TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 業務用清掃ロボット導入のメリットについて「第1弾」
業務用清掃ロボット導入のメリットについて「第1弾」

業務用清掃ロボット導入のメリットについて「第1弾」

趙徳鵬

はじめに

本記事では、業務用清掃ロボットの導入によるメリットについて詳しくご紹介していきます。清掃業界における先進技術の進展を一緒に確認していきましょう。


業務用清掃ロボットとは?

業務用清掃ロボットは、商業施設やオフィス、工場などで使用される高性能な自動清掃機器です。これらのロボットは、以下のような多様な機能を備えています:

● 自動プログラミング:事前に設定されたルートに従って効率的に作業を行います。

● 高性能センサー:障害物を避けながら正確にゴミを回収します。

● リモート操作:スマートフォンやタブレットから遠隔で操作可能。

この記事では、特に次の5つの観点から業務用清掃ロボットのメリットについて解説します:

1. コスト削減

2. 時間効率化

3. 清掃品質の向上

4. 作業環境の改善

5. 労働安全性の向上

RobotBank社が提供する製品例として、KIRAキラキラ, PIKAピカピカ,PUDU CC1, などがあります。それぞれが異なるニーズに応じた特長を持っており、多様な業種で導入実績があります。


1. コスト削減について

業務用清掃ロボットの導入は、コスト削減に大いに貢献します。特に以下のポイントで効果を発揮します。

1.1 運用コストの削減

メンテナンス費用の削減

業務用清掃ロボットは、高度な技術と耐久性を持っており、長期間安定した運用が可能です。これにより、頻繁な修理や部品交換が不要となり、メンテナンス費用を大幅に削減できます。例えば、KIRAキラキラ, PIKAピカピカなどの製品は高性能かつ信頼性が高く、メンテナンス頻度を抑えられる設計となっています。

消耗品の使用量低減

従来の清掃機器では消耗品(例:フィルター、ブラシなど)の交換が頻繁に必要ですが、業務用清掃ロボットはその点でも優れています。多くのモデルには再利用可能なフィルターや長寿命のブラシが採用されており、消耗品の使用量を大幅に低減します。


1.2 人件費削減への貢献

業務用清掃ロボットのコスト削減において、人件費削減は重要な要素です。業務用清掃ロボットが持つ自律的な運用能力は、人員配置の最適化と労働時間の削減に大きく寄与します。

人員配置の最適化

清掃業務には多くの人手が必要ですが、業務用清掃ロボットを導入することで、この問題を解決できます。たとえば、広い施設や複雑なレイアウトを持つ建物では、人手での清掃に時間と労力がかかります。こうした場面でロボットは効率的に作業をこなし、人的リソースを他の重要なタスクへ振り分けることが可能です。

● RobotBank社シリーズのKIRAキラキラ, PIKAピカピカなどは、高度なセンサー技術とマッピング機能を備えています。これにより、障害物を回避しながら効率的に清掃ルートを設定し、人員配置の最適化に貢献します。

● 清掃ロボットが稼働することで、従業員はより専門的な業務や顧客対応に集中できます。これにより、サービスの質も向上し、全体的な業務効率が高まります。

労働時間の削減

労働時間の短縮もまた、業務用清掃ロボットがもたらす大きなメリットです。人手による清掃は長時間を要することがありますが、ロボットなら迅速かつ正確に作業を終えることができます。

● 自動プログラムによる効率的な移動と作業範囲の高速カバーは、労働時間短縮に直結します。

● 非稼働時間帯での作業実施も可能です。夜間や週末など、人手が少ない時間帯でもロボットは休むことなく稼働します。その結果、人間が対応できない時間帯にも清掃活動が行われるため、総合的な労働時間が削減されます。

このようにして、業務用清掃ロボットは運用コストだけでなく、人件費にも大きく寄与します。次はその具体的な方法についてさらに掘り下げて解説します。

続きは第2弾へ

趙徳鵬ロボットバンク株式会社

静岡文化芸術大学    生産デザイン学科卒業 カーデザイン
静岡大学大学院 工学研究科  工学 修士 
2015年に北京中関村に起業、APP開発中心、その後会社は大手ECサイトに売却 
2016年36krのグローバルビジネス優秀インキュベータに選出
2017年清華大学のグローバルビジネス優秀インキュベータに選出
2019年 月間5億PVを誇る、中国最大のベンチャー/ITメディア「36kr」36krspace
(米ナスダック上場)と 共同で初の海外インキュベーション拠点を設立 (日中ハイテク企業をつなぐ)
2020年 中国最大イノベーション大学 混沌大学日本支店設立(日中ハイテクイノベーション企業をつなぐ)
2022年  RobotBank当社設立 ロボティクスで実現するモノづくりDX、幸せライフスタイルDXを促進する

ロボットバンク株式会社

CEO

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 業務用清掃ロボットの進化

      業務用の清掃ロボットは日々進化を遂げています。具体的にどのような技術革新がみられるのでしょうか。https://www.robotbank.jp/3123.html自律性とマッピングの向上最新の業務用清掃ロボットは、より高度な自律性を持ち、複雑な環境でも効率的に清掃作業を行います。様々なセンサーを搭載しており、周辺の障害物や環境の変化を検出することで、安全な移動を実現しているのです。マッピングには高精度なSLAM技術を活用しており、障害物や避けるべき領域を考慮した効率的な経路を計画します。センサー技術の進化前述の通り、清掃ロボットには様々なセンサーが搭載されています。例えば、レーザースキャナーや超音波センサー、カメラ、距離センサーなどです。清掃ロボットは障害物検知や環境認識の機能向上が求められていますが、その鍵となるのはセンサー技術の進化です。技術革新によって、ロボットはより正確に周囲の状況を把握し、衝突や事故を防ぐことができます。AIの活用清掃ロボットにおいて、人工知能(AI)技術は様々な形で活用されています。自己位置の推定や経路の選択はもちろん、自己学習によりロボットの動作を改善してより効率的な清掃作業を

      趙徳鵬

      1ヶ月前

    • 業務用清掃ロボット:動作原理からメンテナンスまで、ハイテク設備の全貌を解明

      業務用清掃ロボットは、さまざまな分野で広く活用されており、清掃効率を大幅に向上させ、人間の負担を軽減し、人件費を節約することができます。その動作原理とプロセスを理解し、適切な保守管理を行うことが、その正常な運用と寿命延長の鍵となります。一、作動原理 物業の清掃ロボットは主に、ナビゲーションと位置決め、センサーによる認識、清掃機能、データ記録の四つの核心原理に依存しています。内蔵地図と位置決めシステムにより自己ナビゲーションを行い、多種のセンサー(例えばレーザーレーダー、カメラ、赤外線センサーなど)で環境感知や障害物の認識を行い、ローテーションブラシや掃除機などの機能モジュールで清掃を行い、清掃のプロセスと結果を記録し、クラウドにデータを送信して物業管理者が分析と決定を行う。二、作業フロー 物業の清掃ロボットの作業フローは、プログラム設定、自律ナビゲーション、清掃作業、データ記録、異常処理を含みます。具体的な清掃ニーズに基づいて、巡回エリア、時間、ルートなどのパラメータを設定する必要があります。設定したエリア内で、予設の地図ルートに従って自律ナビゲーションを行い、指定の清掃ポイントで清掃作業を行います。清掃中に

      趙徳鵬

      1年前

    • 【 無料 導入セミナーの開催】高精度版 業務用 遺伝子分析『イデンシル』

      株式会社日本創研システム(所在地:愛知県名古屋市 代表取締役:金井大祐)では、お取扱いを検討されている皆様から『遺伝子分析IDENSILのことをもっと詳しく知りたい』との多数のご要望を受け、この度、ご導入を検討されている店舗・施設・団体及び個人事業主様向けのオンライン説明会(Zoom使用)を開催することと致しました。 説明会では、主に遺伝子分析(体質把握)の必要性・遺伝子分析の活用方法・IDENSILサービスの概要を説明させていただきます。 ※トップアスリートも活用中の遺伝子分析IDENSILサービス内容は以下のHPへ。http://www.nihon-soken.co.jp/idenshi/ 説明会の参加費は無料です。全国各地からの皆様のご参加を、心からお待ち申し上げております。 【説明会概要】[開催日]・2021年3月30日(火) 11:00~12:00・2021年4月  2日(金) 11:00~12:00・2021年4月  6日(火) 11:00~12:00・2021年4月  9日(金) 11:00~12:00 [研修方法]Zoomを使用したオンライン形式で開催します。 [参加お申込み]説明会への参加は

      菅田 武史

      3年前