TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 世界のデュアルチャンバー型プレフィルドシリンジ産業規模、動向レポート、2023-2033年予測
世界のデュアルチャンバー型プレフィルドシリンジ産業規模、動向レポート、2023-2033年予測

世界のデュアルチャンバー型プレフィルドシリンジ産業規模、動向レポート、2023-2033年予測

Isao Furukawa

世界のデュアルチャンバープレフィルドシリンジ 市場分析

デュアルチャンバーインジェクターとシリンジは、長期間安定していない医薬品の有効成分や生物学的物質(組織、血液、血清など)を保管するために使用される健康器具です。これらのデバイスは、薬物の損失を回避するために、注射前に薬物の無菌性を維持するのに役立ちます。液体タンパク質薬は、調剤する前に冷蔵する必要があります。 したがって、デュアルチャンバーインジェクターおよびシリンジは、これらの薬物の適切な貯蔵が薬物送達の悪影響を低減するので、これらの薬物の適切な貯蔵状態を管理するのに有益であいます。インジェクターの液体コンポーネントの改善された配置を導入する技術の進歩は、デュアルチャンバープレフィルドシリンジ市場の成長を推進します。

サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-58959

また、成長するバイオ医薬品産業、と高度な製造プロセスと企業の統合も、デュアルチャンバープレフィルドシリンジ市場の成長を後押ししています。2020年5月と同様に、エボニックは、医薬品有効成分とドイツでの生産能力を高めることを目的として、2,700万米ドルを投資すると発表しました。一方、2019年3月、Gerresheimerは北マケドニアに新工場を設立すると発表しました。この工場は、プレフィルドシリンジなどのプラスチックシステムの製造を対象としています。製薬会社によるすぐに使用できるエラストマーシリンジコンポーネントの採用の増加は、デュアルチャンバープレフィルドシリンジ市場で観察される重要な傾向です。さらに、分離可能なデュアルチャンバーシリンジを費用効果の高いものにするための膨大な研究は、デュアルチャンバープレフィルドシリンジ市場の成長のための有利な機会を提供します。

しかし、相互汚染のリスクは、2023ー2033年の予測期間中にデュアルチャンバープレフィルドシリンジ市場の成長を妨げる可能性があります。

競争力ランドスケープ

世界のデュアルチャンバープレフィールド外部市場の主要なキープレーヤーには、Nipro Corporation、Gerresheimer AG、Vetter Pharma、Credence Medsystems、Arte Corporation、Pfizer Inc.、AstraZeneca Plc.、Maeda Industry Co., Ltd、Bristol-Myers Squibb Company、Novartis AGなどがあります。この調査には、世界のデュアルチャンバープレフィールド外部市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

Isao FurukawaSDKI

私は、消費者行動、市場動向、業界の洞察に関するデータの収集と分析に精通したマーケットリサーチエグゼクティブです。強力な分析力とコミュニケーション能力で、組織の経営陣に実用的な洞察を提供し、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定を支援します。私の目標は、組織が競合他社より優位に立つための貴重な洞察を提供することです。

SDKI

Market Survey Manager

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • ジェネリック医薬品産業規模、動向レポート、洞察分析、2023-2033年予測

      ジェネリック医薬品 市場規模ジェネリック医薬品市場は、2022年に約2980億米ドルの市場価値から、2033年までに約5650億米ドルに達すると推定され、2023-2033年の予測期間中に6.58%のCAGRで成長すると予想されていますサンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-114036ジェネリック医薬品 市場分析世界のジェネリック医薬品市場は、予測期間中に最大な成長を目撃すると予想されます。この成長は、慢性疾患の有病率の増加、老人人口の増加、および医療費の増加に起因すると予想されます。毎年、中枢神経系、心血管疾患、腫瘍学、糖尿病などの慢性疾患は大幅に増加しており、したがって、ジェネリック医薬品を服用する人が増えています。国立癌研究所によると、2020年に腫瘍学の症例は1800万件以上が検出されました。多くの北米およびアジア太平洋諸国は、老人人口の増加の問題に直面しており、これによりジェネリック医薬品の需要も増加します。高齢者は、併存症や他のいくつかの要因のために、より多くの薬を必要としています。慢性疾患の蔓延により、政府および多くの製薬会

      Isao Furukawa

      3ヶ月前

    • 乾癬治療産業規模、動向レポート、洞察分析、2023-2033年予測

      市場スナップショット乾癬治療市場は、2023年に209.46億米ドルの市場価値から、2033年までに594.75億米ドルに達すると推定され、2023-2033年の予測期間中に11%のCAGRで成長すると予想されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-110727市場概況乾癬は、皮膚細胞の急速かつ過剰な増殖を特徴とする自己免疫性の非伝染性疾患であり、異常な皮膚の斑点をもたらします。乾癬は、鱗屑と肥厚した皮膚のプラークを生成する長期的な皮膚障害であると考えられています。体の最も一般的に影響を受ける領域は、頭皮、膝、へそ、および前腕の後ろの周りです。乾癬は、環境要因と遺伝的奇形などのさまざまな要因によって引き起こされます。それは治癒不可能な障害と考えられていますが、症状を和らげる治療法はほとんどありません。乾癬患者プールの増加、乾癬用の新生物学的薬剤の承認、パイプラインの新薬、および発展途上市場での乾癬治療へのアクセスの増加は、予測期間中に世界の乾癬治療市場の成長を促進すると予想されます。世界中の乾癬の発生率の増加は、今後数年間で世界

      Isao Furukawa

      3ヶ月前

    • 皮膚科機器産業の規模、動向レポート、洞察分析、2023-2033年予測

      皮膚科デバイス 市場規模皮膚科デバイス市場は、2023年に171.80億米ドルの市場価値から、2033年までに620.34億米ドルに達すると推定され、2023-2033年の予測期間中に13.7%のCAGRで成長すると予想されていますサンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-53363皮膚科デバイス 市場分析皮膚科デバイスは、にきび、アトピー性皮膚炎、爪真菌、乾癬などの皮膚関連の問題の治療のために設計されています。これらのデバイスは、それによって肌の外観を向上させることを目的としており、主に女性人口の間で需要があります。これらのデバイスは、皮膚生検、凍結手術、局所化学療法、光線力学療法、モース顕微鏡手術、および電気刺激と掻爬に使用できます。皮膚癌の有病率は大幅に上昇しており、皮膚科デバイス市場の成長を促進すると予想されます。American Institute for Cancer Research(AICR)によると、黒色腫が最も一般的なタイプの皮膚癌であることが示唆されています。2020年に、この組織は米国で100,350以上黒色腫の新規症

      Isao Furukawa

      3ヶ月前