TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 個人向け融資プラットフォームを構築するUPWARDS 金融庁よりノーアクションレターを受領・株式会社バンク創業者光本氏他エンジェル投資家から資金調達
個人向け融資プラットフォームを構築するUPWARDS 金融庁よりノーアクションレターを受領・株式会社バンク創業者光本氏他エンジェル投資家から資金調達

個人向け融資プラットフォームを構築するUPWARDS 金融庁よりノーアクションレターを受領・株式会社バンク創業者光本氏他エンジェル投資家から資金調達

村田大輔

株式会社UPWARDS(本社:東京都千代田区、代表取締役:村田大輔、以下「当社」)は、構築中の個人向け融資プラットフォーム「クラウドローン」(以下「本サービス」)について、この度、金融庁よりノーアクションレターを受領したことと、株式会社バンク創業者の光本勇介氏及び上場フィンテック企業で役員を務めるエンジェル投資家からの資金調達を実施しましたことをお知らせいたします。

■本サービスについて

これまでは個人が希望する条件で融資可能な金融機関を新たに探す方法として、インターネット等で一社ごとに検索をするか、数千あるといわれる「比較サイト」を活用する方法で情報を取得し、且つ融資可否の確認を行うためには個別に申込みを行う必要がありました。

一方、本サービスでは、

1. ユーザーが個人の事情や希望条件に合わせてアンケート形式で回答する。

2. 1の情報を閲覧した各金融機関が独自の融資可能枠に該当するユーザーに対し直接提案をする。

3. 提案を受けたユーザーは、さらに希望に合う金融機関を選択し申込を行う。

と、この3つのステップで、金融機関と個人が事前に情報を取得することができます。

<ユーザーのメリット>

・登録はたった3分で完了。完全無料で個人情報の登録も不要

・登録して待つだけで面倒で煩雑な融資元選びや審査の手間が省け、何度でも条件を変えて依頼が可能

・信用情報を毀損することなく希望条件にあった低金利の銀行ローンが見つけやすくなる

(この仕組みが、ユーザー本位サービスとして重要な意義を持つものと考えております)

<金融機関のメリット>

・新しい集客チャネルの獲得(国内初となる融資マッチングサービス)

・成約率向上による集客コスト効率の向上(マッチング機能による審査コストの削減)

・リスクを抑えた提案が可能(独自のスコアリング機能を活用)

本サービスの提供は年内のリリースを予定しており、現在20近くの金融機関とサービス提供に向けた協議を進めております。

(※現在も参加金融機関を募集しています。)

■ノーアクションレターの内容について

当社では、本サービスについて、金融庁へノーアクションレター(法令適用事前確認)手続を行い、貸金業の登録を要することなく、適法にサービスを提供することが可能である旨の回答を受領しております。

金融機関の融資商品を利用者に紹介する行為は、「金銭の貸借の媒介」に該当し、貸金業としての登録が求められる場合があります。一方、本サービスは貸付契約の締結に直接関わる役務を提供するものではなく、また、貸付契約の締結に向けた条件交渉や手続には一切関与していないことから、「金銭の賃借の媒介」に該当しない旨の回答を金融庁から受領しました。

詳細については、下記ウェブサイトでの公表内容をご確認ください。(公開2019年11月11日)

https://www.fsa.go.jp/common/noact/kaitou/024/024_14b.pdf

本サービスは、金融機関と借り手のミスマッチの削減を目指す国内初の仕組みで、貸金業法が定める登録要件を具備することが容易ではないスタートアップにとっての融資提供の可能性が拡大し、また、本分野における様々なサービスが誕生する道が開かれ、ユーザーの利便性がさらに増していくものと考えております。

■資金調達について

また、本サービスのリリースに先立ち、この度株式会社バンク創業者の光本勇介氏及び上場フィンテック企業で役員を務めるエンジェル投資家の計2名から資金調達を実施したことを併せてお知らせいたします。

村田大輔クラウドローン株式会社

住信SBIネット銀行でリスク管理部顧客対応責任者として従事したあと、
2社のスタートアップを経てクラウドローンを設立


2020.1.23
銀行融資のマッチングプラットフォーム「クラウドローン」リリース
https://crowdloan.jp/

オウンドメディア「ANDLOAN」運営
https://guide.crowdloan.jp/

クラウドローン株式会社

代表取締役

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • vol.2 AUBA活用事例インタビュー 資金調達に成功!その理由とは?/株式会社FLASH PARK

      こんにちは!AUBA カスタマーサクセスチームの栗山です!AUBAご活用の参考となる事例やユーザー様の声から生まれた特集情報等、様々なお役立ち情報をお届けするこのブログ、本日は活用事例の第二弾をお届け致します。今回は実際にAUBAを通じて出資を受けられたこちらの企業をご紹介致します!------------------------------------------------------------それではさっそく生の声を聞いてみましょう!【Q1】 他社との共創/オープンイノベーションに取り組もうと思われた理由・背景を教えて下さい。また、その中で、なぜAUBAをご利用されたのでしょうか?弊社が運営しているCake.jpは、1.5兆の洋菓子市場の中でも約3,000億のケーキ市場にフォーカスしています。また、ケーキはEC化率が非常に低いため、ネットマーケティングのみでは顕在しているニーズにリーチできる範囲が限られており、リアルでのユーザー接点を広く持つ大手企業との連携をしたいと考えていました。事業共創についていくつかサイトがありましたが、AUBAに登録されている大企業は、インターネット系の事業会社やVC経由でア

      栗山 彩香

      5年前

    • 【FUNDINNOアップデート】資金調達の民主化への道-株式投資型クラウドファンディングの可能性-

      こんにちは!株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」を運営しております、日本クラウドキャピタルの松本です。本日も弊社が運営しております、note(【公式】FUNDINNO)の記事をご紹介させていただきます!有益な情報が盛りだくさんとなっておりますので、ぜひご覧ください。今回の記事はこちらです。VCやエンジェル投資家、出資者が限られるエクイティ・ファイナンス。その閉ざされた状況を打開する、株式投資型クラウドファンディングの可能性に迫ります。発端の背景や仕組み、また「株主数が多いとIPOできない」という、よくある誤解とその根底にあるものにも触れております。ぜひご覧ください!https://note.com/fundinno/n/n3a3a38aa5bb2本記事の中身を少しだけ、ご紹介します!ーーーーーーーーーーベンチャー企業の資金調達は、今、株式投資型クラウドファンディングという新しい資金調達方法の誕生により「民主化」が進んでいます。しかし、株式投資型クラウドファンディングを検討されている企業から、「株主数が多いとIPOできないのは本当か?」という相談を受けることが多いです。IPOする際に、株主数が法

      松本海

      3年前

    • ロボットの実用性を最優先、清掃を極めて簡単にします。【ロボットバンク株式会社】

      モダンなテクノロジーは通常、高度に複雑で精密な技術を想起させます。ロボットバンクのロボットは、製品設計の初めから顧客体験を最優先にし、極めてシンプルなデザインから操作の簡単なものまで、優れたデザイン能力とスマートな操作により、新しい清掃体験を提供しています。🔷バッテリーの素早い交換設計で、中断なしの清掃を確保ロボットバンクのロボットのバッテリーの素早い交換設計により、顧客はたった30秒で電池の交換を完了できます。これにより、機械はバッテリーの充電時間に縛られることなく、清掃タスクを継続的に実行できるだけでなく、メンテナンスおよび充電にかかる時間コストも大幅に削減されます。特に大規模な商業施設、ホテル、病院などの絶え間ない清掃が必要な場所において、清掃操作の持続性が確保され、環境の清潔さと整頓がサポートされます。🔷中央配置によるメンテナンスプロセスの簡略化ロボットバンクのロボットの内部構造も同様にシンプルなデザインの理念を持っています。重要な部品は中央に配置されており、潜在的な故障を処理する際に、メンテナンス担当者は機械の部品の中央エリアを開くだけで、全体を分解する必要がありません。この設計により、問題の診断プ

      趙徳鵬

      2ヶ月前