TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 脱炭素、30年目標
脱炭素、30年目標

脱炭素、30年目標

倉持幸司

以前( 京都議定書 )は、

「 CO2マイナス何パーセント 」と言っておりました。

 

EU( ヨーロッパ連合 )が

自国の製造業を守るため、関税( GATT/WTO )に変わる

新しい障壁として生み出された炭素税がベース。

 

主目的は、アジア( 主に中国向け )です。

 

 

第1位:中国( 28.2% )( GDP2位 )

第2位:新大陸アメリカ( 14.5% )( GDP1位 )

第3位:インド( 6.6% )( GDP5位 )

第4位:ロシア( 4.7% )

第5位:日本( 3.4% )( GDP3位 )

第6位:ドイツ( 2.2% )(GDP4位 )

第7位:韓国( 1.8% )

第8位:カナダ( 1.7% )( GDP10位 )

第9位:インドネシア( 1.5% )

第10位:メキシコ( 1.4% )

 

 

仮に「 GDP 」が国力を示す一つのスケールとすると

経済力( GDP )3位に日本は、

温室効果ガス排出量では5位であること。

 

これは、ガス排出量4位のドイツ( GDP4位 )と

ガス排出量13位のイギリス( GDP7位 )とを足すと同じくらい…

 

( GDP6位 )フランスがガス排出量では15位( 0.9% )でいられる理由は

ご存知の通り、原子力発電が77.6%であることで、説明できます。

 

電気/電池/EV~SDGなど、様々な言葉に変えて

環境っぽいことを謳いながら

各国で経済力( GDP )を落とすためのラウンド( 交渉 )が

本来の目的です。

 

「 環境にいいこと、しようぜぇ~ 」

「 世界で集まって、環境にいいこと、しようぜぇ~ 」

「 本当に出来るの? 」

「 じゃぁ、お前( 日本 )だけ、やれよ 」

 

…ということを勉強しました。

 

MOTTOが創業した2007年前後、

「 リサイクル 」と双璧の言葉として

 

魅力的な将来を描けるような…

「 カーボン:ニュートラル/オフセット、排出権取引 」

 

第一事業で、「 リサイクル:国際循環システム 」を目指し

第二事業で、「 排出権取引:カーボンオフセット 」を目指し、

まだ無いリサイクルと融合した事業モデルを作ろうと、

真剣に考えていました。

倉持幸司MOTTO株式会社

MOTTO株式会社

代表取締役

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 自主的な炭素市場 脱炭素のための重要なツール

      実際、ヨルダンの低炭素経済への移行は、他の多くの途上国にとって教訓となるものです。世界中の多くの国が、気候変動目標を達成するために、炭素クレジット市場への参加を熱望しています。さらに、近い将来、炭素市場は気候変動に対抗するための優れたソリューションとなるでしょう。このブログでは、脱炭素と炭素クレジット市場について、また世界各国がどのように協力しているかを詳しく説明します。炭素クレジット市場企業の気候変動計画が注目に値する資本のロックを解除できるなど、付随する財政上の利点があります。 約 400 を超える金融機関が Glasgow Financial Alliance for Net Zero に参加しています。 それ以来、すべての銀行、企業、保険会社、または投資家は、低炭素で回復力のある未来に向けてビジネスモデルを刷新する必要があります。 GFANZ は、経済の脱炭素化の加速に取り組んでいる大手金融機関の世界的な連合体です。炭素クレジットの市場が急拡大していますおおまかな炭素市場は、COP26 での第 6 条の合意によってすでに作成されています。 ドメインには数え切れないほどの未踏の領域があり、誰かが適切な場

      アサミ 藤川

      3ヶ月前

    • 「脱炭素オンラインイベント」で環境配慮型プリントを紹介します

      この度弊社は、3月21日(木)に「OZCaF※会員紹介第8回 OZCaF Member's Solutions」にオンラインライブで登壇します。※OZCaF:「2050年CO2排出量実質ゼロ」を目指して、公民連携で取組んでいる組織です。現在2,600団体が参加しています。登壇では弊社経営管理部課長がCO2排出量の削減など環境に配慮した印刷への取組についてお話しさせて頂きます。当社は13:00~13:25の出演となります。「OZCaF会員紹介「第8回 OZCaF Member’s Solutions」開催日 :2024年3月21日(木)時間 :13:00〜14:00開催形式:Zoomウェビナーお申込み(事前登録・無料)、ウェビナー詳細は下記リンクからご覧いただけます。ウェビナーへのご参加をお待ちしております。事前登録・ウェビナー詳細はこちら!>>https://ozcaf.jp/2024/0229-members-solutions-8th/

      谷村 真

      3ヶ月前

    • 脱「脱自前主義」

      脱「脱自前主義」。オープンイノベーションの意味について、そこはかとなく書きつくりました。※ブログ「鉄道員(ぽっぽや)社長の冒険」にて記事公開中。記事はこちら。#VILLAGEINC #フーディソン #ヘラルボニー #JR東日本スタートアップ

      JR東日本スタートアップ

      3年前