TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
山下秋子

山下秋子

LTS Group

フォロー
2
フォロワー
0

LTS Groupはベトナムを拠点とするグローバルなITアウトソーシング企業です。高品質なサービスを維持し、コストを最適化することに寄与するITサービスを提供しています。  世界中のさまざまな業界の顧客と連携し、顧客満足度96%以上を維持し、国内外でさま...

効果的なソフトウェア開発の鍵:SDLCの解説とフェーズ

効果的なソフトウェア開発の鍵:SDLCの解説とフェーズ

迅速に進化するテクノロジー界において、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)の複雑さを理解することは非常に重要です。これは、先端のソフトウェアソリューションを構築する基盤であり、極めて重要なトピックです。この包括的なブログでは、SDLCの定義、フェーズ、および重要な洞察を掘り下げ、ソフトウェア開発の成功に必要な知識を提供します。SDLCとは?SDLCは、計画、作成、テスト、展開、およびソフトウェアシステムの維持を含む、ソフトウェア開発のための構造化されたアプローチです。それは、各段階が固有の目的を果たす、計画的に進める旅路のようなものです。この旅を成功させるために、これらのフェーズについて詳しく見てみましょう。「ソフトウェア開発とは?知っておくべき基本知識」はこちら。SDLCの基本フェーズ開始この旅はここから始まります。アイデア出し、概要の定義が行われる段階です。プロジェクトの実現可能性が評価され、初期計画が立てられます。計画このフェーズでは、進路を設定します。プロジェクトの目標、タイムライン、リソースが定義されます。ソフトウェアプロジェクトのための道路図を作成するのと同じです。デザインここで創造的なフェ

山下秋子

5ヶ月前

2022年に注目すべきオフショア開発動向

2022年に注目すべきオフショア開発動向

クラウドコンピューティングやAIは、2022年のトレンドの技術として、引き続き注目されるでしょう。あるの報告によると、クラウドコンピューティング市場規模は、2022年から2030年にかけて年平均成長率(CAGR)15.7%である一方で、世界のAIの市場規模は2021年から2026年にかけて年間成長率(CAGR)は39.7%です。また、リモートワークを適用する企業がますます増加し、2022年までに世界の労働力の31%がリモートで働くことが予想されています。上記は、2022年に起こるオフショア開発トレンドのうちの3つに過ぎません。詳細についてはこちら。------------------------------------------Lotus TSは、ソフトウェアテスト、ソフトウェア開発やAIデータ処理のITサービスを、高品質で確実なセキュリティシステムと熟練したスタッフとともに提供します。弊社のサービスに関する詳細についてはお気軽にご連絡ください!Website: https://ltsgroup.tech/jpTel: (+84) 24-6660-7474Linkedin: https://www.link

山下秋子

2年前

どの オフショア開発国 を選ぶべきでしょうか?

どの オフショア開発国 を選ぶべきでしょうか?

オフショアソフトウェア開発は、ビジネスを拡大し、社会的な競争力を獲得するために多くのメリットを提供してきました。オフショア開発を行う場合、どこで開発を行うかによって、プロジェクトの成果が大きく変わってきます。それで、適切な オフショア開発国 にを選べられることは本当に大切であり、そして、多様なソースから オフショア開発先 に関する情報を調べて、合成することは必要です。この記事では現在の最も人気のオフショア開発の委託先の特徴を説明させていただきます。 1. インドインドは科学と数学に強い国として知られており、IT分野での技術力は世界一です。 多くの有利な特徴のおかげで、インドは過去数年間で最大の売上と成長を遂げているオフショア開発市場をリードしています。これらの特徴は次のとおりです。高い能力を備えた大規模な人材プール:インドの人口は12億人を超え、毎年約310万人の卒業生が労働力に加わっています。労働者がよく訓練されることに加えて、インドには英語を流暢に話すことができる人口が多く、オフショアプロジェクトでのコミュニケーションがはるかに簡単になっています。値ごろ価格:PayScaleによると、インドのソフトウェア

山下秋子

2年前

一般的なIT オフショア開発リスク を回避するには?

一般的なIT オフショア開発リスク を回避するには?

オフショア開発では、本当にビジネスに利益を期待できるかということについて、数々反対意見が載っています。多くの企業はオフショア開発がビジネスのパフォーマンスと予算に積極的に影響することから、賞賛している一方、オフショア開発の成果は、ビジネスにもたらすリスクを上回ることはできないとも述べています。フォーブス(Forbes)の調査によると、多様な労働力で働く管理者と指導者の67%が、言葉の壁が非効率につながると感じていました。言葉の壁は、オフショア開発の導入時に直面する課題の一つでもあります。その他にも、セキュリティリスク、隠れたコストや質の低い結果を得るリスクなどの問題も、オフショアプロジェクトで発生し、委託企業に深刻なダメージを与える可能性があります。一般的なITオフショア開発リスク1. セキュリティリスク 2. コミュニケーション不足3. 隠れたコスト4. 質の低い結果を得るリスク5. 文化の違い詳細についてはこちら。------------------------------------------------------------LTSグループがこれらの オフショア開発リスク の軽減にどのように対応でき

山下秋子

2年前

オフショア開発センター(ODC)についてAからZまで

オフショア開発センター(ODC)についてAからZまで

目次1. オフショア開発センターとは?2. オフショア開発センター とITアウトソーシングの違いは何でしょうか?3. オフショア開発センター がビジネスへ及ばすメリットは何でしょうか?3.1. コスト削減3.2. 綿密な管理3.3. 大規模なタレントプールへのアクセス3.4. ターゲット市場の拡大3.7. 顧客の目標に対応 4. オフショア開発 を導入する分野・業界のトップ:エレクトロニクス、自動車とヘルスケア4.1. エレクトロニクス分野と組み込みソフトウェア4.2. 自動車4.3. ヘルスケア5. ビジネス向けの オフショア開発 センターを設定するための3つのキーポイント5.1. オフショア開発国 の選択5.2. プロジェクトとマネジメント・スタイルに適したチーム構造5.3. プロジェクトの価格決定モデル-------------------------------------------------------------新型コロナウイルスの世界的大流行の影響を受けて2年が経った、ビジネス運営の劇的な変化がはっきりと見られます。 新型コロナウイルスの感染拡大は、世界中で金融と経済活動の停止につながりまし

山下秋子

2年前

ベトナムのソフトウェア開発企業トップ10社

ベトナムのソフトウェア開発企業トップ10社

ベトナムのIT産業の発展に伴い、ソフトウェア開発サービスは世界市場で高い注目を集めています。競争がほとんどなかった市場であったベトナムでは数百のソフトウェア開発を提供している会社が増えています。この記事ではベトナムのソフトウェア開発企業トップ10社を紹介していきます。いずれも数年の経験を持つ大手企業であり、最も要求の厳しい市場であっても、リーズナブルな価格で素晴らしいサービスを提供できます。1. FPTソフトウェア2. CMC Japan株式会社3. 株式会社コウェル4. Lotus TS5. VTIグループ6. ルビナソフトウエアジャパン株式会社(Luvina Software)7. TMA ソリューションズ8. Savvycom9. 株式会社NTQジャパン10. Vmo1. FPTソフトウェアベトナムで最も有名なソフトウェア開発会社は、おそらくFPTソフトウェアでしょう。FPTソフトウェアは、IT分野、特にソフトウェア開発市場においてトップレベルのサービスを提供する会社だと評価されています。現在、FPT社は多くのベトナム人および外国人IT人材がいるITハブとなっており、従業員数は32,000人に達していま

山下秋子

2年前

  • 64128
1人がチェック!
なぜ ベトナムオフショア開発 を実施すべきでしょうか?

なぜ ベトナムオフショア開発 を実施すべきでしょうか?

目次1. 大きな可能性を秘めたベトナムのソフトウェア・アウトソーシング2. 豊富なIT人材3. 高品質のIT労働者4. ベトナムでのITアウトソーシングによるコスト最適化5. ベトナムのIT企業にとって素晴らしい政府政策-----------------------------近年、東南アジアはテクノロジーの中心地として注目されています。この地域は、多くのユニコーン企業の本拠地であるだけでなく、だんだん人気のあるオフショア開発発注先になっております。価格競争力に加えて、優秀な人材、経済的なポテンシャルの高さにより、ベトナムも最高水準のITアウトソーシング・サービスを求める企業にとって誘惑の国です。ベトナムと言えば、経済が発展していない国または戦争で荒廃した国などのイメージが非常に連想されます。しかし、情報技術業界における近年の功績と未来の情報技術の成長に向けた新しい方向性により、 ベトナムオフショア開発 企業は、国際的な顧客の信頼を得ることに成功しています。1. 大きな可能性を秘めたベトナムのソフトウェア・アウトソーシングベトナムは東南アジアの中心に位置しております。ベトナムの標準時はGMT+7であり、アメリ

山下秋子

2年前

ニアショアソフトウェア開発が完璧なソリューションである理由

ニアショアソフトウェア開発が完璧なソリューションである理由

近年、ニアショア開発はITアウトソーシングの最適なソリューションとして改めて注目を集めています。ITアウトソーシングは一般にビジネスに多くのメリットをもたらしていますが、地域格差が大きければ、言語や文化、ビジネス慣習や労働環境の違いによる問題を避けることは大変になります。実際にはこのようなアウトソーシングの問題を、ニアショア開発で解決できる事例が認められております。では、 ニアショア開発はどんなメリットを与えられますか?これらの質問に答えに興味がございましたら、以下のリンクよりご覧ください!続きを読む ----------------------------------------------------------------------------Lotus TSによるニアショアソフトウェアのアウトソーシングLotus TSは、アジアの多くの国々のニアショア開発パートナーであり、優秀なIT人材を国際市場に送り込んでいます。 顧客にサービスを提供する際にLTSでは常に次のことを確保します。・確定のスケジュールにより製品を常にQAプロセスの複数のレイヤーを通じてレビューし、顧客に最高の成果を渡します。・顧客の

山下秋子

2年前

効果的な外部委託管理の7つのヒント

効果的な外部委託管理の7つのポイント

どのようにして効果的な外部委託管理を実現できるのでしょうか。アウトソーシングは優れたツールですが、正しく管理できなければ、ITアウトソーシングプロジェクトで失敗してしまい、悩まされることが多いでしょう。本記事では、 ITアウトソーシングのポテンシャルを十分に活用するためのLotusの7つのヒントをご紹介します。 1. 始めには、重要性の低い業務をアウトソーシングの対象とするITアウトソーシングを実施する経験があまりない方は、ゆっくり関わっていくほうがいいでしょう。まとめて始めるのではなく、最初に重要性の低いIT機能でITアウトソーシングを試してみます。それらの業務委託の内容が簡単に理解できるので、初体験にはぴったりです。例えば、テストをアウトソーシングしたいとします。まず、手動テストで単体テスト、統合テスト、機能テストなどから始めます。チームがもっと力を発揮できそうな効果が出たら、より複雑な作業を必要とする自動化テストに進みます。これは、ITアウトソーシング管理の効率性のリトマス試験と見なすことができます。このような「トライアル」を通じて、ITアウトソーシングがどのようなものであり、アウトソーシングされたチー

山下秋子

2年前