TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA

すべてのブログ

  • ファクタリングサービスの世界市場規模調査&予測、カテゴリー別、タイプ別、金融機関別、最終用途別、地域別分析、2023年~2030年

    ファクタリングサービスの世界市場規模調査&予測、カテゴリー別、タイプ別、金融機関別、最終用途別、地域別分析、2023年~2030年

    株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ファクタリングサービスの世界市場規模調査&予測、カテゴリー別、タイプ別、金融機関別、最終用途別、地域別分析、2023年~2030年」(Bizwit Research & Consulting LLP)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/bzc1472151-global-factoring-services-market-size-study.htmlファクタリングサービスの世界市場は、2022年に約3兆5,532億米ドルと評価され、2023年から2030年の予測期間中に9.72%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。売掛債権ファクタリングや請求書ファクタリングとしても知られるファクタリングサービスは、企業が売掛債権(請求書)を割引価格で第三者(ファクター)に売却する金融取引です。ファクターはその後、企業の顧客から請求書の債務全額を回収します。ファクタリングサービスは、事業者に即座に

    株式会社グローバルインフォメーション

    9時間前

  • ポリマーナノコンポジットの世界市場調査&予測、タイプ別、繊維別、用途別、地域別分析、2023年~2030年

    ポリマーナノコンポジットの世界市場調査&予測、タイプ別、繊維別、用途別、地域別分析、2023年~2030年

    株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ポリマーナノコンポジットの世界市場調査&予測、タイプ別、繊維別、用途別、地域別分析、2023年~2030年」(Bizwit Research & Consulting LLP)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/bzc1472100-global-polymer-nanocomposites-market-size-study.htmlポリマーナノコンポジットの世界市場は、2022年に約68億2,000万米ドルと評価され、予測期間2023年~2030年には15.7%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。ポリマーナノコンポジット(PNC)は、ポリマーマトリックスにナノ粒子やナノフィラーを組み込み、多相システム(MPS)を形成します。プラスチック生産の大部分を占めるこれらの材料は、フィラー相の混合、分散安定化、配向を制御する必要があります。あるいは、あらかじめ形成された構造体にポリマーを

    株式会社グローバルインフォメーション

    10時間前

  • グリーン水素市場:現状分析と予測(2023-2030年)

    グリーン水素市場:現状分析と予測(2023-2030年)

    株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「グリーン水素市場:現状分析と予測(2023-2030年)」(UnivDatos Market Insights Pvt Ltd)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/umi1461380-green-hydrogen-market-current-analysis-forecast.html世界のグリーン水素市場はここ数年、大きな市場需要に対応しています。その成長を後押ししている要因は、再生可能エネルギーへの移行を促進するため、世界各国が2030年に設定したネット・ゼロ・エミッション目標です。さらに、政府の支援政策、スキーム、補助金、グリーン水素製造プラントへの投資が、世界中でグリーン水素の市場規模をさらに加速させています。再生可能エネルギー分野の様々な主要企業が、電解液の価格を下げるために協力しており、最終的にはグリーン水素製造の総コストを下げることになるみ見込みです。グリーン水素市場は使用される電解

    株式会社グローバルインフォメーション

    10時間前

  • ベトナムIT企業おすすめ7選を比較【2023年度版】

    ベトナムIT企業おすすめ7選を比較【2023年度版】

    20年にわたりグローバル化を進めてきたベトナムIT企業は、国際的な信頼と認知を築いて、世界のテクノロジー地図の中でその地位を確立してきました。高品質な若手IT人材、競争力のある人件費、成長を推進する経済、やベトナム政府の積極的な支援の等により、ベトナムはアウトソーシング先ランキングのトップ5に入っています。ベトナムも2014年以来、日本市場で2番目に好きなパートナーとなり、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、香港、やオーストラリアなどの主要市場でも認知されています。もし良いベトナムのITサービス企業を探しているのであれば、このリストは役立つと考えられます。本記事では、ベトナムで高品質なITサービス・ソリューションを提供する一流の会社を紹介するだけでなく、ベトナムのIT会社に外注すべき理由、そして最適なパートナーを選択するポイントを説明していくので、是非ご一読ください!一流なベトナムIT企業一覧FPTソフトウェアLotus Quality Assurance(LQA・Lotus QA)Shift AsiaCMC japanVTIジャパンリッケイソフト(Rikkeisoft)株式会社NTQジャパン株式会社SotaTek

    山下秋子

    10時間前

  • 筆記具の世界市場 2024-2028

    筆記具の世界市場 2024-2028

    株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「筆記具の世界市場 2024-2028」(TechNavio)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/infi1477000-global-writing-instruments-market.html筆記具とマーキング器具市場は2023-2028年に112億5,001万米ドル、予測期間中のCAGRは7.08%で成長すると予測されます。当レポートでは、筆記具とマーキング器具市場の全体分析、市場規模・予測、動向、成長促進要因、課題、約25ベンダーを網羅したベンダー分析などを掲載しています。現在の市場シナリオ、最新動向と促進要因、市場環境全体に関する最新分析を提供しています。筆記具のデジタル化とeコマース利用の増加、マルチユーティリティ筆記具の人気上昇、ペンのカスタマイズとパーソナライゼーションの増加などが市場を牽引しています。本調査では、筆記具ベンダーの合併・買収件数の増加が、今後数年間の筆記具とマーキング器

    株式会社グローバルインフォメーション

    10時間前

  • 住宅用蓄電池システムの世界市場 2024-2028

    住宅用蓄電池システムの世界市場 2024-2028

    株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「住宅用蓄電池システムの世界市場 2024-2028」(TechNavio)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/infi1473745-global-residential-battery-energy-storage-system.html住宅用蓄電池システム市場は2023-2028年に62億3,565万米ドル、予測期間中のCAGRは23.02%で成長すると予測されます。当レポートでは、住宅用蓄電池システム市場の全体的な分析、市場規模・予測、動向、成長促進要因、課題、約25のベンダーを網羅したベンダー分析などを掲載しています。現在の市場シナリオ、最新動向と促進要因、市場環境全体に関する最新分析を提供しています。市場は、エネルギー自立に対する需要の高まり、バッテリー技術のコスト低下、住宅用蓄電池システムに関連する政府の支援政策やインセンティブによって牽引されています。本調査では、住宅用蓄電池システムの技

    株式会社グローバルインフォメーション

    10時間前

  • オンサイトとは?オンサイト導入を成功させるポイント

    オンサイトとは?オンサイト導入を成功させるポイント

    T業界の日々進化する環境において、「オンサイトサービス」という言葉はよく耳にすることとなっています。テクノロジーの急速な進歩やデジタルトランスフォーメーション(DX)やモノのインターネット(IoT)の要請に従い、AIやブロックチェーンなどの最新技術、さらに新たな働きと協力方の採用は、これまで以上に重要性を増しています。このダイナミックな環境において、「オンサイトサービス」は独自かつ持続的な魅力を持ち続けています。では、オンサイトとは何か?この記事では、オンサイトの性質、重要性、メリット、特にオフショアやニアショア開発などのITアウトソーシングの形態との違いを探る旅に出かけていきます。オンサイトとはオンサイトとは、その名前自体が示す通り、IT企業からのプロフェッショナルが物理的にお客様の現場で作業するサービス形態を指します。顧客の要望やITサービス会社との契約に従って、オンサイトチームはフルタイムまたはパートタイムでプロジェクトに携わり、特定の曜日にはオフィスに出勤したり、自宅からリモートで仕事をしたりと柔軟に働くことが可能です。オンサイトチームは顧客のチームと緊密に協力し、プロジェクトの進行状況をリアルタイム

    山下秋子

    10時間前

  • ベトナムITアウトソーシング:どんなメリットを享受できますか?

    ベトナムITアウトソーシング:どんなメリットを享受できますか?

    1986年に経済改革が開始された以降、ベトナムはグローバルな経済統合と開かれたビジネス環境に向けて大きな一歩を踏み出しました。Kearneyの2021年の調査によりますと、ベトナムはソフトウェアサービスとGlobalServicesLocationIndex(グローバルサービスロケーションインデックス)で世界6位にランクされており、ITアウトソーシングの最も魅力的な目的地の1つです。それでは、どうしてソフトウェアをベトナムにITアウトソーシングする必要があるのでしょうか。ベトナムの技術力とベトナムへのITアウトソーシングの理由を学びましょう。ベトナム:ITアウトソーシングの新たな世界的目的地ベトナムは3,260マイルの海岸線を持ち、東南アジアの中心にまたがっています。東南アジアは新興のテクノロジーハブであり、テクノロジースタートアップにとって有名な市場です。戦略的な場所は、ベトナムをアジアの戦略的パートナーにすることに貢献しています。しかし、それだけではありません!ベトナムの企業はグローバルのITマップ上で継続的に拡大しており、オーストラリア、ヨーロッパ、北米にも及んでいます。近年、COVID-19パンデミッ

    山下秋子

    10時間前

  • ベトナムオフショア開発の現状とおすすめの開発会社5選

    ベトナムオフショア開発の現状とおすすめの開発会社5選

    はじめに近年、ベトナムオフショア開発は日本のIT人材不足を補い、時間・コストを削減しするソリューションだけでなく、ビジネスの競争力を高める戦略として注目してきました。過去10年間で、ベトナムのIT産業は飛躍的に成長し、ベトナム国外の企業の注目と投資を引き付けることに成功し、世界のIT地図に強い印象を残してきました。グローバルなITサービスに対する高い需要が、ベトナムのIT企業の急増につながっています。ベトナムの情報通信技術省によると、2017年から2021年の間に、ICT企業の数は年平均約7%の割合で増加しました。2023年5月までに、ICT企業の数は約71,500社に達すると報告されました。現在、多くのICT企業が存在するため、自社に適したパートナーを見つけるのは容易ではないかもしれません。また、「ベトナムのIT企業はどのような価値を提供できるのか?」といった質問もまだあります。そこで、今回記事を通して、あなた自身の答えを見つけるために深く掘り下げてみましょう。まず、ベトナムのオフショア開発の現状、最新動向及びメリットをご説明させていただきます。ベトナムオフショア開発の現状・動向及びメリットベトナムがオフシ

    山下秋子

    10時間前