1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 生物多様化保全のために、太陽光発電は何かできるか?
生物多様化保全のために、太陽光発電は何かできるか?

生物多様化保全のために、太陽光発電は何かできるか?

グレースソーラー

長い間、化石エネルギーの開発と使用は、生物多様化に大きな脅威をもたらしてしまった。 エネルギー構造の調整を加速することは、生物多様化保全の根本的な解決案だと考えられている。 太陽エネルギーを代表とする新エネルギーは、その中に重要な役割を果たしている。

この前の国連生物多様化会議に、中国から砂漠地帯に大規模な太陽光発電所を建設する計画を提案した。砂漠地帯に太陽光発電所を建設するには、水分蒸発を有効的に低減することで植木の回復に役立てて、砂を抑えることができる。

今の太陽光発電による砂制御法では、追尾架台が広く利用されている。太陽光発電架台の開発と製造に12年間に取り組んでいるグレースソーラーは、砂漠地帯の極端な気候にも太陽光発電所が安定に運営できるように追尾架台の開発と革新に全力している。

グレースソーラーは、AI技術を追尾架台に融合することで様々な複雑な地形や極端気候にも対応できるし、且つ市場主流の清掃ロボットと完璧的に組み合わせて、知能的な追尾及び知能的な運営が実現できる。その故、発電量を8%に向上できる。

太陽光発電による砂を抑えるのは相当な時間がかかり、TÜV、ULなどの認証と風洞測定が整えたグレースソーラーの追尾架台を利用すれば、更に長期的な経済利益と環境利益を持たすと。

グレースソーラーグレースソーラー

グレースソーラーは顧客に頼りになる太陽光発電架台メーカーとして、2009年から太陽光市場に入り、高圧、特高圧また複雑案件向け、11年間ほど対応経験があります。日本向けは4GW以上の架台実績があります。北海道から沖縄まで日本全国で架台実績を投入しました。積雪荷重が高い北海道で40mwの実績があり、業界でも珍しいです。

日本以外、オーストラリア、東南アジアなど世界各地に架台輸出いたします。オーストラリアの市場約30%シェアを占めています。

グレースソーラー

社長

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • 太陽光発電+水問題|GuoruiEnergyの太陽光発電サポートは、水プラントの「太陽光発電コート」をサポートします

      水生植物は確かに大規模な電力消費者であり、停電が発生した場合、ユニットが正常に動作しないと、市の給水に影響を及ぼします。 そのため、省エネや消費量削減の問題は、水生植物の操業過程で緊急に解決しなければならない現実的な問題の1つになっています。 「太陽光発電+水」モデルの出現は、この問題を解決するためのレシピになりました。 公園内には台湾の高雄市に給水施設があり、分散型太陽光発電所が建設されています。 Guorui Energyは、プロジェクトに地上太陽光発電サポートソリューションを提供しました。 現場の状況に応じて、セメント埠頭基礎+対向ステーション2列配置を採用し、敷地スペースを最大限に活用し、より安定した効率的なグリーン電力供給を実現しています。台湾から高塩害までの環境条件を考慮して、すべての光起電性ブラケットは高強度アルミニウム合金材料で作られ、特別な防食処理が施されています。 製品の品質とデザインの信頼性は、お客様から高く評価されています。このプロジェクトに加えて、Guorui Energyは現在、台湾県で4つの水道プロジェクトを建設中であり、上水道、下水処理、その他の水道事業をカバーしています。 完

      グレースソーラー

      2年前

    • グレースソーラーは「中国トップ100太陽光発電ブランド」!

      最近、グレースソーラーは、第4回中国国際太陽光発電産業サミットフォーラムに招待され、太陽光発電、環境保護、クリーンエネルギー分野の主要なプレーヤーと一緒に太陽光発電産業の発展について話し合いました。 フォーラムでは、「中国の太陽光発電ブランドトップ100」リストが正式に発表されました。グレースソーラーは、太陽光発電ブラケットの分野で高い評価を得ており、世界市場でのブランドの影響力でリストに含まれていました。 過去12年間で、グレースソーラーはたぶん100の国と地域で数百のUHVプロジェクトを構築し、7年連続で日本のトップ1の輸出量を達成し、世界的に高い評価を確立しています。 今回リストに載ったことを光栄に思うのは、業界がグレースソーラーの強みを認めたことでもあります。 また、中国太陽光発電産業協会(CPIA)も、フォーラム中に「カーボンニュートラル」を促進するための太陽光発電産業の提案を開始しました。グーレースソーラーは、CPIA太陽光発電ブラケットの分野で唯一の統治ユニットとして、このイニシアチブに積極的に対応しました。 グリーンおよび低炭素技術への研究開発投資を引き続き強化します。 人工知能、モノのインタ

      グレースソーラー

      3年前

    • 塩害とは?沿岸部に太陽光発電をする際の注意点

      海に囲まれた日本では、沿岸部で太陽光発電が行われることが多い。 沿岸地域の太陽光発電には多くのメリットがありますが、塩害を受けやすいというデメリットがあります。塩害は太陽光発電システムの故障の原因となりますので、沿岸部で発電する場合はご注意ください。 今回は太陽光発電をすればしなければならない塩害の基礎知識についてご紹介します。 塩害とは 塩害は、海に含まれる塩が風に乗って空気中に運ばれることが引き起こされます。沿岸地域では、住宅、電気設備、鉄やコンクリートの構造施設などが塩分によって大きな被害を受けます。そのような害の総称が塩害となります。 塩が到達する距離は地域によって異なり、実際に到達する塩は必ずしも同じではありません。 また、海岸線の形状、風向、高度など様々な条件によりますので、ここに記載されている距離を目安にしてください。塩害は住宅設備の老朽化や、鉄部品の錆、電気設備の故障を引き起こします。 雨水にさらされた部分の塩分は簡単に洗い流されますが、雨水にさらされにくい部分は劣化が早いです。 雨水で洗い流される部分においても塩害の影響は起こります。。 もちろん、太陽光発電設備も例外ではありません。 架台や

      グレースソーラー

      3年前