TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. カンファレンスを皆で視聴して、繋がりを加速させるツール導入!
カンファレンスを皆で視聴して、繋がりを加速させるツール導入!

カンファレンスを皆で視聴して、繋がりを加速させるツール導入!

上村 遥子

【カンファレンスの熱気をみんなで共有し、その熱量をプロジェクトにつなげるための仕掛け導入です!】


2月24日開催「Industry-Up Day Spring 2022」では、参加者と登壇者の交流活性化を目的に、イベント連動型コミュニティ支援サービス「Buddyup!」を導入します。

「Industry-Up Day Spring 2022」に参加申し込み後、「Buddyup!」に登録すると、ご自身のアカウントが作成されます。参加者同士はイベントの開始前から交流でき、開催終了後も継続して対話やチーム作りが可能となります。ぜひご登録ください!

リリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000046109.html



Industry-Up Day Spring 2022

▼カンファレンス公式LPはこちら

https://sundred.co.jp/event/Industry-Up_Day_Spring2022/

上村 遥子SUNDRED株式会社

SUNDRED株式会社

チーフエバンジェリスト

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • オンサイトとは?オンサイト導入を成功させるポイント

      T業界の日々進化する環境において、「オンサイトサービス」という言葉はよく耳にすることとなっています。テクノロジーの急速な進歩やデジタルトランスフォーメーション(DX)やモノのインターネット(IoT)の要請に従い、AIやブロックチェーンなどの最新技術、さらに新たな働きと協力方の採用は、これまで以上に重要性を増しています。このダイナミックな環境において、「オンサイトサービス」は独自かつ持続的な魅力を持ち続けています。では、オンサイトとは何か?この記事では、オンサイトの性質、重要性、メリット、特にオフショアやニアショア開発などのITアウトソーシングの形態との違いを探る旅に出かけていきます。オンサイトとはオンサイトとは、その名前自体が示す通り、IT企業からのプロフェッショナルが物理的にお客様の現場で作業するサービス形態を指します。顧客の要望やITサービス会社との契約に従って、オンサイトチームはフルタイムまたはパートタイムでプロジェクトに携わり、特定の曜日にはオフィスに出勤したり、自宅からリモートで仕事をしたりと柔軟に働くことが可能です。オンサイトチームは顧客のチームと緊密に協力し、プロジェクトの進行状況をリアルタイム

      山下秋子

      20日前

    • 未来志向の対話と共創を加速させるソリューション「フューチャーボード」を開発

      SUNDREDが未来志向の対話と共創を加速させるソリューション「フューチャーボード」を開発推進チーム「フューチャーボーダーズ」を組成し、同期・非同期の対話による目的の共創とエコシステム仮説の共創を加速■対話による知識創造・蓄積・共有・発展のためのソリューション「フューチャーボード」を開発SUNDREDでは2019年7月の新産業共創スタジオのローンチ以降、新産業の共創のため、目的志向で越境して行動する多様なインタープレナーをコミュニティ化し、インタープレナー同士の「対話」を繰り返すことによって、数多くの新産業共創プロジェクトの組成を行ってきました。また、2021年9月に経済産業省関東経済産業局と共同で開催した「Industry-Up Week Autumn 2022」においては、「Industry-Up Dialogue」と題した公開対話のセッションを実施し、オンラインかつ初対面の参加者同士でも適切な場をセッティングすることで、効果的な知識創造を行っていくことが可能であることを実証しました。それらの実績を踏まえて、「対話の場のプロフェッショナル」として、また、100個の新産業の共創を目指す「新産業のアクセラレー

      上村 遥子

      2年前

    • 業務用清掃ロボット導入のメリットについて「第1弾」

      はじめに本記事では、業務用清掃ロボットの導入によるメリットについて詳しくご紹介していきます。清掃業界における先進技術の進展を一緒に確認していきましょう。業務用清掃ロボットとは?業務用清掃ロボットは、商業施設やオフィス、工場などで使用される高性能な自動清掃機器です。これらのロボットは、以下のような多様な機能を備えています:● 自動プログラミング:事前に設定されたルートに従って効率的に作業を行います。● 高性能センサー:障害物を避けながら正確にゴミを回収します。● リモート操作:スマートフォンやタブレットから遠隔で操作可能。この記事では、特に次の5つの観点から業務用清掃ロボットのメリットについて解説します:1. コスト削減2. 時間効率化3. 清掃品質の向上4. 作業環境の改善5. 労働安全性の向上RobotBank社が提供する製品例として、KIRAキラキラ, PIKAピカピカ,PUDU CC1, などがあります。それぞれが異なるニーズに応じた特長を持っており、多様な業種で導入実績があります。1. コスト削減について業務用清掃ロボットの導入は、コスト削減に大いに貢献します。特に以下のポイントで効果を発揮します。1

      趙徳鵬

      21日前