1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. オンカメラモニターの世界市場:2030年までの予測
オンカメラモニターの世界市場:2030年までの予測

オンカメラモニターの世界市場:2030年までの予測

株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「オンカメラモニターの世界市場:2030年までの予測」(QYResearch)の販売を開始しました。

【当レポートの詳細目次】

https://www.gii.co.jp/report/qyr1481754-global-on-camera-monitor-market-insights-forecast.html

世界のオンカメラモニターの市場規模は、2024年の1億2,323万米ドルから2030年には1億8,164万米ドルに成長すると予測され、予測期間中の年間平均成長率(CAGR)は6.68%になるとみられています。

米国・カナダのオンカメラモニターの市場規模は、2024年の5,692万米ドルから2030年には8,676万米ドルに成長すると予測され、2025年から2030年までの予測期間に7.28%のCAGRで拡大すると予測されています。

中国のオンカメラモニターの市場規模は、2024年に758万米ドルから2030年には1,245万米ドルに成長すると予測され、2025年から2030年の予測期間中に8.62%のCAGRで拡大すると予測されています。

欧州のオンカメラモニターの市場規模は、2024年に3,936万米ドルから2030年には5,373万米ドルに成長すると予測され、2025年から2030年の予測期間中に5.32%のCAGRで拡大すると予測されています。

オンカメラモニターの世界の主要メーカーは、Atomos、Feelworld、SmallHD(Videndum)、Blackmagic Design、Lilliput、Portkeys、ソニー、Hollyland Technology、Desviewなどです。2023年、世界の上位5社の売上シェアは約49.66%でした。

当レポートでは、世界のオンカメラモニター市場について調査し、市場の概要とともに、タイプ別、用途別、地域別の動向、および市場に参入する企業のプロファイルなどを提供しています。

【無料サンプル】

https://www.gii.co.jp/report/qyr1481754-global-on-camera-monitor-market-insights-forecast.html

【本件に関するお問い合わせ先】

<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>

株式会社グローバルインフォメーション

マーケティング部

お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/

TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)

URL: https://www.gii.co.jp

 

【会社概要】

1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料24万点以上からワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

 

創立:1995年

所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託

市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp

委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

国際会議:https://www.giievent.jp/

 

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

株式会社グローバルインフォメーション株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーション

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • チップ抵抗器の世界市場:実績と予測(2019年~2030年)

      株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「チップ抵抗器の世界市場:実績と予測(2019年~2030年)」(QYResearch)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/qyr1483735-global-chip-resistor-market-report-history.html世界のチップ抵抗器の市場規模は、2023年に19億3,096万米ドルとなりました。同市場は、2030年には31億6,959万米ドルに達し、予測期間の2024年~2030年のCAGRは8.01%になると予測されています。北米のチップ抵抗器の市場規模は、2023年に2億2,303万米ドルとなりました。同市場は、2024年から2030年の予測期間に6.85%のCAGRで拡大し、2030年には3億3,788万米ドルに達すると予測されています。アジア太平洋のチップ抵抗器の市場規模は、2023年に14億5,189万米ドルとなりました。同市場は、2024年から2030年の予測期間に

      株式会社グローバルインフォメーション

      1ヶ月前

    • 商業用オーバーヘッドドアの世界市場:実績と予測(2019年~2030年)

      株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「商業用オーバーヘッドドアの世界市場:実績と予測(2019年~2030年)」(QYResearch)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/qyr1477884-global-commercial-overhead-doors-market-report.html世界の商業用オーバーヘッドドアの市場規模は、2023年に32億4,000万米ドルとなり、2030年には42億7,000万米ドルに達するとみられ、予測期間の2024年~2030年のCAGRは4.06%になると予測されています。当レポートでは、世界の商業用オーバーヘッドドア市場について調査し、市場の概要とともに、タイプ別、用途別、地域別の動向、および市場に参入する企業のプロファイルなどを提供しています。第1章 商業用オーバーヘッドドア市場概要第2章 企業による商業用オーバーヘッドドア市場競争第3章 商業用オーバーヘッドドアの現状と見通し、地域別第4章

      株式会社グローバルインフォメーション

      1ヶ月前

    • 予測分析の世界市場

      株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「予測分析の世界市場」(Global Industry Analysts, Inc.)の販売を開始しました。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/go1495856-predictive-analytics.html予測分析の世界市場、2030年には684億米ドルに達する見込み2023年に213億米ドルと推定される予測分析の世界市場は、2023年から2030年にかけて18.1%のCAGRで成長し、2030年には684億米ドルに達すると予測されます。本レポートで分析したセグメントの1つである予測分析ソリューションは、CAGR 16.5%を占め、分析期間終了時には373億米ドルに達すると予測されます。予測分析サービスセグメントは、今後7年間のCAGRは20.3%で成長すると予測されています。米国市場は67億米ドル、中国はCAGR 17.8%で成長すると予測米国の予測分析市場は、2023年には67億米ドルになると推定されます。世界第

      株式会社グローバルインフォメーション

      14日前