TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. オムディア(Omdia):通信事業者は通常のビジネスからの脱却を目指す
オムディア(Omdia):通信事業者は通常のビジネスからの脱却を目指す

オムディア(Omdia):通信事業者は通常のビジネスからの脱却を目指す

jp.prnasia.com

ロンドン、2023年6月13日 /PRNewswire/ -- チャイナ・モバイル(China Mobile)は、オムディア(Omdia)のサービスプロバイダデジタル戦略ベンチマークの2023年版で1位になりました。これは、確立された通信サービスプロバイダのビジネスモデルが圧力を受け、多くのCSPが業務のデジタル化、接続性を超えたサービスの開発、新たなビジネス分野への多様化によって対応している中で、12の主要なグローバル事業者グループのデジタル戦略を評価するものです。

Digital strategy benchmark scores by service provider 2023

Digital strategy benchmark scores by service provider 2023

チャイナ・モバイルのベンチマークにおけるリードは、最大35点満点中27.5点のスコアであり、高速ブロードバンドを展開し、そのインフラを新しいサービスを開発するためのプラットフォームとして利用した規模の結果です。2位のSKテレコムは、AI企業としての変革を進め、メタバースやアーバンエアモビリティなどの新たな分野でサービスを展開しており、4位のNTTドコモは、テクノロジーとデジタルサービスに強みを持つことから、それぞれのベンチマークに選ばれました。

「東アジアの事業者がベンチマークの上位4位のうち3位を占めており、この地域のサービスプロバイダが世界で最も進んでいることを示しています」と、オムディアのサービスプロバイダ戦略・規制担当リサーチディレクターであるDario Talmesio氏は述べています。「チャイナ・モバイルは特に驚くべき変化のスピードを示しており、デジタルトランスフォーメーションサービスがサービス収益の25%以上を占めるようになりました。チャイナモバイルは、接続性だけでなく、さまざまなデジタルサービスを提供するTechCo(テクノロジードリブンな通信)事業者に急速に変貌を遂げています」

さらに特筆すべきは、今回初めて掲載したUAEのe&(旧Etisalat)がテレフォニカ(Telefónica)と並んで第5位にランクされたことです。

「e&の好調の背景には、2022年初頭に発表した『グローバルな技術・投資グループへの変革』という新戦略があり、この戦略を強力に推進しています」と、オムディアのサービスプロバイダ市場担当チーフアナリストであるMatthew Reed氏は述べています。

バーティ・エアテル(Bharti Airtel)は2023年のベンチマークで7位にランクされており、エアテルが2022年後半にインドで5Gを開始し、同社がデジタルサービスの大規模なポートフォリオを開発し続けていることから、2022年の9位から上昇しています。

▽OMDIAについて

Informa Tech傘下のOmdiaは、テクノロジー調査・アドバイザリーグループである。同社はテクノロジー市場に関する深い知識と実用的な洞察を組み合わせ、企業がスマートな成長の意思決定を下すことを支援する。より詳しい情報はwww.omdia.com を参照のこと。

▽メディア問い合わせ先

Fasiha Khan / T: +44 7503 666806 / E: fasiha.khan@omdia.com

www.omdia.comにアクセスしてご参照ください。

jp.prnasia.comCision PR Newswire

1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。HP: www.prnewswire.com

Cision PR Newswire

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 有線通信事業者 市場規模の成長は 2024 年中に大幅に拡大する見通し

      "有線通信事業者 2030年までの市場産業予測この調査レポートには、有線通信事業者の市場で上昇している技術も描かれています。 市場の成長を後押しし、グローバル市場で成功するための積極的な推進力を与える要因について詳しく説明します。レポートは、プライマリおよびセカンダリの研究方法論を使用して収集されました。 マーケットリーダー、ジャーナル、出版物、会議、ホワイトペーパーとのインタビューなどの信頼できるソースから情報を収集しました。 このレポートでは、過去のデータと市場の現在の動向を分析し、今後数年間のグローバルな有線通信事業者市場の公正な軌道の地図を提供します。PDFサンプルコピー(目次、表、図を含む)を入手する @https://www.marketresearchupdate.com/sample/202256主要メーカーの詳細:AT&T, Verizon Communications, China Telecom, BT Group, Comcast Corporationグローバル有線通信事業者市場に関する研究は、現在の市場シナリオと新たな成長の原動力について、重要かつ深い洞察を提供する

      ソメーシュ・ニカム

      3ヶ月前

    • オムディア(Omdia)調べ:LCD TV ディスプレイの加重平均サイズが初めて50インチを突破

      ロンドン, 2023年8月1日 /PRNewswire/ -- OmdiaのLarge Area Display Market Trackerの新しい調査によると、2023年5月にLCD TVディスプレイの月間出荷加重平均サイズが初めて50インチディスプレイサイズを超えました。Omdia の調査は、TV ディスプレイの購入と販売におけるサイズの大型化という不可逆的な傾向を浮き彫りにし、ディスプレイ製造業界がエリアの観点から自社の生産能力を消化するための前向きなシグナルを示しています。LCD TV Display shipment weighted average size (inches)2022年はTV ディスプレイとOEMメーカーに対して壊滅的な年度であり、TVディスプレイの需要は台数とサイズともに毎月減少して来ます。しかし、パネル価格が22年第3四半期に底を打ったため、パネルメーカーはTV用パネルの大型特化、特にGen8.5工場で生産される55インチと85インチ、Gen10.5工場で生産される65インチと75インチに特定しています。続いて、大型TVの需要は22年第4四半期から一貫して大幅に回復し、202

      jp.prnasia.com

      10ヶ月前

    • 通信事業者のカスタマー エクスペリエンス管理 市場[Growth]統計: 主要なデータポイントの形成 - 2030

      "通信事業者のカスタマー エクスペリエンス管理 市場概要 2024-2030:近年、国内外の市場からの需要の急速な増加により、通信事業者のカスタマー エクスペリエンス管理市場は大幅な成長と発展を遂げています。 この 通信事業者のカスタマー エクスペリエンス管理 の市場レポートは、市場の現状に関する詳細かつ包括的な概要を提供し、市場の傾向、推進力、統計、機会、課題を強調しています。 競争環境の詳細な分析も含まれています。 このレポートは、業界への投資や業界での存在感の拡大を検討している企業に洞察と理解を提供することを目的としています。通信事業者のカスタマー エクスペリエンス管理レポートは、主要な成長ドライバーと課題を強調し、製品タイプ、最終用途産業、アプリケーション、主要プレーヤー分析などを含む主要市場セグメントの詳細な分析を提供します。 ビジネス戦略、市場でのポジショニング、長所と短所に関する洞察を提供します。サンプル レポートを取得する: https://www.marketresearchupdate.com/sample/399674通信事業者のカスタマー エクスペリエンス管理市場調査レポートの

      ルトゥジャ・マンデ

      3ヶ月前