1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 第2話「コミュニケーションロボット」ー案内ロボットとしての利活用は広がっている
第2話「コミュニケーションロボット」ー案内ロボットとしての利活用は広がっている

第2話「コミュニケーションロボット」ー案内ロボットとしての利活用は広がっている

趙徳鵬

人工知能の発達と同時に社会情勢が大きく変化としてきており、労働人口が減少が慢性化してきております。そんな中サービスロボットが提供するサービスの品質が向上していることからサービスロボット全体の市場が拡大傾向にあります。また、その中でもコミュニケーションロボットが大きな成果を産んでおり非常にたくさんの場所で見かける様になりました。最近では、駅構内の案内やビルの案内、ショッピングセンター内の売り場の案内などいろいろな機会でそうしたサービスロボットが活躍する機会が増えてきています。

コミュニケーションロボットは、会話が発生するさまざまな場面で人の代替え手段となり得るため、利活用の幅が大きく広がっています。例えば駅構内の乗換案内やショッピングセンターなどの店舗の案内、図書館や病院での各目的地の案内などたくさんの用途で有効的に活用されています。また、介護施設では、お年寄りのエンターテイメントとしてもクイズや余興やダンスなどを行うロボットとして利用されていたりします。市場が拡大していることも追い風になっています。旅のガイドや工場見学ガイドとしてコミュニケーシュニケーションロボットが利活用されるようになってきています。

こうした人を目的の場所へ案内するという人工知能技術は、多くの場所へ転用することが可能でありその裾野は広がっていますが、一方、既存技術ではロボットが人間の様に自然に雑談する事は難しく、特に接客業の様にたくさんの話題が発生するシーンでの利活用はいまだ難しいといえます。

そのような背景にあり、コミュニケーションロボットの市場が最も拡大しているのが、 案内用途としての利用です。 案内用途での利用が拡大する要因は、例えばホテルのチェックインやビルの受付業務のように作業をマニュアル化する事ができ繰返し作業を行う事で人の負担を軽減し、ロボットと人が一緒に働く事ができるようになったり、駅の乗換案内等の決まったシュチュエ―ションが発生する事が多く自動化が進みやすいためです。更に、いえば、チャットボットやコールセンターなど類似市場で活用されるソフトウエアに搭載される人工知能技術は、案内用途のコミュニケーションロボットにも転用が可能であり、ロボットの回答精度の向上にも寄与しています。最近ではChatGPTも発表され、ますますこの案内の分野は加速していく事が想定されます。

趙徳鵬ロボットバンク株式会社

静岡文化芸術大学    生産デザイン学科卒業 カーデザイン
静岡大学大学院 工学研究科  工学 修士 
2015年に北京中関村に起業、APP開発中心、その後会社は大手ECサイトに売却 
2016年36krのグローバルビジネス優秀インキュベータに選出
2017年清華大学のグローバルビジネス優秀インキュベータに選出
2019年 月間5億PVを誇る、中国最大のベンチャー/ITメディア「36kr」36krspace
(米ナスダック上場)と 共同で初の海外インキュベーション拠点を設立 (日中ハイテク企業をつなぐ)
2020年 中国最大イノベーション大学 混沌大学日本支店設立(日中ハイテクイノベーション企業をつなぐ)
2022年  RobotBank当社設立 ロボティクスで実現するモノづくりDX、幸せライフスタイルDXを促進する

ロボットバンク株式会社

CEO

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 第4話「コミュニケーションロボット」ーいま流行りの人口知能を使ったコミュニケーションでは一体何ができるの? 正しく知識を整理してAIを活用しよう!

      近年では、深層学習の発達により、音声認識の精度が格段に向上しています。前節お話ししたコミュニケーションロボットを始め、AIを活用してコールセンターにおける顧客の大量の音声データを高度な音声認識と感情認識で企業の経営課題を解決する音声ビッグデータ・ソリューションなども存在します。音声データの収集が進んだことで音声認識の精度自体が大きく向上させる要因になったのではないかと考えられます。では、技術的なお話をしてみたいと思います。音声認識によって音声を文章に変換するプロセスには、細かく分けて3つのステップが存在します。1つ目のステップが、音波を音素へと変換するステップです。音素とは、言語学・音韻論において、母語話者にとって同じと感じられ、また意味を区別する働きをする音声上の最小単位となる音韻的単位を指します。 「あ」は「a」、「か」は「k-a」として発音されますが音が空間中を伝わる時は全ての音が波として伝わります。その波をaやkなどの子音と母音の意味のある音素へと変換するステップが最初のステップです。2つ目のステップがその音素を複合して単語へ変換します。音声認識は、音の波を音素、単語、文章へと変換していきますが、1つ

      趙徳鵬

      1年前

    • AI受付案内ロボットの活躍について

      AI受付案内ロボットは、現在企業や公共施設、病院などで導入されており、受付業務の自動化に貢献しています。これらのロボットは、人工知能技術を用いて、音声認識、自然言語処理、画像認識などの機能を備えており、人間とのコミュニケーションを取りながら、訪問者の案内や情報提供、予約管理、受付業務の代行を行います。AI受付案内ロボットの最大のメリットは、受付業務の自動化により、人的ミスや手違いを減らし、業務の効率化を実現することができることです。また、ロボットが担当することによって、受付係の負担軽減につながり、時間や人件費の削減にもつながるとされています。企業の場合、従業員や来訪者が受付に来た際、AI受付案内ロボットが声や画像で挨拶し、目的や担当者を尋ね、適切な場所に案内することができます。また、予約の確認やキャンセルの受付、来客者リストの作成、会議室の予約などの業務も自動化されるため、従業員の負担軽減につながります。病院の場合には、AI受付案内ロボットが患者の受付業務を代行し、患者の診察券の読み込みや受付情報の登録、待合室への案内などを自動化することができます。また、待ち時間の表示や患者への情報提供もロボットが担当するこ

      趙徳鵬

      1年前

    • 第3話「コミュニケーションロボット」- 会話するための人工知能が複数搭載されている

      今日のお天気は?何気ない会話1つをとってもコミュニケーションロボットでは非常に複雑な処理がされています。人がロボットとバーバル(言語)コミュニケーションを実現しようとすると内部では様々な人工知能技術が用いられ処理されています。そこで今回は会話で必要とされる人工知能や必要となる能力について技術的に明らかにしていきたいと思います。AI受付・案内サービスロボット RakuRobot-MINIhttps://www.robotbank.jp/product/67.html2023年現在サービスロボットは市場拡大があるにせよまだまだ普及の途上にあります。そのためロボットを見ただけでは何ができるロボットなのか判別して頂く事が困難な状況です。コミュニケーションロボットですから会話が発生しないと機能を十分に発揮する事が困難であり、ロボットと人が会話を開始してもらう必要があります。設置されているコミュニケーションロボットが、会話ができるロボットとして社会に認知されていればよいですが、一般的には話しかけてもらうだけでも一苦労です。例えば、ロボットバンク株式会社が開発、販売するMiniという小型のコミュニケーションロボットがありま

      趙徳鵬

      1年前