TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 運用技術のセキュリティ市場シェア、規模、成長、機会、2023-2033年までの予測
運用技術のセキュリティ市場シェア、規模、成長、機会、2023-2033年までの予測

運用技術のセキュリティ市場シェア、規模、成長、機会、2023-2033年までの予測

  • 11211
  • 11199
2人がチェック!
Isao Furukawa

市場スナップショット

世界のオペレーショナルテクノロジーセキュリティ市場は、2023年に約17,405.05百万米ドルの市場価値から、2033年までに約38,277.88百万米ドルに達すると推定され、2023-2033年の予測期間中に8.2%のCAGRで成長すると予想されています。

サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-115075

市場概況

オペレーショナルテクノロジー(OT)は、さまざまなセクターで使用されるデバイスのパフォーマンスを監視および制御するハードウェアおよびソフトウェアです。OTには、機械の実際の動作を処理できる電子部品のフレームワークが含まれます。これはセンサー情報をレギュレーターに送信して、コンピューター化された操作能力をチェックします。集中管理のためのWANソリューションに対する需要の高まり、自動化の改善、および企業間のネットワークの信頼性とセキュリティの向上は、予測期間中にオペレーショナルテクノロジーセキュリティ市場の成長を促進する主な要因です。

さらに、世界のオペレーショナルテクノロジーセキュリティ市場の成長は、サイバー攻撃とネットワークセキュリティの脅威の増加、スマートオペレーショナルテクノロジー、および近年のITとOTエコシステムの収束に起因しています。しかし、開発に影響を与える支出の必要性、および従来のOTセキュリティフレームワークによるデジタルの危険性の増加は、予測期間中にオペレーショナルテクノロジーセキュリティ市場の成長を抑制する可能性があります。

モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、5G(第5世代セルラーテクノロジー)、ロボット工学、仮想現実と拡張現実、クラウドコンピューティングなどの継続的な技術の進歩は、市場の成長の主要な貢献者です。また、これらの革新的なテクノロジーが世界中のビジネスとサービスのほぼすべての部分に与える顕著な影響も、市場の成長に貢献しています。国連貿易開発会議(UNCTAD)の分析によると、5G市場は2018年に608百万米ドルを占めており、さらに2770億米ドルを占めると推定されています。5Gの仕事の数が最も多いのは中国(950万人)で、米国(340万人)と日本(210万人)に続くと推定されています。UNCTADによる他の分析では、日本のICT財輸出(総財輸出の%)は2019年に8%を占めました。同様に、同じ年に米国が8.7%を占めており、ドイツが4.9%、英国が4%、フランスが3.8%と続きました。この成長は、予測期間中に市場の成長を後押しすると推定されます。 

競争力ランドスケープ

世界のオペレーショナルテクノロジーセキュリティ市場の主要なキープレーヤーには、VMware、Inc(米国)、Honeywell International Inc(米国)、Schneider Electric(フランス)、Cisco Systems、Inc.(米国)、Broadcom(米国)、Kaspersky Lab(ロシア)、General Electric(米国)、Rockwell Automation、Inc.(米国)、PAS GlobalLLC.(米国)、Fortinet、Inc.(米国)、Palo Alto Networks(米国)、Darktrace(英国)、Forescout Technologies Inc.(米国)などがあります。この調査には世界のオペレーショナルテクノロジーセキュリティ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

インターネットの利用は年々増加しており、スマートデバイスの最新技術に対する需要は非常に高い。その結果、ICT・通信産業はここ数年で隆盛を極めることができた。日本電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した報告書によると、2021年には14億7000万米ドル相当の通信機器が日本で生産された。SDKIのICT市場調査レポートによると、通信サービスとネットワークの進歩により、同市場は世界市場の約6%を占めるまでに成長した。

産業プロセスへの技術導入は今後も急増するだろう。当社のICT市場調査報告書には、同分野の最近の動向に関する広範な調査から導き出された、当社の専門家による戦略的提言が含まれており、最新の動向がビジネスの将来に及ぼす影響を予測しています。

貴社のターゲット市場に関する詳細は、下記までお問い合わせください:

電話番号 +81 50 50509337

電子メール: sales@sdki.jp | info@sdki.jp

お問い合わせ: https://www.sdki.jp/contact

Isao FurukawaSDKI

私は、消費者行動、市場動向、業界の洞察に関するデータの収集と分析に精通したマーケットリサーチエグゼクティブです。強力な分析力とコミュニケーション能力で、組織の経営陣に実用的な洞察を提供し、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定を支援します。私の目標は、組織が競合他社より優位に立つための貴重な洞察を提供することです。

SDKI

Market Survey Manager

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント2件

  • アサミ 藤川

    アサミ 藤川

    • SDKIマーケットリサーチ
    0いいね
    チェックしました
  • ミア藤川

    ミア藤川

    • SDKI.INC
    0いいね
    チェックしました

おすすめブログ

  • 遺伝子治療の市場シェア、規模、成長、機会、2023-2033年までの予測

    市場スナップショット世界の遺伝子治療市場は、2023年に約64.54億米ドルの市場価値から、2033年までに約376.59億米ドルに達すると推定され、2023-2033年の予測期間中に19.29%のCAGRで成長すると予想されていますサンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-116552市場概況遺伝子は、人体が最適に機能するために不可欠なタンパク質の合成に必要な情報をコード化するDNAで構成されています。遺伝子治療は、遺伝子疾患を治療するためにDNAを患者に導入する技術です。新しいDNAには、突然変異を引き起こす病気の影響を修正するための機能する遺伝子が含まれています。慢性疾患の有病率の増加、医療費の増加、および都市化の拡大は、予測期間中に遺伝子治療市場の成長を推進する主要な要因です。また、遺伝子治療の臨床試験の成長、および経済成長の急増も遺伝子治療市場の成長に貢献しています。さらに、個別化医療の急速な採用、遺伝性疾患の発生の増加、遺伝子治療の進歩、および研究開発資金の増加により、2023ー2033年の間に遺伝子治療市場に成長の機会が生まれて

    Isao Furukawa

    5ヶ月前

  • 喘息治療薬の市場シェア、規模、成長、機会、2023-2033年までの予測

    喘息治療薬 市場規模喘息治療薬市場は、2023年に221.63億米ドルの市場価値から、2033年までに267.53億米ドルに達すると推定され、2023-2033年の予測期間中に1.9%のCAGRで成長すると予想されていますサンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-53384喘息治療薬 市場分析喘息は肺の気道の慢性疾患であり、炎症により気管支が腫れ、気道が狭くなり、呼吸が困難になります。それは、軽度または生命を脅かすかなりの数の症例である可能性があります。喘息の症状には、咳、胸部圧迫感、息切れ、喘鳴などがあります。喘息は、アレルゲンへの曝露や大気汚染などのいくつかの環境要因によって引き起こされます。喘息やその他の呼吸器疾患の有病率の上昇は、予測期間中に喘息治療薬市場の成長を推進する主要な要因です。世界保健機関(WHO)によると、世界中で2億3500万人以上が喘息に苦しんでいます。2015年には約3,38,000人の死亡が報告されており、ほとんどの死亡は高齢者で発生しています。さらに、技術的に進んだ製品の導入、およびこれらの障害に対する意識レベル

    Isao Furukawa

    3ヶ月前

  • 全身性エリテマトーデス治療市場シェア、規模、成長、機会、2023-2033年までの予測

    市場スナップショット全身性エリテマトーデス治療市場は、2022年に22.26億米ドルの市場価値から、2033年までに43.79億米ドルに達すると推定され、2023-2033年の予測期間中に7%のCAGRで成長すると予想されていますサンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-110819市場概況全身性エリテマトーデス(SLE)は、ほぼすべての臓器や組織を含む、広範囲の臨床症状を伴う典型的な多系統自己免疫疾患です。皮膚、関節、腎臓、脳、その他の臓器に影響を与える可能性があります。SLEは男性よりも女性に多く見られ、どの年齢でも発生する可能性があります。しかし、15ー44歳の人に最もよく見られます。この病気は、他の人種の人々よりもアフリカ系アメリカ人とアジア人に影響を及ぼします。全身性エリテマトーデス(SLE)患者数の増加は、予測期間中に全身性エリテマトーデス治療市場の成長を推進しています。アメリカのループス財団によると、米国では約150万人、世界中で500万から600万人が、さまざまな形態のループスの影響を受けています。全身性エリテマトーデスは、狼

    Isao Furukawa

    4ヶ月前