TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ニュース
  3. ストアロボット「Armo」を展開するMUSE、5.7億円の資金調達を実施
ストアロボット「Armo」を展開するMUSE、5.7億円の資金調達を実施

ストアロボット「Armo」を展開するMUSE、5.7億円の資金調達を実施

  • 12963
1人がチェック!

株式会社MUSEは、VC、事業会社及び金融機関 11社より総額5.7億円の資金調達を実施した。本調達資金を活用し、ストアロボット「Armo(アルモ)」のサービス展開を加速する。また、店舗内でのArmoの運用検証を2023年12月から開始した株式会社ベルクは、検証の成果をもとにこの6月より順次、埼玉県の和光西大和店及び北坂戸店にて、Armoの通常オペレーションでの稼働を開始する。

MUSEは、「店舗に最適化したロボットで、人とロボットが共存できる社会」の実現を目指す。

世界的なコロナウィルス禍により、社会には大きな変化があった。加速する労働人口の減少を背景に、物流・製造業を中心に完全自動や無人化を目的としたロボットの普及が進んでいく。一方、MUSEはロボットが、今後より一般の人々と近い場所で活躍するうえで重要なのは、『ロボットを使う人々がどう変わるか』ではないかと考えている。

本来の人間が持つ力、創造性やひらめき、やさしさ、他者とのコミュニケーションなど、日々の暮らしのなかで欠かせない要素を何よりも大切にして、人々にインスピレーションを与えるストアロボット「Armo」を開発したという。

Armoは、コンパクトで低コストであるだけでなく、その最大の特徴は、店舗内で複数の拡張ユニットに接続しマルチユースで活用できること。

店舗内で必要な日々の業務である品出し、売り場管理、顧客対応といったそれぞれのユースケースに対応するだけでなく、商品棚を中心とした売り場の貴重な情報をデータベース化し解析するといった、幅広いマーケティング活動にも活用できるロボットであり、小売店舗に“新しい店舗体験を提供する“ロボットだという。

資金調達の概要

VC/事業会社/金融機関(敬称略)

エクイティファイナンス

・インキュベイトファンド株式会社(2度目の追加出資)

・XTech Ventures株式会社(2度目の追加出資)

・農林中金イノベーション投資事業有限責任組合(運営者:グローバル・ブレイン株式会社)

・Spiral Capital株式会社

・東芝テック株式会社

・キャナルベンチャーズ株式会社

・三菱HCキャピタル株式会社

・みずほキャピタル株式会社

・山口キャピタル株式会社

デットファイナンス

・日本政策金融公庫 (資本性ローン)

・株式会社みずほ銀行 (プロパー融資)

関連リンク:プレスリリース

TOMORUBA編集部) 

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント1件

  • 奥田文祥

    奥田文祥

    • 神戸おくだ社労士事務所
    0いいね
    チェックしました