TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 2023年のオフショア開発会社トップ:ビジネスを成功に導く
2023年のオフショア開発会社トップ:ビジネスを成功に導く

2023年のオフショア開発会社トップ:ビジネスを成功に導く

山下秋子

オフショア開発会社は、今日の超競争的な環境と技術の目覚ましい進歩の中で、ソフトウェア開発能力の拡大を目指す企業にとって極めて重要なパートナーとなっています。特に、日本企業は技術力を強化し、時代の先端を行くための革新的な方法を見出すための効果的な道路としてオフショア開発を認識してきました。

オフショア開発企業は、日本企業に一流の人材だけでなく、費用対効果の高いソリューションを提供します。しかし、数多くのオフショア開発企業が存在するため、適切なパートナーを選択することは困難です。したがって、本記事では自社に適するオフショア開発企業8を厳選して紹介します。今回このリストが、意思決定とオフショア開発の最適化に役立つことを期待しております。

おすすめオフショア開発会社8選

NashTech 

オフショア開発会社トップのNashTech

会社概要

  • 設立年:2000年
  • 本社:ベトナムのハノイ
  • 支社:イギリス、日本、アメリカ、オーストラリア、シンガポール
  • 従業員数:4000名以上
  • 主なサービス:カスタムソフトウェア開発、クラウドコンサルティング、品質保証テスト、DevOps、データエンジニアリング、AIと機械学習、ビジネスソリューション、ブロックチェーン開発
  • 工数費:50~99ドル
  • 重要顧客:Bosch, NSK, Lowell, Trade Tech, UKG, Hewlett Packard Enterprise, Philips Healthcare, Walmart, Ciscoなど
  • 得意業界:金融、保険、自動車、ヘルスケア、製造業、教育、エンターテインメントなど

ランキング

  • Clutchでの4.7/5

顧客の声

  • 「彼らはリアクティブ・スタックにおける素晴らしい技術力と、機能開発に関する深い知識を持っています」

認定・賞

  • ISO 27001 認証
  • ISO 27002 認証
  • ISO 9001 認証
  • ISTQB Platinum Partner

Nash Tech は 20 年以上にわたってテクノロジーに携わり、最先端テクノロジーの使用と改善されたソリュー ションの提供においてリーディング企業のひとつとなりました。様々な言語に対応可能な若いIT人材を多数擁し、世界中の数多くのお客様と迅速かつ円滑に仕事を進めることができます。また、多くの国際的なプロジェクトに成功裡に参加し、グローバルな規模での運用に適しています。

LTSグループ

オフショア開発会社トップのLTSグループ

会社概要

  • 設立年:2016年
  • 本社:ベトナム
  • 支社:日本、アメリカ
  • 従業員数:300名以上
  • 主なサービス:ソフトウェア開発サービス(Webアプリ開発、モバイルアプリ開発、ブロックチェーン開発、ソフトウェアの保守とアップグレード)、ソフトウェアテストサービス(Webアプリテスト、モバイルアプリテスト、自動化テスト、組み込みテスト、統合テスト)、車載ソフトウェアテスト、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)(データアノテーション、データ収集、データ変換、RPAサービス)、ERPソリューション
  • 工数費:約25ドル
  • 重要顧客:Toshiba、Panasonic、Mitutoyo、SQC、ZENRIN DataCom、Macnica、 Joy、Advantages Digital Learning、SK telecom、CJ Entertainment、Bao Viet、VNPT、Golden Gateなど
  • 得意業界:eコマース、教育、自動車、建設、ヘルスケア、BFSI(銀行・金融サービス・保険)、F&B、通信など

認定・賞

ランキング

顧客の声

  • 「彼らは私たちの従業員と同じように高いモチベーションで仕事に取り組んでくれています」(SQC Inc.)
  • 「良いコミュニケーションで良い結果を出しています」(Infiniq社)
  • 「実際にプロジェクトが始まってからの見積もりの早さに感心しています」(日本顧客)

LTSグループは、ソフトウェアテストの専門会社として開始し、設立から7年以上、国際的な顧客の急成長するニーズに応えるため、サービスを拡大してきました。カスタマイズソフトウェア開発ERPソリューションデジタルBPO人材派遣などのサービスに加え、AI/アノテーションやブロックチェーンなどの最先端技術を活用したソリューションをお届けます。

効果的なSDLCプロセス、多岐にわたる分野におけるユーザー行動の洞察、及び円滑なコミュニケーションの強みを駆使し、LTSグループは94%の顧客満足度を確立し、60以上のお客様に競争力向上のお手伝いをしています。信頼できるオフショア開発パートナーとして、現在の顧客からの追加プロジェクトを積極的に引き受けつつ、新たな潜在的な機会を開拓し続けています。広範なIT人材プールと多彩な専門知識により、急を要するプロジェクトにも迅速に対応し、お客様の要求に見合ったチームを結成できます。また、英語と日本語に堪能な従業員は、明確な要件定義と国際顧客との効果的な対話を通じて、適切な方向に導いています。

株式会社Sun Asterisk

会社概要

  • 設立年:2013年
  • 本社:日本の東京
  • 支社:ベトナム、フィリピン、カンボジア
  • 従業員数:約2,000名
  • 主なサービス:システム開発、アプリ開発、DXサービス、DevOpsサービス、ブロックチェーン開発、AI&ML、クラウド開発、品質保証など
  • 工数費: 25~49ドル
  • 重要顧客:N/A
  • 得意業界:デジタル技術を活用する幅広い業界

目立つ事例

  • ビジネスチャット開発の支援
  • 日産レンタカー公式アプリの開発
  • エンタープライズ企業の事業創造プロセスを可視化
  • 身近な街の何気ない道をエンターテインメント化
  • 顧客の理解とエンゲージメントを高める自社ECサイト/CRM構築

顧客の声

  • 「プロジェクトの進捗管理や課題に対する解決策のご提案など、関わる皆さんの当事者意識がとても高く、依頼したシステム開発のクオリティだけではなく、様々な場面で大変学びの多いプロジェクトでした」

Sun Asteriskは、日本とASEAN地域で幅広い業界に対応するIT人材を育成し、デジタル化に必要なスキルと専門知識を有します。また、「Digital Creative Studio」を通じて、デジタルプロジェクトの成功に向けた戦略的にサポートします。人材管理プラットフォーム、就業支援システム、ナレッジ共有プラットフォームなどのプラットフォーム・エコシステムも、ビジネスのデジタル化を加速させる強力なツールです。また、約2,000名以上の大希望なIT人材により、優れたチームを形成する可能性があります。

株式会社モンスターラボホールディングス

オフショア開発会社トップのモンスターラボホールディングス

会社概要

  • 設立年:2006年
  • 本社:日本の東京
  • 従業員数:1400以上名
  • 主なサービス:DX推進サポート、アジャイル、UX/UIデザイン、プロダクト開発、グローバル発展・ローカライズ、プロダクト管理・寝室保証など
  • 工数費:N/A
  • 重要顧客:Fujitsu、HSBC、Shake Shack、CHR Hansen、株式会社アイビー化粧品、フューチャークエストカブシキガイシャ、ティーペック株式会社、freee株式会社、株式会社JTB、株式会社Legaseeなど
  • 得意業界:化粧品、金融、ヘルスケア、小売、飲食、教育、物流、不動産など

目立つ事例

  • クレジットカード会社のユーザー向けアプリリニューアル
  • AIを利用した肌解析システム開発
  • 健康サポートWebサイトの開発
  • バス乗車券アプリ開発
  • 返品・返却手続きを簡略化するWEBサービス開発
  • 受発注業務のデジタル化およびアプリ開発

株式会社モンスターラボホールディングスは、世界20ヶ所以上に拠点を持つオフショア開発会社、シームレスなデジタル戦略、製品開発、品質保証などの大幅なサービスを提供します。豊富な国際経験と多様かつ世界トップクラスのリソースにより、お客様の多様なご要望にお応えし、これまでに2,200件を超えるプロジェクト開発を成功させてきました。特に、UX/UIデザインの分野では優れた専門知識を有しており、ユーザーエクスペリエンスの向上に貢献することができます。また、ハイクオリティなDXソリューションを届けるパートナーをお探しなら、モンスター・ラボは自社に最適な選択肢のようです。

LTSグループからの評価

株式会社バイタリフィ

会社概要

  • 設立年:2005年
  • 本社:日本の東京
  • グループ会社:VITALIFY Group
  • 従業員数:400名
  • 主なサービス:スマートフォンアプリ開発、Webシステム開発・業務システム開発、ゲーム開発、AI開発、DX支援/SaaS開発
  • 工数費:N/A
  • 重要顧客:アソビュー株式会社、株式会社エイブルワーク、NNAC Limited、株式会社キングジム、ジュピターゴルフネットワーク株式会社、株式会社ジュピターテレコム、株式会社昭文社、ChatWork株式会社、Navigos Group、ニフティ株式会社、株式会社バンダイナムコエンターテインメントなど
  • 得意業界:ヘルスケア、製造、小売、金融、自動車など

目立つ事例

  • 地域との繋がりを可視化して、コミュニティを活性化するアプリの新規開発
  • AI-OCRで戸籍謄本から自動で相続図を作成するアプリ開発
  • AIを活用した除雪状況のプラットフォーム開発
  • 地域密着テイクアウト&デリバリーサービスの管理画面開発/機能開発
  • 太陽光発電一括見積もりサイトの運用/更新/改修

AIは今日のビジネスにおいて不可欠な要素となっており、株式会社バイタリフィは、そのテクノロジーを効果的に活動し、顧客に改善的なソリューションを提供します。IoTソリューション、アプリケーション開発、システム開発に関する多くのプロジェクトを成功裏に実施し、顧客の多様なニーズに対応します。また、日本の顧客との協力においても豊富な経験があり、文化的な違いを理解し、効果的なコミュニケーションを確保します。

AMELAジャパン株式会社

オフショア開発会社トップのAmelaジャパン株式会社

会社概要

  • 設立年:2019年
  • 本社:ベトナム
  • 支社:日本
  • 従業員数:約311名
  • 主なサービス:システム開発事業(システム設計・UI/UX設計、システムの製造・テスト、システムの運用保守)、IT人材ラボ事業(オフショア開発、エンジニア紹介、SESサービス)など
  • 工数費: 約25ドル
  • 重要顧客:NTT Communications, Shinshu University, JGC, Mitsuwa, JOT, mynet.ai, Media System, SB Works, Lancers, Marukuなど
  • 得意業界:不動産、建設、製造、医療、物流や教育など

認定・賞

  • ClutchのWeb開発者(2023年)
  • ClutchのITサービス会社トップ(2023年)
  • Clutchのブロックチェーン会社トップ(2023年)
  • 情報セキュリティマネジメントシステム ISO/IEC 27001:2013
  • 品質マネジメントシステム ISO 9001:2015
  • ベトナム優秀IT企業 SAO KHUE(2021年)

ランキング

  • Clutchでの4.9/5

顧客の声

  • 「アメーラのエンジニアはこの業界に関する深い知識で私たちを強く印象付けました」

AMELAジャパン株式会社は、わずか4年の短期間で急成長を遂げ、70以上ものクライアントから信頼を築いてきました。これまでに不動産、建設、製造、医療、物流などの幅広い業界で実績を上げ、合計160以上のプロジェクトを成功させてきました。この成功の背後には、幅広い経験と専門知識を活用し、お客様の期待に応えるための熱意があります。さらに、数多くの日本企業との取引経験があるため、効果的な協力、円滑的なコミュニケーション、顧客要件の理解を保証し、期待通りの結果をお届けします。

SHIFT ASIA CO., LTD.

オフショア開発会社トップのSHIFT ASIA

会社概要

  • 設立年:2016年
  • 本社:ベトナムのホーチミン
  • グループ会社:株式会社SHIFT
  • 従業員数:200以上名
  • 主なサービス:テスト自動化サービス、セキュリティーテストサービス、ソフトウェア開発(PoC/MVP開発、Web/モバイルアプリ開発、Webサイト開発、エンタープライズ向けソフトウェア開発)、ODCなど
  • 工数費:30~70ドル
  • 重要顧客:N/A
  • 得意業界:金融サービス、eコマース、ヘルスケア・医療、ビジネスサービス、ゲームなど

認定・賞

  • ISTQBの認定試験において100%の合格率を達成
  • ISTQB Platinum Partner
  • ISO/IEC 27001:2013

ランキング

  • Clutchでの4.5/5

顧客の声

  • 「包括的なテストケースと効率的なシステム更新は、私たちに最も感銘を与えました」

Shift Asiaは、ベトナムと日本のトップ大学を卒業し、大手企業での経験豊富な人材が揃っています。その高度な技術力と日本市場への理解は、多くの日本顧客の成功に貢献してきました。また、N2以上の日本語習熟度を持つ55%以上のスタッフとアジャイル認定資格を保持する30名以上のスタッフを通じて、円滑なコミュニケーションを実現し、プロジェクトを効果的に推進します。

MIICHISOFT株式会社

会社概要

  • 設立年:2018年
  • 本社:ベトナム
  • 支社:日本
  • 従業員数:170名
  • 主なサービス:ライブストリーミングソリューション、Posenetモーション検出ソリューション、Offshore開発、ラボ開発、ITコンサルティング、Blockchain開発、VR/AR 開発
  • 工数費: N/A
  • 重要顧客:photoruction、株式会社ウィルグループ、Delta Win Consulting、Dreamhop, 三生医療株式会社、Smart Ignition Technologyなど
  • 得意業界:教育、建設、小売、基幹システム、物流、不動産など

認定・賞

  • ISTQB Gold Partner
  • AWS Consulting Partner
  • ベトナムトップ10IT企業(2022年)
  • サオ・クエーのベトナムトップIT企業(2022年)
  • ISO 27001:2013
  • ISO 9001:2015

Miichisoft株式会社は設立以来、多岐にわたる業界の顧客に革新的なソリューションを提供しています。ブロックチェーンやAR/VRなどの新たな技術に積極的に対応します。さらに、高い管理能力を持つことでも知られており、プロジェクトを効率的かつ円滑に進行させるためのリーダーシップを保します。従業員もベトナムの有名大学でITを専攻し、高度なスキルと専門知識を有します。これらの要素はプロジェクトにおける成功への鍵となっています。

LTSグループからの評価

オフショア開発会社を正しく評価するために、検討すべき要素や項目が多岐にわたります。価格競争力だけでなく、品質、経験、コミュニケーション能力など幅広い要因を考慮することで、プロジェクトの成功確率を高めることができます。貴社とプロジェクトに適したオフショア企業を選択できるよう、ぜひ引き続きお読みください!

オフショア開発会社の選び方・比較のための項目

オフショア開発会社を選択するポイント

目標と要件の明確化

オフショア開発パートナーを選定する前に、自社のチームと協力してプロジェクトの目標と最重要要件を明確にすることが肝要です。明快なビジョンを描くことは、オフショア企業との協業の強固な基盤となります。この段階での徹底的な準備が、プロジェクトの成功に向けた重要な第一歩です。

専門知識と経験

特にヘルスケア、建設、フィンテック、保険などの業界において、業界専門知識が極めて不可欠です。オフショア開発パートナーが単にプロジェクト要件を満たすのではなく、その業界における深い洞察と知識を有していることが必要です。業界に精通したパートナーは、ソフトウェアの構造、機能、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、競争力を高めるのに役立ちます。また、各オフショア開発会社が異なる強みを持つため、必要なテクノロジースタックに合わせる会社を調べて選択してください。

コミュニケーションと言語スキル

効果的なコミュニケーションは成功するオフショア開発パートナーシップの要です。ベンダーとの明確なコミュニケーションができなければ、その成果に満足できない可能性があります。

日本のクライアントと協力する際、オフショア開発チームには情報技術コミュニケーター(ICT)やブリッジSEの役割が含まれることがあります。これらのメンバーは日本語または英語に堪能であり、双方のコミュニケーションを円滑に進める役割を果たします。そのため、オフショアチームのコミュニケーションスキルと語学力を適切に評価することは極めて重要です。

顧客レビューと成功事例

オフショア開発企業の評判を把握するために、ウェブサイトやソーシャルメディアページでの最新の投稿やコメント、顧客の評価を調査しましょう。オフショア企業が受賞歴、業界の認定、お客様からのフィードバックを持っているかどうかを確認することで、その専門知識と技術力の程度を理解できます。また、CEOやCTOの背景情報もリーダーシップの能力や影響力を示す手がかりとなります。

費用対効果

予算は常に重要な要素ですが、選んだプロバイダーとの間でコストについて明確に話し合うことは不可欠です。契約を締結する前に、隠れた費用や予期せぬ追加費用がないか確認し、契約条件を詳細に共有しましょう。コストと品質のバランスを取るだけでなく、価格設定がプロバイダーの品質と能力に見合っているかどうかを評価することが必要です。

オフショア開発の国

オフショア開発のパートナーの地理的な位置は、コストとプロジェクト品質に直接影響を与えます。最近では、ベトナムが日本企業にとって最も魅力的なオフショア開発先として浮上します。ベトナムのIT市場について詳細を調査し、その潜在能力を理解しましょう!

成功を達成するためにオフショア開発完全ガイドに関する詳細はこちら

ベトナムにソフトウェア開発を委託する理由とは?

テクノロジー・ハブとしてのベトナムの出現

過去20年間で、ベトナムは急速に成長し、グローバルITアウトソーシングの重要な拠点となり、世界中の企業にその存在感を示しました。この変革には、技術の進化とデジタルインフラの整備、競争力のある生産コストなど、いくつかの重要な要因が影響しています。以下は、成長著しいベトナムIT市場の現状に関するいくつかのポイントです。

日本市場の好意的な評価:2014年以来、ベトナムは日本の最も好意的に評価されるテクノロジーパートナーの一つとして一貫してランキングされています。これは、国の信頼性、高品質な作業、日本のビジネス慣行との適合性を示すものです。

国際的な認知:ベトナムのIT能力は、日本だけでなく、世界中の主要市場でも認識されています。、ベトナムはアメリカ、ヨーロッパ、韓国、香港、オーストラリアなどの国の信頼性と競争力のあるITアウトソーシングパートナーとして認識されています。

テクノロジーハブ:ホーチミン市とハノイは、ベトナム内で主要なテクノロジーハブとして台頭しました。これらの都市は、テクノロジータレント、ビジネス、IT開発に適したインフラの集中地を誇っています。近年、ダナンなどの他の都市もテクノロジービジネスの設立に向けた有望な場所として浮上し、クイニョンは特にAI分野の技術研究開発において理想的な場所として注目されています。

技術の導入力: ベトナムは最新技術の導入と新たな分野への進出に強みを持っています。これにはスマートシティイニシアティブ、フィンテック、エドテック、サイバーセキュリティ、通信などが含まれます。

ベトナムのテックランドスケープ、トレンド、成長の可能性についてさらに詳しく理解し、新しい機会を探るために、ぜひ弊社のe-bookをご参照ください。このe-bookには、国のテクノロジーランドスケープに関する貴重な洞察が含まれており、成長の可能性を提供しています。

ベトナムITサービス市場のeブック

ベトナムのオフショア開発メリットとは?

以下はベトナムオフショア開発を実施する時、いくつかの魅力的な点・メリットとなります。

安定した政治と経済

2022年現在、ベトナムは国内総生産(GDP)において主要国の中で35位、購買力平価(PPP)において26位という経済規模を誇っています。また、ベトナムは共産党主導の政治システムと社会主義法治国家に基づく政治的安定を実現しています。これにより、外国投資家にとって信頼できる目的地となり、ベトナムへの外国直接投資(FDI)が増加しています。

戦略的な地理的位置

ベトナムは、東南アジアとアジア太平洋の中心に戦略的に位置し、経済的な交流が盛んな地域とアジア太平洋地域の双方にまたがっています。この位置付けにより、シンガポール、マレーシアなどの隣国との緊密な協力を通じて、地域全体のテクノロジー活動に積極的に参加できる優れた機会を得ます。

費用対効果

競争力のある労働コストのおかげで、ベトナムはコスト削減だけでなく品質向上を実現する理想的なオフショア先となっています。また、ベトナム政府も、ITサービス企業の発展を促進するために多くの税制優遇措置を実施しています。このような税制優遇措置は、外国企業のオフショア開発プロジェクトのコスト削減を支援します。

膨大な優れた人材

ベトナムの全国労働力人口の中で、IT人材が占める割合は約5,220万人の従業員の中で1.1%と推定されています。毎年、約5万7,000人のIT学生がIT訓練大学や専門学校を卒業し、優れたIT人材が供給されています。これにより、ベトナムのオフショア開発会社は外国企業からの要望に迅速に対応し、日本の人材不足の問題対策に貢献しています。

日本語能力

日本語教育は大学だけでなく、高校でも着実に普及しています。労働市場の需要に対応するために、日本語センターも多数設立されています。また、2021年の独立行政法人 国際交流基金の調査によれば、ベトナムにおける日本語学習者数は16万9,582人に達し、世界で6番目に多いことが確認されました。その理由で、ベトナムの開発者は流暢な日本語スキルを持ち、海外の顧客と円滑にコミュニケーションをとることが可能です。

ベトナムオフショア開発とIT市場の現状とメリットの詳細は弊社の記事を御覧ください!

LTSグループ:一流なベトナムオフショア開発会社

LTSグループは、これまでの実績と高度な専門知識を活かし、お客様のオフショア開発ニーズに最適なソリューションを提供します。Java、Python、.NET、PHP、C#、C++、Node.jsなど、幅広いテクノロジースタックに精通しており、ヘルスケア、金融及び建設など高い業界知識を要するプロジェクトを成功に実施してきました。プロジェクトごとを経て、お客様に最高の価値とメリットをお届けるようにプロセスを継続的に改善し最適化してきました。

情報セキュリティに関しても、私たちは高い基準を維持し、お客様のデータやプロジェクトに対する安全性を確保しています。また、専任のODC(ラボ型開発)サービスを提供し、お客様のプロジェクトに専属の開発チームを提供します。これにより、セキュリティを保証するだけでなく、連携が円滑に行え、効果的なプロジェクト管理が可能となります。

以下はLTSグループの成功ODC導入事例となります。

事例1:ITソリューション日本企業向けの専任チームの打ち上げ

お客様は日本のITソリューションサービスプロバイダーであり、異なるプロジェクトに対応するためにオフショア開発チームを必要とします。LTSグループは開発者とテスターからなる専任チームを提供しました。このプロジェクトは2017年6月に立ち上げられ、最初は4人のメンバーからスタートしました。その後、プロジェクトの需要に合わせてチームサイズは約12〜15人に拡大しました。

事例2:日本のIT企業向けの最新のクラウドネイティブサービスの構築

お客様は日系IT企業で、最新のクラウドネイティブサービスを構築するフロントエンドエンジニアチームを必要としていました。弊社の6人チームは、9ヶ月かけて2つのシステムを構築しました。

作業範囲

コンサルティング

  • アイデアからソフトウェア要件への変換をサポート
  • 技術提案とテクノロジースタックの提供

設計

  • モバイルアプリケーションUI/UXの設計
  • WebアプリケーションUI/UXの設計
  • モバイルアプリケーションおよびWebアプリケーションの開発
  • テスト

展開

  • AWSトポロジの設計と展開

よくある質問

オフショア開発に強い会社一覧は?

  • NashTech
  • LTSグループ
  • 株式会社Sun Asterisk
  • 株式会社モンスターラボホールディングス
  • 株式会社バイタリフィ
  • AMELAジャパン株式会社
  • SHIFT ASIA CO., LTD.
  • MIICHISOFT株式会社

オフショア開発国の人気ランキングは?

  • ベトナム
  • フィリピン
  • インド
  • バングラデシュ
  • 中国
  • ミャンマー
  • ウクライナ

オフショア開発の利点は何ですか?

  • 安定した政治と経済
  • ベトナム政府からの支援
  • 費用対効果
  • 膨大な優れた人材
  • 日本語能力

まとめ

オフショア開発会社との協力は、すべてのビジネス課題に対する完璧な解決策ではないが、ビジネスの成長に効果的な戦略となる可能性があります。オフショア開発の戦略的活用は、プロジェクトの成功を確実にできるだけでなく、新価値を創造し、競争力を向上させ、市場での地位を強化することになります。

LTSグループは、国際的な顧客との幅広いプロジェクト経験を積んだ信頼性の高いオフショア開発会社です。したがって、お悩み事や素晴らしいアイディアがあれば、迅速かつ持続的な成功を実現するために、ぜひご相談ください

山下秋子LTS Group

LTS Groupはベトナムを拠点とするグローバルなITアウトソーシング企業です。高品質なサービスを維持し、コストを最適化することに寄与するITサービスを提供しています。 

世界中のさまざまな業界の顧客と連携し、顧客満足度96%以上を維持し、国内外でさまざまな業界賞を受賞していることを誇りに思っています。

主なサービス内容は次のとおりです。
・ソフトウェア開発
・ソフトウェアテスト&品質保証サービス
・ビジネスプロセスアウトソーシングサービス(BPO)

次のような大きな利点をもたらすことを保証します。
・ベトナムの魅力的な労働コストによる競争力のある単価
・最高のサービスやソリューションをお届けしようとする意欲にあふれた幅広いIT人材のプール
・教育、医療、eコマース、建設、自動車、金融など様々な業界の深い知識を持つエンジニア
・エンジニアの言語能力と即戦力のITコミュニケーター&BrSEのによる効果的なプロジェクトコミュニケーション
・要件、予算と時間枠に基づく柔軟なソフトウェア開発手法:アジャイルモデル、ウォーターフォールモデル、Vモデル、イテレーションモデルなど

LTS Groupがどのように貴社の目標達成とROIの向上に役立つか、まずは日程調整を作成してください!

ご連絡ください。
Website: https://www.ltsgroup.tech/
Linkedin: https://www.linkedin.com/company/74334296/
Email: contact@ltsgroup.tech

LTS Group

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • ベトナムオフショア開発の現状とおすすめの開発会社5選

      はじめに近年、ベトナムオフショア開発は日本のIT人材不足を補い、時間・コストを削減しするソリューションだけでなく、ビジネスの競争力を高める戦略として注目してきました。過去10年間で、ベトナムのIT産業は飛躍的に成長し、ベトナム国外の企業の注目と投資を引き付けることに成功し、世界のIT地図に強い印象を残してきました。グローバルなITサービスに対する高い需要が、ベトナムのIT企業の急増につながっています。ベトナムの情報通信技術省によると、2017年から2021年の間に、ICT企業の数は年平均約7%の割合で増加しました。2023年5月までに、ICT企業の数は約71,500社に達すると報告されました。現在、多くのICT企業が存在するため、自社に適したパートナーを見つけるのは容易ではないかもしれません。また、「ベトナムのIT企業はどのような価値を提供できるのか?」といった質問もまだあります。そこで、今回記事を通して、あなた自身の答えを見つけるために深く掘り下げてみましょう。まず、ベトナムのオフショア開発の現状、最新動向及びメリットをご説明させていただきます。ベトナムオフショア開発の現状・動向及びメリットベトナムがオフシ

      山下秋子

      21日前

    • 2023年オフショア開発完全ガイド

      ITの絶え間ない発展が社会を前進させます。日常生活の中でITの普及は否定できないでしょう。ITは個々の暮らしと密接な関係を築くだけでなく、ほとんどの業種・業態の企業にとって有効なソリューションとなっているようです。多くの企業は、コストの最適化や業務の効率化のためにITを活用しています。人材、時間、や専門知識の不足のため、ITアウトソーシング、特にオフショア開発の導入は目新しいものではありません。Grand View Researchによると、2019年の世界のITサービスアウトソーシング市場規模は5207億4000万米ドルで、2020年から2027年にかけて年平均成長率(CAGR)7.7%で成長すると予測されています。ITアウトソーシングの種類・メリットに関する詳細はこちら。日本の企業は時間とコストを抑えながら、リソースや品質を確保できるメリットをもたすオフショア開発は日本企業にとって人気の高いソリューションになるようです。では、「オフショア開発とは?」、「オフショア開発には日本企業にどんなメリットがあるのか?」及び「オフショア開発の導入を成功させるためのポイントは何か?」、本記事ではこれらの疑問に対する答え

      山下秋子

      11日前

    • ベトナムのオフショア開発対インドのオフショア開発:勝者は?

      オフショア開発センター(ODC)は、ソフトウェア製品開発チームをリモートで実行するために必要なインフラストラクチャ、サポート、機器を提供する開発会社ですが、生活水準がはるかに低い別の国にあります。デジタルトランスフォーメーションの時代は、発展途上国のIT企業が人材を世界にもたらすのに役立ちます。この傾向を捉え、ODCサービスを展開・推進する企業が増えています。インドと中国は、ソフトウェア開発アウトソーシング業界で有名なリーダーです。しかし、COVID-19の後、業界の状況は変わりました。ベトナムを含むいくつかの新顔は、市場の「ゲームチェンジャー」になりつつあります。ソフトウェア開発チームを立ち上げるのに、インドとベトナムのどちらを選ぶべきか迷っていますか。この記事は、あなたが今必要としているものです。特定のデータで、2つの潜在的な市場の最も客観的で包括的な評価を提供します。「新星」と「人気者」の間でどちらを選ぶべきでしょうか。インド・ベトナムにオフショア開発センター設立の費用対効果多くの企業がインドやベトナムにODCを設立する最も大きな理由は、費用対効果にあります。インドとベトナムは、アジアで最も物価が安い国

      山下秋子

      11日前