TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 歯のホワイトニング製品産業規模、動向レポート、洞察分析、2024-2036年予測
歯のホワイトニング製品産業規模、動向レポート、洞察分析、2024-2036年予測

歯のホワイトニング製品産業規模、動向レポート、洞察分析、2024-2036年予測

Isao Furukawa

歯のホワイトニング製品 市場規模

歯のホワイトニング製品市場規模とシェアは、2023年に約60億米ドルを獲得しており、予測期間中に約 6% の CAGR で成長すると予想されます。さらに、世界の歯のホワイトニング製品市場調査分析によると、2036 年までに約110億米ドルに達すると予想されています。

サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-109444

歯のホワイトニング製品 市場分析

歯の表面の変色や汚れを除去するために漂白剤を使用した製品を、歯のホワイトニング製品と呼びます。これらの製品に使用される漂白剤は、主に過酸化カルバミドまたは過酸化水素です。当社の調査によると、世界的に口腔疾患が蔓延する中、より良い口腔衛生の必要性に対する意識が高まっており、その結果、予測期間中に市場は大きく成長すると予想されます。世界保健機関(WHO)によると、世界で35億人近くが常に口腔疾患の影響を受けています。最近の若者の口腔衛生に対する考えを定着させる上で、メディアは重要な役割を担っています。また、歯の汚れに関連するスティグマを助長しています。したがって、白い歯の審美的価値は、2024年から2036年の間に大きな成長を促進すると予想されるものです。

歯のホワイトニング製品市場の主要な動向

2020年10月、Ultradent Products Inc.は、アライナー用ホワイトニング「Opalescence PF」を発表しました。この新製品は、Opalescenceホワイトニングファミリーの中で、矯正用アライナートレイに使用するために設計されたもので す。

2020年3月、Colgate-Palmolive Companyは、Colgate Optic WhiteとマルチプラチナセラーのアーティストであるSheryl Crowのパートナーシップを発表し、3%の過酸化水素を配合した歯磨き粉「Colgate Optic White Renewal」を発表しました。

歯のホワイトニング製品市場の成長要因

世界の多くの地域で、可処分所得の増加ー2021年、アメリカは購買力平価で調整したOECD諸国の中で、一人当たりの家計総可処分所得が最も高い国でした。その一人当たりの可処分所得は約55,000米ドルでした。2位はルクセンブルクで約5万米ドル、3位はスイスと続きます。

世界の都市部における人口の増加―2021年現在、世界では44.6億人が都市部に住み、34.2億人が農村部に住んでいます。世界の都市人口は、1950年の751百万人から2021年には44.6億人に急増しており、2050年には約22.2億人が都市部に加わり、66.8億人になると言われています。

歯のホワイトニングのための市販のソリューションが簡単に入手できるようになりましたー2021年度上半期の南アジアの国、インドにおける歯磨き粉の生産量は、ほぼ67千トンに達しました。

歯のホワイトニング製品市場の課題

歯のホワイトニング製品は、一部の人々の間で、効果が得られない、歯肉の炎症、歯の知覚過敏などの副作用につながることが確認されています。これらの副作用は、予測期間中の市場成長の機会を制限することが予想されます。しかし、専門的な環境での歯のホワイトニング製品の使用では、副作用は最小限に抑えられます。歯科医院や歯科医療従事者が使用する場合、歯のホワイトニングプロセスの適用は副作用を最小限に抑えるために徹底的に監視されます。

競争力ランドスケープ

歯のホワイトニング製品市場の主なプレーヤー・メーカーにはColgate-Palmolive Company.、GlaxoSmithKline plc、Johnson & Johnson Services, Inc.、Procter & Gamble 、Unilever.、Church & Dwight Co., Inc、GO SMILE, LLC、Ultradent Products Inc.、Henkel Adhesives Technologies India Private Limited、GLO Scienceなどがあります。この調査には、世界の歯のホワイトニング製品市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

Isao FurukawaSDKI

私は、消費者行動、市場動向、業界の洞察に関するデータの収集と分析に精通したマーケットリサーチエグゼクティブです。強力な分析力とコミュニケーション能力で、組織の経営陣に実用的な洞察を提供し、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定を支援します。私の目標は、組織が競合他社より優位に立つための貴重な洞察を提供することです。

SDKI

Market Survey Manager

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • データセンター産業規模、動向レポート、洞察分析、2024-2036年予測

      データセンター 市場規模データセンター市場に関する当社の調査レポートによると、市場は予測期間中に約 11% の CAGR で成長し、2036 年までに約 3749 億米ドルに達すると予想されています。さらに、2023 年のデータセンター市場規模は約 1364 億米ドルと記録されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-114827データセンター 市場分析市場の定義データ センターは、コンピューティング デバイスとそれに関連するハードウェア オブジェクトを物理的な場所に保管します。 サーバー、データ ストレージ ドライブ、ネットワーク機器など、IT システムに必要なコンピューター インフラストラクチャが含まれています。 どの企業のデジタル データも物理的な施設に保管されます。データセンター市場の成長要因当社のデータセンター市場分析によると、主な成長要因の一部は次のとおりです:クラウドに切り替える企業の増加: 組織がクラウドに移行する傾向の拡大は、データセンター市場の成長の主な推進要因の 1 つです。 2022 年までに、組織内のほとん

      Isao Furukawa

      2ヶ月前

    • 害虫駆除産業の規模、動向レポート、洞察分析、2024-2036年の予測

      害虫駆除 市場規模害虫駆除市場は、2023年に約24,932.34百万米ドルの市場価値から、2036年までに約39,845.19米ドルに達すると推定され、2024ー2036年の予測期間中に4.8%のCAGRで成長すると予想されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-114194害虫駆除 市場分析害虫の数の増加と地球温暖化は、予測期間中に害虫駆除市場の成長の主要な推進力です。地球温暖化により気温とCO2のレベルが上昇しており、特に冬季の害虫の生存率を高める可能性があります。この要因は、害虫駆除化学物質の需要を増加させると推定され、2024ー2036年の間に害虫駆除市場の成長を促進すると予測されています。また、害虫駆除サービスの世界的リーダーであるレントキルによれば、2050年までに、気候変動により、マラリアやその他の病気により、世界で約25万人がさらに死亡すると予測されています。これも、予測期間中に害虫駆除市場の成長に貢献しています。しかし、害虫駆除製品に使用されている化学物質は、他の健康上の問題とともに目の炎症や皮膚のやけどを引き

      宮津比奈

      2ヶ月前

    • セルロース誘導体の産業規模、動向レポート、洞察分析、2024-2036年予測

      セルロース誘導体の 市場規模セルロース誘導体市場に関する当社の調査レポートによると、市場は予測期間中に約 10.04% の CAGR で成長し、2036 年までに約 153億米ドルの価値に達すると予想されています。さらに、2024年のセルロース誘導体市場規模は適度なペースで成長すると予想されます。しかし、当社の調査アナリストによると、2023 年の セルロース誘導体 市場の収益は 77億米ドルになると記録されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-57089セルロース誘導体の 市場分析世界が直面している大きな課題の 1 つは、持続可能で多用途な素材を使用した製品の作成に関する問題に対処することです。 非生分解性材料は、何年も、場合によっては何世紀にもわたって環境中に非常に長期間存続する性質があるため、生態学的懸念となっています。 たとえば、プラスチックは、材料の構造や太陽光への曝露などの環境要因に応じて、分解するまでに 20―500 年かかることがあります。 非生分解性廃棄物は、米国のすべてのmunicipal solid was

      Isao Furukawa

      1ヶ月前