TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. ZTE、「サステナビリティレポート2022」を発行
ZTE、「サステナビリティレポート2022」を発行

ZTE、「サステナビリティレポート2022」を発行

  • 10197
1人がチェック!
jp.prnasia.com
  • ZTEは、デジタル・イノベーションを通じて持続可能な未来を形成することを目指している。
  • この報告書では、企業の社会的責任を果たしながら「デジタル経済の推進者」戦略を実施するZTEの優れた実績と今後の計画を示している。

深圳市(中国)2023年5月29日 /PRNewswire/ -- 中国の通信機器大手、情報通信技術ソリューションの世界的リーディングプロバイダーであるZTEコーポレーション(香港H株:0763.HK、深センA株:000063.SZ) は、本日、注目の「サステナビリティレポート2022」を発行しました。 この包括的な報告書は、「デジタル経済の推進者」戦略の実施、企業の社会的責任の遂行、社会のデジタル変革の支援、持続可能な開発の提唱、グローバルコミュニティへの貢献、コーポレートガバナンスの推進における同社の優れた実績や取り組み、そして将来計画を紹介しています。同社は、透明性と説明責任へのコミットメントを示すため、2009年以降、社会に対して毎年自主的にサステナビリティレポートを発行しており、15年連続という注目すべき記録を保持しています。

ZTE、「サステナビリティレポート2022」を発表

技術革新を加速させ、高品質なグローバル・デジタル経済の発展を促す

2022年、世界の政治・経済情勢は依然として複雑で、さまざまな圧力、課題、不確実性が際立つ状況に置かれています。 しかしながら、このような状況の中で、デジタル化が極めて重要な要素として台頭してきました。 このデジタル時代の重要性を認識し、同社は技術革新能力のさらなる強化に重点を置いています。同社は、その専門知識を活用し、革新的なICT技術製品とソリューションの開発と提供を通じて、世界のデジタル変革を支援することを約束します。

ZTEのエグゼクティブ・ディレクター兼CEOであるXu Ziyang氏はレポートの中で、次のように主張しています。「ZTEは、デジタル経済の牽引役としての役割を堅持し、最も困難な課題に取り組みながら、その卓越性を追求します。 確固たる決意を持って、業界全体のパートナーと手を取り合い、新たな可能性を切り開き、最終的には質の高い経済成長に貢献し、すべての人にとって地球をより良い場所にすることを目指しています。」

本レポートは、同社の独立したイノベーションへのコミットメントと、技術的な進歩に対する取り組みを強調しています。2022年末までに、同社のグローバル特許出願件数は85,000件を超え、これまでに約43,000件の特許が認可されています。世界的な投資管理会社であるJLLが発表したレポートでは、同社は世界的な特許展開における主要プレーヤーであると評価されています。さらに、同社は世界規模で5G技術の研究および標準化に向けて積極的に取り組んでいます。

デジタル革命の最前線にいる同社は、進歩の牽引役として、さまざまな業界を強化し、新しいデジタルエコシステムを形成する上で極めて重要な役割を担っていくことを約束します。2022年、同社は、工業製造、冶金・鉄鋼、鉱業、電力、輸送、大企業など15の産業分野において500社以上とパートナーシップを結びました。革新的なソリューションの導入を通じて、同社は100を超えるデジタル変革の取り組みを後押しし、主要なプロジェクトの開発を成功に導いた実績があります。 このような取り組みにより、社会全体のデジタルトランスフォーメーションと進歩を大幅に加速させました。

持続可能な未来に向けた低炭素戦略の積極的な実践

同社はグリーン開発の理念に深くコミットしており、脱炭素経済への世界的な移行に積極的に参加しています。省エネや排出量削減のための施策で、さまざまな産業界に力を与え、グリーン開発の道を迅速に歩めるように努めています。 同社は、グリーンで低炭素なアプローチで、持続可能な未来に向かうことを目標としています。

ZTEの執行副社長兼COOであるXie Junshi氏はレポートの中で、次のように述べています。「低炭素戦略を堅持し、ZTEはデジタル経済へのグリーンパスを前進させ続けています。 カーボンニュートラルという目標を掲げ、企業レベルのチームを立ち上げ、10の主要な炭素削減イニシアチブを体系的に進めています。」

同社は、グリーンな企業運営、グリーンなサプライチェーン、グリーンなデジタルインフラ、グリーンな産業強化という4つの重要な側面を通じて、デジタルエコノミー路線を開拓しています。 同社は、生産と運営を通じて省エネと排出削減への取り組みを継続的に強化し、事業者が包括的なグリーン・低炭素ネットワークを構築することを可能にします。

2022年、ZTEコーポレーションは収益の伸びを維持しながら、温室効果ガス排出量(スコープ1、2、3)の前年比7.48%減を達成しました。 また、販売した製品の単位あたりのエネルギー消費量を14%以上削減し、販売・使用した製品からの総排出量を4.9%削減することを達成しました。 同社は、「5G-to-Manufacture 5G」および製品を製造するダークファクトリーなどのイニシアチブを導入し、製造された5G製品の単位当たりの二酸化炭素排出量を9.3%削減し、電力消費量を前年比で7.13%以上減少させました。

さらに、同社はAIエネルギークラウド、グリーン電力、インテリジェントエネルギー貯蔵などのデジタルエネルギーソリューションを積極的に開発し、カーボンニュートラルへの道を加速しています。500社以上の業界パートナーとの協力を通じて、同社は省エネ、排出削減、業務効率向上のための技術的エンパワーメントを探求し、さまざまな分野でのデジタル変革の促進を図ります。

同社はインフラストラクチャープロバイダーとして、常に社会的・環境的側面の改善に積極的に取り組んでいます。2022年、同社は世界的な環境情報調査機関であるカーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)から、気候変動における優れた実績が認められ、「A-」の評価を得ました。また、同社はその功績を称えられ、CDP China 2022の「Environmental Leadership Award」を受賞しています。 さらに、2022年には、SGSからISO 14604-1:2018温室効果ガスの声明書(Verification Statement)を取得し、中国の電気通信業界で初めてこの規格を採用・実施した企業の1つとなりました。

5月24日、同社は「SBTイニシアチブ」(SBTi;科学的根拠に基づく目標)への参加を表明し、コミットメント署名式を実施しました。同イニシアチブのガイドラインに沿い、同社は科学的根拠に基づく排出削減目標を短期的に設定し、長期的にネットゼロ排出を目指します。具体的には、同社は今後5~10年の間に、1.5℃の気温上昇抑制経路に沿った温室効果ガスの大幅な削減を達成し、遅くとも2050年までに最終的にネットゼロ・エミッションを達成することを目標にしています。 

グリーン開発の提唱者として、同社は省エネと排出削減の取り組みを積極的に推進しています。 先進的なICT技術の専門知識と優位性を活かし、志を同じくするパートナーと協力し、グリーンおよび低炭素の取り組みを実施します。 これらの取り組みを通じて、同社は産業チェーン全体をカーボンニュートラル目標達成に向けて推進し、持続可能な未来に貢献することを目標としています。

オープンで透明性の高い、エコシステム・パートナーの成長を促進するための取り組み

同社は、業界と顧客に安全で信頼できる製品およびサービスを提供することに尽力してきました。 業界のセキュリティ基準を継続的にベンチマークし、オープンで透明性の高いアプローチを通じて、外部からの評価と信頼を獲得するよう努めています。 また、ドイツ連邦情報セキュリティ局(BSI)のNESAS CCS-GIセキュリティ認証を世界で初めて取得した企業でもあります。 同社はさらに、ISO 9001、TL 9000、QC 080000、ESD、ISO 45001、ISO 14001、ISO 22301など、さまざまなマネジメントシステムの認証と監査も獲得しています。これらの認証は、複数の主要な研究開発センターと製造拠点をカバーしており、製品範囲は同社の主要な製品カテゴリーに及びます。

加えて、同社は、サプライヤーの責任管理を強化し、責任ある調達慣行を実施することに専念しています。 サプライヤーCSR認証、リスク評価、現場監査、能力開発トレーニングを通じて、サプライヤーがCSR管理システムを構築し、効果的に運用することを奨励しています。 2022年、同社の全体的なカーボンニュートラル戦略に沿って、同社はサプライヤーに対するデュアルカーボン監査を開始し、サプライヤー109社に対して監査を実施し、サプライヤーパートナーと協力して、相互成長と発展を推進しています。

社会をより良くするために技術を開拓し、企業の社会的責任を果たす

グローバル企業として、同社は長年にわたり持続可能な発展の原則を支持し、積極的に企業の社会的責任を果たし、世界の多くの国に愛と責任を広げてきました。 多国籍企業としてのコミットメントと献身的な姿勢を示し、世界中の人々が持続可能な発展を遂げるよう支援してきました。

創業以来、ZTE基金(ZTE Foundation)では、教育、医療、貧困緩和など157以上の慈善プロジェクトを実施し、10万人以上の人々に恩恵を与えてきました。 2022年末までに、合計8,063人の登録済み社員ボランティアが、19,746.5時間ものボランティア活動に貢献しました。 ZTE基金は、6年連続で中国基金透明性指数(FTI)で満点を獲得しています。 また、「Touching Shenzhen Care Action」プログラムによる「Top 10 Philanthropic Organizations」や「Top 10 Innovative Projects」などの賞を受賞しており、地域社会への卓越した貢献が認められています。

今後も同社は、社会、環境、ステークホルダーとの調和のとれた共存を目指し、世界中で持続可能な開発のコンセプトを推進することに尽力していきます。業界のパートナーとのコラボレーションを促進することで、同社は新しい機会を積極的に模索し、持続可能な未来への道を切り開きます。 デジタル・イノベーションを通じて、包括的かつ高揚感のある成長を促進し、最終的にはより明るく持続可能な世界を創造することを目指しています。

ZTEの「サステナビリティレポート2022」の全文は、リンクからダウンロードください。

ZTEの「サステナビリティレポート2022」の主要ハイライトは、リンクでご確認ください。

ZTEについて:

ZTEは、より良い未来のために継続的なイノベーションで世界をつなぐという使命を支持しています。 同社は革新的な技術と統合ソリューションを提供し、そのポートフォリオは無線、有線、デバイス、専門的な電気通信サービスのすべてのシリーズにわたって展開しています。 世界の人口の4分の1以上にサービスを提供している同社は、デジタルでインテリジェントなエコシステムを構築し、あらゆる場所で接続性と信頼性を実現することに専念しています。同社は香港と深圳(シンセン)の両証券取引所に上場しています。www.zte.com.cn/global

公式SNSをフォロー

Facebook: www.facebook.com/ZTECorp

Twitter: www.twitter.com/ZTEPress

LinkedIn: www.linkedin.com/company/xynt-o/

YouTube: https://www.youtube.com/@ZTECorporation

メディア・報道関係問い合わせ先:

ZTEコーポレーション

コミュニケーション担当

メール:ZTE.press.release@zte.com.cn

jp.prnasia.comCision PR Newswire

1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。HP: www.prnewswire.com

Cision PR Newswire

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント1件

  • 富田 直

    富田 直

    • eiicon company
    0いいね
    チェックしました

おすすめブログ

  • サステナビリティーを集合知で推進するプラットフォーム『Sasla(サスラ)』サービス開始

    株式会社KI Strategy(本社:東京都港区、代表取締役:今井健太郎)は、持続可能な社会の実現に向け、挑戦者を応援し、プロフェッショナルの専門性を社会に還元させる群集知プラットフォーム『Sasla(サスラ)』を開始しました。背景/目的現在、国内外で、大小様々な社会課題が山積しています。その一方で、そうした課題や問題を「機会」や「チャンス」と捉えることも可能です。サステナビリティーに向けた挑戦を、世界中に散らばった知見や専門家が、集合知となってスクラムすることで、実現を後押し、今まで解決できなかった社会課題が一つでも多く解決される、そんな世界観をサスラは目指しています。「どうしたらよりよい世界になるのだろうか?」サスラが扱っている問いはこの一つです。ただ、よりよい世界の見方や捉え方は一つではなく、多様です。例えば、プラスチックの利用について。 環境問題から光をあてると、時に有害なプロダクトとも見える一方で、貧困問題の観点で捉えると、格安で提供できる画期的な素材として捉えることも出来る・・・答えのない、問いを扱うからこそ、様々な知見を持ったプロフェッショナルをサスラは集めています。また、時に二律背反する課題を

    今井健太郎

    3年前

  • 5Gマクロサイト 市場: 詳細な調査 - Huawei, Ericson, Nokia, ZTE, Samsung

    "5Gマクロサイト 市場概要 2024-2030:近年、国内外の市場からの需要の急速な増加により、5Gマクロサイト市場は大幅な成長と発展を遂げています。 この 5Gマクロサイト の市場レポートは、市場の現状に関する詳細かつ包括的な概要を提供し、市場の傾向、推進力、統計、機会、課題を強調しています。 競争環境の詳細な分析も含まれています。 このレポートは、業界への投資や業界での存在感の拡大を検討している企業に洞察と理解を提供することを目的としています。5Gマクロサイトレポートは、主要な成長ドライバーと課題を強調し、製品タイプ、最終用途産業、アプリケーション、主要プレーヤー分析などを含む主要市場セグメントの詳細な分析を提供します。 ビジネス戦略、市場でのポジショニング、長所と短所に関する洞察を提供します。サンプル レポートを取得する: https://www.marketresearchupdate.com/sample/3909565Gマクロサイト市場調査レポートの主な調査結果には、:1. 市場規模: 消費者の総数、売上高、市場価値を含む 5Gマクロサイト 市場の合計規模。2. 成長率: 過去の成長率と

    アイシュワリヤー・カグワデ

    3ヶ月前

  • 顧客コミュニケーション管理市場の展望と動向分析レポート 2022-2032

    カスタマー・コミュニケーション・マネジメント(CCM)市場は、組織が顧客とどのように接するかを再定義し、現代の事業運営に不可欠な要素として台頭してきた。この市場セグメントは、文書、明細書、請求書、マーケティング資料など、顧客コミュニケーションの作成、配信、管理の合理化と最適化に焦点を当てている。顧客体験が最重要視される時代において、CCMソリューションは絶大な重要性を増しており、企業は顧客とのエンゲージメントを強化し、より強固で持続的な関係を築くことができる。CCM市場の成長を支える主な原動力のひとつは、業務のデジタル・トランスフォーメーションである。企業のプロセスやコミュニケーションのオンライン化が進むにつれ、さまざまなチャネルにおける顧客とのやり取りを管理する包括的なソリューションの必要性が明らかになりました。CCMソフトウェアは、電子メール、印刷物、ウェブ、モバイル、ソーシャルメディアなどのチャネルを横断して顧客とのコミュニケーションを調整し、パーソナライズするための要として機能する。CCMには、文書デザイン、テンプレート管理、パーソナライゼーション、マルチチャネル配信、分析など、幅広い機能が含まれてい

    三崎あやめ

    7ヶ月前