TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. オムディア(Omdia)調べ:LCD TV ディスプレイの加重平均サイズが初めて50インチを突破
オムディア(Omdia)調べ:LCD TV ディスプレイの加重平均サイズが初めて50インチを突破

オムディア(Omdia)調べ:LCD TV ディスプレイの加重平均サイズが初めて50インチを突破

jp.prnasia.com

ロンドン, 2023年8月1日 /PRNewswire/ -- OmdiaのLarge Area Display Market Trackerの新しい調査によると、2023年5月にLCD TVディスプレイの月間出荷加重平均サイズが初めて50インチディスプレイサイズを超えました。Omdia の調査は、TV ディスプレイの購入と販売におけるサイズの大型化という不可逆的な傾向を浮き彫りにし、ディスプレイ製造業界がエリアの観点から自社の生産能力を消化するための前向きなシグナルを示しています。

LCD TV Display shipment weighted average size (inches)

LCD TV Display shipment weighted average size (inches)

2022年はTV ディスプレイとOEMメーカーに対して壊滅的な年度であり、TVディスプレイの需要は台数とサイズともに毎月減少して来ます。しかし、パネル価格が22年第3四半期に底を打ったため、パネルメーカーはTV用パネルの大型特化、特にGen8.5工場で生産される55インチと85インチ、Gen10.5工場で生産される65インチと75インチに特定しています。続いて、大型TVの需要は22年第4四半期から一貫して大幅に回復し、2023年まで徐々に回復していきました。

LCD TVディスプレイ出荷の加重平均サイズは、2022年8月に46.8インチでしたが、2022年12月には49インチに回復し、2023年3月には49.5インチ、2023年5月には初めて50インチを超え50.2インチとなりました(BOE、ChinaStar、CHOT、LG Display、Sharpなどのディスプレイ メーカーで記録されています)。

大型テレビの需要増加は、より優れた画質と視覚性能を求める市場ニーズを反映しています。これら大型テレビは、ミニLEDバックライトとディミングコントラスト比、クォンタムドットによる広色域化、高リフレッシュレート、さらにGOA(Gate on Array)ディスプレイドライバーIC技術によるスーパースリムなベゼルなどの機能を備えています。これらの先進的な機能が、市場で高い人気を博している要因です。

Omdiaのディスプレイ部門の主幹アナリストであるDavid Hsiehによると、「「Omdiaは、テレビディスプレイの交換周期が、ユニットベースの交換からエリアベースの交換に変わり、6〜7年から4〜5年に短縮すると予測しています。消費者は大型テレビが購入すべきものだと納得しており、エンドユーザーは小さいサイズに戻ることはないという不可逆的なトレンドが生じています。」

また、「大型液晶テレビディスプレイの需要が増加することで、TFT液晶ディスプレイの容量消費が増大し、消費者の要望は長期間にわたり大型ディスプレイ内で優れた機能を求め続けるでしょう。」ともコメントしています。

▽OMDIAについて

Omdiaは、テクノロジー業界に特化した大手調査・アドバイザリーグループである。120を超える国々に顧客を持つOmdiaは、重要な市場データ、分析、アドバイス、カスタムコンサルティングを提供している。より詳しい情報はwww.omdia.com を参照のこと。

▽メディア問い合わせ先

Fasiha Khan / T: +44 7503 666806 / E: fasiha.khan@omdia.com

写真 - https://protect-us.mimecast.com/s/dcFUC82o95fOEgn5jT1xLN5?domain=mma.prnewswire.com

jp.prnasia.comCision PR Newswire

1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。HP: www.prnewswire.com

Cision PR Newswire

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • オムディア(Omdia):通信事業者は通常のビジネスからの脱却を目指す

      ロンドン、2023年6月13日 /PRNewswire/ -- チャイナ・モバイル(China Mobile)は、オムディア(Omdia)のサービスプロバイダデジタル戦略ベンチマークの2023年版で1位になりました。これは、確立された通信サービスプロバイダのビジネスモデルが圧力を受け、多くのCSPが業務のデジタル化、接続性を超えたサービスの開発、新たなビジネス分野への多様化によって対応している中で、12の主要なグローバル事業者グループのデジタル戦略を評価するものです。Digital strategy benchmark scores by service provider 2023チャイナ・モバイルのベンチマークにおけるリードは、最大35点満点中27.5点のスコアであり、高速ブロードバンドを展開し、そのインフラを新しいサービスを開発するためのプラットフォームとして利用した規模の結果です。2位のSKテレコムは、AI企業としての変革を進め、メタバースやアーバンエアモビリティなどの新たな分野でサービスを展開しており、4位のNTTドコモは、テクノロジーとデジタルサービスに強みを持つことから、それぞれのベンチマークに選

      jp.prnasia.com

      8ヶ月前

    • LCDマイクロディスプレイの世界市場レポート2023-2029

      2023年12月13日に、QYResearchは「グローバルLCDマイクロディスプレイに関する調査レポート, 2023年-2029年の市場推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報」の調査資料を発表しました。LCDマイクロディスプレイの市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2018年から2022年まで、予測データは2023年から2029年までです。コロナ禍によって、LCDマイクロディスプレイ(Liquid Crystal Microdisplay)の世界市場規模は2022年に 百万米ドルと予測され、2029年まで、%の年間平均成長率(CAGR)で成長し、 百万米ドルの市場規模になると予測されています本レポートがもたらすもの:本レポートは、LCDマイクロディスプレイ市場に関する包括的な情報を提供することを目的とし、以下の点に焦点を当てています。1.市場データの提供:LCDマイクロディスプレイ市場の過去データ(2018年~2022年)と予

      天野千雪

      2ヶ月前

    • LCD ディスプレイドライバーインターフェイス世界市場:タイプ、用途、メーカー、エンドユーザー別 - 2024-2039年予測

      QYResearch(本社:東京都中央区、グローバル調査資料出版社)は「世界のLCD ディスプレイドライバーインターフェイス市場インサイト、2029年までの予測」の調査資料を発表しました。LCD ディスプレイドライバーインターフェイスの市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2019年から2023年まで、予測データは2024年から2030年までです。レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト日本語タイトル:世界のLCD ディスプレイドライバーインターフェイス市場インサイト、2030年までの予測英語タイトル:Global LCD Display Driver Interface Market Insights, Forecast to 2030発刊日:2024年2月レポ-ト形態:英語/日本語PDF(Eメ-ルによる納品)■本レポートで含まれている重要な内容:1. 地域レベルおよび国レベルでのLCD ディスプレイドライバーインターフェイス市場規模2. LCD

      QYResearch

      4日前