TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ブログ
  3. 噂の売らないネットショップの評判は?売らないってどういうこと?疑問を解消します
噂の売らないネットショップの評判は?売らないってどういうこと?疑問を解消します

噂の売らないネットショップの評判は?売らないってどういうこと?疑問を解消します

西原智香

副業を始める方が増加し、隙間時間を利用した輸入物販ビジネスが人気を集めています。その輸入物販をサポートしてくれるシステムである「売らないネットショップ」が評判となっているようです。

そこで今回は、売らないネットショップとはどんなシステムなのかや、実際の利用者からの評判と、システムを提供している株式会社ADOLOGIについて解説します。

噂で売らないネットショップを知って気になっている方や副業を始めたい方は、ぜひご覧ください。

評判が止まらない売らないネットショップとは?

売らないネットショップとは、世界最大のショッピングサイトを活用し、自動で商品の登録作業などを行うことで売り上げが積み上がっていく、新時代のネット販売システムのことです。

売らないネットショップは、株式会社ADOLOGIが独自に開発し、提供している販売システム「NAS(Netshop Automation Shipping)」のことを指します。ADOLOGIは、ネットショッピング運営へのハードルを下げるために、輸入物販事業で培ったノウハウを余すことなくNASに詰め込みました。

通常だと、ネットショップ運営には以下のような作業が必要です。

1.商品のリサーチ

2.商品の仕入れ・在庫管理

3.商品の出品(価格設定・商品説明・広告設置など)

4.発送作業

上記の他にも多数の作業があるため、ネットショップ運営を行うには膨大な作業時間が必要です。しかし、売らないネットショップでは、最初に行うべき工数を減らし、ネットショップ開設へのハードルをぐんと下げてくれます。

売らないネットショップのさまざまな自動機能により、作業時間の大幅な短縮を実現しました。そして売らないネットショップでは、ADOLOGIの手厚いサポートを受けることができます。そのため、初心者でも手軽に始めることができると評判となっているのです。

また、自宅でのリモートワーク作業となるため副業に適しており、柔軟にライフスタイルに取り入れることができる点も評判を呼んでいる理由です。

売らないネットショップを詳しく解説

どんなビジネスモデル?

売らないネットショップは、誰でもネットショップ運営ができるビジネスモデルを実現しました。売らないネットショップでは、商品登録や価格改定など、手作業で行うと膨大な時間を要する作業がシステムによって自動化されています。

インターネット環境とパソコン1台さえあれば、特別な知識やスキルがなくても取り組めるため、初心者に優しいビジネスであると評価されています。また、在庫を抱えることによる赤字の心配がなく、リスクを抑えてのビジネス展開が可能です。

また、売らないネットショップは、ロングテール戦略となっています。ロングテール戦略とは、売れ筋の商品だけを売るのではなく、需要は少なくても確実に売れるニッチな製品を取り扱うことで、販売利益を増やす方法のことです。

売れる商品というのは他社との競合の確率が上がるため、他社の戦略に負けて売り上げが落ちることにつながる可能性があります。そのため人気商品を扱うだけでは、長期的にネットショップ運営で収益を上げることが難しいでしょう。

そこで、安定して売れ続けるニッチな商品をなるべく多く取り揃えることが鍵となります。ロングテール戦略は成約数と確実な売り上げを確保しやすく、売らないネットショップと非常に相性が良いため、売り上げを継続して積み重ねていくことが可能なのです。

収益の仕組み

売らないネットショップは、アメリカのECサイト(主にAmazon)から輸入し、日本のECサイトで販売します。売りたい商品が決まったら、システムがアメリカECサイトから商品情報を抽出し、自動で登録を行います。

システムによる自動作業なので、数万点の商品登録が可能となり、売れる確率を高めてくれます。そのため、1つの商品を売るために力を注ぐのではなく、数万点の中から売れる商品を掘り起こすイメージの作業となります。

商品登録が完了したら自動で出品が始まります。在庫状況のチェックや価格の最適化はシステムが24時間自動で行うため、5000万人以上といわれる日本のECサイトユーザーに自動で販売促進してくれます。

導入者がやること

システム導入者がやることは、商品リストの登録と取り寄せ購入の2つだけです。数万点もの商品は、システムが自動で管理を行います。お客様への商品発送は、商品の取り寄せ先が直接行うため、梱包などの手間も発生しません。

そのため、面倒な作業や在庫を抱える必要がないのです。これなら時間を掛けずに、隙間時間でもネットショップ運営ができ、在庫を抱え続けるリスクや保管のコストも不要になります。

運営している株式会社ADOLOGI

引用|株式会社ADOLOGI

https://adologi.co.jp/company/

会社概要

会社名  株式会社ADOLOGI(AdologiInc)

所在地  東京都港区芝大門1-3-8 VORT芝大門Ⅱ5階

代表者  栗原 政史

設 立  平成27年10月27日

資本金  10,000,000円

電話番号 03-5244-9650

従業員数 30名

株式会社ADOLOGIは、平成27年に東京都港区に設立されました。栗原政史が代表を務める、創業8年目のIT系ベンチャー企業です。事業内容は、輸出入を伴う通信販売・システム開発・コンサルティング・広報、PR支援などを行っています。

事業内容

株式会社ADOLOGIの主な事業内容は次の通りです。

1.物販事業

日用雑貨・キッチン雑貨・知育玩具やおもちゃ・スポーツ用品・カー用品・精密機器など、数千点以上のさまざまなカテゴリーの商品を取り揃えています。また、自社ブランドのOEM商品の企画・開発も行っており、お客様の幅広いニーズに応えるよう努めています。

2.システム開発事業

物販事業で培った累計10億円以上の販売実績をもとに、売らないネットショップと呼ばれている販売システム「NAS」を独自に開発し、提供しています。また、輸入物販に関するコンサルティングも行っており、NASを導入したユーザーを全力でサポートしています。

3.広報・PR支援事業

中小企業や個人事業主を対象に、予算をかけずにテレビや新聞など各種メディアからの取材を獲得するお手伝いをしています。また、商工会議所などで定期的な講演会を開催し、自社のノウハウを伝授しています。

どんな会社?

ADOLOGIでは「足るを知る」という考え方に重点を置いています。足るを知るとは、自分と他人を比較して悲観するのではなく、今自分が持っているものに積極的に目を向けることで、自分の実績やスキルの重要性に気付こうという考え方です。

この足るを知るという考え方のもと、前向きに進もうとする生き方を最も大切にしている会社です。

また、ADOLOGIでは社員の健康を第一に考えています。心身機能を健康に保つことは、良い仕事をするためには欠かせないことです。勤務時間の調整や整ったオフィス環境を提供し、体調管理へ配慮できる働き方を実現しています。

ADOLOGIではワークライフバランスも重要視しており、プライベートとして自由に休みを取ることが可能です。仕事と家庭のどちらも大事にできる環境なため、女性も参加しやすい企業となっています。

売らないネットショップの評判

ここでは、実際に売らないネットショップを活用しているユーザーの方たちからの声を紹介します。

自分の力で家計に貢献できるのがうれしいです。ADOLOGIに参加してから、年間約960万円の売上があり、150万円の利益が出ています。作業時間は午前中1〜2時間、午後に2時間ほどで、月商は100万・利益率約20%です。分からないことはすぐに問い合わせでき、始めるハードルは低かったです。システムを導入して変わったことは、自由に旅行できるようになったことや、輸入販売で自分で利益を出せて家計の利益につながっていること。自己肯定感にもつながっています。失敗したところは、最初はシステムの使い方がわからず、攻めた設定にしてしまったことです。今は改善したけれど、慣れるまでに半年かかりました。周りに分かる人がいなかったけれど、ADOLOGIスタッフが優しくサポートしてくれたので乗り越えることができました。他のセミナーに参加した時は圧が凄かったため、ADOLOGIはとても紳士的に感じました。不動産や小売業と比べてADOLOGIのシステムはリスクが小さく、失敗しても損失を最小限に抑えられると思います。引用|【公式】株式会社アドロジYouTube

コロナがきっかけで始めました。飲食業をしていたので、コロナなどに左右されないものを探していました。売れるものが売れて入るものが入ってきているので、金銭的に楽になりました。契約してから忙しかったため半年は自分で触れず、慣れるまでに約1年くらいかかりました。年商は5~600万円くらいで、消費税などを除くと利益率10%ほどです。副収入が入るようになって余裕ができ、わくわくして楽しみながらやっています。たまにやることに追われたりしますが、そんなに負担に思ったことはありません。失敗したことは、思ったより輸出の送料が掛かったり、こちらに落ち度がなくても勝手にキャンセルされたことなどがありました。ADOLOGIに決めた理由は、自分ひとりの力とパソコンさえあればできるからです。良い点は、自分の時間を自由に有効に使えるところ。時間を持て余していて、店舗や人材にお金を掛けたくない人におすすめだと思います。引用|【公式】株式会社アドロジYouTube

始めたきっかけは、自分たちで無在庫のドロップシッピングを考えてシステムを作ったものの、販売できるところまではいかなかったためです。DMでアドロジのNASを知り、自分たちがやりたいことと合致していました。また、テレビでも紹介されていることを知りました。会社へ行っているのでできる時間は限られますが、空き時間で商品登録などができています。しかし単純作業の繰り返しになるので、売れないとストレスになるかもしれません。

サポートやアドバイスを積極的にしてもらっており、勉強会などで色んな人の話も聞けています。ADOLOGIは、システムを売りっ放しでないことが本当に助かっています。悩みを聞いてもらいアドバイスしてくれるため、サポートに満足しています。他社ではドロップシッピングをアピールしている所はなかったため、NAS一択でした。自分が欲している情報がジャストフィットで来たため、やらないという選択はなかったです。引用|【公式】株式会社アドロジYouTube

初売り上げは、導入してから1ヵ月で12000円くらいの時計が売れた。システムは非常に簡潔でわかりやすく、自分自身も使いやすい。昼間は会社に勤務しているため、色んな作業の合間でできるかがNASを始める判断材料だった。休憩中の10〜20分でサクサク作業できるのが良い。引用|【公式】株式会社アドロジYouTube

初売り上げは3週間〜1ヵ月くらい。やることは本当に簡単。具体的に良かった部分は、好きな時間でできることが一番良い。このシステムをおススメできる人は、毎日時間を決めて、登録をコツコツできる人。引用|【公式】株式会社アドロジYouTube

簡単に取り組みやすいシステム。やり安くて収益も取りやすいと思う。収益はまだ少ないが、これから期待できる部分を持ちつつ取り組んでいる。新人でも経験がある方でも、誰でも参加できるシステムだと思う。引用|【公式】株式会社アドロジYouTube

売らないネットショップの評判まとめ

この記事では、売らないネットショップの仕組みや評判、株式会社ADOLOGIについて詳しく解説しました。

  • 評判が止まらない売らないネットショップとは?
  • 売らないネットショップを詳しく解説
  • 運営している株式会社ADOLOGI
  • 売らないネットショップの評判

売らないネットショップは、初心者に優しい販売システムであることが分かりました。ユーザーの評判から、短時間でも毎日コツコツ続けることが成功の秘訣であることが伺えます。これなら本業の合間でも取り組むことができそうですね。

売らないネットショップに興味を持った方は、無料のオンライン説明会で実際にシステムを用いたシミュレーションを体験できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

西原智香

元営業マン→退職後フリーランスの道へ。
ネットビジネスや自分で収益を生み出す方法、ノウハウをブログにて発信中。

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    おすすめブログ

    • ADOLOGIの評判は怪しい?疑問にすべて答えます

      ネットショッピングは生活に欠かせないという人も多くなり、EC業界への需要は高まる一方です。それにともない、副業としてネットショップ運営を始める人が増加し、ADOLOGIのNASが注目を集めています。メディアなどにより、NASを導入すれば手軽に市場へ参入できると話題になったためです。そのためネット上ではADOLOGIに関する様々な評判が見られます。そこで今回は、ADOLOGIの評判やNASがどのようなシステムであるのかを解説します。輸入物販やネット販売に興味のある方は、ぜひご覧ください。ADOLOGI(アドロジ)の評判をみてみようADOLOGIの口コミADOLOGIの口コミは、どのようなものがあるのでしょうか。ここからは、ネット上での評判を紹介します。勢いのあるベンチャー企業に就職しようと思い転職活動を行なっていたところ、adologiがメディアに取り上げられているのを見つけました。調べて見たところ、まだサービスをローンチしたばかりにも関わらず、とても勢いがあり、メディアにも多数取り上げられていることを知り、興味を持ちました。裁量も大きく与えてもらえそうなので、成長できる環境でした。引用|https://job

      天ヶ瀬桜子

      4ヶ月前

    • あなたはスイスのこと、どれだけ知っている?

      アルプスとチーズと時計だけが、スイスではありません。毎日使うあんなもの、今では常識なこんなもの。実はスイスの発明品だったりします。スイスでオープンイノベーションをしませんか?

      松田 俊宏

      2年前

    • 待っている人がいること

      2023年も残すところあと1ヶ月となりました。さて、今年もビジネス界は多くの事業の変化があったのではないでしょうか。「働く」ことができるのは、日常的環境がどれだけ質の良いものかによります。だからこそ、日本中の人々が健康というワードにもっと参加するべき時代。我が社の計画はライバル社が多いからこそ発展する分野といえます。早期ご応募をお待ちしております。

      榎本洋皇

      3ヶ月前