TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
アサミ 藤川

アサミ 藤川

SDKIマーケットリサーチリサーチ・マネージャー

フォロー
2
フォロワー
0

こんにちは、藤川麻美です。SDKIではマーケットリサーチャーとして働いていました。私の目標は、市場調査サービスと洞察に満ちた情報を組織に提供し、競争上の優位性を提供することです。

定量的市場調査はなぜ重要か?

定量的市場調査はなぜ重要か?

市場調査員は、ターゲットとなる消費者と市場の現在の傾向を調査するために、さまざまな調査方法を実施することがよくあります。このような調査と研究により、対象ユーザーの要件についての洞察が得られ、それに応じて製品とサービスを発売またはアップグレードすることができます。定量的市場調査についてはすでにある程度の知識はありますが、より深い洞察が必要です。 簡単に言うと、数値ベースの調査手法です。ここでは、研究者が客観的な測定を行い、統計的および数学的データを収集します。定量的調査は、研究者が市場規模と需要のパターンを理解するのに役立ちます。企業は、大規模な潜在顧客グループを調査した後、数値と統計を収集します。ここでは、完全な情報を得ることができます: 定量的市場調査とは?最後に、定量的市場調査は、企業が今後のビジネストレンドを評価するのに役立ちます。 したがって、需要パターンを予測することもできます。これらが、企業が定量的な市場調査を行う理由です。 市場動向を把握し、それに応じた対策を講じるための貴重なツールです。原資料: SDKI Inc 公式サイト

アサミ 藤川

4ヶ月前

コーヒー産業の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

コーヒー産業の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

コーヒーの 市場分析コーヒー市場では、コーヒーの木の病気や害虫に対する脆弱性に大きな問題があり、コーヒー作物の品質と量の両方に影響を与える可能性があります。 しかし、農業慣行の進歩とテクノロジーの導入により、より効率的な栽培方法と病気管理戦略が可能になり、パラダイムが変わりました。無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-79975コーヒー市場セグメンテーション当社は、コーヒー市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。当社は、製品別、流通チャネル別および性質別ごとに市場を分割しました。世界のコーヒー市場は、製品に基づいて、インスタントコーヒー、挽いたコーヒー、全豆コーヒー、コーヒーポッド、カプセルに分割されています。コーヒー市場の動向分析と将来予測:地域概要ヨーロッパは、2036 年までに市場全体の 40% を占める最大の市場シェアを保持すると予測されています。この地域のセグメントの成長は、コーヒー会社による製品提供の継続的な革新です。 当社の分析によると、2024 年の世界のコーヒー市場は経済的要因により変化を

アサミ 藤川

4ヶ月前

消費者インサイトの力と戦略的意思決定のトレンド2024

消費者インサイトの力と戦略的意思決定のトレンド2024

この情報は、マーケティングや開発の戦略を立てるために使用できます。これらのレポートは、新しく実験された製品について人々が抱くであろう意見について教えてくれます。これらの調査は、必要に応じて小規模または大規模に実施できます。これらは社内で作成することも、ユーザーフレンドリーなチャートを提供するサードパーティによって作成することもできます。市場調査の役割 市場調査は、消費者主義を理解する上で重要な役割を果たします。消費者の行動とその好みのダイナミクスは常に変化しています。適切に詳細な分析を行うことは、顧客のニーズを理解するのに役立ちます。これにより、企業は顧客のニーズに共鳴する同期したポリシーを形成できるようになります。人工知能 (AI) は、今日考えられるあらゆるベンチャーにとって状況を大きく変えるものです。それは経済に大きな影響を与えており、今後も重要な役割を果たし続ける可能性があります。AI を活用したすべてのアルゴリズムは、大量のデータを迅速に処理します。ここでは、完全な情報を得ることができます: 市場調査の役割モバイル市場調査 スマートフォンの使用と依存が増加しています。そして、この調査は急激かつ急速に

アサミ 藤川

4ヶ月前

ダイシングテープ業界シェア、規模、概要 - 2023-2035年予測

ダイシングテープ業界シェア、規模、概要 - 2023-2035年予測

ダイシングテープ 市場分析ダイシングテープはバッキングテープの一種として定義され、電気・電子製品の製造時に広く使用されています。ダイシング テープは、ガラス、ウェーハ、パッケージング、セラミックのダイシングに使用されています。無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-110700ダイシングテープ市場のセグメンテーション当社は、ダイシングテープ市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。当社はコーティングとアプリケーションによって市場を分割しました。コーティングにより、市場は片面ダイシングテープと両面ダイシングテープに分類しています。このうち、片面セグメントは、2035 年までにダイシングテープ市場全体のシェアのほぼ 90% を占めると予想されています。ダイシングテープ市場の地域概要アジア太平洋地域はダイシングテープ市場で最も高い市場シェアを誇り、2035年末までに市場全体のほぼ55%を占めると予測されています。この地域でのインフラ開発の成長は、この地域の市場の成長に関連する主要な要因の 1 つです。これに加えて、こ

アサミ 藤川

4ヶ月前

工作機械産業分析、成長、機会、トレンド概要 - 2024-2036年予測

工作機械産業分析、成長、機会、トレンド概要 - 2024-2036年予測

市場の定義動力を利用して動作する機械や、金属などの硬い材料を加工したり扱ったりするために使用される機械を工作機械と呼びます。これはポータブルではない機械であり、研削、切断、せん断などの 1 つ以上のタスクを実行できます。無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-112049工作機械市場のセグメンテーション当社は、工作機械市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。当社は、タイプ、テクノロジー、エンドユーザーごとに市場を分割しました。当社はタイプセグメントごとに市場を金属切削と金属成形のサブセグメントに分割しています。これらのうち、金属切削機のサブセグメントは、2036 年末までに市場収益の約 68% を占めると予想されます。工作機械市場の地域概要アジア太平洋地域は、2036 年末までに最大 35% の最大市場シェアを保持すると予想されます。この地域はまた、2024―2036 年に、最速のペースで成長すると予想されます。日本では、さまざまな用途で工作機械市場調査の需要が高いため、工作機械市場は成長すると予想されます。

アサミ 藤川

4ヶ月前

自主的な炭素市場 脱炭素のための重要なツール

自主的な炭素市場 脱炭素のための重要なツール

実際、ヨルダンの低炭素経済への移行は、他の多くの途上国にとって教訓となるものです。世界中の多くの国が、気候変動目標を達成するために、炭素クレジット市場への参加を熱望しています。さらに、近い将来、炭素市場は気候変動に対抗するための優れたソリューションとなるでしょう。このブログでは、脱炭素と炭素クレジット市場について、また世界各国がどのように協力しているかを詳しく説明します。炭素クレジット市場企業の気候変動計画が注目に値する資本のロックを解除できるなど、付随する財政上の利点があります。 約 400 を超える金融機関が Glasgow Financial Alliance for Net Zero に参加しています。 それ以来、すべての銀行、企業、保険会社、または投資家は、低炭素で回復力のある未来に向けてビジネスモデルを刷新する必要があります。 GFANZ は、経済の脱炭素化の加速に取り組んでいる大手金融機関の世界的な連合体です。炭素クレジットの市場が急拡大していますおおまかな炭素市場は、COP26 での第 6 条の合意によってすでに作成されています。 ドメインには数え切れないほどの未踏の領域があり、誰かが適切な場

アサミ 藤川

4ヶ月前

バイオプラスチックと生分解性プラスチックの違いは?

バイオプラスチックと生分解性プラスチックの違いは?

プラスチックは耐久性が高いので広く使われていますが、その耐久性は自然分解を許しません。 プラスチックの 90% は非生分解性であり、環境に有害です。たとえば、毎年最低 800 万トンの廃プラスチックが地球の海に流れ込み、水生生態系に損害を与え、大きな海のごみパッチを形成したり、鳥や海の生き物の胃を満たしたりしています。生分解性プラスチックおよびバイオプラスチック生分解性プラスチックは、再生可能な原材料、微生物、石油化学製品を使用して製造されます。 各原材料は、単独で使用することも、組み合わせて使用することもできます。 その主な特徴は、微生物の働きで水、二酸化炭素、バイオマスに分解できることです。一方、バイオプラスチックは、植物油脂、コーンスターチ、わら、木材チップ、おがくず、リサイクルされた食品廃棄物、その他の植物や動物の資源など、再生可能なバイオマス資源に由来します。生分解性プラスチックには、ポリヒドロキシアルカノエート (PHA)、ポリ乳酸 (PLA)、デンプン混合物、セルロースベースのプラスチック、リグニンベースのポリマー複合材料、PBAT (ポリブチレンアジペートテレフタレート)、PBS (ポリブチレ

アサミ 藤川

4ヶ月前

アサイベリー産業シェア、規模、概要 - 2024-2036年予測

アサイベリー産業シェア、規模、概要 - 2024-2036年予測

アサイ ベリー 市場分析アサイベリーは、中南米の熱帯雨林に自生する小さなブドウのような果物です。これらには、高レベルの抗酸化物質、繊維、心臓に良い脂肪が含まれています。これらは多くの健康上の利点があるため、スーパーフードと呼ばれることがあります。無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-104521アサイ ベリー市場のセグメンテーション当社は、アサイーベリー市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。製品形態、流通チャネル、アプリケーションごとに市場を分割しました。用途によって、アサイーベリー市場は食品および飲料、医薬品、化粧品などにさらに分岐します。このうち、食品および飲料セクターは市場で支配的な地位を占めており、予測期間中もその優位性は継続し、2036年までに市場総収益の約43%に貢献すると予想されます。アサイ ベリー市場の地域概要地域的には、北米が予測期間を通じてアサイベリー市場に最も収益性が高く有利な機会を提供すると予想されており、総市場シェアの約38%を占めます。この増加は主に、この地域での肥満やその他の

アサミ 藤川

4ヶ月前

コールドチェーン包装業界のシェア、規模、概要 - 2024-2036年予測

コールドチェーン包装業界のシェア、規模、概要 - 2024-2036年予測

コールドチェーン包装 市場分析コールド チェーン包装システムは、デリケートな製品を完璧な温度に維持するように設計されています。これは、低温、高温、凍結温度に当てはまります。利用可能なコールド チェーン包装システムには、アクティブ、パッシブ、ハイブリッドの 3 つの基本的なタイプがあります。無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-114725コールドチェーン包装市場のセグメンテーション当社は、コールドチェーン包装市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。当社はアプリケーション、製品タイプ、材料に基づいて市場を分割しました。アプリケーションに基づいて、コールドチェーン包装市場は、食品、医薬品、工業用に分割されています。食品セグメントは、2036 年までに市場全体の約 55% を占め、最も高いシェアを占めると予測されています。このセグメントの成長の理由は、食品加工業界からの膨大な需要によるものです。コールドチェーン包装市場動向分析:地域概要北米は、2036年までに市場全体の46%を占め、最も高いシェアを占めると予測さ

アサミ 藤川

5ヶ月前