TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. プリンテッドエレクトロニクス産業の動向、洞察、分析概要 - 2035年予測
プリンテッドエレクトロニクス産業の動向、洞察、分析概要 - 2035年予測

プリンテッドエレクトロニクス産業の動向、洞察、分析概要 - 2035年予測

千秋 マベナ

プリンテッドエレクトロニクス市場規模とシェアは、2023年に約130億米ドルを獲得しており、予測期間中に約 14.2% の CAGR で成長すると予想されます。さらに、世界のプリンテッドエレクトロニクス市場調査分析によると、2035 年までに約460億米ドルに達すると予想されています。

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: https://www.sdki.jp/sample-request-5861712

プリンテッドエレクトロニクス 市場分析

プリンテッドエレクトロニクスは、紙、箔、布、ガラスなどの多数の基材上に、大面積で電気デバイスを作製するために使用される一連の印刷方法です。プリンテッドエレクトロニクスは、プラスチックエレクトロニクスや有機エレクトロニクスとも呼ばれ、1つまたは複数のインクが炭素ベースの化合物で構成されています。当社の調査によると、プリンテッドエレクトロニクスは、フレキシブルディスプレイ、スマートラベル、装飾・アニメーションポスター、アクティブウェア、エレクトロニクススキンパッチなど、さまざまな用途に使用されています。プリンテッドエレクトロニクス市場の顕著な成長促進要因は、モバイル機器の設計と大画面ディスプレイの需要の増加です。

プリンテッドエレクトロニクス市場の地域概要

当社の調査によると、アジア太平洋地域が、プリンテッドエレクトロニクス市場全体では、最も大きなCAGRで成長すると予測されています。APACのプリンテッドエレクトロニクス市場調査の急成長は、エレクトロニクス大手の関心の高まりによってもたらされると予想されます。最近では、ソニーもプリンテッドエレクトロニクス市場を利用した製品をいくつか発売しています。

日本の市場は、予測期間中に13.1%の成長が予測されています。その理由は、この地域の工業化が進んでいることと、エレクトロニクス大手の存在にあります。コニカミノルタ株式会社は、高機能材料、ヘルスケア機器、産業用光学機器、ビジネステクノロジーなどを提供しています。

競争力ランドスケープ

プリンテッドエレクトロニクス市場の主なプレーヤー・メーカーには、Bruckner Maschinenbau GmbH & Co KG、Henkel Group 、Cicor management AG、KOMURA TECH CO Ltd、Molex LLC、Optomec Inc、TRITEK CO LTD、Witte Technology GmbH、Nissha Co., Ltd、などがあります。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

千秋 マベナ

東京に本社を置く市場調査・コンサルティング会社、株式会社SDKIでマーケットリサーチエグゼクティブとして働いています。様々な業界のクライアントに、市場概要データ、市場の成長、新旧ビジネスの分析を提供しています。私たちの使命は、クライアントの意思決定プロセスをサポートするために、信頼性が高く、正確で、実用的なリサーチを提供することです。 

SDKIのマーケットリサーチアナリスト。

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • データセンターコロケーション産業の分析、成長、機会、動向概要 - 2023-2035年予測

      データセンターコロケーション 市場規模データセンターコロケーション市場は、2023年に428.07億米ドルの市場価値から、2035年までに1,481.47億米ドルに達すると推定され、2023-2035年の予測期間中に10.9%のCAGRで成長すると予想されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-58709データセンターコロケーション 市場分析データセンターコロケーションにより、組織はサーバー用のオフィススペースを借りることができ、ネットワークまたはインターネット帯域幅を使用して、既存のデータセンター内に独自のデータセンターを展開できます。データセンターコロケーションによってユーザーに提供される費用効果が高くエネルギー効率の高いデータセンターソリューションにより、予測期間中にデータセンターコロケーションの需要が高まっています。二酸化炭素排出量の削減に対する組織の意識の高まりにより、ユーザー間のデータセンターコロケーションの浸透が進んでいます。これは、予測期間中にデータセンターコロケーション市場の成長を推進する主要な要因です。さらに

      Isao Furukawa

      3ヶ月前

    • サーバーレス・コンピューティング産業規模、動向レポート、洞察分析、2023-2035年予測

      サーバーレスコンピューティング 市場規模サーバーレス コンピューティング市場は、2022 年に最大 90 億米ドルを獲得しており、予測期間中に約22% の CAGR で成長すると予想されています。さらに、世界のサーバーレス コンピューティング市場は、2035 年までに約 380 億米ドルに達すると予想されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-114716サーバーレスコンピューティング 市場分析サーバーレス コンピューティングは、クラウド プロバイダーがサーバーを実行し、マシン リソースの割り当てを動的に管理するクラウド コンピューティングの実行モデルです。これにより、開発者は独自のサーバー リソースを管理する必要がなくなり、コア アプリケーション ロジックに集中できるようになります。スマートフォンの使用の増加、と個人所有のデバイスの持ち込み (BYOD) の傾向の高まりは、サーバーレス コンピューティング市場の成長につながる主な要因です。2023 年の時点で、BYOD プログラムを実施している組織の数は世界中で 83% に増加し

      Isao Furukawa

      4ヶ月前

    • カルシウム拮抗薬 産業規模、動向レポート、洞察分析、2023-2035年予測

      カルシウム拮抗薬 市場規模世界のカルシウム拮抗薬市場規模とシャアは2022年に約150億米ドルの市場価値から、2035年までに約316億米ドルに達すると予測されています。当社の世界のカルシウム拮抗薬市場分析によると、カルシウム拮抗薬は2023 -2035年間に 約11.4% の CAGR で成長しています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-84909カルシウム拮抗薬 市場分析カルシウム拮抗薬は、血圧を下げるために処方される薬です。これは、心臓と動脈にカルシウムが入るのを防ぎ、血管を弛緩させる働きがあります。これは、通常、高血圧、冠動脈疾患、胸痛、不整脈の治療のために処方されます。当社の調査によると、カルシウム拮抗薬の承認が増加し、カルシウム拮抗薬市場の成長を促進する顕著な要因となっています。シルニジピンは最近開発された CCB で、L 型と N 型の両方のカルシウム チャネル遮断活性を持っています。N型カルシウムは神経と脳内に分布しているため、シルニジピンは交感神経の抑制など神経活動に特異的な作用を示すと予想されます。カルシウム拮抗薬

      Isao Furukawa

      4ヶ月前