TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 抗肥満薬産業分析レポート、成長、機会、規模、シェア、動向概要、2024-2036年予測
抗肥満薬産業分析レポート、成長、機会、規模、シェア、動向概要、2024-2036年予測

抗肥満薬産業分析レポート、成長、機会、規模、シェア、動向概要、2024-2036年予測

Isao Furukawa

世界の抗肥満薬 市場規模

抗肥満薬市場は、2023年に21.16億米ドルの市場価値から、2036年までに85.60億米ドルに達すると推定され、2024ー2036年の予測期間中に15%のCAGRで成長すると予想されています

サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-111778

世界の抗肥満薬 市場分析

抗肥満薬は、食欲を減らすかカロリー摂取量を増やすことで体脂肪を減らすのに役立ちます。世界中の肥満患者数の増加は、ファーストフードの消費と運動不足によって悪化すると予測されています。不健康なファーストフードの摂取、と可処分所得の増加は、抗肥満治療薬に対する消費者の需要を後押ししています。さらに、高度な医学研究は、製薬会社、医科大学や研究所、政府機関を通じて、抗肥満薬の開発にも大きく貢献しています。これらの要因は、予測期間中に抗肥満薬市場の成長を推進すると予想されます。

Trust for Americaの健康によると、2020年には、米国の成人の肥満率は42.4%であり、全国の肥満率が初めて40%を超えました。さらに、全国の成人の肥満率は、2008年以来26%で増加しています。また、食生活の変化、とファーストフードの消費の増加は、抗肥満薬の採用と需要につながります。肥満の有病率の驚くべき上昇(特に北米の先進地域)も、抗肥満薬市場の成長を牽引しています。しかし、高コストは2024ー2036年の予測期間中に抗肥満薬市場の成長を妨げる可能性があります。

世界市場の成長は、基本的な3つのパラメーター、検出、予防、および治療の開発を通じて健康を促進するためのヘルスケア業界のさまざまな重要な進歩に起因する可能性があります。これらのパラメータは、健康状態、生活の質、および全体的な医療システムを測定するために必要です。さらに、医療費の増加も市場の成長を促進しています。経済協力開発機構(OECD)の統計によると、日本の一人当たりの総医療費(政府、強制医療保険、任意医療保険)は、2016年の4297.13米ドルから2019年には4823米ドルに増加しました。同様に、米国では、9880.16米ドルから2019年に11072米ドルに増加しました。ドイツは5668米ドルから6646米ドルへの増加を目撃しており、英国は上記の期間中に3990米ドルから4653.05米ドルへの成長を観察しました。世界的に、医療費は2020ー2024年の間に約5%のCAGRで成長すると予測されています。

競争力ランドスケープ

抗肥満薬市場の主要なキープレーヤーには、Boehringer Ingelheim GmbH、Arena Pharmaceuticals Inc.、Takeda Pharmaceuticals Company Limited、Zydus Cadila、Rhythm Pharmaceuticals、Merck & Co. Inc.、Eisai Co. Ltd.、Novo Nordisk A/S、Orexigen Therapeutics Inc.、GlaxoSmithKline PLCなどがあります。この調査には、抗肥満薬市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

Isao FurukawaSDKI

私は、消費者行動、市場動向、業界の洞察に関するデータの収集と分析に精通したマーケットリサーチエグゼクティブです。強力な分析力とコミュニケーション能力で、組織の経営陣に実用的な洞察を提供し、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定を支援します。私の目標は、組織が競合他社より優位に立つための貴重な洞察を提供することです。

SDKI

Market Survey Manager

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • カスタム抗体産業の規模、動向レポート、洞察分析、2024-2036年予測

      カスタム抗体 市場規模カスタム抗体市場は、2023年に約47.939百万米ドルの市場価値から、2036年までに約112.544百万米ドルに達すると推定され、2024ー2036年の予測期間中に8.9%のCAGRで成長すると予想されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-61761カスタム抗体 市場分析研究活動 (特にライフ サイエンス業界) の増加、産学連携の拡大、および抗体治療パイプラインの拡大が、この市場の主要な成長ドライバーです。アジア太平洋地域とラテンアメリカの発展途上国での急速な成長、および個別化医療とタンパク質治療に対する需要の増加は、この市場のプレーヤーに大きな成長の機会を提供すると予想されます。しかし、プロテオミクス研究のための代替抗体への関心が高まっていることは、多額の設備投資と長期中に抗体開発の必要性により、主要な市場の課題の一部です。カスタム抗体市場セグメントカスタム抗体市場は、サービス別(抗体の開発、抗体生産および精製、および抗体の断片化と標識)、タイプ別(モノクローナル抗体、ポリクローナル抗体、組換え抗体

      Isao Furukawa

      1ヶ月前

    • カルシウム拮抗薬 産業規模、動向レポート、洞察分析、2023-2035年予測

      カルシウム拮抗薬 市場規模世界のカルシウム拮抗薬市場規模とシャアは2022年に約150億米ドルの市場価値から、2035年までに約316億米ドルに達すると予測されています。当社の世界のカルシウム拮抗薬市場分析によると、カルシウム拮抗薬は2023 -2035年間に 約11.4% の CAGR で成長しています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-84909カルシウム拮抗薬 市場分析カルシウム拮抗薬は、血圧を下げるために処方される薬です。これは、心臓と動脈にカルシウムが入るのを防ぎ、血管を弛緩させる働きがあります。これは、通常、高血圧、冠動脈疾患、胸痛、不整脈の治療のために処方されます。当社の調査によると、カルシウム拮抗薬の承認が増加し、カルシウム拮抗薬市場の成長を促進する顕著な要因となっています。シルニジピンは最近開発された CCB で、L 型と N 型の両方のカルシウム チャネル遮断活性を持っています。N型カルシウムは神経と脳内に分布しているため、シルニジピンは交感神経の抑制など神経活動に特異的な作用を示すと予想されます。カルシウム拮抗薬

      Isao Furukawa

      4ヶ月前

    • ブリスターパック医薬品産業動向、成長、分析レポート予測-2024-2036年

      市場概況ブリスターパックは、製薬業界で製品をさまざまな外的要因から保存および保護するためのパック形式として使用される、あらかじめ形成されたプラスチックパックです。パッケージングは​​ドラッグデリバリーシステムの重要な部分であり、マーケティングの重要な要素でもあります。無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-110585ブリスターパック医薬品市場の成長要因以下は、ブリスターパック医薬品市場の主な成長要因の一部です。1. スマートブリスターパックの人気の高まり– スマート ブリスターパックは製薬業界で注目を集めています。製薬会社は、従来のパックからスマート ブリスターパックへの移行を進めています。このスマート ブリスターパックは、輸送中に医薬品の状態を追跡できるように設計されているためです。2. 製薬業界における研究開発活動と支出の増加–大手製薬会社は、製品パイプラインを更新および改善するために研究開発に多額の投資を行っています。これらの企業は、市場での競争力を維持するために製品開発に多額の費用を費やしています。ブリスターパック医薬品市場セグメント当社は

      アサミ 藤川

      5ヶ月前