TOMORUBA

事業を活性化させる情報を共有する
コミュニティに参加しませんか?

AUBA
  1. Tomorubaトップ
  2. ニュース
  3. 情報銀行プラットフォーム『スカパー!情報銀行』共同研究および実証実験開始
情報銀行プラットフォーム『スカパー!情報銀行』共同研究および実証実験開始

情報銀行プラットフォーム『スカパー!情報銀行』共同研究および実証実験開始

0人がチェック!

スカパーJSAT 株式会社は、スカパー!契約者のパーソナルデータ流通・活用による情報銀行プラットフォームの実現を目指し、株式会社 DataSign、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)、株式会社インテージとの共同研究・実証実験を 2019 年 7 月より開始する。

今回実施する『スカパー!情報銀行』の共同研究・実証実験は、スカパー!契約者の一部を対象としたモニター参加形式で実施するという。

データ登録・開示に任意で同意したモニターを対象に、開示データに基づき個別推奨されるスカパー!の番組情報やデータ活用企業からの関連商品・サービス情報を提供し、また、スカパー! 視聴料としても還元する。

今回の取り組みを通じ、利用できるサービスの拡大による利用者の満足度向上を目指すと同時に事業性の検証を行い、今後のスカパー!の事業領域の拡充に努めていく。

同共同研究・実証実験は、インテージが保有するモニターのうちスカパー!契約者をモニター対象とする。モニター参加者自身のパーソナルデータを管理・活用できる PDS(パーソナルデータストア)機能を内蔵した DataSign 開発の情報銀行サービス「paspit」(パスピット)と連携させることで、データ活用企業との情報連携・流通を管理。

また、CCI がデータを活用する企業のメリットを最大化するように広告運用し、企業はそのデータを基にした生活者理解や One to One マーケティングの高度化によって個々人に最適な情報を提供し、個人が享受できるメリットの見える化・最大化を目指すという。

スカパーJSAT は従来の有料多チャンネル放送「スカパー!」というメディア事業に加え、より広い領域でのエンターテイメントを世の中に提供する LIFE 事業(新事業)に着手している。

スカパー!サービスを末永く楽しむためのプラスアルファの価値を届けるために、今後も放送・オンデマンドサービスに留まらず、利用者の満足と豊かな生活を提案する新しい取り組みを進めていくという。

スカパー!情報銀行 共同研究・実証実験の概要

■期間

2019 年 7 月~12 月

■参加モニター

スカパー!契約者 2,500 名(予定) ※インテージ社保有のモニターの中から選定

■内容

参加モニターが開示許諾した各種情報(契約/視聴状況・アンケート・他購買履歴等)を基に、スカパー!番組情報や、データ活用企業の広告・サービスを提供する。また、データ開示をした参加モニターにはスカパー!視聴料を還元する。

※関連リンク:プレスリリース 

(eiicon編集部)

新規事業創出・オープンイノベーションを実践するならAUBA(アウバ)

AUBA

eiicon companyの保有する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」では、オープンイノベーション支援のプロフェッショナルが最適なプランをご提案します。

チェックする場合はログインしてください

コメント0件


    シリーズ

    編集部おすすめ

    TOMORUBA編集部が選出!今読むべき、記事をピックアップ。