TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA

すべてのブログ

  • 「遺伝子のリアル」について

    「遺伝子のリアル」について

    はじめまして。株式会社グリスタ代表の斎藤です。(投稿は弊社社員の根岸です。自己紹介は次回させて頂きます!)TOMORUBAブログの初回は、簡単に弊社事業の紹介、なぜブログを投稿したかなどなどをお伝えさせてください。グリスタは、「IDENSIL(イデンシル)」というブランド名で、業務用に特化した日本で唯一の業務用遺伝子分析を行っているメーカーです。(IDENSILの由来・・・遺伝子を知る➡イデンシル!)IDENSILサイトはこちら ↓https://idensil.jp/業務用と言ってもピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、業務用冷蔵庫とか業務用顕微鏡なんて言うと、「あ、一般人じゃなくてその道のプロが使うものだな」とイメージ出来ると思います。そう、その遺伝子版ということで、エンドユーザー向けではなく、プロフェッショナル向けに遺伝子情報を分析しご提供しています。そもそも、遺伝子って聞くと難しそうですが、本当はものすごく身近なものだし、皆さんもよく会話に遺伝子に関係することを話していることがあると思います。例えば、「わたし太りやすい体質だから~」「風邪ひきやすい体質なんだよね~」・・・これって遺伝子『も』関

    株式会社グリスタ 根岸 美奈

    3日前

  • 家具産業分析レポート、成長、機会、トップメーカー、サイズ、シェア、トレンド概要 - 2024-2036年予測

    家具産業分析レポート、成長、機会、トップメーカー、サイズ、シェア、トレンド概要 - 2024-2036年予測

    家具の 市場規模家具市場に関する当社の調査レポートによると、市場は予測期間中に約 8.3% の CAGR で成長し、2036 年までに約 7,311億米ドルの価値に達すると予想されています。さらに、2024年の家具市場規模は適度なペースで成長すると予想されます。しかし、当社の調査アナリストによると、2023 年の家具市場の収益は 4,343億米ドルになると記録されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-89786家具の 市場分析家具業界は、主に家具アイテムへの欲求の高まりにより、規模的には成長が加速しています。 世界中の都市化がこの成長を促進する役割を果たしており、より多くの人々が都市生活に移行し、住宅、アパート、商業施設などの生活空間に装備する家具の需要が生まれています。 さらに、消費者のライフスタイルの進化と家具の選択に対する嗜好も市場の拡大を推進しています。 日本でも、独特の市場力学が影響しており、同様の傾向が見られます。 この国の人口高齢化と可処分所得レベルの上昇により、家具製品の需要が高まっています。 日本の家具市場は推

    Isao Furukawa

    5日前

  • コバルトの世界市場

    コバルトの世界市場

    株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「コバルトの世界市場」(Global Industry Analysts, Inc.)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/go1495719-cobalt.htmlコバルトの世界市場は2030年までに30万1,000トンに達する見込み2023年に16万9,800トンと推定されるコバルトの世界市場は、分析期間2023-2030年にCAGR 8.5%で成長し、2030年には30万1,000トンに達すると予測されます。本レポートで分析したセグメントの1つである電池用途は、CAGR 9.1%を占め、分析期間終了時には10万6,700トンに達すると予測されます。合金用途セグメントは、今後7年間のCAGRが10.1%と予測されています。米国市場は4万4,400トンと推定、中国はCAGR 12.6%で成長すると予測2023年の米国のコバルト市場は4万4,400トンと推定されます。世界第2位の経済大国である中国は、20

    株式会社グローバルインフォメーション

    6日前

  • マイクロインバータの世界市場

    マイクロインバータの世界市場

    株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「マイクロインバータの世界市場」(Global Industry Analysts, Inc.)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/go1495883-micro-inverters.htmlマイクロインバータの世界市場は2030年までに125億米ドルに達する見込み2023年に43億米ドルと推定されるマイクロインバータの世界市場は、2023年から2030年にかけて16.6%のCAGRで成長し、2030年には125億米ドルに達すると予測されます。本レポートで分析したセグメントの1つであるマイクロインバータハードウェアは、CAGR 15.7%を占め、分析期間終了時には72億米ドルに達すると予測されます。マイクロインバーターソフトウェア&サービスのセグメントは、今後7年間でCAGRが17.8%と予測されています。米国市場は12億米ドル、中国はCAGR23.4%で成長すると予測米国のマイクロインバータ市場は、2

    株式会社グローバルインフォメーション

    6日前

  • 量子ドットの世界市場

    量子ドットの世界市場

    株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「量子ドットの世界市場」(Global Industry Analysts, Inc.)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/go1495817-quantum-dots.html量子ドットの世界市場は2030年までに203億米ドルに到達2023年に72億米ドルと推定される量子ドットの世界市場は、2030年には203億米ドルに達し、分析期間2023-2030年のCAGRは15.9%で成長すると予測されます。本レポートで分析したセグメントの1つである量子ドットディスプレイは、CAGR 17.4%を占め、分析期間終了時には69億米ドルに達すると予測されます。量子ドット医療機器セグメントは、今後7年間のCAGRが16.7%と予測されています。米国市場は22億米ドル、中国はCAGR 15%で成長すると予測米国の量子ドット市場は、2023年には22億米ドルになると推定されます。世界第2位の経済大国である中国は、20

    株式会社グローバルインフォメーション

    6日前

  • 予測分析の世界市場

    予測分析の世界市場

    株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「予測分析の世界市場」(Global Industry Analysts, Inc.)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/go1495856-predictive-analytics.html予測分析の世界市場、2030年には684億米ドルに達する見込み2023年に213億米ドルと推定される予測分析の世界市場は、2023年から2030年にかけて18.1%のCAGRで成長し、2030年には684億米ドルに達すると予測されます。本レポートで分析したセグメントの1つである予測分析ソリューションは、CAGR 16.5%を占め、分析期間終了時には373億米ドルに達すると予測されます。予測分析サービスセグメントは、今後7年間のCAGRは20.3%で成長すると予測されています。米国市場は67億米ドル、中国はCAGR 17.8%で成長すると予測米国の予測分析市場は、2023年には67億米ドルになると推定されます。世界第

    株式会社グローバルインフォメーション

    8日前

  • デジタルサイネージシステムの世界市場

    デジタルサイネージシステムの世界市場

    株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「デジタルサイネージシステムの世界市場」(Global Industry Analysts, Inc.)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/go1495879-digital-signage-systems.htmlデジタルサイネージシステムの世界市場は2030年までに372億米ドルに達する見込み2023年に196億米ドルと推定されたデジタルサイネージシステムの世界市場は、2030年には372億米ドルに達し、分析期間2023-2030年のCAGRは9.6%で成長すると予測されます。本レポートで分析しているセグメントの1つであるデジタルサイネージシステムハードウェアは、CAGR 9.4%を占め、分析期間終了時には156億米ドルに達すると予測されています。デジタルサイネージシステムソフトウェア・セグメントは、今後7年間でCAGRが10.6%と予測されています。米国市場は53億米ドル、中国はCAGR 13.1

    株式会社グローバルインフォメーション

    8日前

  • タイヤの世界市場

    タイヤの世界市場

    株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「タイヤの世界市場」(Global Industry Analysts, Inc.)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/go1495900-tires.htmlタイヤの世界市場は2030年に31億ユニットに達する見込み2023年に24億ユニットと推定されるタイヤの世界市場は、2023年から2030年にかけてCAGR 3.1%で成長し、2030年には31億ユニットに達すると予測されます。本レポートで分析しているセグメントの1つであるラジアルタイヤは、CAGR 3.2%を占め、分析期間終了時には25億ユニットに達すると予測されています。バイアスタイヤ・セグメントの成長は、今後8年間でCAGRが2.7%と予測されています。米国市場は推定4億40万台、中国はCAGR 4.3%で成長すると予測米国のタイヤ市場は、2023年に4億40万台と推定されます。世界第2位の経済大国である中国は、2023年から2030年まで

    株式会社グローバルインフォメーション

    9日前

  • バイオ汚染除去産業調査、シェア、サイズレポート、成長、需要、トップメーカー - 2024-2036年予測

    バイオ汚染除去産業調査、シェア、サイズレポート、成長、需要、トップメーカー - 2024-2036年予測

    バイオ除染 市場規模バイオ除染市場に関する当社の調査レポートによると、市場は2024-2036年の予測期間中に約7.8%のCAGRで成長すると予想されています。 将来の年には、市場は約800百万米ドルの価値に達する見込みです。 しかし、当社の調査アナリストによると、基準年の市場規模は約220百万米ドルと記録されています。北米市場は予測期間中に約 33% の圧倒的な市場シェアを維持すると予想されますが、ヨーロッパ市場は今後数年間で有望な成長機会を示す準備が整っています。これは主に、この地域での感染者数の増加が原因です。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-106859バイオ除染 市場分析院内感染(HAI)の増加は、世界的に重大な健康上の脅威となっています。さらに、ヘルスケア関連の感染症は入院期間の長期化と医療費の増加につながります。世界保健機関 (WHO) によると、医療関連敗血症に罹患した患者の 24% 以上が毎年死亡し、集中治療室で治療を受けた患者の 52.3% が死亡しています。ここで、バイオ除染市場は、過酸化水素蒸気や紫外線などの先

    Isao Furukawa

    9日前