TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 【FUNDINNO】もうひとつの資金調達手段「グリーンシート」とは何だったのか?
【FUNDINNO】もうひとつの資金調達手段「グリーンシート」とは何だったのか?

【FUNDINNO】もうひとつの資金調達手段「グリーンシート」とは何だったのか?

松本海

こんにちは!

株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」を運営しております、日本クラウドキャピタルの松本です。

本日も弊社が運営しております、note(【公式】FUNDINNO)の記事をご紹介させていただきます!

有益な情報が盛りだくさんとなっておりますので、ぜひご覧ください。

 

今回の記事はこちらです。

 多くの未上場企業が資金調達手段として株式投資型クラウドファンディングを活用する昨今。

この令和時代より前に、もうひとつ未上場企業の資金調達手段があったことをご存知でしょうか。

それが「グリーンシート」です。

グリーンシートは日本証券業協会が1997年に設けた制度で、2018年に廃止されるまでに200を超える企業がこの制度を活用して資金調達を実施していました。

まさに、株式投資型クラウドファンディング以前に存在した”平成の未上場企業の資金調達手段”と言ってもよい存在です。

このグリーンシート、すでにその制度が終了したこともあり、現在出回っている情報は多くありません。

中には、この制度が終了したことを持って”黒歴史”と評する声もあるほどです。

しかし、その評価は本当に正しいのでしょうか。

いったい、グリーンシートとは何だったのでしょうか?

そして、未上場企業の資金調達の課題を、株式投資型クラウドファンディングは克服しているのでしょうかーー。

今回、その謎を解き明かすべく、我々は貴重な証言を得ることに成功しました

 

ぜひご覧ください!

https://note.com/fundinno/n/n6f9f3eb70233

 

本記事の中身を少しだけ、ご紹介します!

 

ーーーーーーーーーー

グリーンシートを活用して東京証券取引所市場第一部に上場を達成した企業があります。

それが鹿児島県出水市に本社を置く株式会社マルマエ(以下同社)です。

半導体製造装置部品・FPD製造装置の真空パーツメーカーとして1965年に創業された同社。2006年に上場を果たしました。

今回話を聞いたのは、同社代表取締役社長の前田俊一氏。

グリーンシートを使った資金調達の経緯、そして株式投資型クラウドファンディングに対する所感について話を伺いました。

ーーマルマエ様がグリーンシートで資金調達をすることになった経緯を教えてください。

前田様:創業して数年間は毎年業績が倍に成長することが続いていました。私どもは製造業ですので、拡大した需要に応えるために、その分だけ人を雇用して設備も充実させる必要があります。この時に「〇〇な成長になってしまっている」と思ったことがそもそものきっかけで…

 

(続く)

 

続きは、以下のURLからご覧ください!

https://note.com/fundinno/n/n6f9f3eb70233

また、弊社のnote(【公式】FUNDINNO)ではその他、さまざまな記事を掲載しております。

ご興味のある方は以下のURLをご参照ください。

https://note.com/fundinno

 

今回の投稿は以上です。

ご覧いただき、ありがとうございました!

松本海株式会社日本クラウドキャピタル

株式会社日本クラウドキャピタル

営業部

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • FUNDINNO資金調達企業の活躍Vol.1

      こんにちは!株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」を運営しております、日本クラウドキャピタルの松本です。本日も弊社が運営しております、note(【公式】FUNDINNO)の記事をご紹介させていただきます!有益な情報が盛りだくさんとなっておりますので、ぜひご覧ください。 今回の記事はこちらです。 FUNDINNOで資金調達した企業の活躍をまとめたnoteを週次ペースで発信!気になる『資金調達後のニュース』をまとめてご紹介させて頂きます!初週は① バリューソリューション株式会社② 株式会社IDDK③ 株式会社ザビア④ 琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社の4社をご紹介。 ぜひご覧ください! https://note.com/fundinno/n/n668c1f8ada93 本記事の中身を少しだけ、ご紹介します! ーーーーーーーーーーーバリューソリューション調達後のニュースー小型軽量化した新製品を発表。岡田電機株式会社、東急電鉄株式会社と共に実証実験済み。今後は販売パートナーのミツイワ株式会社と岡田電機株式会社と提携し、IoT環境に向けたあらゆるネットワーク機器を常時監視することで安定稼働を実現し、

      松本海

      3年前

    • FUNDINNO資金調達企業の活躍Vol.2

      こんにちは!株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」を運営しております、日本クラウドキャピタルの松本です。本日も弊社が運営しております、note(【公式】FUNDINNO)の記事をご紹介させていただきます!有益な情報が盛りだくさんとなっておりますので、ぜひご覧ください。 今回は各社の進捗ではなく、FUNDINNOで資金調達にチャレンジしてくださった「株式会社DEFアニバーサリー」「株式会社ハーバルアイ」「エーテンラボ株式会社」の代表に「なぜFUNDINNOを使おうと思ったのか?」をインタビューで語っていただきました! ぜひご覧ください! https://note.com/fundinno/n/n71b34f82d733 本記事の中身を少しだけ、ご紹介します! ーーーーーーーーーー-株式会社DEFアニバーサリーの代表コメントより-FUNDINNOの投資家さまには都心に住んでいらっしゃる30〜40代のホワイトカラーで高所得の方が多く、それならば、仕事面で英語が話せるようになりたいという課題意識を持っている方が多いのではないかと思われたそうです。この件について、詳しくは下記の記事で紹介されています。

      松本海

      3年前

    • FUNDINNO資金調達企業の活躍Vol.8

      こんにちは!株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」を運営しております、日本クラウドキャピタルの松本です。本日も弊社が運営しております、note(【公式】FUNDINNO)の記事をご紹介させていただきます!有益な情報が盛りだくさんとなっておりますので、ぜひご覧ください。FUNDINNOで資金調達した企業の活躍をまとめたnoteを週次ペースで発信!FUNDINNOで資金調達した企業の活躍をまとめた記事Vol.8をご紹介させていただきます。是非気になる企業をチェックしてください!https://note.com/fundinno/n/n92362535bd1c本記事の中身を少しだけ、ご紹介します!ーーーーーーーーーー-株式会社アナムネの調達後の注目ニュースより-2021年4月、楽天生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:新開 保彦)が運営する「楽天キレイドナビ」とサービス連携。楽天キレイドナビの会員を対象とした「特別プラン」として、・・・(続く) 続きは、以下のURLからご覧ください!https://note.com/fundinno/n/n92362535bd1c今回の投稿は以上です。

      松本海

      2年前