1. Tomorubaトップ
  2. ニュース
  3. 【富岳通運×セイノーラストワンマイル×NEXT DELIVERY】新スマート物流SkyHub®の山梨県全域への拡大と災害発生時のフェーズフリーな防災インフラづくりに向けた業務提携を締結
【富岳通運×セイノーラストワンマイル×NEXT DELIVERY】新スマート物流SkyHub®の山梨県全域への拡大と災害発生時のフェーズフリーな防災インフラづくりに向けた業務提携を締結

【富岳通運×セイノーラストワンマイル×NEXT DELIVERY】新スマート物流SkyHub®の山梨県全域への拡大と災害発生時のフェーズフリーな防災インフラづくりに向けた業務提携を締結

0人がチェック!

富岳通運株式会社、セイノーラストワンマイル株式会社および株式会社NEXT DELIVERYは、2024年6月28日に、新スマート物流SkyHub®*1の山梨県全域への拡大と災害発生時のフェーズフリーな防災インフラづくりに向けた業務提携契約の締結を発表した。また、本業務提携に先駆け、富岳通運とNEXT DELIVERYは、2024年6月20日にSkyHub® Provider License*2(以下SPL)契約を締結した。

セイノーホールディングス株式会社とNEXT DELIVERYの親会社である株式会社エアロネクストは、2021年1月に無在庫、無人化を実現する新スマート物流の事業化に向け業務提携契約を締結し、既存のトラック配送にドローン配送を組み合わせて地域物流の効率化と地域社会の課題解決を推進する、新スマート物流SkyHub®を共同して開発。全国に展開しており、すでに山梨県小菅村をはじめとする全国の複数地域で社会実装している。NEXT DELIVERYは、地域における新スマート物流SkyHub®のサービス運営を推進している。

セイノーラストワンマイルは、物流のラストワンマイルに関する課題解決のため、セイノーグループにおける迅速な意思決定と連携強化を目的に、2024年4月に設立され、ラストワンマイル関連事業の企画・開発やオープンイノベーション、システム開発・運用、シェアードサービスを担っている。

富岳通運は、山梨県と全国を結び多様な物流ニーズに応える山梨県下の最大手の輸送会社で、西濃運輸株式会社の山梨県全域における代理店でもある。山梨県下で、特別積み合わせ貨物や共同配送等輸送事業を拡大すると共に、近年では倉庫事業、流通事業、警備業等各分野を拡充している。

一方、SPLとは、地域物流を担う運送会社にNEXT DELIVERYがこれまで全国各地で展開してきた新スマート物流SkyHub®サービスをパッケージ化し、独自開発した配送管理システムSkyHub®TMS*3とドローン運航オペレーションを第三者提供するもので、今回の契約締結は2024年2月の大分県中津急行に続く、SPLの国内二例目の事例となる。

三者は、本業務提携契約とSPL契約の締結により、人口減少によるドライバー不足や地球環境問題、荷物集約による効率化、脱炭素化等に協同で取り組み、山梨県下で、地域住民にとっても地域事業者にとっても継続性のある、フェーズフリー型の地域物流インフラを構築、推進していく。

*1 新スマート物流SkyHub®︎

エアロネクストとセイノーホールディングス株式会社が共同で開発し展開する、既存物流とドローン物流を繋ぎこみ、地上と空のインフラが接続されることで、いつでもどこでもモノが届く新スマート物流のプラットフォーム。ドローン配送が組み込まれた、オープンかつ標準化したしくみで、このプラットフォーム上で、ドローンデポ®︎を拠点に、SkyHub®アプリをベースにした配達代行、オンデマンド配送、医薬品配送、異なる物流会社の荷物を一括して配送する共同配送など、地域の課題やニーズに合わせたサービスを展開、提供する。SkyHub®の導入は、無人化、無在庫化を促進し、ラストワンマイルの配送効率の改善という物流面でのメリットだけでなく、新たな物流インフラの導入であり、物流改革という側面から人口減少、少子高齢化による労働者不足、特定過疎地の交通問題、医療問題、災害対策、物流弱者対策等、地域における社会課題の解決に貢献するとともに、住民の利便性や生活クオリティの向上による住民やコミュニティの満足度を引き上げることが可能になり、地域活性化を推進するうえでも有意義なものといえる。

*2 SkyHub® Provider License (SPL)

SPLは、NEXT DELIVERYが山梨県小菅村や北海道上士幌町他で展開してきた新スマート物流SkyHub®︎ のノウハウやツール、オペレーションの一部を第三者にライセンス提供するしくみ。

*3 SkyHub®TMS

種類の異なる様々な荷物の管理を一元化し、利用可能かつ最適な配送リソースに荷物を割り当て、荷物の動きの可視化・データ化を実現することで、地域物流を効率化する新スマート物流のベースとなる輸配送管理システム。マルチモーダル機能などを搭載し、ドローン配送時は、運航管理システムとの連携も可能。

関連リンク:プレスリリース

TOMORUBA編集部) 

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件