TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 日本のサラリーマンは優秀です。
日本のサラリーマンは優秀です。

日本のサラリーマンは優秀です。

戸田昌孝

日本のサラリーマンはとても優秀で、上司に言われたことや会社の考え方に沿って実行してきます。

官僚なども連日残業で日本の為に頑張ってくれています。

日本がこういう大国で居られるのも、こうしたキッチリとしたサラリーマンに支えられているからだと思います。

ただ、自ら進んで火中の栗を拾いに行くサラリーマンは残念ながら少ないと思います。

社長「コスト削減?部下に任せて居る」

部下「今のところが少し下がればいい、大幅に下げてもボーナス変わらないし、失敗したら評価下がるし、いつも来てくれる

会社さんにも悪いしなぁ・・・・・」

社長が号令を掛けないと本格的なコスト削減は始まりません

戸田昌孝曽我株式会社

曽我株式会社は40期を迎えました、婦人衣料品から観光地向けへ行き、現在では総合商社として企業サポートをしております。

曽我株式会社

代表取締役

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 日本物流における最大の課題は何ですか?

      日本は最も活気のある都市の一つであり、さまざまな業界の中心地であると考えられています。日本の物流業界は 2024 年にいくつかの重大な課題に直面します。これらは、チェーンサプライの混乱とテクノロジー需要の変化などの問題で構成されています。政府の対応各省庁は解決策と対策を打ち出しています。これらの解決策と対策は、長期にわたる物流上の問題を制御するためのものです。23年3月27日、岸田文雄首相の招集で会談が行われた。そこで参議院予算委員会が開かれると発表した。2024年の物流情勢を話し合うために開催されたもので、この声明の発表により、これが国家的課題であることが明らかになった。業による取り組み物流業界は来る2024年問題に向けて取り組んでいます。しかし、企業レベルでも十分に注力しています。輸送を合理化し、トラック運転手とその他の労働者の安全を確保します。 それは常に物流業界の最重要目標でした。詳しい情報はこちら: 日本の物流業界が直面する課題 原資料: SDKI Inc 公式サイト

      千秋 マベナ

      4ヶ月前

    • 日本のサービス産業市場調査をお探しですか?

      サービス産業市場は競争が激しく、多くの企業が同じ空間で事業を展開している。また、企業は消費者のニーズや嗜好の変化に柔軟に対応する必要がある。関連性と競争力を維持する必要性とは別に、企業はサービス品質を向上させ、顧客ロイヤルティを高め、新規顧客を獲得するために、ペインポイントを評価する必要があります。サービス産業市場調査は、特定のサービスクラスに関連する詳細な分析を提供します。この調査により、消費者の体験と成長を向上させるための戦略を策定し、情報に基づいた意思決定を行うための深い理解が得られます。サービス業 市場調査には様々な種類があります。しかし、どのような調査においても最も重要なことは、調査の目的と対象者を前置きすることであり、それに応じて、対象となるさまざまな側面を分析することができます。ターゲット市場についての詳細は、下記までお問い合わせください:電話番号 +81 50 50509337電子メール: sales@sdki.jp | info@sdki.jpお問い合わせ: https://www.sdki.jp/contact

      宮津比奈

      4ヶ月前

    • 日本の建設業界の研究動向は?

      第二次世界大戦後、日本経済は世界を驚かせました。国は、テクノロジー、建築、金儲けが得意になりました。予想外だったが、日本はエレクトロニクス、機械、化学の創造に優れるようになりました。国は現在、世界で最も賢い国の一つです。日本の建設市場は現在、約 5,730 億米ドル以上と評価されています。日本はたくさんの人々と重要な産業がある大きな場所です。国は、企業、工場、住宅の建設に多額のお金を費やします。統計によれば、2021 年の建設市場は同年の GDP の約 5% を占め、総額は約 1,960 億米ドルに達しました。日本には47万社以上の建設会社が正式に登録されています。しかし、全国の市場を支配している主要企業は、Obayashi Corporation、Shimizu Corporation、Taisei Corporation、Taneka Corporation、と Kajima Corporationなどです。Obayashi Corporationは日本一の建設会社です。 同社の2022 年の純売上高は約 130 億米ドルに達しました。最近、労働力不足と労働力の高齢化という新たな問題に対処するために、Ob

      千秋 マベナ

      4ヶ月前