TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
趙徳鵬
物流支援ロボット, 物流自動化 『自動搬送・配送ロボット』StarShip-Robot【第三弾】

物流支援ロボット, 物流自動化 『自動搬送・配送ロボット』StarShip-Robot【第三弾】

未来への展望:AI制御システムの活用物流業界が進化し続ける中で、AI制御システムの重要性が増しています。ロボットは単なる物流作業者から、積極的な情報収集と解析を行い、最適な作業手順を独自に計画する存在へと変化してきているのです。StarShip-Robotはこの進化の最先端を行くロボットの一つであり、その活用例はますます増えています。StarShip-Robotは、AI制御システムを駆使した以下のような機能を持っています:・自己学習能力:AIは経験から学び、システム全体を改善する能力を持っています。これにより、StarShip-Robotは新しい環境や未知の問題に対応することが可能になります。・予測分析:AIは膨大な量のデータからパターンを見つけ出し、将来的な問題や可能性を予測します。これにより、StarShip-Robotは事前に問題を予測し対策を講じることができます。・最適化:AIはルート計画や作業スケジュールなど、多数の変数に関する最適解を見つけ出すことができます。これにより、StarShip-Robotは物流作業の効率を最大化することが可能です。このように、AI制御システムはStarShip-Robo

趙徳鵬

16時間前

AMR自律走行搬送ロボット「StarMax300」がロボットバンクから登場!

AMR自律走行搬送ロボット「StarMax300」がロボットバンクから登場!

「社会がより進歩するために、人々がより幸せになるために」をモットーにロボット事業を展開するロボットバンク株式会社(本社:東京都新宿区)では、AMR(自律走行搬送ロボット)「StarMax300」の販売を開始します。https://www.robotbank.jp/product/3074.htmlAMR(Autonomous Mobile Robots:自律走行搬送ロボット)は、環境を認識し障害物を回避しながら効率的に物を運び、工場や倉庫での搬送作業や在庫管理を自動化することができます。生産性の向上や作業環境の安全性、効率性が促進され、人手不足や人件費増の対策としても有効です。「StarMax300」は、同シリーズの「StarMax200」よりもさらに大きなシャーシを使い、耐久性のある強固な構造となっています。大型荷物を効率的に運ぶことができるよう特別に設計されており、最大300kgの積載が可能です。車両レベルのサスペンションを搭載し、配送重量に応じてダンピングを調整することができます。走行速度を的確に制御するため、発信やブレーキ動作もスムーズです。また、柔軟な障害物回避能力により、複雑な屋内環境でも複数のマ

趙徳鵬

8日前

物流支援ロボット, 物流自動化 『自動搬送・配送ロボット』StarShip-Robot【第二弾】

物流支援ロボット, 物流自動化 『自動搬送・配送ロボット』StarShip-Robot【第二弾】

RobotBankという新たなる進化形物流支援ロボットの分野で注目されているのが、RobotBankです。StarShip-Robotが示した道をさらに推し進め、物流業界に新たな基準を打ち立てています。ここでは、RobotBankがどのように工場物流の再構築に貢献しているかを掘り下げます。RobotBankの概要RobotBankは、高度な自動化技術を駆使した物流支援ロボットのシステムを提供します。多様な産業分野で利用可能な自律移動ロボット(AMR)を核とし、効率的なマテリアルハンドリングソリューションを実現しています。革新的な自律移動能力・自律認識システム: 環境を正確に認識し、障害物を避けながら最適な経路で目的地へと移動。・インテリジェントナビゲーション: QRコードや特定のマークが不要で、複雑なルートも自在にナビゲート。・TCSスケジューリングシステム: タスクごとに最適化された動線を計画し、多数のロボット間で効率的に作業分担。工場物流再構築への貢献度・重量物搬送: 多種多様な荷物に対応し、重量物も安全かつ迅速に輸送。・バッテリー交換: 長時間稼働が必要な工場内での使用のために、容易なバッテリー交換シス

趙徳鵬

9日前

ロボットバンクが新製品AMR自律走行昇降型搬送ロボット【StarLift600】を発表!

ロボットバンクが新製品AMR自律走行型搬送ロボット【StarLift600】を発表!

社会がより進歩するために、人々がより幸せになりために、をモットーに活動するロボットバンク株式会社(本社:東京都新宿区)は製造業や物流業向けに重量物搬送可能な新製品AMR自律走行昇降型搬送ロボット【StarLift600】(以下、本製品)の発売を発表致します。本製品【StarLift600】は、【StarLift150】を発展させ、より大きい荷物や重い荷物を運搬するために設計されたハイパフォーマンスなロボットです。最大600kgまでの荷物を効率的に運ぶことができ、大規模な製造ラインや倉庫内での使用に最適です。本製品【StarLift600】は、Starシリーズに共通する高性能な自律走行機能と堅牢な構造を備え、製造業や物流業界において作業環境の改善と生産性の向上を支援します。詳細な仕様や価格については、お問い合わせください。これまでに発売を開始した商品例自律走行搬送ロボットStarShip:スマートな外観ながらも高い積載能力を誇る搬送ロボットです。狭いスペースでもAIによるルート生成にて効率的に移動し、様々な環境で使用できます。https://www.robotbank.jp/product/1796.html自

趙徳鵬

13日前

物流支援ロボット, 物流自動化 『自動搬送・配送ロボット』StarShip-Robot【第一弾】

物流支援ロボット, 物流自動化 『自動搬送・配送ロボット』StarShip-Robot【第一弾】

はじめに物流業界では、効率的な運送と配送が極めて重要です。商品を迅速且つ正確に顧客まで届けることは、企業の競争力を高める上で不可欠です。物流支援ロボット、物流自動化、そして自動搬送・配送ロボットの進化は、物流における効率と生産性の向上に大きく寄与しています。中でも注目すべきは、StarShip-Robotです。このロボットは、搬送作業を自動化するだけではなく、以下のような特徴を備えています。・革新的な自律移動技術・柔軟かつ安全な運用能力・さまざまな環境への適応本記事では、StarShip-Robotの機能や利点を深掘りし、いかにして物流業界に変革をもたらしているかを解説します。また、他の応用分野での事例も交え、StarShip-Robotの多彩な活躍ぶりをご紹介します。物流支援ロボットの基礎知識StarShip-Robotとは物流支援ロボットとして注目を集めているStarShip-Robotは、最先端技術を駆使した自律移動型搬送ロボットです。このロボットは、配送センターや工場などの複雑な環境で、品物を確実に目的地まで届けるために開発されました。StarShip-Robotの概要・自動搬送: 指定されたルートに

趙徳鵬

16日前

ロボットバンクが語るAMR自律走行搬送ロボットのアルゴリズム

ロボットバンクが語るAMR自律走行搬送ロボットのアルゴリズム

近年、自動化技術は産業界において革新的な進展を遂げています。その中でも、自律走行搬送ロボットは工場や倉庫での効率的な物品の搬送や運搬に革命をもたらしています。このような自律走行搬送ロボットの開発において、アルゴリズムの進化は不可欠な要素です。以下では、ロボットバンク社のAMR自律走行搬送ロボットに組み込まれた高度なアルゴリズムについて紹介します。・多センサーデータ融合による位置決めの精度向上: AMR自律走行搬送ロボットは、ナビゲーション、位置情報、障害回避などの主要な機能は、単一のセンサーに依存するのではなく、複数のセンサーからのデータを統合して動作を制御しています。レーザー、深度センサーに加えて、IMU(慣性航法装置)、車輪速度計、RGBカメラ、超音波センサーなどが活用され、位置決めの精度を高めています。・特徴距離に基づく干渉回避アルゴリズム: 強い光線などの特殊な状況下でも、レーザーセンサーがその干渉を克服するため、その光の特徴を捉えるアルゴリズムを独自開発し、カルマンフィルターなどのデータ処理アルゴリズムと深層学習(Deep Learning)を組み合わせ、深層学習モデルをトレーニングして干渉をフィル

趙徳鵬

19日前

ロボットバンクが提案する2024年の物流課題解決に向けた画期的なソリューション、AMR自律走行搬送ロボット「Starシリーズ」が登場!

ロボットバンクが提案する2024年の物流課題解決に向けた画期的なソリューション、AMR自律走行搬送ロボット「Starシリーズ」が登場!

「社会がより進歩するために、人々がより幸せになるために」をモットーに活動するロボットバンク株式会社(本社:東京都新宿区)のAMR自律走行搬送ロボット「Starシリーズ」は物流業界の未来を切り拓く存在として注目を集めています。近年、物流業界は急速に変化しており、その変革を主導しているのはロボット技術です。ロボットの導入は、従来の物流プロセスを効率化し、生産性を向上させるための重要な手段となっています。従来の自動倉庫システムでは、倉庫内でのロボットの活用に先立ち、大規模な施設のレイアウト変更や専用の設備設計が必要でした。しかし、ロボットバンクのソリューションでは、既存の倉庫レイアウトを大規模に変更する必要なく、自動倉庫システムの導入ハードルを下げる点で注目されています。費用や時間を節約し、投資回収期間を短縮することが可能となります。ロボットバンクの自律走行搬送ロボットは、複雑な倉庫環境でも優れたパフォーマンスを発揮し、在庫管理やピッキング作業の効率化を実現します。そのため、物流企業は迅速かつ効果的に業務プロセスを改善し、競争力を高めることができます。このように、ロボット技術の導入は物流業界に革命をもたらし、持続可

趙徳鵬

22日前

AGV(自動誘導型搬送車)/AMR(自律走行搬送ロボット)とは?ロボットバンクが解説します!【第四弾】

AGV(自動誘導型搬送車)/AMR(自律走行搬送ロボット)とは?ロボットバンクが解説します!【第四弾】

AGVとAMRの導入によりどのような効果が期待できるのでしょうか。成功事例をご紹介いたします。また、実際に導入する際の流れについても併せて解説いたします。◆導入事例:企業の成功事例に学ぶAGV(自動誘導型搬送車)とAMR(自律移動ロボット)の実際の導入例を調べることで、これらの技術がどのように生産性を向上させるかを理解することができます。以下は、AGVやAMRを利用して効果を実感している企業の事例です。物流センターにおけるAMR導入大手EC企業では、物流センター内のピッキング作業にAMRを導入しました。従来は人間が商品をピッキングする必要がありましたが、AMRの活用により、作業者がピッキング場所まで移動する時間を省略できるようになりました。結果、作業効率が大幅に向上しました。製造ラインへのAGV組み込み自動車製造工場では、部品の供給ラインにAGVを組み込むことで、部品搬送作業の自動化を実現しました。これにより、作業員はより複雑なタスクに集中でき、生産性の向上だけでなく、人的ミスも減少しました。病院でのAGV導入事例医療機関では、薬剤や検体などの輸送にAGVを利用しています。廊下やエレベーターを自動で移動し、正

趙徳鵬

1ヶ月前

  • 64802
  • 66437
2人がチェック!
ロボットバンクが産業用自律走行搬送ロボット「StarLift150」と「StarMax200」を新発売!

ロボットバンクが産業用自律走行搬送ロボット「StarLift150」と「StarMax200」を新発売!

ロボットバンク株式会社は、製造業界および物流業界等向けに、最新の自動運転技術を駆使した革新的な産業用協働型自律走行搬送ロボット、「StarLift150」と「StarMax200」の販売を開始しました。これらの製品は、作業効率の最大化と安全性の向上を目指して設計されており、高度なAI技術と経路設計アルゴリズムが組み込まれています。次世代AMRテクノロジーで業界の未来を切り開くAMR(Autonomous Mobile Robots:自律移動ロボット)は、工場や倉庫など様々な環境で活躍し、搬送作業や在庫管理などのタスクを自動化します。ロボットバンクのAMRは、環境を認識し、障害物を回避しながら効率的に物を運ぶことができるため、作業の自動化を促進し、生産性と作業環境の安全性、効率性を高めます。AMRは工場や倉庫での搬送作業や在庫管理を自動化し、マッピングされたエリア内を自律的に移動します。センサーやカメラを使い、障害物を避けながら効率的に物を運びます。ロボットバンクのAMRは最新の自動運転技術やAIと経路設計アルゴリズムを採用し、作業効率を飛躍的に向上させる一方で、リアルタイムモニタリングにより適切な判断を可能に

趙徳鵬

1ヶ月前