TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ニュース
  3. バイオエコノミーを主導するちとせグループ、資生堂より10億円を調達し、戦略協業契約を締結へ
バイオエコノミーを主導するちとせグループ、資生堂より10億円を調達し、戦略協業契約を締結へ

バイオエコノミーを主導するちとせグループ、資生堂より10億円を調達し、戦略協業契約を締結へ

  • 10592
  • 10590
  • 10588
5人がチェック!

バイオエコノミーを主導するちとせグループは、資生堂を引受先として第三者割当増資により10億円の資金調達を実施し、同時に戦略協業契約を締結した。国内トップシェアを走り続ける資生堂との提携により、共に化粧品業界における藻類をベースとした循環型のモノづくりを加速させていく。

藻類は太陽の力を元に、二酸化炭素からタンパク質・脂質・炭水化物などの多様な有機物を効率的に生成。また、砂漠や荒地のような農業利用が難しい土地でも生産可能であり、且つ陸上植物と比較して圧倒的なバイオマス生産効率を誇ることから、太陽光を唯一のエネルギー源として生産する場合においては有限な化石資源に依存しない新たな資源となる可能性を秘めている。

ちとせグループは、上記の理由から「藻」に着目し、2021年春より石油産業に代わる藻類基点の新産業を構築するプロジェクト『MATSURI』を主導している。太陽光を唯一のエネルギー源とした藻類の大規模生産を行うと同時に、燃料をはじめプラスチックや食品、化粧品など人々の生活を支える藻類製品を社会に普及させる取り組みを様々な立場や業種の他機関と協働して進める取り組みであるという。

資生堂は、2022年4月より「美の力を通じて“人々が幸福を実感できる”サステナブルな社会の実現」をめざしMATSURIに参画。そして今回の提携により、ちとせグループと資生堂は、藻類を利用した化粧品原料および化粧品容器に係る原料の開発および量産化、更には将来的な食品事業に活用できる原料開発などを視野に、MATSURIの活動を通じた循環型のモノづくりを加速し、グローバル化粧品市場を刷新するサステナブルな価値創造をリードしていくという。

MATSURIプロジェクトについて

太陽光を唯一のエネルギー源とした藻類の大規模生産と事業化に強みをもつちとせグループが主体となり、日本を代表する企業群・行政と共にこれまで誰も成し得なかった藻類産業を構築するプロジェクト。MATSURIの名の通り、人類史上に残る祭りとするべく、藻類の活用を通じたサステナブルな社会づくりを構築する。MATSURIでは、藻類産業の構築に向けて、業種や規模を問わず、更に様々な企業の参加を応募中。

関連リンク:プレスリリース

TOMORUBA編集部)