TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. エンジンからのCO2を90%回収
エンジンからのCO2を90%回収

エンジンからのCO2を90%回収

松田 俊宏

気候変動が身近に感じられるようになり、世界中の様々な業界で温室効果ガス排出の削減に向けた活動や技術革新が進められています。

その主たる分野ともいえるのは、やはり自動車をはじめとする輸送業界。

従来の化石燃料から電気や水素をエネルギーとすることで、輸送時に車両や船舶から排出される二酸化炭素を削減する動きが高まる一方で、そのインフラ整備には車両・船舶側もエネルギー供給側も大々的な変革が求められます。

では、「二酸化炭素を排出しない」ではなく、「排出した二酸化炭素を貯蔵する」ことが可能だったら…?

スイスのスタートアップQaptis社が開発した「Kit」を従来型のトラックに搭載することで、エンジンから排出される二酸化炭素の90%が回収でき、回収された液体状の二酸化炭素は様々な方法でリサイクルが可能です

新たなインフラ整備を進めつつ、従来型の輸送手段にはこの「Kit」搭載が、地球規模での温室効果ガス削減に最も効果的かもしれません。

詳細はこちら: QAPTIS社、燃焼エンジンからCO2回収

松田 俊宏在日スイス大使館

スイス国内で6ヶ所のテクノロジーパークを運営。世界各国からの企業とスイスの研究機関が集まる研究開発拠点として、日本企業のスイスでのオープンイノベーションプラットフォームを提供しています。

在日スイス大使館

スイス・ビジネス・ハブ 投資促進部

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 航空機エンジンおよびエンジン部品の世界市場シェア2024

      2024年1月10日に、QYResearchは「航空機エンジンおよびエンジン部品―グローバル市場シェアとランキング、全体の売上と需要予測、2024~2030」の調査資料を発表しました。本レポートは、航空機エンジンおよびエンジン部品の世界市場について分析し、主な総販売量、売上、価格、主要企業の市場シェアとランキングに焦点を当てています。また、地域別、国別、製品タイプ別、用途別の分析も行っています。航空機エンジンおよびエンジン部品の市場規模を2019年から2030年までの販売量と売上高に基づいて推計と予測しています。定量分析と定性分析の両方を提供することで、企業がビジネス成長戦略を策定し、競争環境を評価し、市場位置を分析し、航空機エンジンおよびエンジン部品関連情報に基づいてビジネス上の意思決定を行うことができます。 【レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら】https://www.qyresearch.co.jp/reports/791830/aerospace-engine-and-engine-parts  本レポートがもたらすもの:本レポートは、航空機エンジンおよびエンジン部品市場に関する包括

      天野千雪

      2ヶ月前

    • CO2インキュベーター 市場探索:市場規模と成長

      "CO2インキュベーター 市場調査レポート 2024-2032CO2インキュベーター市場 は、消費者需要の増加、技術の進歩、良好な経済状況などの要因により、近年大幅な成長を遂げています。 レポートは、市場調査結果の簡潔な概要を提供します。 現在の市場規模、成長率、消費者行動に影響を与える主要なトレンドについて概説します。 さらに、競争環境と主要企業の市場シェアも強調します。 これは、読者がレポートで取り上げられている最も重要な側面を一目で理解できるようにし、情報に基づいたビジネス上の意思決定の基礎として機能することを目的としています。この市場調査で採用された調査方法により、結果の正確さと信頼性が保証されます。 一次調査には、アンケートの実施と直接の洞察の収集が含まれます。 二次調査には、業界ジャーナル、企業 Web サイト、市場レポートなどの信頼できる情報源からの包括的なデータ マイニングが含まれます。 定性的データと定量的データを組み合わせることで、市場のダイナミクスを総合的に理解することができます。サンプルPDFをリクエストするhttps://www.reportsinsights.com/sam

      ニディ・シャルマ

      15日前

    • ビール用CO2レギュレーターの世界市場レポート2024-2030

      2024年1月29日に、QYResearchは「ビール用CO2レギュレーター―グローバル市場シェアとランキング、全体の売上と需要予測、2024~2030」の調査資料を発表しました。本レポートは、ビール用CO2レギュレーターの世界市場について分析し、主な総販売量、売上、価格、主要企業の市場シェアとランキングに焦点を当てています。また、地域別、国別、製品タイプ別、用途別の分析も行っています。ビール用CO2レギュレーターの市場規模を2019年から2030年までの販売量と売上高に基づいて推計と予測しています。定量分析と定性分析の両方を提供することで、企業がビジネス成長戦略を策定し、競争環境を評価し、市場位置を分析し、ビール用CO2レギュレーター関連情報に基づいてビジネス上の意思決定を行うことができます。 【レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら】https://www.qyresearch.co.jp/reports/793958/beer-co2-regulator  本レポートがもたらすもの:本レポートは、ビール用CO2レギュレーター市場に関する包括的な情報を提供することを目的とし、以下の点に焦点を

      天野千雪

      1ヶ月前