TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 「輸入博デビュー」の2つのビジョン:無印良品は中国輸入博に初めて出展する理由
 「輸入博デビュー」の2つのビジョン:無印良品は中国輸入博に初めて出展する理由

「輸入博デビュー」の2つのビジョン:無印良品は中国輸入博に初めて出展する理由

jp.prnasia.com

上海, 2023年7月10日 /PRNewswire/ -- 無印良品は、中国ですでに広く認知されている日本の有名企業であり、今年は初めて輸入博に参加する。

無印良品はこれまで世界的に展示会に参加することは少なかったが、輸入博への出展について、中国社長の清水智は、「私達は「輸入博デビュー」を通じて2つのビジョンを伝えたいと思っています。一つは、中国のデザインを世界市場に売り込むことです。もう一つは、中国市場に根付いた不変の決意を外部に示すことです。」と話した。

「中国デザイン」を世界に示す。清水智から見れば、輸入博は世界をリードする国際化の「大舞台」であり、企業が業界交流のチャンスを増やすと同時に、最先端の技術、最流行のデザイントレンド、最前線のブランド理念を学ぶことができる。

輸入博のプラットフォームのプロモーションは誰の目にも明らかである。5回をわたって、展示品が商品に変わってまた「ヒット商品」になる例が次から次へと現れる。「新商品の展示」、「初発売のショー」は多くの消費財企業が輸入博に登場する「必須の動き」である。

「もともと私達の店舗は北京、上海、広州、深センなどの一線都市に集中していますが、今では嘉興などの普通の地級市に入り込んでいます。中国にはまだ広い市場の開拓が待たれている。私達は将来、毎年50店から100店までのペースで市場に触れるだろう」。清水智は中国市場の満ちている活気と活力を疑うことなく、絶えず開拓している新店舗と新規業務が最高の証明である。

以前、中国で販売されていた商品のデザインは日本で完成する必要があったが、2019年以降、無印良品の中国のデザインチームはより多くの自主権を持つようになった。中国で設計された家庭用紡織品の冷感シリーズは、世界中の無印良品の店頭でベストセラーとなっている。先日、無印良品本社は世界20人のプロダクトマネージャーを招集して中国に製品を注文しに来た。「中国チームはデザイン面ですぐに突破することができ、日本本社と一緒に自己開発した製品を対外出力すると信じています。」

清水智の目には、「中国デザインは中国製する」ことは第1歩にすぎず、「中国デザインは世界中で売れる」ことはすぐに現実になるが、輸入博はこの理想を現実に変える「スラスター」である。今年の無印良品の輸入博の展示台では、清水智は国内外の出展者により活力のある「中国デザイン」を見せたいと考えている。

「中国に根付く」という決意を外部に表明する。無印良品は、輸入博を通じて中国市場との緊密なつながりを世界に示したいと考えている。

地方政府との交流の中で、無印良品は湖南省の十八洞村の水源の品質が優れていることを知り、実地調査を経、現地の浄水場と提携し、関連設備を寄付し、技術支援を提供し、無印良品の店舗で「十八洞村純水」を販売することにした。

水源探し、浄水場の扶助、雇用の促進などの方式を通じ、無印良品は十八洞村の貧困扶助プロジェクトに深く参与した。「私達は喜んで中国政府の貧困扶助事業に参与します。これは無印良品が中国市場に根付く決意を示しています。」清水智は今年の「輸入博デビュー」で展示品だけでなく、1社の外資系企業の中国における「社会的責任」を示したいと考えている。

「中国を深耕するチャンスはどれも見逃せません。これも私達が「輸入博の大家族」に断固として参入した理由です。」と清水智は話した。

連絡先: Ms.Cui Yan 

電話番号:0086-21-968888

メールアドレス:ciie2022@ciie.org

Webサイト: http://www.ciie.org/zbh/en/  

Facebook: https://www.facebook.com/ciieonline  

Twitter: https://twitter.com/ciieonline 

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1938442/4153332/CIIE_Logo.jpg?p=medium600

jp.prnasia.comCision PR Newswire

1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。HP: www.prnewswire.com

Cision PR Newswire

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • がっちりマンデーから学ぶ!真似る! マンモス団地運営のURと無印良品がタイアップした理由が解りますか?

      【確立している2つの市場の中間にチャンスが潜む】<推薦理由>2つの市場とは、団地とマンション。「団地

      岩井 利仁

      4年前

    • 中国のIT都市はどこ?リアルな中国の真実をお伝えします。

      - 中国のIT都市はどこなんだろう?- 企業拡大に向けて、海外への進出を考えたい!こんな風に感じた事

      Lee Kwiil

      4年前

    • ロボットバンク株式会社が大阪万博への協賛出展が決定。138万円で新たに配膳ロボットを提供

      2025年大阪・関西万博に協賛するロボットバンク株式会社から、新しい都市の未来への取り組みをご紹介致します! :地球_アジア:大阪・関西万博のテーマと、持続可能な開発目標(SDGs)の追求を背景に、私たちロボットバンク株式会社はスマートシティの構築とサービスロボットの革命を進めています。これにより、人々の生活がより便利で持続可能になることを目指しております。「万博」の持つ人・モノを呼び寄せる求心力と発信力を活かし、先進的なスマートシティの技術とサービスロボットを展示します。これは、現代の都市生活の課題を解決し、次世代の幸せな生活スタイルを築くための重要な一歩です。皆様、ロボットバンク株式会社とともに、スマートシティの未来とサービスロボットの可能性を体感し、持続可能な未来を共に想像してください。"都市をスマートに、ロボットが生活をリッチに。ロボットバンク株式会社と共に未来を創り上げましょう。ロボットバンク株式会社は「スマートサービスロボット」を開発、販売いたしております。高度なセンサー技術、人工知能(AI)、ロボティクスなどの技術を組み合わせて開発された、人々の日常生活やビジネスのさまざまな場面でサポー

      趙徳鵬

      10ヶ月前