TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. なぜ ベトナムオフショア開発 を実施すべきでしょうか?
なぜ ベトナムオフショア開発 を実施すべきでしょうか?

なぜ ベトナムオフショア開発 を実施すべきでしょうか?

山下秋子

目次

1. 大きな可能性を秘めたベトナムのソフトウェア・アウトソーシング

2. 豊富なIT人材

3. 高品質のIT労働者

4. ベトナムでのITアウトソーシングによるコスト最適化

5. ベトナムのIT企業にとって素晴らしい政府政策

-----------------------------

近年、東南アジアはテクノロジーの中心地として注目されています。この地域は、多くのユニコーン企業の本拠地であるだけでなく、だんだん人気のあるオフショア開発発注先になっております。価格競争力に加えて、優秀な人材、経済的なポテンシャルの高さにより、ベトナムも最高水準のITアウトソーシング・サービスを求める企業にとって誘惑の国です。ベトナムと言えば、経済が発展していない国または戦争で荒廃した国などのイメージが非常に連想されます。しかし、情報技術業界における近年の功績と未来の情報技術の成長に向けた新しい方向性により、 ベトナムオフショア開発 企業は、国際的な顧客の信頼を得ることに成功しています。

 

1. 大きな可能性を秘めたベトナムのソフトウェア・アウトソーシング

ベトナムは東南アジアの中心に位置しております。ベトナムの標準時はGMT+7であり、アメリカより12時間、イギリスより7時間で速くて、オーストラリアより3時間、日本と韓国より2時間で遅いです。ベトナムの経済成長率は、2021年に約4.8%になると予測されます。具体的に、ベトナム計画投資省外国投資局(FIA)は1~9月の海外直接投資(FDI)認可額が前年同期比4.4%増の221億4,600万米ドル(約2兆4,500億円)だったと発表した。

過去2年間の新型コロナウイルス感染症感染拡大にもかからわず、ベトナムは着実に発展し、そして、活況を呈している業界の一つはベトナムのソフトウェア・アウトソーシングです。

1.1. ベトナムはICT産業、特にソフトウェアの輸出で盛り上がっている

約15年前にITアウトソーシングサービスが台頭して以来、ベトナムのソフトウェア・アウトソーシングは、隠された宝石のようなものであり、ビジネスにテクノロジーを応用したい企業を誘惑してきました。実際、2014年から現在まで、ソフトウェア開発およびサービスのアウトソーシングにおいて、ベトナムは日本の第2位のパートナーとしてその能力を証明しています。

 

ベトナム ソフトウェアアウトソーシング:Global Services Location Index(GSLI)

 

また、2021年に発表された「Global Services Location Index」によると、ベトナムは、経済的魅力、人材のスキル・供給力、ビジネス環境、デジタル共鳴の4つのカテゴリーで6位にランキングされて、新たなデジタルハブとして浮上しました。また、Tholon社の「Top 50 Digital Nations」では、ベトナムは9位にランクインしています。20年前に技術の進歩がほとんど見られない時代遅れの国だったベトナムは、急速なデジタルトランスフォーメーション(DX)に拍車をかけました。ICT企業は国内市場にサービスを提供するだけでなく、ソフトウェアやその他のソリューションを大量に輸出するまでになりました。このことは、次のような数字で証明されています。

ICTの輸出総額は915億ドルで、そのうちソフトウェアの輸出額は35億ドルと報告されています。この数字は、2021年には少なくとも5%成長すると予測されています。また、ソフトウェア&ITサービスは110億ドルを占めています(Vietnam Software and IT Services Associationの報告書による)。

2016年以降、ベトナムは「東南アジアのシリコンバレー」と称され、今後のデジタル経済の活況が予測されています。この急激な発展は、政府が法的枠組みやイニシアチブの形成に乗り出し、IT部門の成長に焦点を当てているため、さらにレベルアップするでしょう。

パンデミックという困難な時期を乗り越え、世界で最も要求の厳しい顧客との仕事を経験したことで、ベトナムは世界のソフトウェア・アウトソーシング市場でますます好まれるようになっています。

1.2.ベトナムのIT市場成長指数

情報通信省の2019年総括および2020年方向性報告書によると、2019年のICT産業総収入は112,350Bドルと推定され、そのうち81.5%がICT輸出分となっています。2020年は、ベトナムがデジタルテクノロジービジネスの開発に力を入れる「Make in Vietnam」戦略を公式に発表した最初の年でした。その後、デジタルテクノロジービジネスの数は28%増加し、約6万社に達しています。

ベトナムのデジタルテクノロジービジネスは、E-commerce、Fintech、Ride/food order、Edtech、Healthcare、AI、Machine Learning、Blockchainなどの12の主要分野に集中します。この集中が世界のトレンドと一致することで、ベトナムの能力は世界の需要、特にITアウトソーシングサービスを求める企業の需要に応えることができます。

 

2. 豊富なIT人材

ベトナムは世界の他の国々と同様に人材不足の問題に直面していますが、現在のIT労働者の数を見ると、業界全体の発展に向けて顕著な見通しが立っています。数字を見れば一目瞭然です。

現在、ベトナムには約40万人のITエンジニアがおり、さまざまな分野で活躍しています。養成機関を卒業する学生は、年間約5万人です。IT技術者の約53%が1〜3年の経験を持っています。面白いことに、数年の経験しかないにもかかわらず、多くのベトナム人技術者がシニア/リードレベルの専門知識を持っています。これらの数字から、ベトナムはITエンジニアの需要を満たすのに十分な人材プールを持っていることが証明されました。

 

ベトナム ソフトウェア アウトソーシング: テクニカルスキル

 

ベトナムのITエンジニアは、世界のトレンドに合わせて、以下のような最も人気のある技術に焦点を当てています。フレームワーク/ライブラリについて フレームワーク/ライブラリ:Laravel(49.6%)、NodeJS(36.4%)、React(27.9%)。データベースの場合 MySQL (59.1%), SQL Server (40.0%), PostgreSQL (32.9%)、IDE&テキストエディターの場合 Visual Studio Code」(35.2%)、「Sublime Text」(34.9%)、「IntelliJ」(33.5%)。

これらの技術は、ベトナム人エンジニアの能力のごく一部に過ぎない。品質保証、BPO、ITコンサルティングなど、他の多くの技術サービスについては、ベトナムの技術的状況はさらに大きく、世界の需要に沿ったものとなっています。

 

3. 高品質のIT労働者

多くのビジネスリーダーが、ベトナムのIT人材の質の高さを評価したとき、驚きました。かつて戦争で荒廃した国が、技術面でこれほどの成果を上げることができるとは誰も想像していなかったし、特にIT機関が年間5万人ものITエンジニアを育成していることには驚きました。

3.1. 早期のIT教育と多数のIT機関の存在

ベトナムでは、幼い頃からテクノロジーに関する教育が義務づけられています。15歳の学生がコンピュータサイエンスやC++の授業を受けているのを見かけることがありますが、これはベトナムの高校のコンピュータサイエンス教育カリキュラムの一部に過ぎません。大学に入学すると、これらの学生は、ベトナム全土の100以上の大学のIT専攻にアクセスすることができます。

3.2. 高度な専門能力

社会人になったIT卒業生は、学習方法やテクノロジー分野での刻々と変化する要求への適応において、優れた資質を発揮しています。例えば、「Global Skills Index 2020」によると、ベトナムのテクノロジー・スキルセットは、アジア太平洋地域で2位、世界で22位となっています。

また、Courseraの「2021 Global Skills Report」では、テクノロジーの観点から、ベトナムはアジア太平洋地域で3位となっています。具体的には、コンピュータ・エンジニアリングとソフトウェア・プログラミングの分野でベトナムは3位となっており、ソフトウェア開発サービスを求めるお客様にとっては非常に有益な情報となっています。

PwCの調査によると、デジタル化に対応するために、回答者の84%が将来の雇用機会を増やすために新しいスキルを学ぶか、完全に再教育すると答えています。この数字は、ベトナムの技術エンジニアが、これから来るであろう世界のテクノロジー事情の変化に対応する準備ができていることを示しています。

 

ベトナムのソフトウェア・アウトソーシング :アジアのトップスキル

 

ベトナム企業は、ソフトウェア開発などの単純なサービス以外にも、BPO、ソフトウェアテスト、プログラミングからR&Dコンサルティング、システム設計、AI、ビッグデータ、ブロックチェーン、IoT、ロボット、VR、RPAなど、単純なものからハイテクなものまで、様々な技術サービスを提供しています。グローバルフォーチュン500の企業のデジタルトランスフォーメーションの導入で信頼を得ている企業もあります。

3.3. 語学力

どの大学でも、IT系の卒業生はCEFR(Common European Framework of Reference)レベルB1の取得が義務づけられています。上級プログラムではB2レベルが必須となります。言語能力のための準備のおかげで、ベトナムの技術エンジニアはIT労働力に加わるための基盤を持つことができました。語学力があれば、他国の顧客とのコミュニケーションも、国際的なフォーラムで新しい技術を学ぶこともできます。

大学を卒業したIT技術者は、90%が英語でコミュニケーションをとることができ、67%が英語の中上級レベル、23%が英語の初級レベルを身につけており、十分な語学力を持って市場に参入しています。

ベトナムのIT市場では、英語が主流であり、日本語などの他の言語はITワーカーの間ではあまり人気がありません。しかし、英語以外の言語の市場をターゲットにしている多くの企業は、追加の語学クラスを提供したり、Comtor/BrSE(日本の市場の場合)を設置したりして、言語の壁に対処する能力があることを示しています。

英語以外にも、ベトナムでは日本語の人気が高まっています。11月28日午前、JLTF2021のフォーラムで、ベトナム日本文化交流センター-国際交流基金の安藤俊樹所長は、2018年の最新データによると、ベトナムには818の日本語教育機関があり、学習者数は17万4千人を超えていると述べました。このように、ベトナムは中国、インドネシア、韓国、オーストラリア、タイに次いで、世界で6番目に日本語学習者が多い国であり、東南アジアでは3位となっています。これにより、ベトナムのITリソースは、日本語に簡単に、そして効果的にアクセスすることができます。

 

4. ベトナムでのITアウトソーシングによるコスト最適化

アジア太平洋地域は、東欧や北アフリカなどの他の地域と比較して40%のコスト最適化が可能であるため、ソフトウェア・アウトソーシング・サービスを求める企業にとって理想的な目的地の一つです。しかし、同じ地域でも、ベトナムとそれ以外の地域との間にはIT価格の格差が見られます。

オフショアのソフトウェア開発者を雇う場合、ベトナムでは1時間あたり10ドルから25ドル、中国では1時間あたり18ドルから50ドル(ジュニアレベルの場合)となっています。東南アジアの他の国は給与水準が高く、タイの平均給与は時給13~40ドル、フィリピンの平均給与は時給17.5~42.5ドルとなっています。

インフラコストについては、インターネットサービス料金の低さで、ベトナムは世界12位、アジア6位、東南アジア1位となっています。ベトナムの平均的なユーザーは、1ヶ月のインターネット接続に11.27米ドル(260,000ドン相当)を費やしています。ベトナムのブロードバンドインターネットの平均月額費用は12.4米ドルで、タイ(25.9米ドル)、インドネシア(32.5米ドル)、マレーシア(34.9米ドル)、フィリピン(51.1米ドル)よりもはるかに安くなっています。

また、ベトナムのオフィス賃貸料は比較的安価で、平均価格は15ドル/月と、他のアジア太平洋諸国に比べて20%低いです。

 

5. ベトナムのIT企業にとって素晴らしい政府政策

2018年以前は、テクノロジーは政府からあまり注目されていませんでしたが、2018年以降、多くの法律、取り組み、政策が課せられ、ベトナムにおけるテクノロジー開発の法的枠組みが形成されています。2020年12月24日、首相は科学技術省が主導する「知的財産開発プログラム」を承認する決定No.2205/QD-TTgに署名しました。このプログラムの一般的な目的は、国家の競争力を向上させ、イノベーションを誘発する環境を作り、経済的・文化的・社会的発展を促進するための重要なツールとして知的財産を活用することです。

ベトナムでサイバーセキュリティ法には、データのローカライゼーション、オンラインコンテンツに対する政府のコントロール、ベトナムでのローカルオフィスの設置などが含まれています。これにより、世界中のお客様がベトナムの法律の下で保護された状態を保つことができます。このように、ベトナムはテクノロジー企業とその顧客の保護に力を入れており、ソフトウェア・アウトソーシングの世界的リーダーとしての地位を確立しています。

結論として、ベトナムのソフトウェア・アウトソーシング・サービスは、強力なIT労働力、競争力のある労働力価格、支持的な政府政策のおかげで、大きな価値を提供しており、外国企業にとってこの国が最適な目的地となっています。

-----------------------------

LTS Group について

LTS Groupは、お客様のデジタルトランスフォーメーションのプロセスを支援することで、若く、才能があり、熟練したベトナム人をグローバル市場に送り出すことに情熱を注いでいます。

私たちは、ベトナムのソフトウェア・アウトソーシングの効果的な品質パートナーとなることを約束します。私たちと一緒に仕事をすることで、お客様は自分のビジネスに集中し、私たちに任せることができます。私たちは、お客様のビジネスゴールと品質のすべての側面に常に焦点を当てます。これらを理解することで、私たちはお客様の品質ニーズを最低コストで満たすための支援を行い、価値を提供することを約束します。

ベトナムでのソフトウェア開発において、私たちがどのようにお役に立てるのか、詳しくはお問い合わせください

・Tel: (+84) 24-6660-7474

・Facebook: https://www.facebook.com/LotusTechnologyService

・Linkedin: https://www.linkedin.com/company/lotus-ts/

 

山下秋子LTS Group

LTS Groupはベトナムを拠点とするグローバルなITアウトソーシング企業です。高品質なサービスを維持し、コストを最適化することに寄与するITサービスを提供しています。 

世界中のさまざまな業界の顧客と連携し、顧客満足度96%以上を維持し、国内外でさまざまな業界賞を受賞していることを誇りに思っています。

主なサービス内容は次のとおりです。
・ソフトウェア開発
・ソフトウェアテスト&品質保証サービス
・ビジネスプロセスアウトソーシングサービス(BPO)

次のような大きな利点をもたらすことを保証します。
・ベトナムの魅力的な労働コストによる競争力のある単価
・最高のサービスやソリューションをお届けしようとする意欲にあふれた幅広いIT人材のプール
・教育、医療、eコマース、建設、自動車、金融など様々な業界の深い知識を持つエンジニア
・エンジニアの言語能力と即戦力のITコミュニケーター&BrSEのによる効果的なプロジェクトコミュニケーション
・要件、予算と時間枠に基づく柔軟なソフトウェア開発手法:アジャイルモデル、ウォーターフォールモデル、Vモデル、イテレーションモデルなど

LTS Groupがどのように貴社の目標達成とROIの向上に役立つか、まずは日程調整を作成してください!

ご連絡ください。
Website: https://www.ltsgroup.tech/
Linkedin: https://www.linkedin.com/company/74334296/
Email: contact@ltsgroup.tech

LTS Group

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • どの オフショア開発国 を選ぶべきでしょうか?

      オフショアソフトウェア開発は、ビジネスを拡大し、社会的な競争力を獲得するために多くのメリットを提供してきました。オフショア開発を行う場合、どこで開発を行うかによって、プロジェクトの成果が大きく変わってきます。それで、適切な オフショア開発国 にを選べられることは本当に大切であり、そして、多様なソースから オフショア開発先 に関する情報を調べて、合成することは必要です。この記事では現在の最も人気のオフショア開発の委託先の特徴を説明させていただきます。 1. インドインドは科学と数学に強い国として知られており、IT分野での技術力は世界一です。 多くの有利な特徴のおかげで、インドは過去数年間で最大の売上と成長を遂げているオフショア開発市場をリードしています。これらの特徴は次のとおりです。高い能力を備えた大規模な人材プール:インドの人口は12億人を超え、毎年約310万人の卒業生が労働力に加わっています。労働者がよく訓練されることに加えて、インドには英語を流暢に話すことができる人口が多く、オフショアプロジェクトでのコミュニケーションがはるかに簡単になっています。値ごろ価格:PayScaleによると、インドのソフトウェア

      山下秋子

      2年前

    • ベトナムオフショア開発を委託することにはどのようなメリットがあるのでしょうか

      オフショア開発は、ITリーダーや企業の間で注目が高まっている一般的なワークモデルです。これは、コスト削減と人材確保のための効果的な方法と考えられています。オフショア開発のサービスプロバイダーが進出している国の中でも、ベトナムは有能な技術者と競争力のあるコストを持つ国として際立っています。実際、ベトナムは成長中のITハブであり、初期段階を越えたばかりです。ベトナムでは、IT産業の発展と、この分野への外国人投資家にとって、非常に有利な規制が敷かれています。ベトナムには世界的に有名なテクノロジー企業があり、世界中の多くのビッグクライアントと仕事をしています。さらに、このような発展は、ドメインに特化した能力を持つニッチ市場向けの他の中規模または小規模のサービスプロバイダーの設立への道を開いています。1. ベトナムのIT人件費ベトナムがODC設立に適している理由として、まず第一に挙げられるのが価格の安さです。アメリカ、シンガポール、日本などの先進国のIT主要分野の人件費と比較すると、ベトナムの給与レンジは40~50%も低いのです。例えば、米国のソフトウェア開発者の基本給は約9,528ドルであるのに対し、ベトナム市場のそ

      山下秋子

      1ヶ月前

    • ChatGPT-4の登場によって、AIのますます強力な存在に私たちはどう対処すべきか、どう考えるべきでしょうか?

      3月15日、OpenAIは大型マルチモードモデル「GPT-4」をリリースしました。OpenAIによると、GPT-4は、画像とテキストの入力を受け取り、テキストを出力する大型マルチモードモデルであり、さまざまな専門分野や学術基準で人間と同等のパフォーマンスを発揮することができます。多くの人々は、新しいバージョンを試した後、「ChatGPT」のGPT-3.5よりも遥かに強力であり、AIに対する認識を再び更新したと言われています。GPT-4は「抽象」をより理解できるようになった インターネット上では、多くのユーザーがChatGPTの進化に興奮しており、同時に懸念も抱いています。GPT-4は高度な推論や複雑な指示の処理能力が強化されており、また、より多くの創造性を持っています。OpenAIは、いくつかの使用例を示しており、画像の内容を説明したり、グラフを分析したり、画像内の問題に答えたり、画像内の異常な部分を見つけ出したりすることができると述べています。OpenAIの公式ビデオでは、GPT-4がスケッチを通じて、これがウェブサイトに関するものであることを認識し、その後、そのウェブページを構築するためのすべてのコードを

      趙徳鵬

      1年前