TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ニュース
  3. 大崎電気工業×トラストスミス×エイビット | 「ローカル5G」を活用したスマート工場の実現に向け連携
大崎電気工業×トラストスミス×エイビット | 「ローカル5G」を活用したスマート工場の実現に向け連携

大崎電気工業×トラストスミス×エイビット | 「ローカル5G」を活用したスマート工場の実現に向け連携

0人がチェック!

大崎電気工業株式会社は、TRUST SMITH株式会社(以下「トラストスミス」)、株式会社エイビットと共同で、製造現場における「ローカル5G」ソリューションの開発に着手する。第一段として、4月より大崎電気の埼玉事業所にて、スマートメーターを活用した設備監視と無人搬送車(以下、AGV)を使った運搬の自動化に向け、実証実験に向けた活動を開始するという。

概要・背景

製造現場におけるDXが加速する中、工場のスマート化に「ローカル5G」が注目されている。工場内の機器制御においては大容量のデータを通信する必要があるが、ローカル5Gでは、Wi-fi環境下における回線の不安定さや、セキュリティ等における課題を解決することが期待されている。

そこで、大崎電気は総務省の「地域におけるローカル5G等導入計画策定支援プロジェクト」の支援を受けて導入計画書を作成し、AIを活用したAGV開発のトラストスミス、ローカル5G機材開発のエイビットと3社共同で導入を推進する。製造現場における低コストで簡易なローカル5Gソリューションの開発に着手し、最終的には、スマートメーターを活用した設備監視とこれまで難しいとされていたAGVのフロア移動を可能にし、工場施設全体のスマート化実現を目指す。

第一弾として、4月よりスマートメーターの主力製造現場である自社の埼玉事業所にて実証実験に向けた活動を開始するという。

 

大崎電気の埼玉事業所での実証実験について

埼玉事業所(埼玉県三芳町)にローカル5Gの基地局を設置し、ローカル5Gの運用を開始する。AIを活用したAGVをローカル5Gに接続し、AGVの完全制御を目指す。

<実証実験の概要>

実験内容:

・高粒度で電力データを伝送可能なスマートメーターを活用した設備監視

・AIを活用したAGVによる自動障害物回避

・工場のレイアウトに応じた柔軟なAGV制御

・AGVにカメラを搭載し、映像データを解析

・フロアをまたぐAGVの移動の実現

・AGV以外の既存の機器もローカル5Gに接続し、データ収集・解析

実証実験場所:大崎電気埼玉事業所第7工場(住所:埼玉県入間郡三芳町藤久保1131)

開始期間:2021年4月〜

ローカル5Gのメリットについて

・超高信頼・低遅延:リアルタイムのAGV制御を実現

・多数同時接続:大量の機器(スマートメーター、AGV等)の収容を実現

・セキュリティ:工場からの情報漏洩を防止し、機器の安全な稼働を実現

<TRUST SMITH株式会社について>

TRUST SMITH株式会社は、AI・数理アルゴリズム・ロボティクス分野の最先端のテクノロジーを活用してイノベーションを創造する、東京大学発のベンチャー企業。

ハード・ソフト問わず、様々な技術領域において自社製品の研究開発に取り組むとともに、オーダーメイドで企業の課題に合わせたソリューションの提供や研究の支援を行っている。

<株式会社エイビットについて>

株式会社エイビットは、5G、LTE、LPWA、PHSなど無線通信方式を利用した通信端末の開発メーカーであり、遠隔検針、セキュリティ、防災ソリューションで大規模IoT需要分野に精通。特に都市ガス、LPガス用遠隔検針ユニットでは日本トップシェアを有し、同時に日本最大級のIoTプラットフォーム運営会社でもある。また、5Gの測定器メーカーでもあり、通信キャリアに多く採用されている。

※関連リンク:プレスリリース

TOMORUBA編集部

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件