TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. ヘモグロビンA1c検査業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測
ヘモグロビンA1c検査業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

ヘモグロビンA1c検査業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

Isao Furukawa

ヘモグロビンA1C検査 市場規模

ヘモグロビンA1c検査市場は、2023年に14.17億米ドルの市場価値から、2036年までに33.55億米ドルに達すると推定され、2024ー2036年の予測期間中に4%のCAGRで成長すると予想されています

サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-110709

ヘモグロビンA1C検査 市場分析

ヘモグロビンA1cは、1型糖尿病と2型糖尿病の診断とモニタリングのために行われる血液検査です。これらのテスト結果は、過去2ー3か月間の人の血糖値の変化を示しています。ヘモグロビンは、酸素を運ぶ赤血球のタンパク質の分子です。それは4つのタンパク質分子で構成されています。ヘモグロビンA1c検査は、検査装置とそれに関連する必要なサービスで構成されています。糖尿病は、膵臓によって生成されるインスリンの量が不十分な場合に発生する一般的な病気です。

糖尿病の診断のためのポイントオブケア検査の需要の増加、糖尿病の高い有病率、および自動ヘモグロビンA1c検査分析装置の発売は、予測期間中にヘモグロビンA1c検査市場の成長を推進する主な要因です。糖尿病は老人人口に共通の健康状態であり、その有病率は今後数年間で増加すると予想されています。糖尿病のこの高い有病率は、予測期間中にヘモグロビンA1c検査市場の成長を促進すると予想されます。国立衛生研究所によると、2016年には世界の8.5%(6億1700万人)が65歳以上であり、この割合は2050年までに約17%(16億人)に増加すると予測されています。

競争力ランドスケープ

ヘモグロビンA1c検査市場の主要なキープレーヤーには、Abbott Laboratories、ARKRAY, Inc.、Bio-Rad Laboratories, Inc.、Polymer Technology Systems, Inc.、Danaher Corporation (Beckman Coulter)、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Menarini Group、Sebia、Siemens Healthineers、Tosoh Corporation、Trinity Biotech plc.などがあります。この調査には、ヘモグロビンA1c検査市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

Isao FurukawaSDKI

私は、消費者行動、市場動向、業界の洞察に関するデータの収集と分析に精通したマーケットリサーチエグゼクティブです。強力な分析力とコミュニケーション能力で、組織の経営陣に実用的な洞察を提供し、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定を支援します。私の目標は、組織が競合他社より優位に立つための貴重な洞察を提供することです。

SDKI

Market Survey Manager

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • ビル管理業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年の予測

      ビル管理 市場規模ビル管理市場に関する当社の調査レポートによると、市場は予測期間中に約 13% の CAGR で成長し、2036 年までに約 100億米ドルの価値に達すると予想されています。さらに、2024年のビル管理市場規模は適度なペースで成長すると予想されます。しかし、当社の調査アナリストによると、2023 年の ビル管理市場の収益は 約20億米ドルになると記録されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-79504ビル管理 市場分析建物管理では、安全管理、時間管理、エネルギー管理の完璧なバランスが確保されます。このシステムが登場する前は手作業が多く、データ管理も大変でしました。しかし、このシステムの開始により、特に安全性とエネルギー効率をはじめとするあらゆる側面が効率的に管理されるようになりました。当社の分析によると、治安建設プロジェクトの建設支出は 2023 年に約106 億米ドルとなり、これは将来的に増加すると予想されます。したがって、安全管理の高まりと同様に、ビル管理市場も成長しています。日本はインフラ建設の先駆者であり

      Isao Furukawa

      2ヶ月前

    • 産業制御システムセキュリティ業界の動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

      産業用制御システムセキュリティ 市場規模産業用制御システムセキュリティ市場の収益は、2023 年に約 152億米ドルに達しました。さらに、当社の産業用制御システムセキュリティ市場に関する洞察によると、市場は予測期間中に約 7% の CAGR で成長し、2036 年までに約 226億米ドルの価値に達すると予想されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-108452産業用制御システムセキュリティ 市場分析市場の定義産業用制御システム (ICS) のセキュリティは、産業用制御システムの安全性とセキュリティの確保に関係します。これは、システムのユーザーとオペレーターが使用するハードウェアとソフトウェアで構成されます。産業用制御システムセキュリティ市場の成長要因以下は、産業用制御システムセキュリティ市場の主な成長要因の一部です。デジタル技術の急速な発展– 産業企業の間で産業活動を管理する必要性は日々高まっています。その一方で、業界はほぼ毎日、産業用制御システムにおける幅広いセキュリティの脅威に直面しています。今日のデジタル経済ではこれらの脅

      Isao Furukawa

      4ヶ月前

    • 粘着テープ産業動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

      粘着テープ 市場規模当社の粘着テープ市場洞察によると、市場は予測期間中に約5.6%のCAGRで成長し、2036年までに983億米ドルの価値に達すると予想されています。さらに、2023 年の粘着テープ市場規模は658億米ドルと記録されています。サンプルPDFレポートの請求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-115147市場の定義粘着テープは、物体を接着または結合するための材料と粘着フィルムを組み合わせています。ファスナー、ネジ、溶接の代わりに使用されます。機械的ファスナーの代わりに粘着テープを適用することで、より低温での用途の使用が可能になり、製造プロセスを簡素化できます。粘着テープ市場の成長要因当社の粘着テープ市場分析によると、主な成長要因は次のとおりです。工業化の進展による粘着テープ市場の成長:産業の成長と多様化に伴い、自動車、エレクトロニクス、建設など、さまざまな業界のさまざまな用途で粘着テープの需要が増加しています。産業の成長により、市場での粘着テープの需要が高まることがよくあります。当社の分析によると、世界の工業化により 2021 年には約 752百万人の

      宮津比奈

      3ヶ月前