TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 産業制御システムセキュリティ業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測
産業制御システムセキュリティ業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

産業制御システムセキュリティ業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

Isao Furukawa

産業用制御システムセキュリティ 市場規模

産業用制御システムセキュリティ市場の収益は、2023 年に約 152億米ドルに達しました。さらに、当社の産業用制御システムセキュリティ市場に関する洞察によると、市場は予測期間中に約 7% の CAGR で成長し、2036 年までに約 226億米ドルの価値に達すると予想されています。

サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-108452

産業用制御システムセキュリティ 市場分析

市場の定義

産業用制御システム (ICS) のセキュリティは、産業用制御システムの安全性とセキュリティの確保に関係します。これは、システムのユーザーとオペレーターが使用するハードウェアとソフトウェアで構成されます。

産業用制御システムセキュリティ市場の成長要因

以下は、産業用制御システムセキュリティ市場の主な成長要因の一部です。

デジタル技術の急速な発展– 産業企業の間で産業活動を管理する必要性は日々高まっています。その一方で、業界はほぼ毎日、産業用制御システムにおける幅広いセキュリティの脅威に直面しています。今日のデジタル経済ではこれらの脅威がより高度になっており、そのため既存の設定を監視するセキュリティ システムの必要性が高まっています。当社の分析によると、1 日あたり 2,250 件以上になるとサイバー攻撃が発生しており、通常 40 秒間に発生します。さらに、米国におけるデータ侵害の平均コストは 9.45 百万米ドルと記録されており、サイバー犯罪のコストは 2023 年に約 9 兆米ドルになると予想されています。

IT システムと OT システムの統合– OT と外部ネットワークの接続性の向上、IT と OT の融合、産業用 IoT デバイスの増加はすべて、産業プロセスの効率の向上に貢献しています。モノのインターネットの出現以来、IT/OT ネットワーク経由でアクセスできるすべての ICS センサー、機器、デバイスは、ボットネットによる侵入兵器化の危険にさらされています。これらは、エネルギー網、発電所、水および廃棄物管理システム、食品加工施設、輸送ネットワークなどの重要なインフラに対する標的型攻撃を開始するために使用されます。

最新の開発

2023 年 8 月に: Cybersecurity & Infrastructure Security Agency (CISA)は、産業用制御システム(ICS)を取り巻く現在のセキュリティ問題、脆弱性、エクスプロイトに関するタイムリーな情報を提供する 4 つの ICS アドバイザリをリリースしたと発表しました。

2023 年 5 月に:OMRON Corporationは、産業用制御システムセキュリティに関する国際規格 IEC 62443-4-1 の第三者認証を取得したと発表しました。

課題

産業用制御システムセキュリティ市場の成長を妨げる主な要因の 1 つは、ICS セキュリティ ソリューションの調達コストが高いことです。調達コストは、サービスプロバイダーにとって頻繁に頭の痛い問題となっています。 ICS セキュリティ ソリューションへの投資は、全体的な経済の安定を維持し、あらゆる国の安全体制を強化することに大きく貢献しています。ICS セキュリティ ソリューションには、ライセンス、ハードウェア要件、ヘルプ デスク、メンテナンスおよびアップグレード作業など、導入時に重要なインフラストラクチャ組織が負担する必要がある重大なコストが伴います。

競争力ランドスケープ

世界の産業用制御システムセキュリティ市場中に主なプレーヤーには、Schneider Electric、ABB Group、General Electric Company、Emerson Electric Co.、Honeywell International Inc.、などが含まれます。さらに、日本市場のトップ 5 プレーヤーは、Mitsubishi Electric Corporation、Yokogawa Electric Corporation、OMRON Corporation、Rockwell Automation Inc.、Cybertrust Japan Co.、 などです。この調査には、世界の産業用制御システムセキュリティ市場におけるこれらの主要なプレーヤーの詳細な競争分析、企業概要、最近の傾向、および主要な市場戦略が含まれています。

日本のICT・通信市場について

インターネットの利用は年々増加しており、スマートデバイスの最新技術に対する需要は非常に高い。その結果、ICT・通信産業はここ数年で隆盛を極めることができた。日本電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した報告書によると、2021年には14億7000万米ドル相当の通信機器が日本で生産された。SDKIのテレコム市場調査によると、通信サービスとネットワークの進歩により、同市場は世界市場の約6%を占めるまでに成長した。

産業プロセスへの技術導入は今後も急増するだろう。当社のICT市場レポートには、同分野の最近の動向に関する広範な調査から導き出された、当社の専門家による戦略的提言が含まれており、最新の動向がビジネスの将来に及ぼす影響を予測しています。

Isao FurukawaSDKI

私は、消費者行動、市場動向、業界の洞察に関するデータの収集と分析に精通したマーケットリサーチエグゼクティブです。強力な分析力とコミュニケーション能力で、組織の経営陣に実用的な洞察を提供し、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定を支援します。私の目標は、組織が競合他社より優位に立つための貴重な洞察を提供することです。

SDKI

Market Survey Manager

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 粘着テープ産業動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

      粘着テープ 市場規模当社の粘着テープ市場洞察によると、市場は予測期間中に約5.6%のCAGRで成長し、2036年までに983億米ドルの価値に達すると予想されています。さらに、2023 年の粘着テープ市場規模は658億米ドルと記録されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-115147市場の定義粘着テープは、物体を接着または結合するための材料と粘着フィルムを組み合わせています。ファスナー、ネジ、溶接の代わりに使用されます。機械的ファスナーの代わりに粘着テープを適用することで、より低温での用途の使用が可能になり、製造プロセスを簡素化できます。粘着テープ市場の成長要因当社の粘着テープ市場分析によると、主な成長要因は次のとおりです。工業化の進展による粘着テープ市場の成長:産業の成長と多様化に伴い、自動車、エレクトロニクス、建設など、さまざまな業界のさまざまな用途で粘着テープの需要が増加しています。産業の成長により、市場での粘着テープの需要が高まることがよくあります。当社の分析によると、世界の工業化により 2021 年には約 752百万人の

      宮津比奈

      2ヶ月前

    • コーヒー産業の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

      コーヒーの 市場分析コーヒー市場では、コーヒーの木の病気や害虫に対する脆弱性に大きな問題があり、コーヒー作物の品質と量の両方に影響を与える可能性があります。 しかし、農業慣行の進歩とテクノロジーの導入により、より効率的な栽培方法と病気管理戦略が可能になり、パラダイムが変わりました。無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-79975コーヒー市場セグメンテーション当社は、コーヒー市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。当社は、製品別、流通チャネル別および性質別ごとに市場を分割しました。世界のコーヒー市場は、製品に基づいて、インスタントコーヒー、挽いたコーヒー、全豆コーヒー、コーヒーポッド、カプセルに分割されています。コーヒー市場の動向分析と将来予測:地域概要ヨーロッパは、2036 年までに市場全体の 40% を占める最大の市場シェアを保持すると予測されています。この地域のセグメントの成長は、コーヒー会社による製品提供の継続的な革新です。 当社の分析によると、2024 年の世界のコーヒー市場は経済的要因により変化を

      アサミ 藤川

      1ヶ月前

    • 帽子産業動向、洞察、分析概要-2024-2036年予測

      帽子には、帽子やキャップからビーニー帽やヘッドバンドに至るまで、幅広いファッションアパレルや保護具が含まれます。ウール、コットン、毛皮、その他の合成繊維など、耐久性があり多用途な素材を使用して製造されています。自転車、オートバイ、ランニング、水泳などのさまざまなアウトドアアクティビティに幅広く使用されています。当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: https://www.sdki.jp/sample-request-85117以下は、帽子市場の主要な成長要因の一部です。ファッション業界の急速な拡大:帽子市場の成長の主な要因の 1 つは、ファッション業界の急速な盛り上がりです。世界のアパレル産業は、2023 年に総収益が 6,000 億米ドルを超え、予測期間中に約 7% の CAGR で着実に成長すると予想されています。保護ヘッドギアの使用の増加:帽子市場の成長を促進するもう1つの要因は、あらゆる種類の事故から身を守るためにヘルメットなどの保護服の使用が増加していることです。交通事故は世界中で主な死因の 1 つであるため、消費者は安全性をより意識するようになり、市場の成長にプラスの影響

      千秋 マベナ

      2ヶ月前