TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. ビル管理業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年の予測
ビル管理業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年の予測

ビル管理業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年の予測

Isao Furukawa

ビル管理 市場規模

ビル管理市場に関する当社の調査レポートによると、市場は予測期間中に約 13% の CAGR で成長し、2036 年までに約 100億米ドルの価値に達すると予想されています。さらに、2024年のビル管理市場規模は適度なペースで成長すると予想されます。しかし、当社の調査アナリストによると、2023 年の ビル管理市場の収益は 約20億米ドルになると記録されています。

サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-79504

ビル管理 市場分析

建物管理では、安全管理、時間管理、エネルギー管理の完璧なバランスが確保されます。このシステムが登場する前は手作業が多く、データ管理も大変でしました。しかし、このシステムの開始により、特に安全性とエネルギー効率をはじめとするあらゆる側面が効率的に管理されるようになりました。当社の分析によると、治安建設プロジェクトの建設支出は 2023 年に約106 億米ドルとなり、これは将来的に増加すると予想されます。したがって、安全管理の高まりと同様に、ビル管理市場も成長しています。

日本はインフラ建設の先駆者であり、これにより、より効率的なビル管理システムが開始されました。当初、ビル管理が登場する前、この国ではビルシステムへのテクノロジーの統合に関して問題がありました。しかし、AI や ML などのシステムやテクノロジーの出現により、問題は減少し、技術統合がより集中的になりました。当社の分析によると、人工知能の収益は 2024 年に約124.2億米ドルに達すると予測されており、今後も成長が見込まれます。このように、AI の成長があり、これが日本のビル システム管理でも同様の成長を促すことになります。

当社のビル管理市場分析によると、次の市場傾向と要因が市場成長の中核要因として寄与すると予測されています:

  • エネルギー効率に対する需要の高まりー持続可能性と省エネルギーがますます重視されるようになり、エネルギー使用を最適化し、コストを削減し、環境への影響を最小限に抑えることができるビル管理システムに対する需要が高まっています。当社の分析によると、世界中のエネルギー管理収益は 2024 年に 約100 億米ドルに達すると推定されており、今後も成長が見込まれます。したがって、エネルギー管理収益が増加し、これがビル管理市場の成長を導くことになります。
  • 技術の進歩―モノのインターネット (IoT)、人工知能 (AI)、データ分析などのテクノロジーの継続的な進歩により、より洗練されたインテリジェントなビル管理ソリューションの開発が推進されています。当社の分析によると、2023 年には世界中で 8,050 億米ドルがモノのインターネット (IoT) テクノロジーに費やされており、これは将来的に成長が見込まれており、ビル管理市場でも同様の成長を導くことになります。

競争力ランドスケープ

ビル管理業界の概要と競争のランドスケープ

SDKI Inc. の調査者によると、ビル管理市場は、大企業と中小規模の組織といったさまざまな規模の企業間の市場競争により細分化されています。市場関係者は、製品や技術の発売、戦略的パートナーシップ、コラボレーション、買収、拡張など、あらゆる機会を利用して市場での競争優位性を獲得しています。

世界のビル管理市場の成長に重要な役割を果たす主要な主要企業には、ABB (ASEA Brown Boveri Ltd.) 、Beckhoff Automation GmbH & Co. KG、Bosch Thermotechnology Corporation、Snap One LLC、Carrier Global Corporation、などが含まれます。 さらに、日本のビル管理市場のトップ5プレーヤーは、Globeship Sodexo、Jones Lang LaSalle IP, Inc、Compass Group Japan Inc.、CBRE K.K、Cushman & Wakefield、などです。 この調査には、世界のビル管理市場分析レポートにおける詳細な競合分析、企業概要、最近の動向、およびこれらの主要企業の主要な市場戦略が含まれています。

Isao FurukawaSDKI

私は、消費者行動、市場動向、業界の洞察に関するデータの収集と分析に精通したマーケットリサーチエグゼクティブです。強力な分析力とコミュニケーション能力で、組織の経営陣に実用的な洞察を提供し、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定を支援します。私の目標は、組織が競合他社より優位に立つための貴重な洞察を提供することです。

SDKI

Market Survey Manager

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 医療画像管理産業の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年の予測

      医用画像管理 市場規模医用画像管理市場の収益は、2023 年に約 49億米ドルに達します。さらに、当社の医用画像管理市場に関する洞察によると、市場は予測期間中に約 8.72% の CAGR で成長し、2035 年までに約 134億米ドルの価値に達すると予想されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-110161医用画像管理 市場分析市場の定義組織や診療所内のあらゆる医用画像をソフトウェアやコンピュータを使って扱うシステムを医用画像管理システムと呼びます。医用画像管理には、さまざまな医療機器を使用して撮影されたビデオや画像の記録が含まれます。これらのイメージはさまざまな部門で共有でき、いくつかのプロセスを自動化してリソースと時間を節約できます。医用画像管理市場の成長要因以下は、医用画像管理市場の主要な成長要因の一部です。慢性疾患の罹患率が高い―画像診断検査は、さまざまな種類の非感染性疾患の診断と治療において重要な役割を果たします。したがって、世界人口にはこれらの病気が多数存在するため、医療画像管理ソリューションの需要が高まると予想さ

      Isao Furukawa

      3ヶ月前

    • ヘモグロビンA1c検査業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

      ヘモグロビンA1C検査 市場規模ヘモグロビンA1c検査市場は、2023年に14.17億米ドルの市場価値から、2036年までに33.55億米ドルに達すると推定され、2024ー2036年の予測期間中に4%のCAGRで成長すると予想されていますサンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-110709ヘモグロビンA1C検査 市場分析ヘモグロビンA1cは、1型糖尿病と2型糖尿病の診断とモニタリングのために行われる血液検査です。これらのテスト結果は、過去2ー3か月間の人の血糖値の変化を示しています。ヘモグロビンは、酸素を運ぶ赤血球のタンパク質の分子です。それは4つのタンパク質分子で構成されています。ヘモグロビンA1c検査は、検査装置とそれに関連する必要なサービスで構成されています。糖尿病は、膵臓によって生成されるインスリンの量が不十分な場合に発生する一般的な病気です。糖尿病の診断のためのポイントオブケア検査の需要の増加、糖尿病の高い有病率、および自動ヘモグロビンA1c検査分析装置の発売は、予測期間中にヘモグロビンA1c検査市場の成長を推進する主な要因です。

      Isao Furukawa

      3ヶ月前

    • 産業制御システムセキュリティ業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

      産業用制御システムセキュリティ 市場規模産業用制御システムセキュリティ市場の収益は、2023 年に約 152億米ドルに達しました。さらに、当社の産業用制御システムセキュリティ市場に関する洞察によると、市場は予測期間中に約 7% の CAGR で成長し、2036 年までに約 226億米ドルの価値に達すると予想されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-108452産業用制御システムセキュリティ 市場分析市場の定義産業用制御システム (ICS) のセキュリティは、産業用制御システムの安全性とセキュリティの確保に関係します。これは、システムのユーザーとオペレーターが使用するハードウェアとソフトウェアで構成されます。産業用制御システムセキュリティ市場の成長要因以下は、産業用制御システムセキュリティ市場の主な成長要因の一部です。デジタル技術の急速な発展– 産業企業の間で産業活動を管理する必要性は日々高まっています。その一方で、業界はほぼ毎日、産業用制御システムにおける幅広いセキュリティの脅威に直面しています。今日のデジタル経済ではこれらの脅

      Isao Furukawa

      3ヶ月前