TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
成果報告会

成果報告会

  • 9733
1人がチェック!
JR東日本スタートアップ

ブログ「鉄道員(ぽっぽや)社長の冒険」更新しました。

JR東日本スタートアッププログラム2022春募集の「成果報告会」について記事にしました。

今年も駅や鉄道現場、駅ビルなど多種多様な事業現場が実証実験のフィールドになりました。うまく行ったものも新たな課題が見つかったものも…。

JRのスタートアップは現場発。雨、風、逆風なんでもあり。でもこれを乗り越えたらその先に新たな線路が拓きます。スタートアップの皆さん、一緒に泥臭いスタートアップやりませんか?

▶記事はこちら。

https://poppoya-venture.com/startup/progress-update/

JR東日本スタートアップJR東日本スタートアップ株式会社

1991年、東日本旅客鉄道株式会社入社。駅での勤務から財務や経営企画、小売業などに従事。2018年2月、JR東日本スタートアップ株式会社代表取締役社長に就任。「JR東日本スタートアッププログラム」の開催などを通じ、スタートアップ企業×JR東日本による、オープンイノベーションに尽力している。また、柴田氏はブログ「鉄道員(ぽっぽや)社長の冒険」を通じて積極的な情報発信も行っている。

JR東日本スタートアップ株式会社

代表取締役社長

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント1件


おすすめブログ

  • オープンイノベーションで最大の成果を得るには?メリット・デメリットを解説

    近年は、Volatility(変動性)・Uncertainty(不確実性)・Complexity(複雑性)・Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取ってVUCAと呼ばれる変化が激しく、未来の予測が難しい時代になってきています。また、新しい商品が登場し既存の商品と入れ替わる循環構造「プロダクトサイクル」の短縮化も進む中で、新たなアイデアや技術を迅速に取り入れ、新しい価値を創出する必要が生まれてきました。そういった状況の中で柔軟な対応をするために、自社以外の組織や機関などが持つ知識や技術を取り込む「オープンイノベーション」が注目を集めています。本記事では、オープンイノベーションを行う上で考慮すべきメリット・デメリットに関して詳細に解説しますのでぜひ最後までご覧ください。オープンイノベーションとはオープンイノベーションの定義2003年にハーバード大学経営大学院の教授であったヘンリー・チェスブロウが提唱した「オープンイノベーション」は、企業が自社内のリソースや技術に加えて、外部の知識、技術、アイデアを活用して新しい製品やサービスを開発するアプローチのことを指します。近い考え方として様々なステークホルダーと共に新しい価

    大久保由依

    14日前

  • ビジネス成果主導型のエンタープライズ アーキテクチャのコンサルティングとソリューション (2024) 年の市場: 推進要因: (トレンドと推進要因)

    "ビジネス成果主導型のエンタープライズ アーキテクチャのコンサルティングとソリューション 市場概要 2024-2030:近年、国内外の市場からの需要の急速な増加により、ビジネス成果主導型のエンタープライズ アーキテクチャのコンサルティングとソリューション市場は大幅な成長と発展を遂げています。 この ビジネス成果主導型のエンタープライズ アーキテクチャのコンサルティングとソリューション の市場レポートは、市場の現状に関する詳細かつ包括的な概要を提供し、市場の傾向、推進力、統計、機会、課題を強調しています。 競争環境の詳細な分析も含まれています。 このレポートは、業界への投資や業界での存在感の拡大を検討している企業に洞察と理解を提供することを目的としています。ビジネス成果主導型のエンタープライズ アーキテクチャのコンサルティングとソリューションレポートは、主要な成長ドライバーと課題を強調し、製品タイプ、最終用途産業、アプリケーション、主要プレーヤー分析などを含む主要市場セグメントの詳細な分析を提供します。 ビジネス戦略、市場でのポジショニング、長所と短所に関する洞察を提供します。サンプル レポートを取得

    ルトゥジャ・マンデ

    4ヶ月前

  • 規制報告ソリューション の市場機会が明らかに: 詳細な概要 - 2030 年

    "規制報告ソリューション 市場概要 2024-2030:規制報告ソリューション市場調査レポートがリリースされたばかりで、規制報告ソリューション市場の最新の傾向と開発に関する貴重な洞察を提供します。 このレポートは、市場の現状の包括的な分析を提供し、市場規模、成長の可能性、主要なプレーヤー、および成長と投資の機会に関する主要なデータと情報を提供します。この包括的な 規制報告ソリューション の市場レポートは、業界の利害関係者や投資家にとって重要な重要なテーマに取り組んでいます。 当社の分析では、現在の市場力学を深く掘り下げ、パンデミックの余波、消費者行動の変化、技術の進歩を注意深く調査しています。 詳細な市場セグメンテーションを通じて、利害関係者は各セグメントの特定の可能性について洞察を得ることができ、十分な情報に基づいた投資決定を行うことができます。 さらに、このレポートは主要な市場プレーヤーの徹底的なプロファイルを提供し、そのビジネス戦略、財務実績、および最近の動向についての微妙な理解を提供します。サンプル レポートを取得する: https://www.marketresearchupdate.com

    ルトゥジャ・マンデ

    4ヶ月前