した企業として設立されました。そのため、ソフトウェアテスト分野での豊富な経験とノウハウを持っています。最新の本格的なテクノロジーを使用することで、世界中の顧客に最高のソリューションを提供し、テストカバレッジを最大化します。 現在までに、Shift Asiaは、より多くの顧客に対応できるように、ソフトウェア開発、プロセス最適化、ODC(オフショア開発センター)の設立など、さまざまなサービスを提供するようになりました。また、BFSI(銀行、金融、保険)、ヘルスケア、Eコマース、教育などの多数な分野で成功したプロジェクトを実施しています。

シフトアジアの従業員の55%以上がN2以上の習熟度を持つ多くを含む、日本語を話すことに堪能です。また、30名以上のスタッフがアジャイル認定資格を保有しており、ソフトウェア開発のアジャイルスタイルを重視する上で重要な資格となっています。言語とコミュニケーションの能力、深い専門知識により、Shift Asiaはシンプルなプロジェクトから複雑なプロジェクトまで、柔軟かつ効果的に展開することができます。

Shift Asiaの目立つポイント・実績

  • ISTQBの認定試験において100%の合格率を達成
  • ISTQBのプラチナパートナーになり

CMC Global 

企業概要

  • 設立年:2016
  • 従業員数:約1000名
  • 主なサービス:

世界水準のオフショア開発:カスタムソフトウェア開発、ソフトウェア保守、レガシーマイグレーション、テスティングサービス

デジタルトランスフォーメーション:クラウドサービス、ローコード、データ、アナリティクス、AI

ソリューション:顔認証ソリューション(CIVAMS.Face)、CMC Social Listening、CMC Chatbot、C-ID Reader、C-CA、SOC(Security Operation Center)

CMC Corporationはベトナムで2番目に大きなテクノロジー企業です。1993年に設立され、CMCはベトナム市場および世界中の多くの国でその地位を確立しています。2016年には、たった50人の従業員から始まり、CMC Corpの一部門としてITアウトソーシングサービスを提供するCMC Globalが設立されました。彼らは世界クラスのアウトソーシングサービスを提供し、デジタルトランスフォーメーションを支援し、高度なテクノロジーソリューションを提供しています。

現在、2500人以上の認定エンジニアが300以上のグローバルクライアントに対してサービスを提供しており、銀行・金融、自動車、物流、製造、ヘルスケア、メディア・エンターテインメント、フィンテックなどの多くの業界に関与しています。

顧客中心、創造性、光速、そしてコミットメントという4つのコアバリューに従い、CMC Globalは多くの賞と認証を優れた成果として収めています。2019年、2020年、2022年には、CMC Globalは「ITアウトソーシングサービス」部門で優れた成績により、バック・トゥ・バックでSao Khue Awardsを受賞しました。また、HR Asia Magazineにより2020年に「アジアで働くためのベストカンパニー」として名指しを受けたことで、ベトナムでトップ100の働きがいのある場所にランクインしています。さらに、ISO 27001:2013、ISO 9001:2015、CMMi Level 3、AWS Cloudの認証を取得しています。

株式会社VTI

企業概要

  • 設立年:2017
  • 従業員数:1000名以上
  • 主なサービス:モバイルアプリ開発、マイグレーション、保守&運用支援、IoT、クラウドコンピューティング、AIサービス

VTIグループは、製造、小売り、金融、インターネットサービス、交通、建設などさまざまな業界のさまざまなサイズの顧客にワンストップのソリューションを提供しており、デジタルトランスフォーメーションを通じてビジネスの成長を支援しています。

VTIは、従業員数と会社の規模が急成長しているベトナムのITアウトソーシング企業の中でも、珍しい存在です。設立からわずか7年で、現在、ベトナムと日本の両方に6つの支社を持ち、1000人以上の従業員を擁しています。Amazon Web Services(AWS)のアドバンストコンサルティングパートナーとして、VTIは、アソシエイトからスペシャリティレベルまでのAWSの認証を取得したベトナムの数少ない企業の1つです。したがって、大規模かつ複雑なプロジェクトに対処するために、クラウドコンピューティング、AI、IoT、機械学習などの最新の技術を活用するためのスキル豊富な技術エキスパートを提供できます。

VTIは以下のような顕著な実績と認証を取得しています。

  • ISO/IEC 27001(2018年)
  • CMMI-DEVレベル3(2019年)
  • AWSアドバンストコンサルティングパートナー(2020年)
  • [ベトナムソフトウェア開発協会] VINASAからの卓越性証明書(2021年)
  • Microsoftデータ分析のゴールドパートナー(2022年)

リッケイソフト(Rikkeisoft)

企業概要

  • 設立年:2012
  • 従業員数:1600名以上
  • 主なサービス:IT サービス(ソフトウェア開発、マネージドサービス、品質保証、システムマイグレーション)、デジタルソリューション(クラウド、AI・人工知能、ブロックチェーン、データアナリティクス、ローコード開発、Salesforce、SAP)

リッケイソフトは、10年以上の経験を持ち、ベトナムでのトップテクノロジーパートナーの1つとして評価されています。これまでに、1000以上のプロジェクトを実施し、日本を含むさまざまな市場から500以上の顧客にサービスを提供しています。同社は、金融、メディア・エンターテインメント、小売・Eコマース、製造業、物流、オートモーティブ、公共分野など、さまざまな業界で豊富な経験を積み重ねています。

新しい技術に追いつくことで先導する会社の1つでもあります。特にAIとブロックチェーンの分野で会社は注力しています。

ベトナムのハノイ、ダナン、ホーチミン市に本社と開発拠点がありますが、日本にも東京、名古屋、大阪、福岡に支社を持っています。このように、リッケイソフトと日本のお客様との協力が円滑に進み、高い効果を上げています。

リッケイソフトの不断の努力により、以下のような優れた成果と賞を収めています。

  • ベトナムICT企業TOP30(2013年)
  • 日本ベストベンチャー100&ベトナムICT企業TOP10(2020年)
  • インフォメーション・テクノロジー・ワールド賞(2022年)
  • ベトナム・デジタルトランスフォーメーション賞(2022年)

株式会社NTQジャパン 

企業概要

  • 設立年:2016
  • 従業員数:約0名
  • 主なサービス:マイグレーション、DX、基幹システム、AIスマホタブレット、動画ライブ配信、SES、自社プロダクト(enKomm、 KoniaLMS、 NTQBot、 EZ Plastic、 Super Watermarks)

株式会社NTQのビジネス哲学は、「成長と持続可能な発展の追求」「生産性」「プレミアムな品質のサービスの提供」です。明確なビジョンと情熱的な若い労働力により、NTQは技術的な完璧さと大胆なビジネスアイデアの達成を目指すことができる環境を築いています。

NTQの3つの主要サービスは、「オフショア開発」「常駐開発(SES)」「自社プロダクト開発」です。

  • オフショア開発:顧客のコストを40%削減し、「技術力」「提案力」「柔軟性」の要素を提供することができます。
  • 常駐開発(SES):高度な技術エンジニアと日本語能力のあるスタッフがおり、品質と結果を顧客の期待通りに提供します。また、日本にも支社があるため、NTQと日本の顧客とのコラボレーションとコミュニケーションがスムーズに行われます。
  • 自社プロダクト開発:企業向けに製品を開発し、顧客のニーズに応じてこれらの製品をカスタマイズします。NTQの主要製品には、「enKomm(ビジネスチャットツール)」「Konia LMS(オンライン学習管理システム)」「NTQBot(AI Chat Bot)」「Super Watermarks(ECサイト向けアプリ)」などがあります。

NTQは品質への継続的な取り組みと貢献により、多くの優れた賞と認定を受賞しています。

  • 2022年のTOP 10ベトナムICT企業
  • 2022年のベトナムAIコンテストで2位を獲得
  • 2022年のSao Khue Awards受賞(ソフトウェアアウトソーシングサービスカテゴリ)

自社のビジネスに適しパートナーを選択することは容易なことではありません。財務状況や戦略、アウトソーシングの目標によって、IT会社の選定基準は変化します。予算が限られている場合、大手企業のITサービスを利用することは非常に難しいかもしれません。しかし、品質と時間も重要な要素です。そのため、ベンダーを事前に評価するだけでなく、より深い議論を行ったり、彼らのオフィスを訪れたり、小規模なプロジェクトを試すことをお勧めします。 機能豊富で品質が保証され、適切な時期に市場に投入される製品は、企業に多くの成功をもたらす可能性があります。したがって、各要素をバランスよく考慮し、優先順位を考えることで、最適なIT企業を見つけることができるでしょう。

近年、ベトナムは世界中の多くの企業、特に日本企業にとって人気のあるアウトソーシング先の1つとなっています。日本情報処理振興協会(IPA)のレポートによれば、2012年以来、ベトナムは日本にとって重要なパートナーとして2番目の地位を確保しています。では、ベトナムのIT市場にはどのような注目すべき特徴があり、なぜベトナムIT企業がここまで人気があるのでしょうか。一緒に詳しく調査してみましょう。

ベトナムIT企業にアウトソーシングするメリットとは?

2022年、ベトナムの情報通信(ICT)業界は1480億米ドルの収益を達成し、ITサービスは総収益の約5%に貢献しました。過去10年間、ITサービスをはじめとして、ベトナムのICT業界は、収益と市場において一貫した成長を遂げてきました。以下は、ベトナムがITアウトソーシング先として注目されている主な理由です。

ベトナムIT企業にアウトソーシングするメリットとは?

優秀なIT人材へのアクセス: ベトナムは、約112万人の従業員がIT業界で働いており、膨大なIT人材のプールを誇っています。ベトナムにはIT教育を提供する大学が148校あり、毎年約5万7,000人のIT卒業生を輩出しています。このような熟練した専門家の豊富な供給により、企業はITアウトソーシング・プロジェクトに適した専門知識を見つけることができます。

費用効率:ベトナムは、生産、労働、税制優遇措置の面で大きなコストメリットを提供しています。そのため、ベトナムでのITアウトソーシングは、コスト削減や財務オペレーションの最適化を目指す企業にとって魅力的な選択肢となっています。例えば、LTSグループはアウトソーシング・プロバイダーとして、クライアントの営業コストを平均30%削減することができます。

新技術への対応:ベトナムのICTセクターは急成長している産業の一つで、2022年には8.8%の成長率を記録する予定です。ベトナムのITアウトソーシングチームは、メタバース、ブロックチェーン、IoT、AIなどの新しく革新的なテクノロジーを扱うための十分な設備が整っています。これにより、企業は品質、セキュリティ、ユーザー体験を向上させたソフトウェア・アプリケーションを構築することができます。

安定したビジネス環境:ベトナムのビジネス環境は、安定した社会と政府の支援政策から恩恵を受けています。ベトナムにアウトソーシングすることで、企業は好ましくない社会情勢によって中断されるリスクを軽減し、オフショアパートナーと協力する際に複雑な国境を越えた手続きをナビゲートすることができます。

積極的な政府支援:ベトナム政府は、同国のITセクターの発展を促進・支援するため、さまざまな政策やイニシアティブを実施しています。政府がベトナムのITサービスの成長を促進する主な方法には、税制上の優遇措置、インフラ投資、ITトレーニングや教育への支援などがあります。例えば、政府の投資のおかげで、ベトナムは安定したインターネット接続インフラと幅広いインターネットカバレッジを有します。世界銀行によると、ベトナムは世界で最もインターネットに接続されている国のひとつです。これにより、外国企業がベトナムITサービスを利用する際、仕事の進捗が保証され、円滑なコラボレーションが促進されます。

より良いケアと敏捷性:ベトナム企業の大半は中小企業で、96.7%を占めている(2020年現在)。つまり、中小企業には、特定の顧客要件に合わせてソリューションやサービスをカスタマイズする柔軟性があります。さらに、中小規模のベンダーの場合、その企業の経営幹部との距離が近く、顧客により直接的なコンサルティングの機会を提供できる場合が多い。

ベトナムへのアウトソーシングにより、日本企業は人材不足の課題を克服するだけでなく、コスト削減、プロジェクト品質の確保、製品の強化と競争力強化のための新技術の迅速な導入が可能になります。 さらに、外資系企業はベトナムに子会社や駐在員事務所を設立することで、人件費、生産能力、恵まれたビジネス環境などの利点を活用しながら、市場でのプレゼンスを拡大し、新たなビジネスチャンスをつかむことができます。

ベトナムのITサービスに関する深い洞察については、こちらをクリックしてください。「ベトナムのITサービス産業」 の電子書籍を通じて、ビジネスチャンスをつかむために、ベトナムのITサービス産業の市場インサイト、メリットや課題などの有益な情報を提供します。

ベトナムへのITアウトソーシングを成功させるには?

ベトナムへのITアウトソーシングは、多くの日本企業にとって費用対効果の高い選択肢となります。スムーズなアウトソーシングを成功させるために、以下のステップと注意点をご参照ください。

1.要件の定義:スコープ、目標、予算、スケジュールなど、プロジェクトの要件を明確に定義します。ソフトウェア開発、テスト、ITサポートなど、アウトソーシングが必要な具体的なITサービスを理解しましょう。

2.リサーチと会社のショートリスト作成:ベトナムのITアウトソーシング企業の候補をリサーチし、ショートリストを作成します。関連する専門知識、経験、そして求めているプロジェクトを提供した実績のある企業を探しましょう。そのほか、信頼できるベンダーを選ぶために考慮すべき重要な要素は以下の通りです。

  • 認証と受賞歴: ISO認証、CMMIレベル、業界固有の資格など、ベンダーが要求される品質を提供する能力を証明する資格や認定を確認します。
  • コミュニケーションと言語: コミュニケーションは重要であるため、アウトソーシング会社が円滑なコラボレーションのために熟練した英語力と効率的なコミュニケーションチャンネルを持っていることを確認してください。
  • 文化的適合性 御社とアウトソーシング会社の文化的なフィット感も重要です。同じような仕事文化はチームワークを高め、誤解を減らすことができます。可能であれば、アウトソーシング会社のオフィスを訪問し、チームに会って仕事環境を理解することも検討に入れましょう。
  • 法的側面: アウトソーシング契約に関しては、プロジェクトのマイルストーン、成果物、支払い条件、知的財産権など、重要な詳細について慎重に検討し、交渉する必要があります。
  • データセキュリティ: アウトソーシング会社が、貴社の機密情報を保護するための強固なデータ・セキュリティ対策を実施していることを確認しましょう。

3.パイロット・プロジェクトから始め:小規模なパイロット・プロジェクトから始めることで、大規模なプロジェクトに着手する前に、アウトソーシング会社の能力と実績を評価することが可能です。

4.プロジェクト管理の維持:アウトソーシング・プロジェクトを監督する専任のプロジェクト・マネージャーを置くことは、効果的なコミュニケーションと進捗状況の把握に役立ちます。

5.進捗状況の監視:アウトソーシング・プロジェクトの進捗状況を定期的に監視し、タイムリーなフィードバックを提供することで、プロジェクトが軌道に乗るようにします。

6.強い関係の構築:アウトソーシング・チームとの関係を維持し、 プロジェクトを成功させるために必要な情報やリソースをすべて提供します。定期的に連絡を取り合い、懸念事項があれば速やかに対処することも必要です。

これらのステップに従い、重要な要素を考慮することで、ベトナムへのITアウトソーシングを成功させ、費用対効果に優れた高品質なサービスのメリットを享受できる可能性が高まります。

次のITアウトソーシングパートナーとしてLQAを選ぶべき理由とは?

LQAは信頼性のあるITアウトソーシングパートナーであり、長年の経験を持ち、ビジネスの課題を克服することに専念しています。以下に、LQAが信頼されるベトナムのIT企業として際立つ理由をいくつか挙げます。

業界の専門知識:LQAは自動車、医療、銀行、教育などの主要な産業に焦点を当てています。これらの領域での豊富な経験と専門知識を持つことで、LQAは効率的に最適な結果を提供し、クライアントの貴重なリソースを節約します。

優れた人材と豊富な人的資源:LQAはベトナムの一流大学から選抜された優れたITプロフェッショナルからなる優秀なチームを持っています。全体の従業員数は300人で、85%のスタッフが効果的な英語コミュニケーションが可能であり、25%が日本語に堪能です。この言語の達者さにより、スムーズなコミュニケーションとクライアントの要件の理解が保証されます。

柔軟性とグローバルな存在:日本、韓国、アメリカに代表オフィスを持つLQAは、クライアントの特定のニーズに合わせてオフショアチームをカスタマイズでき、コスト削減につながります。また、LQAはスタッフを日本に派遣することで、時差やコミュニケーションの課題を最小限に抑えます。LTSグループが運営するIT人材トレーニングアカデミーであるLTSエデュケーションとの提携により、LQAは迅速にクライアントの要求に応えるチームを構築することができます。

堅固なプライバシーポリシーと情報セキュリティ:LQAはクライアント情報の安全性を最優先に考えています。会社は堅牢な情報セキュリティの規則と基準を確立し、全ての従業員にセキュリティトレーニングを提供しています。オフィスには監視カメラや指紋認識システムが備えられており、出席管理とセキュリティ対策が強化されています。また、デディケイテッドチーム(ラボ型契約)モデルを採用する場合は、データのプライバシーと安全を保証するために専用のワークスペースと完全に設備を整えています。

まとめ

ITアウトソーシングは、会社が緻密な戦略を持ち、適切なパートナーを選択する場合に効果的な解決策となります。もしプロジェクトの実行に困難を抱えていて、信頼性のあるベトナムIT企業を見つける必要がある場合は、お気軽にお問い合わせください

LQAは、多くの顧客、小規模企業から大企業まで、信頼できるパートナーであることを誇りにしています。私たちはクライアントの問題を聞き、理解し、最適な解決策を見つけるために彼らと協力します。詳細はこちらをクリックして、専門家の一人とお話しましょう!

よくある質問

1.ベトナムのIT市場の規模は?

ベトナムのIT市場の規模は、年々着実に成長しています。最新の利用可能なデータによれば、2022年にはベトナムの情報通信(ICT)セクター全体で約1480億ドルの収益が記録されました。そのうちITサービスがICTセクターの収益の約5%を占めています。

2. ベトナムにアウトソーシングする際のエンゲージメントモデルとは?

ベトナムへのアウトソーシング時のエンゲージメントモデルは、ビジネスの特定の要件や希望に応じてさまざまなモデルから選択できます。一般的なエンゲージメントモデルは以下の通りです。

1. プロジェクトベースのモデル:このモデルでは、ビジネスは特定のプロジェクトをベトナムのIT企業にアウトソーシングします。プロジェクトの範囲、スケジュール、予算はプロジェクト開始時に定義され、アウトソーシング企業は合意した条件内でプロジェクトを提供します。

2. 専任チームモデル:このモデルでは、ビジネスは専任のITプロフェッショナルのチームをアウトソーシング企業から雇用し、専任でプロジェクトに取り組ませます。クライアントはチームの活動をより直接的に管理でき、プロジェクトを直接的に管理できます。

3. タイムアンドマテリアルモデル:このモデルでは、プロジェクトに費やされる時間とリソースに基づいてアウトソーシング企業に支払いを行います。プロジェクトの範囲に対して柔軟性を持ち、プロジェクトが進行するにつれて変更できます。

4. BOTモデル((構築 – 運営 – 委譲):このモデルは、ベトナムに長期的な存在を築きたいビジネスに適しています。アウトソーシング企業がプロジェクトを最初にビルドしてオペレートし、一定期間後にクライアントに所有権と運営を移転します。

ビジネスがベトナムへのアウトソーシング時には、プロジェクトの要件、予算、希望する参加レベルを慎重に考慮することが重要です。

山下秋子LTS Group

LTS Groupはベトナムを拠点とするグローバルなITアウトソーシング企業です。高品質なサービスを維持し、コストを最適化することに寄与するITサービスを提供しています。 

世界中のさまざまな業界の顧客と連携し、顧客満足度96%以上を維持し、国内外でさまざまな業界賞を受賞していることを誇りに思っています。

主なサービス内容は次のとおりです。
・ソフトウェア開発
・ソフトウェアテスト&品質保証サービス
・ビジネスプロセスアウトソーシングサービス(BPO)

次のような大きな利点をもたらすことを保証します。
・ベトナムの魅力的な労働コストによる競争力のある単価
・最高のサービスやソリューションをお届けしようとする意欲にあふれた幅広いIT人材のプール
・教育、医療、eコマース、建設、自動車、金融など様々な業界の深い知識を持つエンジニア
・エンジニアの言語能力と即戦力のITコミュニケーター&BrSEのによる効果的なプロジェクトコミュニケーション
・要件、予算と時間枠に基づく柔軟なソフトウェア開発手法:アジャイルモデル、ウォーターフォールモデル、Vモデル、イテレーションモデルなど

LTS Groupがどのように貴社の目標達成とROIの向上に役立つか、まずは日程調整を作成してください!

ご連絡ください。
Website: https://www.ltsgroup.tech/
Linkedin: https://www.linkedin.com/company/74334296/
Email: contact@ltsgroup.tech

LTS Group

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • ベトナムオフショア開発の現状とおすすめの開発会社5選

      はじめに近年、ベトナムオフショア開発は日本のIT人材不足を補い、時間・コストを削減しするソリューションだけでなく、ビジネスの競争力を高める戦略として注目してきました。過去10年間で、ベトナムのIT産業は飛躍的に成長し、ベトナム国外の企業の注目と投資を引き付けることに成功し、世界のIT地図に強い印象を残してきました。グローバルなITサービスに対する高い需要が、ベトナムのIT企業の急増につながっています。ベトナムの情報通信技術省によると、2017年から2021年の間に、ICT企業の数は年平均約7%の割合で増加しました。2023年5月までに、ICT企業の数は約71,500社に達すると報告されました。現在、多くのICT企業が存在するため、自社に適したパートナーを見つけるのは容易ではないかもしれません。また、「ベトナムのIT企業はどのような価値を提供できるのか?」といった質問もまだあります。そこで、今回記事を通して、あなた自身の答えを見つけるために深く掘り下げてみましょう。まず、ベトナムのオフショア開発の現状、最新動向及びメリットをご説明させていただきます。ベトナムオフショア開発の現状・動向及びメリットベトナムがオフシ

      山下秋子

      1ヶ月前

    • 2023年最新版おすすめネットビジネス6選

      「老後に生活していけるか不安」「物価が上がって今の給料に不安がある」このように考えている方も多いのではないでしょうか?最近の社会情勢やテレワークなどの働き方の変化によって、「副業」をはじめる方が増えています。ネットビジネスや副業マニアで、「副業」についてよく調べている方も多いはずです。しかし、いざ実際に副業を始めようと考えると、「何から始めればいいの?」「おすすめの副業ってなに?」「稼げるようになるまでどのくらいの時間がかかるの?」こんな悩みを訴える方もいます。そこで今回の記事では、ネットビジネスの特徴、最近の副業傾向、おすすめなネットビジネス6選を紹介します。これから副業を始めようと考えている方には、参考となる内容になっています。ぜひ最後までご覧ください。ネットビジネスとは最近の副業の中で特に人気があるのは「ネットビジネス」です。ネットビジネスとは、パソコンやスマホなどのインターネット環境さえあれば、始めることができるビジネスのことです。ひと昔前までは、会社で働いて稼ぐという考えでした。しかし、近年はインターネット上で契約できるビジネスが増えています。ネットビジネスは、コツコツ継続して積み重ねていくことによ

      山本久

      1年前

    • アジャイル開発会社8選・適する会社を選択するポイント【2024年の最新版】

      アジャイル開発会社はここ数年、日本で急速に普及しており、アジャイル開発を活用してダイナミックなソフトウェア・システムの構築を目指す組織にとって、貴重なパートナーとなってきました。この記事ではアジャイル開発における豊富な経験と卓越した知識を持つ日本のトップ8の会社を厳選して紹介します。アジャイル開発会社8選FPTソフトウェアLTS Group株式会社バイタリフィGMOランシステム株式会社株式会社Fabbi Japanスパイスファクトリー株式会社株式会社デジタルフォルン株式会社STOVE設立年、従業員数、主なサービス、開発実績、得意分野など、入念なリサーチと情報収集・分析の結果、以下のようなリストを作成できるようになりました。自社に最も適する企業を選択するために、一緒に比較してみましょう!FPTソフトウェア 会社概要成立年:1999年開発拠点:アメリカ、アジア、ヨーロッパなど従業員数:25,500名 (2022年7月現在)対応業界:自動車、物流・ロジスティックス、製造、BFSI、航空、ヘルスケア、メディア&エンターテインメントサービス、通信、小売、エネルギーと公益主なクライアント:Honda、シスメックス

      山下秋子

      18日前