TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. ベトナムオフショア開発の現状とおすすめの開発会社5選
ベトナムオフショア開発の現状とおすすめの開発会社5選

ベトナムオフショア開発の現状とおすすめの開発会社5選

山下秋子

はじめに

近年、ベトナムオフショア開発は日本のIT人材不足を補い、時間・コストを削減しするソリューションだけでなく、ビジネスの競争力を高める戦略として注目してきました。

過去10年間で、ベトナムのIT産業は飛躍的に成長し、ベトナム国外の企業の注目と投資を引き付けることに成功し、世界のIT地図に強い印象を残してきました。

グローバルなITサービスに対する高い需要が、ベトナムのIT企業の急増につながっています。ベトナムの情報通信技術省によると、2017年から2021年の間に、ICT企業の数は年平均約7%の割合で増加しました。2023年5月までに、ICT企業の数は約71,500社に達すると報告されました。

現在、多くのICT企業が存在するため、自社に適したパートナーを見つけるのは容易ではないかもしれません。また、「ベトナムのIT企業はどのような価値を提供できるのか?」といった質問もまだあります。そこで、今回記事を通して、あなた自身の答えを見つけるために深く掘り下げてみましょう。

まず、ベトナムのオフショア開発の現状、最新動向及びメリットをご説明させていただきます。

ベトナムオフショア開発の現状・動向及びメリット

ベトナムがオフショア開発先として人気の国で1位を獲得

2022年の「Offshore Kaihatsu」の報告によると、ベトナムは日本企業にとって最も人気のあるアウトソーシング先として選ばれています。次いでフィリピン、インド、中国、バングラデシュとなっています。

日本企業がオフショア開発を進める際の最大の目標はコスト削減です。また、オフショア開発は日本国内で深刻なIT人材不足問題解決への道として導入されています。では、日本の最人気のあるオフショア開発パートナーとなるベトナムは、他国と比べてどのような優位性があるのだろうか。さらに掘り下げてみましょう。

ベトナムオフショア開発の動向

ベトナムのオフショア開発市場は近年急速に成長しているので、多くの企業がこの成長を利用しています。以下では、ベトナムのオフショア開発の動向をいくつかの側面から解説します。

発展している業界・分野

ヘルステック:ベトナムの高いスマートフォン利用率(2022年時点で73.5%)およびCOVID-19の影響により、国内市場での医療技術が促進されました。近年、多くのベトナムITサービス会社は日本をはじめとする世界各国の企業にパートナーとなっています。

エドテック:ベトナムのEdTech市場は2023年に30億ドルに達すると推定されています。2022年には100以上のEdTechスタートアップがベトナムで生まれました。Topica、ELSA、CoderSchool、EdmicroやEducaなどのベトナムのEdTech企業は数百万ドルを成功に調達しました。

不動産テック:ベトナムの不動産市場が2030年までに国内経済資産の22%を占めると推定されました。これはプロプテック企業が加増することに寄与します。2021年時点でベトナムには150を超えるプロプテック企業が存在します。

フィンテック:2019年、ベトナムのFinTech分野はASEAN諸国で2位の資金調達を達成し、域内の総資金の36%を引き寄せました。2021年にベトナムは約 154 社の FinTech 企業を擁し、電子ウォレット決済やP2Pレンディングに重点を置いています。特に、ベトナムのFinTech企業の中には、VNPAYやMomoのようなユニコーン企業が続々と登場しています。

スマートシティ:現在、63のベトナムの都市と地域のうち48箇所がスマートシティの開発を承認されています。ベトナム政府はスマートシティのイニシアチブを奨励し、民間セクターが都市インフラの効率的な開発と管理のためのソリューションやサービスを提供することに許可しています。

新興技術能力

ブロックチェーン: ベトナムの国内ブロックチェーン市場は2026年までに25億ドルに達すると推定されています。ベトナムはまた、2022年の暗号通貨の採用指数で1位にランクされています。2022年、内務省はブロックチェーン技術の研究と導入を推進するためにブロックチェーン協会の設立を承認しました。

AI(人工知能): イギリスのUK’s Oxford Insightsが公表した2022年の政府AI準備指数レポートによれば、ベトナムはASEAN諸国の10カ国中6位、世界で55位にランクされています。また、ベトナムはクイニョン(Quy Nhon)のAI Valleyに国家AI研究開発プログラムを導入する予定です。

技術スタック

ベトナムで、JavaScriptは最も一般的なプログラミング言語であり、React、Node.js、およびAngularはJavaScriptのフレームワークとしてトップ3の選択肢です。若く情熱的なベトナムIT人材はさまざまな言語とフレームワークを扱うことができるため、外国企業からの要求に迅速に対応できます。

LTSグループのテクノロジースタック

ベトナム市場についてさらに理解し、ベトナムをオフショア開発の先として選ぶ利点と機会を詳しく知りたい場合は、弊社の「Vietnam’s IT Services Industry」Eブックをご覧いただくことをお勧めします。

Eブックの無料ダウンロード

ベトナムにおけるオフショア開発を選ぶ理由?

日本企業にとってベトナムはどんな魅力があるのか?さらに掘り下げてみよう!

豊富な高品質のIT人材

2022 Top Devレポートによると、ベトナム全国には約48万人のプログラマーがおり、148の大学がIT教育プログラムを提供しています。毎年約57,000人のIT卒業生が市場に送り出されています。ベトナムのIT人材の能力も高く評価され、数々のランキングや国際的な認定によって証明されてきました。

  • 2020年のGlobal Skills Indexにおいてアジア太平洋地域で2位、世界で22位
  • 2019年のHackerRankのレポートにおいて世界の開発者スキルチャートで23位
  • Best Developer Surveyの世界ランキングで、アメリカ、イギリス、フランスに次いで10位

近い地理的隔離と近い文化

ベトナムと日本の時差はわずか2時間です。また、ベトナムと日本は伝統的な文化、祭り、文字、教育制度などで多くの共通点があります。ベトナム人は努力家で責任感があり、日本人と似た価値観を持るため、お互いの仕事スタイルを理解しやすいです。さらに、2つの国の地理的距離が近いため、出張などの際にも便利です。

日本語と英語によるコミュニケーション能力

ベトナムの文化的な類似性、特に漢字が似ていることから、ベトナム人は日本語を学びやすい環境にあります。実際、2021年の調査によれば、ベトナムは日本語学習者数と日本語能力試験(JLPT)受験者数において世界有数の国とされています。LTSグループでは日本語だけでなく英語でもコミュニケーションが可能です。

コスト効率

中国やフィリピンに比べ、ベトナムはより低いオフショア開発価格を提供しています。

※人月単価(万円)

中国

・プログラマー:42.09

・シニアエンジニア:52.06

・ブリッジSE:84.78

・PM:85.77

ベトナム

・プログラマー:31.73

・シニアエンジニア:39.88

・ブリッジSE:51.34

・PM:57.94

フィリピン

・プログラマー:36.25

・シニアエンジニア:49.63

・ブリッジSE:71.07

・PM:65.83

ミャンマー

・プログラマー:24.47

・シニアエンジニア:37.89

・ブリッジSE:48.59

・PM:62.81

バングラディシュ

・プログラマー:29.64

・シニアエンジニア:39.64

・ブリッジSE:69.64

・PM:46.07

インド

・プログラマー:34.72

・シニアエンジニア:51.56

・ブリッジSE:67.97

・PM:83.90

出典:「オフショア開発白書(2022年版)」

ご覧の通り、ベトナムのプログラマーの平均給与はフィリピンやミャンマーよりも高いことが分かります。しかし、シニアやBrSEのようなポジションでは、フィリピンやミャンマー、インドと比べても競争力のある価格です。ベトナムはアジアで低い生産コストを持つ国として2位にランクされています。このため、ベトナムはコスト削減と品質の両立を実現する理想的なオフショア先となっています。

ベトナム政府からの支援

ベトナム政府はITサービス企業の発展を支援するために税制優遇措置を提供しています。例えば、ソフトウェア・プロジェクトはVAT免除の対象となり、ベトナムでのソフトウェア・プロジェクトのアウトソーシングも含まれます。ベトナムの科学技術関連企業は、4年間の免税と、その後9年間の法人所得税の50%減税の対象となります。税制優遇措置は、間接的に外国企業のITアウトソーシング・プロジェクトのコスト削減を支援します。また、ベトナムは安定したインターネット接続インフラと広範なインターネットカバレッジを持つ国でもあります。これにより、ベトナムの企業が外国企業と協力する際の作業進捗がスムーズに進むことが保証されます。

2022年までに、ベトナムのITサービス業は9,798社になると見込まれた。このように多くの企業が存在する中で、ご希望に合った企業を素早く見つけるにはどうすればいいでしょうか。では、一緒に読みましょう!

ベトナムにおけるおすすめのオフショア開発会社5選

ここで、私たちは入念なリサーチの結果、お客様から高い評価を得ているオフショア開発サービスを提供する5社をリストアップしました。一緒に比較してみましょう!

FPTソフトウェア

会社概要

  • 開発拠点:アメリカ、アジア、ヨーロッパ
  • 成立:1999年 
  • 従業員数:25,000名以上(2023年3月現在)
  • 主なサービス:

システム開発・運用・マイグレーション (アプリケーションサービス、運用・保存サービス、レガシートランスフォーメーション、TCoE(Testing Center of Excellence)、エンタープライズサービス、SAPサービス、SAP S/4HANAマイグレーションサービス)

最新テクノロジーサービス(AI、RPA、クラウドプロフェッショナルサービス 、アドバンスドアナリティクス、サイバーセキュリティ 、ビッグデータ分析)

エンジニアリングサービス(CAD/CAE技術者派遣サービス、LSIの設計エンジニアリングサービス、組込みシステムサービス(開発、移行・移植、テスティングなど))

国際認定

  • SEI CMMI5 version 2.0
  • TMMi Maturity Level 5 Optimization
  •  ISO 9001:2015
  • ISO 20000-1:2015
  • A-SPICE レベル3
  •  ISO 27001:2013
  • HIPAA Compliance Attestation
  •  HITRUSTの2年間のリスクベース(r2)認定

FPTソフトウェアはベトナムを代表する大企業であり、グローバルクライアントに国際水準のITサービスを提供しています。約25,000従業員を備え、日本、韓国、オーストラリア、アメリカ、ドイツ、イギリスやフランスなど国に拠点を構えています。AI、ブロックチェーン、IoTなどの最先端的なテクノロジーを追いかけ、DX、クラウド及びSAPサービス・ソリューションの分野でベトナムのリーダーです。

高度な能力を持つ豊富な人材が揃うFPTソフトウェアは日本のみならず世界中の大手企業から厚い信頼を取得してきました。日本で2,000人のスタッフを抱えるFPTソフトウェア・ジャパンは、スムーズな作業プロセスと最適な協業体験を可能にしています。FPTの日本の主要顧客には、富士フイルム、カシオ、マイクロソフト、パナソニック、日立製作所、エアバスなどが挙げられます。

LTSグループ

会社概要

  • 開発拠点:ベトナム、日本、アメリカ
  • 成立年:2016年 
  • 従業員数:300名以上
  • 主なサービス:ソフトウェア開発サービス(Webアプリ開発、モバイルアプリ開発、ブロックチェーン開発、ソフトウェアの保守とアップグレード)、ソフトウェアテストサービス (Webアプリテスト、モバイルアプリテスト、自動化テスト、組み込みテスト、統合テスト)、車載ソフトウェアテスト、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)(データアノテーション、データ収集、データ変換、RPAサービス)、ERP ソリューション

目立つ実績

LTSグループは、独立系テスト会社として2016年に設立されました。以来、ますます高まるITニーズに応えることを目的として、ソフトウェア開発AIデータアノテーションRPAサービスERPソリューションなどの新サービスを開始しました。自動車、金融、銀行、教育テクノロジー、ヘルスケアなど、業界特化の経験・ノウハウを備えています。あらゆる規模のお客様との長年の協力から培った技術力と知識を活用することで、シンプルな要件から複雑な要件まで幅広く対応することができます。

LTSグループには、幅広い技術スタックに適応する情熱的な人材が揃って、効率的な採用と管理プロセスを実施しています。お客様の懸念を迅速に把握し、適切なソリューションを提案し、お客様のニーズに基づいたチームを構築することができます。これにより、お客様は時間とコストを30%削減し、パフォーマンスと競争力を向上させることができます。

LTSグループのスタッフは英語と日本語に堪能で、優れたコミュニケーションスキルを発揮して、顧客との効果的なコミュニケーションをお手伝いします。「高効率」「開放性」「ケア」「継続的な学習」という4つのコアバリューを重視し、絶えず学習し、フィードバックを受け入れ、サービスと製品品質を高めています。その結果、顧客満足度94%を達成し、国内外で数多くの賞や認証を獲得してきました。

さらに、LTSグループは、ベトナムで弊社の本社と日本のお客様との架け橋となって、より良い経験をお客様に提供することを目的として、日本に事務所を設立しました。以上のような強みを活かし、東芝、パナソニック、ミツトヨやSQCなど多くの日本企業信頼されるベトナムオフショア開発パートナーとなってきました。  

合理的なコストで優れたサービスを提供するオフショア開発会社をお探している方はLTSグループの専門家とお気軽にご相談ください。

今すぐ日程調整を作成

株式会社レリパジャパン(RELIPA JAPAN JSC)

会社概要

  • 開発拠点:ベトナム、日本
  • 成立年:2016年
  • 従業員数:120名
  • 主なサービス:ラボ型開発、Webシステム開発、業務系システム開発、ブロックチェーン開発、スマホアプリ開発、クラウド移行

目立つ実績

  • 情報セキュリティマネジメントシステム ISO/IEC 27001:2013 
  • 品質マネジメントシステム ISO 9001:2015
  • 「NFTマーケットプレイス開発パッケージ」部門でSao Khuê賞(2023年)
  • 「ソフトウェア輸出」部門でSao Khuê賞(2023年)

株式会社レリパは2016年に設立され、2018年に日本企業へのITサービスの提供を開始しました。設立以来、Nohara、Toppan、Leewaysなど200社以上のクライアントにサービスを供給してきました。優秀な人材と高い日本語能力を持つBrSEチームを擁しており、適切なコストで質の高いサービスを実現することができます。

ブロックチェーンやAIといった新しいテクノロジーへの適応力において、Relipaは注目すべき企業のひとつです。Relipaのもう一つの強みは、Webシステムやスマートフォンアプリの開発です。ECサイト、テレビ会議システム、求人サイト、予約マッチングプラットフォーム、CMSシステムなど、さまざまなアプリやプラットフォーム、ソフトウェアを開発しています。2023年には「ソフトウェア輸出」と「NFTマーケットプレイス開発パッケージ」の2部門でSao Khuê賞を受賞しました。

株式会社 Hachinet Software

会社概要 

  • 主な開発拠点:ベトナム
  • 成立年:2018年
  • 従業員数:150名
  • 主なサービス:ソフトウェア統合、ソフトウェアのメンテナンス、ソフトウェアテスト、IT人材教育・Hachinet Academy 、IT人材紹介・派遣事業 (ソフトウェア人材派遣、詳細設計人材派遣、テスト人材派遣)、先端テクノ開発(AI・IoT・Blockchainなど)

5年の発展を経て、株式会社 Hachinet Softwareは現在150人の従業員を擁しており、そのうち80%がITエンジニアです。システム設計、UI/UX設計、デザイン、インフラ構築を含むプロダクト開発、デジタルトランスフォーメーション(DX)ソリューション、ソフトウェアのメンテナンス、ソフトウェアのテストなど、幅広いサービスに対応しています。

不動産、建築、ゲーム、Eコマース、銀行、金融などの分野において、WordPress CMS、ソフトウェア開発、テストなどのプロジェクトに実績があります。また、ベトナムのお客様のDXソリューションプロジェクトも成功に実施してきました。

豊富な経験と若く優秀なエンジニアを抱えるHachinet Softwareは、高品質でお客様の財務状況や要件に適したサービス体験を提供します。

AMELA

会社概要 

  • 主な開発拠点:ベトナム、日本
  • 成立年:2019年
  • 従業員数:250名
  • 主なサービス:システム開発事業(システム設計・UI/UX設計、システムの製造・テスト、システムの運用保守)、IT人材ラボ事業(オフショア開発、エンジニア紹介、SESサービス)

目立つ実績

  • 情報セキュリティマネジメントシステム ISO/IEC 27001:2013 
  • 品質マネジメントシステム ISO 9001:2015 
  • ベトナム優秀IT企業 SAO KHUE 2021

Amelaはわずか4年で急成長を遂げ、2022年9月現在の従業員数は約311名となっています。小規模から大企業まで、70社以上のクライアントに160のプロジェクト実績があります。クライアントの業種は、不動産、建設、製造、医療、物流など多岐にわたります。迅速な対応、継続的な改善、及び効果的で適切なソリューションにより、Amelaは優れた品質のサービスを提供し、クライアントのニーズに応えています。

適切なベンダーを選択するためには、いくつかの重要な基準を考慮する必要があります。例えば、製品やソフトウェアのテストを外部のチームに委託しようと考えている場合、ソフトウェアテスト専門会社またはテスト分野で豊富な経験を持つ会社を選ぶのが常に得策です。また、あなたの会社が中小企業であったり、予算が限られていたりする場合、大手のITベンダーを選ぶのは難しいかもしれません。

参考になる他のオフショア開発会社の詳細リストはこちら。

では、あなたの会社にとって適切なベトナムのオフショア会社を検討する際、重要な要素は何でしょうか?その答えを見つけるために、読み続けてみましょう!

ベトナムでオフショア開発企業を選定する際のポイント

日本からのお客様との仕事を通じて、ベトナムでのオフショア開発会社選びを成功させるためのポイントをまとめました。以下の要素をご検討いただけます。

ベトナムでオフショア開発企業を選定する際のポイント

目標・要求を明確に

委託目標を設定しないまま、ITベンダーを急いで探することは到着地を知らなくて行きます。ITベンダーを選ぶ前に、自社のチームとじっくりと話し合い、ベトナムオフショア開発の目標と要件を明確にすることは非常に重要です。短期的な目標であれ、長期的な目標であれ、既存の問題の詳細、社内のリソース、予算、チーム規模、オフショアモデル、テクノロジーやスキルセットなどが含まれる要求書を作成する必要があります。目標や要求事項が明確であれば、ベトナムのオフショア開発企業は合理的な費用でより適切なソリューションを提供することができます。

要件が明確でない場合でも、LTSグループのような信頼できるITパートナーは、専任のコンサルティングを通じて最適なアプローチを提案し、プロジェクトの成功に向けて協力することができます。LTSグループのCTOや専門家に相談し、ベトナムのオフショアに関する全体像や幅広い有益な情報を入手しましょう!

LTSグループからの無料コンサルティング

オフショア開発会社の能力の評価

専門性と経験

企業がどの分野に専門化しているか、どれだけの経験あるのかをを確認してください。貴社が求めるスキルと専門知識を提供できる企業を選びましょう。

事前に認定された目標と要件に基づいて、理想的なオフショア開発会社の「像」を起草するようになっています。ITサービスベンダーを評価する際、専門知識と経験は最も重要な要素の一つと言われています。適切なオフショア開発パートナーを見つけるために、以下の質問・課題をご参照ください。これにより、パートナー候補を絞り込み、あなたのプロジェクトに適した会社を特定することができます。

主要サービスの確認: オフショア開発会社が提供する主要なサービスがプロジェクトの領域や要件に関連しているかを確認しましょう。例えば、モバイルアプリケーションの開発を必要とする場合、モバイルアプリケーションの開発経験を持つ企業を探すことが重要です。

顧客の規模: ITベンダーが過去に取り組んだ顧客の規模を確認してください。同様の規模の顧客との経験があるかどうかを見ることで、あなたのプロジェクトに適しているかどうかを判断できます。

経験分野: オフショア開発チームがどのような分野でどのようなプロジェクトを実施してきたかを把握することで、特定の要件に対応できるかどうかを評価できます。

実績と認証: オフショア開発会社は過去に達成した成果や受賞歴、認証を調査することも必要です。これは、その会社の信頼性と専門性を評価する一助になります。

技術スキル: ベトナムのオフショア開発企業は、さまざまな技術スキルや開発言語に対応することができます。各ベンダーはそれぞれ異なる強みを持ち、必要な技術スタックに合わせて選択できます。ただし、一部のベンダーが特定の言語や技術スタックに特化している場合もあります。したがって、ベンダーを選ぶ際には、自社のプロジェクトの要件に最も適した技術スタックを提供できるかどうかを確認することが重要です。

LTSグループには、様々な技術スタックや開発言語に対応できる豊富なエンジニアチームが揃っています。BrSEチームは確かな経験を持ち、日本語と英語の両方でコミュニケーションをとることができます。これにより、要件分析から見積作成、ソリューション提案、チーム構築までのプロセスがスムーズに行われます。また、お客様の声に耳を傾け、常にプロセスや業務を改善することで、設定された基準を達成する製品と結果をお届けします。私たちのスピードと高品質は、計画通りに製品がリリースされることを保証するだけでなく、お客様が現在のような厳しい市場で優位を獲得することにも貢献しています。

コミュニケーションスキルと日本語能力

オフショア・プロバイダーを選ぶ上で最も重要な要素のひとつは、その社員がいかに流暢に日本語や英語でコミュニケーションを取れるかということです。ベンダーと明確な意思疎通ができなければ、いくら彼らの仕事が優れていても、その結果に満足できないかもしれません。

日本の顧客との協力時、オフショアチームの構造にはICT(Information Technology Communicator)やブリッジSEの職種があります。これらのメンバーは日本語または英語を理解し、両社間のコミュニケーションをスムーズに行う役割を果たします。したがって、オフショアチームのコミュニケーションスキルと言語能力を正しく評価することは非常に重要です。

さらに、開発プロセスに関するすべてのアップデートを迅速かつ透明に伝えるシステムを提供していることを確認してください。

費用対効果

日本企業がオフショア開発を検討する主な理由は、コスト削減です。したがって、ベンダーの価格を比較し、異なる価格モデルを提供できるベンダーを選ぶことが重要です。理想的なオフショア開発パートナーは、予算に合った価格モデルを選択し、隠れたコストなくプロジェクト要件を満たすことができる人です。

LTSグループは初期費用の共有政策や人材の最適化、運用、採用プロセスの最適化により、顧客のコストを30%削減することに成功しました。私たちは以下のような柔軟な業務委託契約を提供しています。

  1. 請負契約

契約特徴

  • 契約は要件と必要な時間に基づいて明確に作成される
  • 総費用は事前に交渉される
  • 追加費用は大きな変更の場合にのみ請求される

対象

  • しっかりとしたプロジェクト要件が課される
  • 短期間での納品が可能
  • 小規模から中規模のプロジェクト
  • 固定予算
  1. 準委任契約

契約特徴

  • 契約は基本的な要件があり、時間の経過とともに調整可能
  • 経験豊富な人材が選ばれる
  • プロジェクトは長期的、予定的、または日々の時間枠に合わせて設計される

対象

  • プロジェクト要件が不明確
  • 定期的な発注が必要
  • 長期的な生産性のために安定したチームが必要

柔軟なアウトソーシング契約のご提案だけでなく、お客様のご要望や状況に応じて、ODC(オフショア開発センター)の構築やIT人材の派遣も可能です。オフショア開発センター(ODC)の設立またはラボ型開発とは、IT業務を遂行するために海外にある専門チームを構築することです。ベトナムにオフショア開発センターを設立することで、日本企業はコストと時間を節約し、ベトナムのIT人材を活用し、ターゲット市場を拡大することができます。

オフショア開発センター(ODC)の詳細はこちら

どのアウトソーシング契約が御社に適しているかわからない方またはODC設定のサービスに興味がある方は弊社の専門家にお気軽にご相談ください!

専門家とオンライン相談を予約

セキュリティ

最後になりましたが、オフショア開発会社との提携を検討する場合、セキュリティも重要な懸念事項です。オフショア開発では、重要な情報やデータを共有する必要があるため、サイバーセキュリティやデータ侵害のリスクが生じる可能性があります。

サイバーセキュリティ

サイバーセキュリティとは、インターネット空間における攻撃から保護する能力を指します。これは通常、不正確なプログラマーによって引き起こされます。安全でないサイバーセキュリティは、システム感染、情報漏えい、損害につながり、組織の有形無形の資産に影響を与える可能性があります。そのため、サイバーセキュリティの問題は、あらゆるソフトウェア開発者にとって常に懸念される問題となっています。

データ漏洩

データ漏洩とは、プロジェクトのデータが外部に不正に転送または取得されることです。その結果、サイバー攻撃、金銭的損害、企業の競争力への影響、第三者の情報漏えいに関連する法的問題のリスクなどが生じる可能性があります。

したがって、潜在的なオフショア開発会社との提携を確定する前に、その会社がデータを保護できるセキュリティポリシーや標準を持っているかを確認する必要があります。以下は、信頼性のある多くの企業が持つ、およびこれらの標準に準拠する人気のある手続きやポリシーです。

  • ISO 27001:2013、ISO 9001:2015などの国際セキュリティ標準
  • NDA(非開示契約)の合意

LTSグループは、顧客との作業中に情報セキュリティポリシーを厳格に遵守することを確保しています。LTSグループのスタッフは、情報セキュリティに関する包括的なトレーニングを受けており、同時に外部からのセキュリティ攻撃に対する意識と警戒心を高めています。オフィス内には監視カメラや出退勤管理のための指紋認証が設置されています。特にラボ型契約の専任チームを利用する場合、チーム専用のワークスペースが用意されます。情報漏洩を防止し、安全性を確保しするために、必要な設備を完備しています。

LTSグループのセキュリティポリシーLTSグループのセキュリティ政策

「オフショアチームを効果的に管理する方法は?」にご興味ございましたら、こちらよりご覧ください。

よくある質問

ベトナムでのオフショア開発の人件費はいくらですか?

ベトナムでのオフショア開発の人件費は、ポジションや経験によって異なります。一般的には、他のアジア諸国と比較して競争力のある価格帯で提供されています。以下は2022年のベトナムでのオフショア開発の人件費となります。

  • プログラマー:73万円
  • シニアエンジニア:88万円
  • ブリッジSE:34万円
  • PM:94万円

ベトナムオフショア開発メリットとは?

ベトナムでのオフショア開発のメリットは、費用対効果、IT人材の効率的な採用、専属開発チームの簡単な構築、市場投入までの時間の短縮、最新の技術トレンドへの追従やコアビジネスへの集中などが挙げられます。

ベトナムのオフショア開発のランキングは?

一般的に、ベトナムはアジアの中で人材の質とコストのバランスが優れている国と評価されています。ベトナムは2022年、日本企業にとって最も人気のあるオフショア開発先として選定されました。

まとめ

ベトナムオフショア開発を検討する際、確かにいくつかの課題が存在します。しかし、十分な調査と準備、信頼できるパートナーとの協力によってオフショア開発リスクを最小化することが可能です。

LTSグループは日本企業向けに幅広い特化したサービスを提供し、お客様のイディア・計画の実現をサポートします。若くて有能なプログラマーやテスター、経験豊富なブリッジSEやPMが揃っているLTSグループは、さまざまな要求に迅速に対応でします。カスタマイズソリューションを通じて、コスト削減、時間とリソースの節約、競争力の向上、ビジネスの新たな価値の創造に貢献します。

もしオフショア開発に関するお悩みがある場合、LTSグループに気軽にご相談いただければと思います。ご要望に合わせた効果的なソリューションを提供し、オフショア開発を成功に導くお手伝いをさせていただきます。

山下秋子LTS Group

LTS Groupはベトナムを拠点とするグローバルなITアウトソーシング企業です。高品質なサービスを維持し、コストを最適化することに寄与するITサービスを提供しています。 

世界中のさまざまな業界の顧客と連携し、顧客満足度96%以上を維持し、国内外でさまざまな業界賞を受賞していることを誇りに思っています。

主なサービス内容は次のとおりです。
・ソフトウェア開発
・ソフトウェアテスト&品質保証サービス
・ビジネスプロセスアウトソーシングサービス(BPO)

次のような大きな利点をもたらすことを保証します。
・ベトナムの魅力的な労働コストによる競争力のある単価
・最高のサービスやソリューションをお届けしようとする意欲にあふれた幅広いIT人材のプール
・教育、医療、eコマース、建設、自動車、金融など様々な業界の深い知識を持つエンジニア
・エンジニアの言語能力と即戦力のITコミュニケーター&BrSEのによる効果的なプロジェクトコミュニケーション
・要件、予算と時間枠に基づく柔軟なソフトウェア開発手法:アジャイルモデル、ウォーターフォールモデル、Vモデル、イテレーションモデルなど

LTS Groupがどのように貴社の目標達成とROIの向上に役立つか、まずは日程調整を作成してください!

ご連絡ください。
Website: https://www.ltsgroup.tech/
Linkedin: https://www.linkedin.com/company/74334296/
Email: contact@ltsgroup.tech

LTS Group

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • アジャイル開発会社8選・適する会社を選択するポイント【2024年の最新版】

      アジャイル開発会社はここ数年、日本で急速に普及しており、アジャイル開発を活用してダイナミックなソフトウェア・システムの構築を目指す組織にとって、貴重なパートナーとなってきました。この記事ではアジャイル開発における豊富な経験と卓越した知識を持つ日本のトップ8の会社を厳選して紹介します。アジャイル開発会社8選FPTソフトウェアLTS Group株式会社バイタリフィGMOランシステム株式会社株式会社Fabbi Japanスパイスファクトリー株式会社株式会社デジタルフォルン株式会社STOVE設立年、従業員数、主なサービス、開発実績、得意分野など、入念なリサーチと情報収集・分析の結果、以下のようなリストを作成できるようになりました。自社に最も適する企業を選択するために、一緒に比較してみましょう!FPTソフトウェア 会社概要成立年:1999年開発拠点:アメリカ、アジア、ヨーロッパなど従業員数:25,500名 (2022年7月現在)対応業界:自動車、物流・ロジスティックス、製造、BFSI、航空、ヘルスケア、メディア&エンターテインメントサービス、通信、小売、エネルギーと公益主なクライアント:Honda、シスメックス

      山下秋子

      19日前

    • 適切なブロックチェーン開発会社を選択する方法

      ビットコインは2008年に中本聡によって作成され、ブロックチェーン技術と分散型経済の新時代を示しました。 ブロックチェーンテクノロジーの実装でトップの ブロックチェーン開発会社 をお探しですか。 次の適切なアウトソーシングブロックチェーン開発企業を選択するための究極ガイドをご覧ください。下記はブロックチェーン開発のサービスプロバイダーを選択するための3つのステップとあげられます。ステップ1︰ニーズを明確化することから始めること。ステップ2︰プロックチェーン開発のアプローチを決定すること。ステップ3︰手頃ななコストとニーズに合った優れたブロックチェーンのソリューションを持つ最高のブロックチェーンベンダーを選択してください。考慮すべき5つの基準は次の通りです。会社の専門知識と重点分野ブロックチェーン開発のコスト時間柔軟性セキュリティポリシーステップ1︰ブロックチェーンの実装に関するニーズを明確化すること。効果的なブロックチェーン開発のアウトソーシングプロセスのために、最初のステップは要件を理解することです。 これは、最も適切なベンダーを選択することと、パートナーがビジネスに適したブロックチェーンソリューションを選

      山下秋子

      19日前

    • ベトナムのオフショア開発対インドのオフショア開発:勝者は?

      オフショア開発センター(ODC)は、ソフトウェア製品開発チームをリモートで実行するために必要なインフラストラクチャ、サポート、機器を提供する開発会社ですが、生活水準がはるかに低い別の国にあります。デジタルトランスフォーメーションの時代は、発展途上国のIT企業が人材を世界にもたらすのに役立ちます。この傾向を捉え、ODCサービスを展開・推進する企業が増えています。インドと中国は、ソフトウェア開発アウトソーシング業界で有名なリーダーです。しかし、COVID-19の後、業界の状況は変わりました。ベトナムを含むいくつかの新顔は、市場の「ゲームチェンジャー」になりつつあります。ソフトウェア開発チームを立ち上げるのに、インドとベトナムのどちらを選ぶべきか迷っていますか。この記事は、あなたが今必要としているものです。特定のデータで、2つの潜在的な市場の最も客観的で包括的な評価を提供します。「新星」と「人気者」の間でどちらを選ぶべきでしょうか。インド・ベトナムにオフショア開発センター設立の費用対効果多くの企業がインドやベトナムにODCを設立する最も大きな理由は、費用対効果にあります。インドとベトナムは、アジアで最も物価が安い国

      山下秋子

      19日前