趙徳鵬
ロボットバンクが「第17回ビジネスマッチングフェア in Hamamatsu2024」に出展!

ロボットバンクが「第17回ビジネスマッチングフェア in Hamamatsu2024」に出展!

社会がより進歩するために、人々がより幸せになるために、をモットーに活動するロボットバンク株式会社(本社:東京都新宿区)は2024年7月17日(水)〜7月18日(木)の2日間、浜松のアクトシティ浜松展示イベントホールで開催される「第17回ビジネスマッチングフェア」に出展することをお知らせいたします。同ビジネスマッチングフェアは、地域事業者に「出会いの場」を提供し、新たなビジネスチャンスへの挑戦を支援するために開催されます。当社は新たな時代の工場内物流の自動化とスマート化に適応可能な自律走行搬送ロボットを紹介します。Starliftシリーズ、Starlightシリーズなど、様々なモデル展開をするこのシリーズは高度な技術と専門知識を活かし、多面的かつ効率的な工場生産ラインや物流倉庫のソリューションを提供します。その導入メリットを改めてお伝えし、地元・浜松から広めてまいります。当社の展示ブースでは、実際に搬送ロボットの動作デモンストレーションを行い、その優れた機能と性能をご紹介いたします。▪️「第17回ビジネスマッチングフェア in Hamamatsu2024」概要名称:第17回ビジネスマッチングフェア in Ham

趙徳鵬

23日前

自律走行搬送ロボットのデメリットと将来の展望

自律走行搬送ロボットのデメリットと将来の展望

自律走行搬送ロボットの導入には、いくつかの課題があります。今回はデメリットについて探っていきましょう。🔹高い導入コスト自律走行搬送ロボットの導入において、高い導入コストが大きな課題となります。以下の点が問題として挙げられます。機器購入費用: 自律走行搬送ロボット自体の価格は高額であり、特に最新技術を搭載したモデルやカスタマイズされたシステムの場合、その価格はさらに上昇します。中小企業にとって、この初期投資は大きな負担となる可能性があります。システム統合費用: 搬送ロボットを既存の作業環境やシステムと統合するためには、追加のハードウェアやソフトウェアの購入、インフラ整備が必要です。これには、センサーや通信機器、新しい管理ソフトウェアなどが含まれます。これら全ての費用が累積すると相当な額になります。設置および設定費用: 導入後には、専門家による設置および初期設定が必要となります。これには時間と労力がかかり、その分のコストも考慮しなければなりません。また、従業員へのトレーニングも必要であり、そのためのリソース確保も重要です。メンテナンスとアップデート: 長期的には、搬送ロボットのメンテナンスやアップデートも必要とな

趙徳鵬

1ヶ月前

自律走行搬送ロボットのメリットについての解説!

自律走行搬送ロボットのメリットについての解説!

自律走行搬送ロボットの導入は、多くの業界で作業効率を飛躍的に向上させる可能性を秘めています。この技術の採用により、従来の手動作業に比べて作業プロセスが大幅に迅速化され、同時に人的リソースの必要性が削減されます。また、作業環境の改善にも貢献し、作業品質の向上も期待できます。🔹作業効率の向上自律走行搬送ロボットは作業プロセスを自動化することで、時間を短縮できます。以下の点で作業効率が向上します。24時間連続稼働: 人手では不可能な連続稼働が可能となり、生産性が飛躍的に向上します。正確な移動経路: ロボットは指定された経路を正確に移動し、物品を迅速かつ確実に運搬します。一貫性のあるパフォーマンス: 人間と異なり、疲労やミスがなく常に高い精度で作業を行います。例えば、製造ラインでの部品供給や完成品の運搬など、時間と労力がかかる工程を自動化することで、全体の生産サイクルを短縮できます。これにより、人間はもっとクリエイティブで価値のある作業に集中できるようになります。🔹人的リソースの削減単純で繰り返し行われる作業を自動化することで、人員不足や人件費の問題を解消できます。人手不足対策: 労働力不足が深刻化している現代社会に

趙徳鵬

1ヶ月前

自律走行搬送ロボットとは?「定義と基本原則」

自律走行搬送ロボットとは?「定義と基本原則」

自律走行搬送ロボットとは、物品や材料の移動や運搬を自動化するためのロボットです。産業現場、倉庫、物流センターなどで広く利用されています。このロボットは、自律性を持ち、指定された経路や作業場所への移動を自ら判断して行います。主な特徴と動作原理自律性: 搬送ロボットはセンサーやカメラを使用して周囲の環境を認識し、自動的に経路を選択します。高精度: 目的地までの移動を正確に行い、誤差が少ない。連続稼働: 超時間の連続運転が可能で、生産性を大幅に向上させます。安全機能: 衝突回避システムを搭載し、人間との共存が可能。自律走行搬送ロボットは、効率的な物流運営や作業負荷の軽減に欠かせない存在です。これにより、作業効率の向上や人的ミスの削減が期待されます。自律走行搬送ロボットの種類自律走行搬送ロボットにはさまざまな種類があります。それぞれの特性と適用範囲を理解することで、効果的な導入が可能です。ここでは主要な種類について詳しく見ていきます。自動ガイド型ロボット(AGV)**自動ガイド型ロボット(AGV)**は、一定のガイドパスに沿って移動する搬送システムです。磁気テープ、光学センサー、またはレーザー誘導などの技術を使用して

趙徳鵬

1ヶ月前

業務用清掃ロボット導入のメリットについて「第1弾」

業務用清掃ロボット導入のメリットについて「第1弾」

はじめに本記事では、業務用清掃ロボットの導入によるメリットについて詳しくご紹介していきます。清掃業界における先進技術の進展を一緒に確認していきましょう。業務用清掃ロボットとは?業務用清掃ロボットは、商業施設やオフィス、工場などで使用される高性能な自動清掃機器です。これらのロボットは、以下のような多様な機能を備えています:● 自動プログラミング:事前に設定されたルートに従って効率的に作業を行います。● 高性能センサー:障害物を避けながら正確にゴミを回収します。● リモート操作:スマートフォンやタブレットから遠隔で操作可能。この記事では、特に次の5つの観点から業務用清掃ロボットのメリットについて解説します:1. コスト削減2. 時間効率化3. 清掃品質の向上4. 作業環境の改善5. 労働安全性の向上RobotBank社が提供する製品例として、KIRAキラキラ, PIKAピカピカ,PUDU CC1, などがあります。それぞれが異なるニーズに応じた特長を持っており、多様な業種で導入実績があります。1. コスト削減について業務用清掃ロボットの導入は、コスト削減に大いに貢献します。特に以下のポイントで効果を発揮します。1

趙徳鵬

2ヶ月前

業務用清掃ロボットの進化

業務用清掃ロボットの進化

業務用の清掃ロボットは日々進化を遂げています。具体的にどのような技術革新がみられるのでしょうか。https://www.robotbank.jp/3123.html自律性とマッピングの向上最新の業務用清掃ロボットは、より高度な自律性を持ち、複雑な環境でも効率的に清掃作業を行います。様々なセンサーを搭載しており、周辺の障害物や環境の変化を検出することで、安全な移動を実現しているのです。マッピングには高精度なSLAM技術を活用しており、障害物や避けるべき領域を考慮した効率的な経路を計画します。センサー技術の進化前述の通り、清掃ロボットには様々なセンサーが搭載されています。例えば、レーザースキャナーや超音波センサー、カメラ、距離センサーなどです。清掃ロボットは障害物検知や環境認識の機能向上が求められていますが、その鍵となるのはセンサー技術の進化です。技術革新によって、ロボットはより正確に周囲の状況を把握し、衝突や事故を防ぐことができます。AIの活用清掃ロボットにおいて、人工知能(AI)技術は様々な形で活用されています。自己位置の推定や経路の選択はもちろん、自己学習によりロボットの動作を改善してより効率的な清掃作業を

趙徳鵬

2ヶ月前

AGV(自動誘導型搬送車)/AMR(自律走行搬送ロボット)の今後について【第二弾】

AGV(自動誘導型搬送車)/AMR(自律走行搬送ロボット)の今後について【第二弾】

コラボレーションと安全性AGVやAMRの安全性が向上し、人間との共同作業を行う機会がさらに多くなっていく可能性があります。これには、高度なセンサー技術や安全な制御システムの開発が必要です。これまで述べてきたように、障害物感知やマッピング技術の向上により、搬送ロボットの障害物回避技術はさらなる発展が見込まれます。そのため、人間と同じ場所にいても、より安全に作業を行なう事ができるようになります。また、衝突回避のためには速度の制御も重要です。状況に応じて、速度を的確に制御するための技術が進展することで、ロボットと人との共存がより安全なものとなっていくことでしょう。加えて、後述の「ネットワーク化と連携」とも関連しますが、自動化システムと連携して他のロボットや作業員の動作を互いに調整することで、共同作業の安全性が向上します。 エネルギー効率の向上より効率的なエネルギー利用や充電技術の進歩により、搬送ロボットの稼働時間が延長される可能性があります。連続して長時間の利用ができることで、作業や生産を中断することなく効率的に行なうことができ、人件費や経費の削減にも繋がります。また、後述の「ネットワーク化と連携」にもある通り、稼

趙徳鵬

3ヶ月前

AGV(自動誘導型搬送車)/AMR(自律走行搬送ロボット)の今後について【第一弾】

AGV(自動誘導型搬送車)/AMR(自律走行搬送ロボット)の今後について【第一弾】

近年、様々な分野でAGV(無人搬送車)やAMR(自律走行搬送ロボット)の導入が広がっており、業務効率化や人件費削減に大きく貢献しています。ロボット開発における技術革新は日進月歩です。今後、搬送ロボットはどのように発展していくのでしょうか。その可能性を探ってみましょう。自律性の向上AGVやAMRは、さらに高度な自律性を備えるようになると考えられます。ポイントはロボットに搭載されているセンサーやAIです。搬送ロボットには一般的に以下のようなセンサーやAIが搭載されています。・距離センサー: 周囲の障害物を検出するためのセンサー(超音波、赤外線、レーザーなど)。これにより、安全なナビゲーションや障害物回避が可能になります。・カメラ: 環境の視覚情報を提供し、搬送ロボットが物体や目的地を認識するのに役立ちます。また、画像処理技術や深層学習を組み合わせることで、高度な物体認識や環境理解を実現します。・レーダー: 周囲の物体や障害物を検出します。天候や光の影響を受けにくいため、屋内外のさまざまな環境で有用です。・重量センサー: 一部の搬送ロボットでは、負荷の重さを検出するための重量センサーを搭載しています。これにより、負

趙徳鵬

3ヶ月前

物流支援ロボット, 物流自動化 『自動搬送・配送ロボット』StarShip-Robot【第三弾】

物流支援ロボット, 物流自動化 『自動搬送・配送ロボット』StarShip-Robot【第三弾】

未来への展望:AI制御システムの活用物流業界が進化し続ける中で、AI制御システムの重要性が増しています。ロボットは単なる物流作業者から、積極的な情報収集と解析を行い、最適な作業手順を独自に計画する存在へと変化してきているのです。StarShip-Robotはこの進化の最先端を行くロボットの一つであり、その活用例はますます増えています。StarShip-Robotは、AI制御システムを駆使した以下のような機能を持っています:・自己学習能力:AIは経験から学び、システム全体を改善する能力を持っています。これにより、StarShip-Robotは新しい環境や未知の問題に対応することが可能になります。・予測分析:AIは膨大な量のデータからパターンを見つけ出し、将来的な問題や可能性を予測します。これにより、StarShip-Robotは事前に問題を予測し対策を講じることができます。・最適化:AIはルート計画や作業スケジュールなど、多数の変数に関する最適解を見つけ出すことができます。これにより、StarShip-Robotは物流作業の効率を最大化することが可能です。このように、AI制御システムはStarShip-Robo

趙徳鵬

3ヶ月前